ペッレと“美人すぎる彼女”が8年の交際を経て婚約!かつてはその可愛さでユーロを沸かす

2021.01.13 18:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元イタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレ(35)とハンガリー出身のモデルとして活躍するヴィクトリア・ヴァルガさん(29)が婚約した。イギリス『サン』が伝えている。ペッレはレッチェやパルマ、サンプドリアなどの母国クラブや、AZやフェイエノールトを経て、2014〜2016年までサウサンプトンで活躍。2016年夏から“爆買い”の流れに乗じて中国の山東魯能に加わった。


◆セードルフがレアル時代に決めたキャノン砲ミドルシュート

山東魯能では公式戦通算132試合の出場で63得点24アシスト。2020年も公式戦21試合8得点2アシストを記録したが、1月に契約満了による退団が決定し、現在はフリーとなっている。

一方のヴァルガさんは、ユーロ2016にイタリア代表として出場していたペッレをスタンドで応援する姿が美しすぎると話題になり、最もホットなWAGs(Wives and Girlfriends=フットボーラーたちの妻や彼女たちのことを差すフレーズ)の1人として知られていた。

交際8年目を迎えた2人だったが、ペッレは先日、ドバイの超高級ホテルブルジュ・アル・アラブのヘリポートで、ロマンティックな雰囲気の中プロポーズを敢行。見事ゴールインとなった。

ヴァルガさんはその後、自身のインスタグラムを更新。その喜びを語っている。

「私が想像した中で最高のプロポーズと最もゴージャスなリングをくれたペッレに感謝したいと思います。あなたはすべてを計画して、とても素晴らしい仕事をしました。私は、あなたが私の家族や友人全員を招くことができたとはいまだに信じられません。それは完璧です。この冒険とまだ来ていないすべての冒険を楽しみにしています。あなたをとても愛しています」

二人の幸せな門出を祝したいところだが、ファンの中には“ヴァルガさんロス”に陥る人も少なくないかもしれない。



◆ペッレとヴァルガさんのロマンティックなプロポーズシーン!美男美女のキスシーンも!!
関連ニュース
thumb

元神戸のポドルスキがトルコサッカーへの不満を明かす「試合が止まりすぎ」「コメディショーのよう」

アンタルヤスポルでプレーする元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが、トルコリーグについて批判した。 ケルンやバイエルン、そしてアーセナルやインテル、ガラタサライでプレーし、2017年7月から2019年12月まではJリーグのヴィッセル神戸でプレーしていたポドルスキ。2020年1月にアンタルヤスポルへと完全移籍しプレーしている。 今シーズンはスュペル・リグで21試合に出場し3ゴール1アシストを記録。ここ数試合は数分の出場に留まっている状況だ。 そのポドルスキはトルコ『ファナティック』のインタビューに応じ、トルコのサッカー界が抱える問題について言及した。 「審判は常に、トラブゾンスポルとイスタンブールのビッグクラブの試合で話題になっている。選手やチームのパフォーマンスは考慮されていない」 「例えば、フェネルバフチェの試合の後、アンタルヤスポルの良いパフォーマンスについてのコメントはほとんど見られなかった」 「審判の判定は毎週話題になっている。それはトルコのサッカーにとって有益ではないね。審判は人間だし、間違いを犯す可能性がある。僕たちだって間違いを犯す」 「お互いの行動、クラブの役員、監督の発言…常に混沌とした雰囲気があるね。これは良くないことだ」 また、試合が止まりすぎる事が問題だと主張。審判の判定も問題があるとした。 「試合が終わると、監督やスポーツディレクターが話をし、批判することができる。全てが終わり、次の試合が行われる」 「僕たちは、平均して60分間プレーするけど、あまりにも頻繁に試合が止まる。VARは実際に意思決定がより迅速に行われるために導入された」 「ただ、残念ながら、審判については今やより多くの議論がなされている。誰もがお互いに不平を言う。コメディショーのようなものだよ」 2021.03.08 21:20 Mon
twitterfacebook
thumb

「言葉で表現するのは…」10年ぶりの優勝を喜ぶジェラード監督がサポーターに感謝「彼らがこのクラブを作っている」

10年ぶりにスコティッシュ・プレミアシップを制したレンジャーズのスティーブン・ジェラード監督が、悲願達成を喜んだ。クラブ公式が伝えた。 レンジャーズは6日に行われた第31節のセント・ミレン戦も3-0で勝利。2位のセルティックが7日のダンディー・ユナイテッド戦で0-0のドローに終わったため、10年ぶり55度目のリーグ優勝が決定した。 セルティックと並びスコットランドの名門クラブとして知られるレンジャーズだが、2012年に自己破産に追い込まれ、4部に降格していた。 しかし、地力を見せたレンジャーズは4シーズンで3度昇格を達成。2016-17シーズンからプレミアシップに復帰していた。 ジェラード監督は2018年5月から指揮を執っており、就任3シーズン目で見事に優勝を達成。破産から9年目で見事にう優勝を果たした。 今シーズンはここまでのリーグ戦31試合を27勝4分けと無敗を続けているレンジャーズ。記録的な優勝を受けてジェラード監督がコメント。選手らの頑張りを讃えつつも、サポーターが最も重要であるとコメントした。 「今、言葉で表現するのはとても難しい。私は本当に感情的にハイになっていて、それはまだ終わっていない旅だ」 「まだまだ先のことがあり、勝つと常に次のことが気になる。何よりもまず選手たちを誇りに思っている。彼らはクラブにとって最も重要な人たちだ」 「しかし、サポーターほど重要ではない。彼らがこのクラブを作っている。彼らのためであり、我々は時々落ちることもあり、時には本当に低い状態になるが、今は信じられないほど高い」 「これらは、これまでの素晴らしい旅であり、それに値する。経営陣が私に与えてくれたサポート、そして私を支えてくれた全ての人、つまり、1人1人に感謝したい。そして、私がやるべき仕事をするために背中を押してくれた全ての人、そして今ここにいるクラブに関係する全ての人に感謝したいと思う」 「そして、ここにいた人、もうここにいない人々でさえ、このクラブでプレーした人たちは自分たちが果たした役割を楽しむに値する」 「チームの努力であり、集団の努力だった。これは記念碑に値する成果であり、その監督であることをとても誇りに思う」 2021.03.08 17:22 Mon
twitterfacebook
thumb

ヘンク伊東純也がスピード生かした裏抜けから今季8ゴール目! チームも2連勝《ジュピラー・プロ・リーグ》

ヘンクの日本代表MF伊東純也がゴールをマークした。 ジュピラー・プロ・リーグ3位のヘンクは7日に行われた第29節で16位のセルクル・ブルージュとホームで対戦。伊東は左ウィングでフル出場した。 前節に3連敗を止め、連勝を目指すヘンクは9分にオヌアチュがゴール。幸先良く先取すると、今年1月下旬を最後にゴールから遠ざかる伊東も続く。 25分、敵陣センターサークル付近で前を向いたヘイネンが相手最終ラインの背後に浮き球パス。抜け出した伊東がボックス右から右足シュートを決めた。 前半のうちに追加点も手にしたヘンクは前半終盤に相手に退場者が出たこともあり、優勢に試合を進めて2-0で勝利。2連勝を達成した。 なお、伊東はこの試合の得点で今季リーグ戦8ゴール目。実に6試合ぶりの得点となっている。 ヘンク 2-0 セルクル・ブルージュ 【ヘンク】 オヌアチュ(前9) 伊東純也(前25) 2021.03.08 12:45 Mon
twitterfacebook
thumb

監督として初優勝のチャビが歓喜のコメント「ファンに特に感謝したい」

アル・サッドのチャビ・エルナンデス監督が、監督として初のリーグ優勝を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 アル・サッドは7日、スターズ・リーグ第18節でウム・サラルと対戦し、0-3で勝利を収めた。 首位に立つアル・サッドは、34分にバグダード・ブーンジャーのゴールで先制すると、51分にユセフ・アブデル・ラザク・ユセフのゴールで追加点。後半アディショナルタイムには、ロドリゴ・タバタもゴールを奪い、0-3で勝利を収めた。 2位のアル・ドゥハイルに勝ち点差13をつけての優勝決定。さらに、ここまで16勝2分けと無敗での優勝を達成したアル・サッド。チャビ監督はこの優勝を喜んだ。 「我々はアル・サッドの新しい歴史を作った。選手として優勝した後、アル・サッドの監督として初めてリーグタイトルを獲得できて嬉しい」 「この選手、幹部、テクニカルスタッフ、メディカルスタッフのグループに参加できたことが嬉しい。我々の目標は、参加する全ての大会で勝つことだ」 また、ファン・サポーターへの感謝もコメント。この先も飛躍していくことを約束した。 「シーズンを通して、そしてウム・サラルとのリーグ戦でもチームを全力でサポートしてくれたアル・サッドのファンに特に感謝したい」 「彼らを幸せにし、クラブはタイトルをさらに獲得するために努力し続けることを約束する」 2021.03.08 12:25 Mon
twitterfacebook
thumb

チャビが監督務めるアル・サッドが無敗で15度目のリーグ優勝! 就任2年目で達成

チャビ・エルナンデス監督が率いるアル・サッドが、カタール・スターズリーグを制した。 アル・サッドは7日、スターズ・リーグ第18節でウム・サラルと対戦し、0-3で勝利を収めた。 首位に立つアル・サッドは、34分にバグダード・ブーンジャーのゴールで先制すると、51分にユセフ・アブデル・ラザク・ユセフのゴールで追加点。後半アディショナルタイムには、ロドリゴ・タバタもゴールを奪い、0-3で勝利を収めた。 この結果、2位のアル・ドゥハイルとの勝ち点差は13に広がり、残り4節での逆転が不可能となったため、アル・サッドの優勝が決定した。 また、ここまで16勝2分けと無敗を継続。7連勝でのリーグ優勝となった。 なお、アル・サッドはこれにより15度目のリーグ優勝を達成。チャビ監督にとっては、選手時代の2018-19シーズンに続くタイトル獲得となり、監督として初のリーグ制覇となった。 2021.03.08 10:37 Mon
twitterfacebook