“スカートを穿いたペレ”と称されるブラジル女子代表FWマルタがチームメイトと婚約

2021.01.07 12:21 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナショナル・ウーマンズ・サッカーリーグ(NWSL)のオーランド・プライドに所属するブラジル女子代表のFWマルタ・ビエイラ・ダ・シルバ(34)が、婚約を報告した。母国ブラジルで「スカートを穿いたペレ」とも称されるマルタは、ワールドカップで5大会にわたり得点した史上初のフットボーラーであり、通算17得点は男女合わせてワールドカップ史上最多。FIFA最優秀選手に6度も輝いたレジェンドだ。


◆2年前のプレミア最優秀ゴール! ジャイアントキリングを起こしたパーフェクトボレー

そのお相手は、オーランド・プライドの同僚であるアメリカ人DFトニ・プレスリー(30)。結婚すれば、同クラブで2組目となる。

マルタは5日、自身のインスタグラム(martavsilva10)を更新。プレスリーとの2ショットとともに、「これが2人で描いていくストーリーの新たな一章」と投稿している。

関連ニュース
thumb

ピクシー就任のセルビア代表がメンバー発表《カタールW杯欧州予選》

セルビアサッカー協会は5日、今月末に行われるカタール・ワールドカップ(W杯) 欧州予選に向けたセルビア代表メンバー30名を発表した。 セルビア代表では3日、名古屋グランパスなどで活躍した同国のレジェンドであるドラガン・ストイコビッチ氏が監督に就任している。 そのストイコビッチ監督はMFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(ラツィオ)やFWルカ・ヨビッチ(フランクフルト)、MFフィリップ・コスティッチ(フランクフルト)、MFドゥシャン・タディッチ(アヤックス)ら主力を選出。 今夏に行われる予定のユーロ2020出場を逃したセルビアは、24日にW杯欧州予選初戦のアイルランド戦を、27日にポルトガル戦を、30日にアゼルバイジャン戦を戦う。今回発表されたメンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆セルビア代表メンバー30名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;"> マルコ・ドミトロビッチ</span>(エイバル/スペイン) <span style="font-weight:700;">プレドラグ・ライコビッチ</span>(ランス/フランス) <span style="font-weight:700;">ジョルジェ・ニコリッチ</span>(バーゼル/スイス) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ミラン・ガイッチ</span>(ツルヴェナ・ズヴェズダ) <span style="font-weight:700;">マルコ・ペトコビッチ</span>(バチュカ・トポラ) <span style="font-weight:700;">フィリプ・ムラデノビッチ</span>(レヒア・ワルシャワ/ポーランド) <span style="font-weight:700;">ウロシュ・スパイッチ</span>(フェイエノールト/オランダ) <span style="font-weight:700;">ストラヒニャ・パヴロビッチ</span>(セルクル・ブルージュ/ベルギー) <span style="font-weight:700;">ステファン・ミトロビッチ</span>(ストラスブール/フランス) <span style="font-weight:700;">ミロス・ヴェリコビッチ</span>(ブレーメン/ドイツ) <span style="font-weight:700;"> ニコラ・ミレンコビッチ</span>(フィオレンティーナ/イタリア) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">ネナド・クルスティチッチ</span>(AEKアテネ/ギリシャ) <span style="font-weight:700;">アンドリヤ・ジヴコビッチ</span>(PAOK/ギリシャ) <span style="font-weight:700;">ミハイロ・リスティッチ</span>(モンペリエ/フランス) <span style="font-weight:700;">ドゥシャン・タディッチ</span>(アヤックス/オランダ) <span style="font-weight:700;">マルコ・グルイッチ</span>(ポルト/ポルトガル) <span style="font-weight:700;">サシャ・ルキッチ</span>(トリノ/イタリア) <span style="font-weight:700;">セルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ</span>(ラツィオ/イタリア) <span style="font-weight:700;">フィリップ・ジュリチッチ</span>(サッスオーロ/イタリア) <span style="font-weight:700;">イヴァン・イリッチ</span>(ヴェローナ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ダルコ・ラゾビッチ</span>(ヴェローナ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ネマニャ・マクシモビッチ</span>(ヘタフェ/スペイン) <span style="font-weight:700;">ネマニャ・グデリ</span>(セビージャ/スペイン) <span style="font-weight:700;">ネマニャ・ラドニッチ</span>(ヘルタ・ベルリン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">フィリプ・コスティッチ</span>(フランクフルト/ドイツ) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">アレクサンダル・ミトロビッチ</span>(フルアム/イングランド) <span style="font-weight:700;">ルカ・ヨビッチ</span>(フランクフルト/ドイツ) <span style="font-weight:700;">ドゥシャン・ヴラホビッチ</span>(フィオレンティーナ/イタリア) <span style="font-weight:700;">ジョルジェ・デスポトビッチ</span>(ルビン・カザン/ロシア) 2021.03.05 23:45 Fri
twitterfacebook
thumb

“ピクシー”ことストイコビッチ氏、セルビア代表監督に就任! 56歳誕生日に決定

セルビアサッカー協会は3日、ドラガン・ストイコビッチ氏(56)の同国代表監督就任を正式発表した。契約期間は3年。2024年のユーロ予選までの契約となる。 自身の56歳となる誕生日に監督就任が正式決定したストイコビッチ氏は協会の公式サイトを通じて、「大きな喜びと誇りを感じる。これほどの名誉なことなんてない。これ以上のバースデープレゼントは望めないね」と喜びの心境を語った。 現役時代に“ピクシー”の相性でも親しまれ、ユーゴスラビア代表としてだけでなく、ツルヴェナ・ズヴェズダやマルセイユ、そして名古屋グランパスエイト(現・名古屋グランパス)などで活躍したストイコビッチ氏。2001年に現役を引退した。 その後、ユーゴスラビアサッカー協会やツルヴェナ・ズヴェズダで会長職を務め、2008年から名古屋を率いると、2010年にチームとして初のJ1リーグ制覇。2013年限りで退任後、広州富力の指揮を執り、2020年1月に退任してからフリーだった。 セルビア代表は今夏に予定するユーロ本大会出場を逃して、昨年12月にリュビシャ・トゥムバコヴィッチ監督が退任。今月からスタートする欧州予選を戦い抜き、2022年のカタール・ワールドカップ(W杯)出場権獲得が目標となる。 2021.03.03 21:45 Wed
twitterfacebook
thumb

エジプト、東京五輪にサラー招集の意向! 「世界で最も重要な選手の一人を呼ぶのは普通のこと」

リバプールに所属するエジプト代表FWモハメド・サラー(28)が東京オリンピックに参加するU-24エジプト代表に招集されることになった。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 2019年に行われたU-23アフリカ・ネーションズカップを初制覇したエジプトは、アフリカ王者として東京五輪の出場権を獲得。そして、今年7月23日から8月8日の日程で開催予定の東京五輪に向けて、シャウキ・ガリブ監督は母国メディアの取材に対して、メンバー選考のプランを明かした。 その中で注目されるオーバーエイジの3枠に関して、A代表でエースを務めるサラー、同じく守護神を務めるアル・アハリGKモハメド・エルシェナウィ(32)を招集する意向を明言した。 「エジプトのアンダー23チームの予備登録メンバーでは、モハメド・サラーとモハメド・エル・シェナウィがもう一人のゴールキーパーと並んで選ばれることになるだろう」 「サラーは現在、世界で最も重要なプレーヤーの一人であり、エジプトのオリンピック代表に彼を呼ぶのは普通のことだ」 「来年3月のインターナショナルブレイク後にリバプールとの公式協議を開始する予定だ」 なお、招集に関して代表チーム側に強制力がない五輪に関してはリバプール側に派遣を拒否する権利があるものの、大会が開催される場合、サラー自身が参戦を熱望することも考えられ、クラブサイドが受け入れざるを得ない可能性もある。 その場合、サラーは来シーズンに向けたプレシーズンのトレーニングを全休すると共に、プレミアリーグのシーズン開幕に間に合わなくなる。 多くのフットボールファンはサラーが五輪の舞台でプレーすることを望むはずだが、リバプールとしては招集を拒否したいという思いがが強いはずだ。 2021.03.03 08:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ジョージア代表が新指揮官にサニョル氏を招へい

ジョージアサッカー連盟 (GFF)は15日、ウィリー・サニョル氏(43)をジョージア代表の新指揮官に任命したことを発表した。契約期間は2年間となる。 現役時代にサンテチェンヌやモナコでプレーしたサニョル氏は、2000年7月にモナコからバイエルンへ移籍。右サイドバックの主力として長年プレーし、ブンデスリーガで184試合に出場し7ゴール38アシストを記録。2000-01シーズンのチャンピオンズリーグ制覇や、5度のブンデスリーガ制覇、DFBポカールも4度制覇するなど、バイエルンの一時代を支えた。 フランス代表としても59キャップを記録しているサニョル氏は、2009年1月に現役を引退。引退後はバイエルンのスカウトやフランス代表のスポーツディレクター、U-20、U-21フランス代表、ボルドーの監督などを歴任。 2017年6月からは当時バイエルンを率いていたカルロ・アンチェロッティ監督の下でアシスタントコーチに就任。同監督の解任後には暫定監督を務めたが、ユップ・ハインケス監督を招へいに伴い、クラブを退団していた。 昨年11月に行われたユーロ2020予選プレーオフ決勝で北マケドニア代表に敗れ、ユーロ本選出場を逃したジョージア代表は、直後に2016年から長期政権を築いてきたヴラジミール・バイス監督が辞任。ラマズ・スワナゼ氏が暫定監督を務めていた。 2021.02.16 03:10 Tue
twitterfacebook
thumb

チリ代表監督にウルグアイ人のマルティン・ラサルテ氏が就任!かつてソシエダで2部優勝

チリサッカー連盟(FFC)は11日、ウルグアイ人のマルティン・ラサルテ氏(59)を代表の新監督に招へいしたことを発表した。2021年のコパ・アメリカ、2022年のカタール・ワールドカップ予選を指揮することになる。 ラサルテ氏は1996年の現役引退直後から監督業をスタートし、ここまでウルグアイのクラブを中心に13クラブを歴任。2009年から2011年の間にはソシエダを指揮した経歴を持ち、2009-10シーズンにセグンダ・ディビシオンを制覇。直近ではエジプトのアル・アハリを率いて2018-19シーズンのリーグ戦を制覇している。 また、2012年から2015年の間にはウニベルシダ・カトリカとウニベルシダ・チレというチリのクラブを指揮。ウニベルシダ・チレでは、1部リーグの前期リーグで優勝に導いており、他にも国内カップ戦やスーパーカップと3つのタイトルをもたらしている。 チリ代表では、2018年1月からレイナルド・ルエダ監督が指揮していたが、今年1月に退任し、現在はコロンビア代表の監督に就いている。 2021.02.11 21:30 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly