審判が選手を蹴ってレッドカード…3年前の珍事に再脚光「近年のサッカー界で最も衝撃的な瞬間の1つ」

2021.01.14 19:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今から3年前の2018年1月14日、フランスで前代未聞の出来事が起きた。舞台となったのはリーグ・アン第20節のナントvsパリ・サンジェルマン(PSG)の一戦。後半アディショナルタイムにPSGがカウンターのチャンスを作ると、前線に上がっていたナントのブラジル代表DFジエゴカルロス(現セビージャ)が自陣に戻る際、トニー・チャプロン主審と衝突し、主審はピッチに転倒。すると、すぐさまジエゴ・カルロスの足を蹴って止め、さらに同選手に2枚目のイエローカードを提示し、退場処分を言い渡していた。

主審のまさかの暴挙はSNS上でも拡散され、その後ジエゴ・カルロスのカードは取り消され、チャプロン氏は6カ月の出場停止処分を受けていた。元々そのシーズン限りでの審判引退を明言していたチャプロン氏はそのまま審判生活を終えることとなった。

チャプロン氏は引退後、イギリス『BBC』に出演し、当時のことを振り返っている。

「彼を蹴りたい訳ではなかった。残念だ。私はあの試合、あの状況でキャリアが終わってしまった。審判として1500試合を務めた後に、あの瞬間の反射的な反応で終わってしまった。受け入れるのは難しかった。私も人間だ。苦痛だったし、疲れた。あれは攻撃的なものではなかった」

「私は倒れた。誰かに押されて、反射的に足を出した。実際、選手や監督たちの反応は『OK、彼はミスを犯した、それがどうした?』というものだった。だが、メディアやSNSが大事件にした。審判はああいう行為はすべきではないからね。それには私も同意するし、謝罪する」

「2006年のW杯決勝で(ジネディーヌ・)ジダンがヘッドバットをした時のことを思い出してほしい。彼は素晴らしい選手で、何年もの間、世界最高の選手のひとりだっただろう。私の時と比べるなら、ジダンの時の(世間の)リアクションはさほど大きくなかった」

反射的な行動に対し、あまりにも処分やバッシングが厳しいと明かしていたチャプロン氏だが、イギリス『SPORTbible』も「近年のサッカー界で最も衝撃的な瞬間の1つ」として改めてこの出来事を取り上げており、その反響は今なお大きいようだ。

◆審判が選手を蹴ってレッドカードを提示する珍事
コメント
関連ニュース
thumb

“カルトヒーロー”のフルパワー!ジェイ・ジェイ・オコチャの全力ダイレクトミドルシュート【スーパーゴール図鑑/PSG編】

【得点者プロフィール】 ジェイ・ジェイ・オコチャ(当時28歳) 国籍:ナイジェリア 所属:パリ・サンジェルマン ポジション:FW 身長:173cm 現役時代にナイジェリア代表やPSG、ボルトン、フェネルバフチェで魔法のようなテクニックを披露していたオコチャ氏。キャッチーな名前と共に、トリッキーかつ多彩なドリブルと決定的なラストパスに加え、強烈なミドルシュートを持ち、人気を博した。 ファン・デル・ヴィールは、アヤックスの下部組織出身で、2006年7月にトップチームへと昇格。その後は、PSG、フェネルバフチェ、カリアリでプレーした後、メジャーリーグサッカー(MLS)のトロントFCへ移籍。現在は無所属となっている。 【試合詳細】 日程:2001年10月14日 大会:リーグ・アン第10節 対戦相手:リヨン 時間:前半18分(0-1) <div id="cws_ad">◆オコチャが放った衝撃のダイレクトミドルシュート!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIybGFrYUhJNiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script>></div> PSG1点ビハインドの18分、FWアレックス・ディアスが敵陣右サイド深くに抜け出すと、近くに走りこんでいたオコチャへとマイナスのパス。オコチャはこれを迷うことなくミドルシュート。放たれたシュートはゴールネットを突き破る勢いでゴール左隅に突き刺さった。 この試合のPSGのスターティングメンバーには、オコチャ氏の他、マウリシオ・ポチェッティーノ氏や現アーセナル指揮官のミケル・アルテタ氏もおり、さらに途中交代で元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏が出てくるなど、豪華なメンバーが揃っていた。 2021.01.25 20:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ズラタン、ディ・マリア、マテュイディ… オールスターたちによる流れるようなパスワークから生まれた美しいゴール【スーパーゴール図鑑/PSG編】

【得点者プロフィール】 グレゴリー・ファン・デル・ヴィール(当時27歳) 国籍:オランダ 所属:パリ・サンジェルマン ポジション:D F 身長:183cm ファン・デル・ヴィールは、アヤックスの下部組織出身で、2006年7月にトップチームへと昇格。その後は、PSG、フェネルバフチェ、カリアリでプレーした後、メジャーリーグサッカー(MLS)のトロントFCへ移籍。現在は無所属となっている。 【試合詳細】 日程:2016年1月23日 大会:リーグ・アン第22節 対戦相手:アンジェ 時間:後半9分(2-0) <div id="cws_ad">◆スター選手たちによる夢の饗宴!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJuSzVJMDRGOCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 前半からPSGが2点を先制し、優勢を保ったまま迎えた54分、最終ラインのDFダビド・ルイスが正確なフィードを前線に送る。これはアンジェDFにクリアされるものの、MFチアゴ・モッタがヘディングに競り勝ち、ボールは相手陣内中央にいたFWズラタン・イブラヒモビッチのもとへ。 するとイブラヒモビッチがここでFWアンヘル・ディ・マリアと浮き球で華麗なパス交換。続いてディ・マリアが裏へ動き出していたMFブレーズ・マテュイディへダイレクトで浮き球のパス。 これにボックス内で追いついたマテュイディが、またもダイレクトでクロスを上げると、左右に振られた相手DFから完全にフリーになっていたファン・デル・ヴィールがファーポストで合わせてゴール。 スター選手たちの華麗な連携で完璧な崩しから追加点を奪ったPSGはその後も得点を重ね、5-1で勝利している。 2021.01.25 12:00 Mon
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! スナイパーのように狙いすましたトリソの無回転シュート

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年1月25日にご紹介するのは、今から6年前にフランス代表MFコランタン・トリソが決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆フランス屈指の逸材MFトリソが決めた豪快な無回転ナックルシュート<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJnRFc1Z3VEcSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! がむしゃらに思い切り右足を振り抜くのではなく、狙いすましたコースにピタリと決める。しかもそれを無回転でやってのけるトリソの技術の高さが光るゴールです。 ◆その軌道はナックル 万能型のMFとして現在はバイエルンでプレーするトリソは、2017年までリヨンでプレー。 2015年1月25日に行われたリーグ・アン第22節のメス戦では、豪快なゴールを決めています。 1-0とリヨンリードの83分、左サイド深部からマイナスのボールをボックス外で受けたトリソは、しっかりと狙いを定めロングシュートを放つ。強烈なシュートは、無回転のまま飛んでいき、GKの手前で急激に落ちると、ゴール左に見事に決まりました。 ボックスの外とはいえども、トリソにフリーで持たせてはいけないことが良く分かるゴールです。 2021.01.25 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

プロ初シュートがプロ初ゴールに!モロッコ代表FWが決めた記念すべきゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はカーンのモロッコ代表FWヤシン・バムウがナントで決めたプロ初ゴールだ。 <div id="cws_ad">◆プロ初シュートがそのままプロ初ゴールに!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJpQmdsb3VOeSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 下部リーグでのプレーを経て、2013年夏にナントに加入したバムウは、2014年にプロデビュー。2018年にナントを退団し、現在はフランス2部のカーンでプレーしている。 ナントでは、公式戦130試合に出場し、17ゴールを記録したバムウだが、その記念すべきプロ初ゴールは、2014年8月9日に行われた、リーグ・アン第1節のRCランス戦で決めたゴールだった。 ファーストチームに昇格したばかりだったバムウは、0-0で迎えた64分、途中交代でピッチに立ち、プロデビューを飾る。すると直後の65分、左サイド深くまで侵入した味方がクロスを上げると、バムウが走り込んでこのクロスに合わせる。ショートバウンドになったところを上手く右足でミートしてシュートを決めると、プロの選手として初めて放ったシュートが、そのままプロ初ゴールとなった。 バムウのこのゴールはこの試合唯一の得点となり、初ゴールがそのまま決勝点に。デビュー戦でこれ以上ない活躍を見せている。 2021.01.24 22:00 Sun
twitterfacebook
thumb

爆発的初速で相手を置き去り!ムバッペが決めた電光石火のゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はパリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ムバッペが決めた電光石火のゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJhdFhoNTk3cSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> モナコでプロデビューしたムバッペは、瞬く間にブレイクすると2017年夏にPSGに加入。世界中のスター選手が集まるチーム内でも、若きエースとして圧巻の活躍を続けている。 ムバッペの武器の1つは、その爆発的なスピードだが、2019年12月15日に行われたリーグ・アン第18節のサンテチェンヌ戦では、スピードを活かした見事なゴールを決めている。 1-0とPSGのリードの43分、MFマルキーニョスからのパスを相手陣内中央にいたFWネイマールが受けると、すぐさま前線のムバッペにスルーパスを送る。圧倒的な初速の速さで、DFを一瞬で置き去りしてボックス内に抜け出したムバッペは、ニアポストに鋭いシュートを決め、見事な追加点を決めた。 ムバッペは、後半にもネイマールのパスから得点を記録。2ゴールに絡む活躍を見せ、チームの4-0の勝利に貢献している。 2021.01.24 14:00 Sun
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly