審判が選手を蹴ってレッドカード…3年前の珍事に再脚光「近年のサッカー界で最も衝撃的な瞬間の1つ」

2021.01.14 19:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今から3年前の2018年1月14日、フランスで前代未聞の出来事が起きた。舞台となったのはリーグ・アン第20節のナントvsパリ・サンジェルマン(PSG)の一戦。後半アディショナルタイムにPSGがカウンターのチャンスを作ると、前線に上がっていたナントのブラジル代表DFジエゴカルロス(現セビージャ)が自陣に戻る際、トニー・チャプロン主審と衝突し、主審はピッチに転倒。すると、すぐさまジエゴ・カルロスの足を蹴って止め、さらに同選手に2枚目のイエローカードを提示し、退場処分を言い渡していた。

主審のまさかの暴挙はSNS上でも拡散され、その後ジエゴ・カルロスのカードは取り消され、チャプロン氏は6カ月の出場停止処分を受けていた。元々そのシーズン限りでの審判引退を明言していたチャプロン氏はそのまま審判生活を終えることとなった。

チャプロン氏は引退後、イギリス『BBC』に出演し、当時のことを振り返っている。

「彼を蹴りたい訳ではなかった。残念だ。私はあの試合、あの状況でキャリアが終わってしまった。審判として1500試合を務めた後に、あの瞬間の反射的な反応で終わってしまった。受け入れるのは難しかった。私も人間だ。苦痛だったし、疲れた。あれは攻撃的なものではなかった」

「私は倒れた。誰かに押されて、反射的に足を出した。実際、選手や監督たちの反応は『OK、彼はミスを犯した、それがどうした?』というものだった。だが、メディアやSNSが大事件にした。審判はああいう行為はすべきではないからね。それには私も同意するし、謝罪する」

「2006年のW杯決勝で(ジネディーヌ・)ジダンがヘッドバットをした時のことを思い出してほしい。彼は素晴らしい選手で、何年もの間、世界最高の選手のひとりだっただろう。私の時と比べるなら、ジダンの時の(世間の)リアクションはさほど大きくなかった」

反射的な行動に対し、あまりにも処分やバッシングが厳しいと明かしていたチャプロン氏だが、イギリス『SPORTbible』も「近年のサッカー界で最も衝撃的な瞬間の1つ」として改めてこの出来事を取り上げており、その反響は今なお大きいようだ。

◆審判が選手を蹴ってレッドカードを提示する珍事
コメント
関連ニュース
thumb

“神童”ムバッペが高速クロスに華麗なヒールキックを合わせる!【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はパリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ムバッペの華麗なヒールキック<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJpWktIWk1PcyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> フランスサッカーの育成の名門、クレールフォンテーヌ国立研究所で英才教育を受けて育ったムバッペは、2015年にモナコでプロデビュー。爆発的なスピードと得点力を武器に一気に世界中が注目するタレントへと成長すると、2017年夏に、PSGへ加入した。 PSGでも若きエースとして活躍を続けるムバッペだが、2019年12月4日に行われたリーグ・アン第16節のナント戦では、華麗なゴールを記録している。 0-0で前半を折り返して迎えた52分、ハーフウェイライン付近でFWネイマールにボールが入ると、一気に攻撃のスイッチが入る。ドリブルでボールを相手陣内に運んだネイマールは、右サイド裏のスペースに抜け出すFWアンヘル・ディ・マリアにスルーパスを送る。 フリーでボックス右まで侵入したディ・マリアは、左足のアウトサイドで鋭いグラウンダーのクロスをゴール前に入れる。このボールに走りながら合わせたムバッペは、回転するような形で右足のヒールキックでシュートを放ち、見事な先制点を奪ってみせた。 試合は、終了間際にも追加点を決めたPSGが2-0で勝利している。 2021.01.22 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

モナコがセネガル代表ウインガーを獲得! 今季クラブ・ブルージュで19試合10ゴール

モナコは21日、クラブ・ブルージュからセネガル代表FWクルパン・ディアタ(21)を獲得したことを発表した。契約は2025年6月までとなる。 ディアタは母国でプロデビュー後、ノルウェー1部のサルプスボルグ08を経て、2018年1月にクラブ・ブルージュに加入。右ウイングを主戦場とする右利きのドリブラーで、在籍4年目の今季はジュピラー・プロ・リーグで19試合10ゴール2アシストの成績を収めていた。 また、2019年5月にセネガル代表デビューを果たすと、同年のアフリカ・ネーションズカップでは準主力として準優勝に貢献。ここまで16試合に出場している。 フランス『RMC Sport』によれば移籍金1600万ユーロ(約20億円)となったディアタ。モナコ公式サイトでは「新しいチームメイトと協力して、クラブが僕に示してくれた信頼に応えていけることを楽しみにしているよ」とコメントしている。 今季のモナコは、昨年7月に就任したニコ・コバチ監督の下、王者パリ・サンジェルマンを破るなど好調で、第20節を終了した時点で11勝3分け6敗。首位パリ・サンジェルマンと勝ち点差6の好位置につけている。 2021.01.22 13:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ナポリで構想外のFWミリクが酒井&長友のマルセイユへレンタル移籍!

日本代表DF酒井宏樹とDF長友佑都が所属するマルセイユは21日、ナポリのポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリク(26)を獲得したことを発表した。 ミリクは18カ月間のレンタル移籍となり、買い取りオプションがついているとのことだ。 ミリクは、母国ポーランドでキャリアをスタートさせると、レバークーゼンやアウグスブルク、アヤックスでプレーした後、2016年8月からナポリでプレー。これまで公式戦122試合に出場し48ゴール5アシストを記録していた。 しかし、2019年夏の移籍市場でローマやトッテナム、フィオレンティーナなどから関心が寄せられ、ユベントスへの移籍に接近。チームを去ろうとしたものの、結局ユベントスはアトレティコ・マドリーからスペイン代表FWアルバロ・モラタを獲得した。 その結果、ミリクの移籍は叶わず。また、移籍を目指したことでジェンナーロ・ガットゥーゾ監督から構想外を言い渡され、今シーズンは一度もピッチに立っていない。 <div id="cws_ad">◆ミリク、2019-20シーズンのセリエAゴール集<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ5aHc0emZTcSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 半年間を棒に振ったミリクだが、ついにナポリを脱出。自身初となるリーグ・アンへの移籍を果たすこととなったが、フランスの地でもゴールを量産できるだろうか。 2021.01.22 10:16 Fri
twitterfacebook
thumb

「何もできなかった」連敗マルセイユの日本代表2人に辛口評価「ナガトモの守備を利用した」

マルセイユは20日、リーグ・アン第9節の延期分で、RCランスとホームで対戦し、0-1で敗れた。マルセイユの日本代表DF酒井宏樹と長友佑都は両サイドバックで先発出場を果たし、酒井はフル出場、長友は66分までプレーした。 痛恨の連敗となったマルセイユだが、2人の日本人DFに対しての現地紙の評価も厳しいものになっている。 <div id="cws_ad">◆酒井宏樹がRCランス戦でダイレクトワンツーからクロスを上げる<script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=8vjirr9t6rf81g17il77nvssm" async></script></div> フランス『Homme Du Match』の採点(10点満点)では、2人とも4点評価に。酒井は「エネルギーが枯渇していた。日本代表はトップフォームの時に見せる上下動の繰り返しができなかった。ランスのゴールはそれも一因だった」とコメントし、長友には「逆サイドの味方を見つけることは難しく、日本人は近くの選手に迅速に確実にパスすることを好んだ。66分に交代した」と評価を下している。 一方、この試合のマン・オブ・ザ・マッチに選んだランスの右サイドのアタッカー、ジョナタン・クラウスには6.5点の評価とともに、「ナガトモの守備を利用し、フランスの多才なアタッカーは右サイドを制圧した。クロスが正確でなかったとしても、彼は常にそうすることができた。これは彼の前から日本人を消すことができたからだ」と長友とのデュエルに勝利したと高評価を下している。 また、フランス『maxifoot.fr』の採点(10点満点)でも、厳しい評価は変わらず、酒井が4点。長友が3点の評価だった。 寸評では、酒井に対し「前半は彼のサイドで守備の心配がなく、(フロリアン・)トヴァンとの連携をためらわなかった。時間が経つにつれて疲れが見え、ランスのゴールの場面では(マサディオ・)ハイダラに時間を与えすぎた」としている。 長友には「左サイドの日本人にはまだ安心できない。攻撃時には小さい視野で、ランスの先制点の場面でも何もできなかった」と辛口だった。 3戦未勝利のマルセイユは23日に第21節でモナコとアウェーで対戦する。 2021.01.21 12:16 Thu
twitterfacebook
thumb

ロリアンのクラスター発生受け、植田直通デビュー戦予定のニーム戦が延期に

フランス・プロリーグ機構(LFP)は20日、ロリアンの新型コロナウイルスのチーム内クラスター発生を受け、24日開催予定だったリーグ・アン第21節、ニームvsロリアンの開催延期を決定した。 フランス『Ouest-France』によると、すでに前節のディジョン戦の開催延期を余儀なくされていたロリアンは、18日にトレーニングに参加できたトップチームの選手が12名しかおらず、試合開催に必要な人員を用意することが難しいことから2戦連続での開催延期となったという。 なお、対戦相手のニームには日本代表DF植田直通が18日に加入しており、本来であればこのロリアン戦がデビュー戦となるはずだった。 2021.01.21 01:14 Thu
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly