セリエCで緊急事態…! 試合前にユニフォームやスパイクが盗難被害に

2021.01.10 20:21 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエCのカゼルターナvsカターニャの試合前に、ホームチームであるカゼルターナの選手たちのユニフォームとスパイクが盗まれる事件が起こっていたようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。当試合は日本時間10日の20時30分にキックオフ予定だったが、同日の朝、クラブの練習施設に隣接している倉庫からユニフォームとスパイクが一式盗まれていることが発覚。カゼルターナの公式声明では、倉庫のドアが破壊され、ほとんどの選手たちの道具が被害に遭ったとのこと。

試合は延期も検討されたものの、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると開始が若干遅れる可能性はあるものの、大方予定通り行われるようだ。10日20時過ぎの時点ですでにスターティングメンバーも発表されている。

なお、現在は警察も協力のもとで調査を進めている模様だ。
コメント
関連ニュース
thumb

インテルがピンチ! 財政危機でレアルへの移籍金支払いが遅延、選手給与も未払い

財政危機に陥っているインテルだが、レアル・マドリーへの支払いも滞っていることがわかった。イタリア『ラ・レプブリカ』が報じた。 インテルは昨夏の移籍市場でマドリーのモロッコ代表DFアクラフ・ハキミを完全移籍で獲得。4000万ユーロ(約50億円)の移籍金を分割で支払う契約を結んでいた。 インテルは昨年12月までにそのうちの1000万ユーロ(約12億5000万円)を支払う予定となっていたが、その支払いが滞っていたとのこと。今季は公式戦23試合で6ゴール5アシストを記録しているハキミの購入をしっかりと果たす必要がある。 今冬の移籍市場で選手を売却しなければ危ういとまで言われているインテルだが、約束していた移籍金も払えないほどのピンチに。しかし、マドリーとの合意がここ数週間でなされ、3月末までに支払うことで了承を得たという。 しかしながら、インテルの財政危機はここに留まらない。選手への給与支払いが滞ってしまっている。 7月と8月の給与に関して支払いがされていないものの、インテルは2月16日までに支払うことを保証。また、イタリアサッカー連盟(FIGC)の規制に従い、制裁を回避するため11月と12月の支払いについても交渉がされることを保証した。 インテルがここまでの窮地に追い込まれる理由はやはり新型コロナウイルス(COVID-19)の影響によるもの。オーナーである蘇寧グループも財政危機に陥っており、クラブの売却についても話が浮上していた。 世界中を危機に陥らせているパンデミックのため、マドリーも協力する姿勢を示したが、クラブが解決のために様々な手を打つことになりそうだ。 2021.01.17 12:35 Sun
twitterfacebook
thumb

イカルディがCLで決めたお手本のような美しいボレーシュート【スーパーゴール図鑑インテル編】

【得点者プロフィール】 マウロ・イカルディ(当時25歳) 国籍:アルゼンチン 所属:インテル ポジション:FW 身長:181cm バルセロナの下部組織出身のイカルディは、サンプドリアでプロデビューを飾ると、2013年夏にインテルに加入。若きエースとして活躍し、2019年夏にパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍するまで、公式戦219試合に出場し、124ゴールを記録した。 【試合詳細】 日程:2018年9月18日 大会:チャンピオンズリーグ グループステージ 対戦相手:トッテナム 時間:後半40分(0-1) <div id="cws_ad">◆イカルディのお手本のようなボレー<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJOY2JRTDcyRSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> トッテナムと対戦したインテルは、一進一退の攻防で前半を終えるが、後半に8分に先制を許す。 そのまま敗色濃厚だったインテルだが、終了間際の後半40分に左サイドのクワドゥオ・アサモアのクロスをペナルティーアーク付近で待ち構えたイカルディが、狙いを澄まして右足を一閃。豪快なダイレクトボレーは相手GKのミシェル・フォルムが懸命に伸ばした手に触れることなく、一直線にゴール左に突き刺さった。 このゴールで勢いづいたインテルは、後半アディショナルタイムにMFマティアス・ヴェシーノがヘディングでゴールを決め、土壇場でゲームをひっくり返してしていた。 イカルディは、31日にレンタル加入中のPSGへ完全移籍することが決定。今シーズンの公式戦でも31試合に出場し20ゴール4アシストを記録しており、これからもゴールを量産することが期待されている。 2021.01.17 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

「常に正確に対応」守備で勝利に貢献のDF吉田麻也に現地も高評価「値千金のブロック」

サンプドリアの日本代表DF吉田麻也が、現地で高く評価されている。 16日に行われた、セリエA第18節でウディネーゼをホームに迎え、2-1で逆転勝利したサンプドリア。吉田はフル出場を果たした。 2試合連続でセンターバックとして起用された吉田は、ウディネーゼの攻撃にさらされる中でしっかりとプレー。1失点を喫したものの、チームの勝利に貢献していた。 イタリア『Tuttomercatoweb』の選手採点(10点満点)では、GKエミール・アウデーロと1ゴールを記録したMFアントニオ・カンドレーバがチーム最高の「7点」を獲得した中、吉田は「6.5点」を獲得した。 吉田のプレーについては「ウディネーゼの攻撃陣に多くの仕事を与えられたが、常に正確に対応し、最終ラインから組み立ても行なっていた」と評価。またウディネーゼのFWケビン・ラザーニャとのマッチアップについても「前半はラザーニャをよく抑えていた」と評価した。 また、イタリア『カルチョ・メルカート』の選手採点(10点満点)でも「6.5点」を獲得。「至近距離のシュートを値千金のブロック」と評価。「MFロドリゴ・デ・パウルのゴールでは少しやられたが、ゴールは彼のせいではない」とし「最後に大きく立ちはだかった」と高い評価を下した。 2021.01.17 11:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ボローニャがショートパスを繋いで相手のブロックを攻略!【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はボローニャのパラグアイ代表FWフェデリコ・サンタンデールが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆サンタンデールが素早いパス回しから決めたロケットゴール<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJVV3lHS3dhZCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 南米と欧州のクラブを渡り歩いたサンタンデールは、2018年夏にコペンハーゲンからボローニャに加入。ここまで公式戦64試合に出場し、9ゴールをマークしている。 空中戦を得意とする大型FWのサンタンデールだが、2018年9月30日に行われたセリエA第7節のウディネーゼ戦では、味方との連携から豪快なゴールを決めている。 0-1とボローニャビハインドで迎えた42分、最終ラインでのボール回しから、ボックス手前のサンタンデールに楔のパスが入る。このパスをワンタッチで左にいたMFマティアス・スベンベリに落とすと、相手を引き付けたタイミングでサンタンデールにリターンパスが入る。 相手の密集地帯の中でわずかにスペースを作ったサンタンデールが豪快に右足を振り抜くと、強烈なシュートがクロスバーの内側に跳ね返りながらゴールインし、見事な同点弾となった。 このゴールで追いついたボローニャは、この後逆転に成功し、2-1で勝利している。 2021.01.17 10:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ナポリ痛恨、ファビアン・ルイスが新型コロナ感染でスーペル・コッパ欠場決定

ナポリのスペイン代表MFファビアン・ルイスが、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染。自身のインスタグラムでメッセージを投稿した。 ナポリは16日、ファビアン・ルイスが新型コロナウイルスの検査で陽性判定を示したことを発表。17日のセリエA第18節のフィオレンティーナ戦と、20日に予定されているユベントスとのスーペル・コッパに出場できないこととなった。 重要な一戦を前に感染が発覚したファビアン・ルイスは、すでに自宅で隔離中とのことだ。 そのファビアン・ルイスは、自身のインスタグラム(fabianruiz52)のストーリーズで、ファン・サポーターへ向けてメッセージを発信。症状はないとし、感染予防に努めてほしいと訴えた。 「残念ながら、僕はCOVID-19の検査で陽性であったことを報告するためにこれを書いています」 「自宅で隔離され、ナポリとセリエAによって設定されたプロトコルに全て従っています。僕が受け取ったサポートする全てのメッセージに心から感謝します。僕と家族は元気です」 「完全に回復したら、チームとともに仕事を再開します。その間、自宅からチームをサポートし続けます」 「僕は自分自身とみんなのために、みんなが注意してくれることを願います。このウイルスのま年を防ぐために必要な感染予防対策に従ってください」 2021.01.17 09:32 Sun
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly