ペッレと“美人すぎる彼女”が8年の交際を経て婚約!かつてはその可愛さでユーロを沸かす

2021.01.13 18:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元イタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレ(35)とハンガリー出身のモデルとして活躍するヴィクトリア・ヴァルガさん(29)が婚約した。イギリス『サン』が伝えている。ペッレはレッチェやパルマ、サンプドリアなどの母国クラブや、AZやフェイエノールトを経て、2014〜2016年までサウサンプトンで活躍。2016年夏から“爆買い”の流れに乗じて中国の山東魯能に加わった。


◆セードルフがレアル時代に決めたキャノン砲ミドルシュート

山東魯能では公式戦通算132試合の出場で63得点24アシスト。2020年も公式戦21試合8得点2アシストを記録したが、1月に契約満了による退団が決定し、現在はフリーとなっている。

一方のヴァルガさんは、ユーロ2016にイタリア代表として出場していたペッレをスタンドで応援する姿が美しすぎると話題になり、最もホットなWAGs(Wives and Girlfriends=フットボーラーたちの妻や彼女たちのことを差すフレーズ)の1人として知られていた。

交際8年目を迎えた2人だったが、ペッレは先日、ドバイの超高級ホテルブルジュ・アル・アラブのヘリポートで、ロマンティックな雰囲気の中プロポーズを敢行。見事ゴールインとなった。

ヴァルガさんはその後、自身のインスタグラムを更新。その喜びを語っている。

「私が想像した中で最高のプロポーズと最もゴージャスなリングをくれたペッレに感謝したいと思います。あなたはすべてを計画して、とても素晴らしい仕事をしました。私は、あなたが私の家族や友人全員を招くことができたとはいまだに信じられません。それは完璧です。この冒険とまだ来ていないすべての冒険を楽しみにしています。あなたをとても愛しています」

二人の幸せな門出を祝したいところだが、ファンの中には“ヴァルガさんロス”に陥る人も少なくないかもしれない。



◆ペッレとヴァルガさんのロマンティックなプロポーズシーン!美男美女のキスシーンも!!
関連ニュース
thumb

橋本拳人同僚の元フィンランド代表MFエレメンコがロストフ退団…家庭の事情で母国帰還へ

日本代表MF橋本拳人が在籍するFCロストフは23日、元フィンランド代表MFロマン・エレメンコ(33)との契約を双方合意の下で解消したことを発表した。 これまでウディネーゼやディナモ・キエフ、ルビン・カザン、CSKAモスクワ、スパルタク・モスクワを渡り歩いたエレメンコは、2019年1月にロストフに加入。 ここまで公式戦48試合10ゴール7アシストの数字を残し、今シーズンはゲームキャプテンを務めるなど、主力として活躍していた。 しかし、フィンランド代表として通算73キャップを誇る攻撃的MFは、「僕にとっては家族が第一だからフィンランドに戻る。ロストフの将来の幸運を祈っているよ」と、詳細については言及していないものの、家庭の事情からクラブとの契約を解消したことを明かした。 また、ロストフのアルタシュ・アルチュンヤンツ会長もエレメンコ退団に際して、「我々のクラブの扉はロマンのために常に開かれており、彼は常に我々のクラブに欠かせない存在となるだろう」と、同選手の決断に理解を示している。 2021.02.24 23:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ジェラード、ライバルクラブの監督解任に「驚きはない」

レンジャーズを率いるスティーブン・ジェラード監督が、セルティックの監督解任について言及している。イギリス『スカイ・スポーツ』がコメントを伝えた。 セルティックは24日、ニール・レノン監督の解任を発表した。2019年2月に2度目の就任を果たし、リーグ記録タイの9連覇に導いたが、今季は最大のライバルレンジャーズの後陣を拝し、残り8試合という状況で18ポイントも離されていた。 2018年5月に就任したジェラード監督にとって、これまでにセルティックで監督交代が起きたのは2度目。25日に控えヨーロッパリーグのアントワープ戦に向けた会見で質問を受けた指揮官は「驚きはない」と答えた。 「驚いたとは言えない。あのクラブで何が起きているかは明らかだったからね。しかし、ニールやその他監督に対するそのようなニュースを見ても、私は個人的に満足感を得られない。彼の今後の活躍を祈っているよ」 「今朝知ったばかりだが、私が焦点を置いているのは明日の試合だけだ」 なお、レノン監督を解任したセルティックは、アシスタントコーチのジョン・ケネディ氏が暫定監督を務めることが発表されている。 2021.02.24 20:52 Wed
twitterfacebook
thumb

ベルギー代表GKミニョレが2度目のコロナ感染か

クラブ・ブルージュは24日、ベルギー代表GKシモン・ミニョレと同代表MFチャールズ・デ・ケテラエルに新型コロナウイルス(COVID-19)検査で陽性反応が出たことを報告した。 クラブによると検査は23日朝に実施されたもので、欧州サッカー連盟(UEFA)規格で行われたもの。両選手とも症状はなく、過去に同様の検査で偽陽性が確認されたこともあったうえ、19日から20日かけて行ったクラブ独自の検査では陰性だったため、24日に再び検査を行うとのこと。 ミニョレは昨年10月に一度コロナに感染しており、今回陽性と確定した場合、2度目の感染となる。 2019年夏にリバプールから加入したミニョレは守護神としてここまでリーグ戦26試合に出場。デ・ケテラエルは同クラブの下部組織出身で、リーグ戦では26試合に出場し1ゴール3アシストをマークしている。 2021.02.24 20:13 Wed
twitterfacebook
thumb

「勝つか、お前らを殺すかだ!」史上初の降格をかけた大一番で名門コロコロを救った圧巻のソロゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はコロコロのアルゼンチン人FWパブロ・ソラーリが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆救世主が見せた圧巻のソロゴール!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJoMm5GREJkcSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 1925年に創設されたコロコロはチリ1部リーグで最多32度の優勝回数を誇る同国屈指の名門として知られている。しかし今シーズンは深刻な低迷に陥り、レギュラーシーズンを16位で終えると、2021年2月17日に行われたプレーオフで、ウニベルシダ・デ・コンセプシオンと残留をかけた一発勝負に挑むこととなっていた。 クラブ創立以来初の降格危機を迎えたクラブに対し、一部の過激なファンは「Ganan o los matamos(お前らが勝つか、俺らがお前らを殺すかだ)」との脅迫とも取れる驚愕のバナーを掲示。そういった事情もあり、コロコロはまさに生きるか死ぬかの大一番に臨んでいた。 すると迎えた19分、右サイドでボールを受けたソラーリは、ドリブルで積極的に仕掛けていくと、キレのあるターンでDFを抜き去りゴールへ接近。コースを切りに来た相手も鮮やかなターンでかわすと、ゴール右の角度のない位置からシュート。GKの股を抜くゴールを沈め、値千金の先制点を挙げてみせた。 試合はそのままコロコロがリードを守り、1-0で勝利し、残留を決めた。なお、決勝ゴールのソラーリは、アルゼンチンのタジェレスからレンタルで加入していた19歳の選手であり、チリの名門クラブは思わぬ救世主の活躍で窮地を脱することとなった。 <span data-sg-movie-id="838" data-sg-movie-title="【降格のピンチを救う!】大一番で名門コロコロを救った圧巻のソロゴール"></span> 2021.02.24 20:00 Wed
twitterfacebook
thumb

“長すぎる助走”に非難も!チームの敗退を招いた17歳のPK失敗、本人は「自信があった」

成功率はおよそ8割と言われるPK。選手たちは助走や視線などでGKとの駆け引きを行う。 トップレベルでも特徴的な助走を取る選手は何人かいるが、アルゼンチンのアトランタに所属するアルゼンチン人MFゴンサロ・コロネル(19)は、その助走が仇となってしまった。 アトランタは21日、コパ・アルヘンティーナ1回戦でビジャ・サン・カルロスと対戦。90分では決着が着かず、試合はPK戦へと突入した。 両チームともに3人が成功し、アトランタの4人目としてコロネルがボールをセットすると、コロネルはペナルティーアークよりかなり手前の位置まで助走を取る。ペナルティーアークあたりで一度減速すると、蹴る直前には軽くジャンプして相手GKのタイミングをずらそうとしたが、相手GKロドリゴ・ベニテスは反応せず。コロネルが右足で放ったシュートは、ベニテスがジャンプせずとも届く甘いコースに飛んでしまい、そのままセーブされてしまった。 結局、PK戦はコロネルの失敗も響き、3-4でビジャ・サン・カルロスが勝利。2回戦に駒を進めていた。 敗退の要因となってしまい、サポーターからも非難を受けたコロネルだが、アルゼンチン『TyC Sports』によると、近しい人々からのサポートもあり、今は落ち着いているようだ。 「僕はいつもこのようにして蹴っている。クラブでPKを獲得した時は、いつもボールに対して垂直に距離を取り、ジャンプする」 「自信があったから蹴らせてもらえるように頼んだ。いつも通りのことをやりたかったけど、今回は上手くいかなかった。言われたことは僕にあまり影響を与えなかった。なぜなら家族と同僚のサポートがあったからだ」 <div id="cws_ad">◆無駄にも見えてしまう“長すぎる助走”<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">No se puede creer. ¡Este penal no se puede creer! <a href="https://twitter.com/hashtag/CopaArgentinaEnTyCSports?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CopaArgentinaEnTyCSports</a>. <a href="https://t.co/qYvP0D3IrY">pic.twitter.com/qYvP0D3IrY</a></p>&mdash; TyC Sports (@TyCSports) <a href="https://twitter.com/TyCSports/status/1363615455051735040?ref_src=twsrc%5Etfw">February 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.02.24 19:13 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly