審判が選手を蹴ってレッドカード…3年前の珍事に再脚光「近年のサッカー界で最も衝撃的な瞬間の1つ」

2021.01.14 19:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今から3年前の2018年1月14日、フランスで前代未聞の出来事が起きた。舞台となったのはリーグ・アン第20節のナントvsパリ・サンジェルマン(PSG)の一戦。後半アディショナルタイムにPSGがカウンターのチャンスを作ると、前線に上がっていたナントのブラジル代表DFジエゴカルロス(現セビージャ)が自陣に戻る際、トニー・チャプロン主審と衝突し、主審はピッチに転倒。すると、すぐさまジエゴ・カルロスの足を蹴って止め、さらに同選手に2枚目のイエローカードを提示し、退場処分を言い渡していた。


主審のまさかの暴挙はSNS上でも拡散され、その後ジエゴ・カルロスのカードは取り消され、チャプロン氏は6カ月の出場停止処分を受けていた。元々そのシーズン限りでの審判引退を明言していたチャプロン氏はそのまま審判生活を終えることとなった。

チャプロン氏は引退後、イギリス『BBC』に出演し、当時のことを振り返っている。

「彼を蹴りたい訳ではなかった。残念だ。私はあの試合、あの状況でキャリアが終わってしまった。審判として1500試合を務めた後に、あの瞬間の反射的な反応で終わってしまった。受け入れるのは難しかった。私も人間だ。苦痛だったし、疲れた。あれは攻撃的なものではなかった」

「私は倒れた。誰かに押されて、反射的に足を出した。実際、選手や監督たちの反応は『OK、彼はミスを犯した、それがどうした?』というものだった。だが、メディアやSNSが大事件にした。審判はああいう行為はすべきではないからね。それには私も同意するし、謝罪する」

「2006年のW杯決勝で(ジネディーヌ・)ジダンがヘッドバットをした時のことを思い出してほしい。彼は素晴らしい選手で、何年もの間、世界最高の選手のひとりだっただろう。私の時と比べるなら、ジダンの時の(世間の)リアクションはさほど大きくなかった」

反射的な行動に対し、あまりにも処分やバッシングが厳しいと明かしていたチャプロン氏だが、イギリス『SPORTbible』も「近年のサッカー界で最も衝撃的な瞬間の1つ」として改めてこの出来事を取り上げており、その反響は今なお大きいようだ。

◆審判が選手を蹴ってレッドカードを提示する珍事
関連ニュース
thumb

無名時代の名手パイエが、ブレイクを果たしたサンテチェンヌで決めた圧巻のゴールショー【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、マルセイユのフランス代表MFディミトリ・パイエがサンテチェンヌ時代に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆無名時代のパイエが見せた圧巻のハットトリック<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJEUTZkeTZRVyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2007年夏にナントからサンテチェンヌに加入したパイエは、同クラブでブレイク。その後のリールやマルセイユ、ウェストハムなどでフランス屈指の名MFとして名を上げていった。 ブレイクのきっかけを掴んだサンテチェンヌでは、4シーズンで公式戦148試合に出場し、25ゴール32アシストを記録しているが、2010年8月28日に行われたリーグ・アン第4節のRCランス戦では、圧巻のパフォーマンスを見せている。 まずは開始早々の5分、ボックス右手前でパスを受けたパイエは、中央へのドリブルでマークを振り切ると左足でミドルシュート。カーブのかかった見事なシュートがゴール左下に決まり、先制点を挙げる。 続いて終盤に差し掛かった79分、左サイドからドリブルで中央に切り込んだパイエは、ペナルティーアークまで侵入すると、今度は右足でミドルシュート。鋭いグラウンダーのシュートは、ゴール左に決まった。 勢いに乗るパイエは85分、味方のクロスをボックス内左で受けると、中央へドリブルで切り込んでいく。密集地帯でシュートコースを作ったパイエは、再び右足でシュート。鋭いシュートをゴール左に決め、ハットトリックを達成してみせた。 試合はパイエの3得点の活躍で、サンテチェンヌが3-1で勝利している。 <span data-sg-movie-id="893" data-sg-movie-title="無名時代の名手パイエが、ブレイクを果たしたサンテチェンヌで決めた圧巻のゴールショー"></span> 2021.03.05 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ペレが自身の後継者に今をときめくムバッペを指名!「プレー姿が私と重なる」

元ブラジル代表でフットボール界のレジェンドであるペレ氏が、自身の後継者になりうる選手として、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペを指名している。 フランス代表が優勝を果たした2018年のワールドカップの時も、同大会決勝で自身以来となる10代でゴールを決めたムバッペを称賛していたペレ氏。その後もさらなる成長を続けるトリコロールの怪物への嘆美は止まない。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューに応じた3度の世界チャンピオンは、今季もチャンピオンズリーグのラウンド16・1stレグでバルセロナと対戦した際に敵地カンプ・ノウで史上2人目のハットトリックを達成したムバッペを、自身の後継者になる可能性があると断言した。 「ムバッペは私の後継者になれる!冗談で言っているのではない。彼のスピードに自分を重ねることができるのだ」 「彼は思考の速いFWで、ボールを持った瞬間にはすでに次に何をすればいいか理解している。最善の解決策を見つけるため、試合を導く方法を知っているのだ。現代のフットボールで不可欠な能力だ」 フットボールの神様から直々に指名を受けたムバッペ。今後の活躍に大いに期待したい。 2021.03.05 21:08 Fri
twitterfacebook
thumb

レンヌ、元リヨン指揮官のジェネジオ氏を新監督に任命!

レンヌは4日、フランス人指揮官のブルーノ・ジェネジオ氏(54)が新監督に就任したことを発表した。 同クラブでは1日、クラブを初のチャンピオンズリーグ出場に導いたジュリアン・ステファン監督が成績不振で解任された。その時点では9位に位置していたものの、ここ6試合勝利がなく3連敗中で、昨季は3位だったチームを鑑みれば低迷と言わざるを得ない状況だった。 そして、リーグ戦が残り11試合となった中で舵取りを任されたのは、かつてリヨンを3年半率いたジェネジオ氏。2015年12月のシーズン途中にリヨンの監督に就任し、そのシーズンを2位で終えると、その後の3シーズンは4位、3位、3位と好成績を収めてきた。2016-17シーズンにはヨーロッパリーグでベスト4まで導いた実績も持つ。 リヨン退団後は北京国安の監督となり、1年半で24勝9分け7敗という成績を収めた。 2023年夏までの契約を結んだジェネジオ新監督はレンヌの印象について「質の高い選手が揃っている。今期は難しいかもしれないが、来季以降は楽観している。非常によく組織されたチームだ」と語っている。 2021.03.05 18:26 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGがケアンの新型コロナ陽性を報告…

パリ・サンジェルマン(PSG)は3日、イタリア代表FWモイゼ・ケアンが新型コロナウイルスに感染したことを発表した。 マウリシオ・ポチェッティーノ体制発足後も主力としてプレーしているケアン だが、3日の朝に行われたPCR検査で陽性反応が確認され、隔離措置に。これにより3日に敵地で行われるリーグ・アン第28節のボルドー戦の欠場が決定した。今後は、衛生プロトコルに従っていくという。 なお、ボルドー戦に向けてはFWネイマールやMFアンヘル・ディ・マリア、MFマルコ・ヴェッラッティ、MFアレッサンドロ・フロレンツィ、DFフアン・ベルナトがケガのため招集外。FWキリアン・ムバッペも累積での出場停止処分を受けており、今季リーグ戦19試合の出場で11ゴールを挙げているケアンを欠くことは大きな痛手となる。 2021.03.04 00:45 Thu
twitterfacebook
thumb

Jでもプレーした元ブラジル代表FWがPSGで見せたストライカーらしいハットトリック/1999-2000【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、元ブラジル代表FWクリスティアン氏がパリ・サンジェルマン(PSG)で決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆元Jリーガーが見せた圧巻のパフォーマンス<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJiOGhvY2tlUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> クリスティアン氏は、1999年夏にインテルナシオナウからPSGに加入。公式戦71試合に出場し、28ゴールを記録した。 2005年には大宮アルディージャに加入し、Jリーグでもプレーしたクリスティアン氏だが、PSG時代の1999年12月12日に行われたリーグ・アン第19節のメス戦では、圧巻のパフォーマンスを見せている。 まずは17分、右サイドのMFアリ・ベナルビアのクロスをボックス内で受けたクリスティアンは、見事なファーストタッチでボールを収めると、反転しながら素早くシュート。ゴール右下に鋭いシュートを沈め、先制点を挙げる。 直後の19分、ボックス手前のMFローラン・ルロワの落としを受けたクリスティアンが強烈なミドルシュート。GKに触れながらも、シュートパワーで押し切り、すぐさま追加点を記録した。 最後は2-1とリードを縮められて迎えた79分、再びルロワのスルーパスにクリスティアンが抜け出すと、GKが飛び出して来たところに合わせてループシュート。見事なハットトリックを達成した。 クリスティアンがPSGの全得点を挙げる活躍を見せ、3-1での勝利に貢献している。 <span data-sg-movie-id="876" data-sg-movie-title="【ストライカーらしいハット】Jでもプレーした元ブラジル代表FWがPSGで見せたゴール3連発"></span> 2021.03.03 14:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly