レーティング:ミラン 1-3 ユベントス《セリエA》

2021.01.07 06:43 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第16節、ミランvsユベントスが6日に行われ、1-3でユベントスが快勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。
※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし

▽ミラン採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
99 ドンナルンマ 5.5
3失点も防げるシュートは止めていた


DF
5 ダロト 5.0
苦手な守備に追われる展開に

(→A・コンティ -)

24 ケアー 5.5
空中戦で際立ち、安定していた

(→カルル-)

13 ロマニョーリ 5.0
3失点目はクルゼフスキにやられた。キエーザのカットインも対応できず

19 テオ・エルナンデス 5.0
攻撃面ではアクセントを付けるも、キエーザの仕掛けに苦戦

MF
7 カスティジェホ 5.0
効果的なプレーは少なかった

(→コロンボ -)

2 カラブリア 6.5
ボランチ起用に応える同点弾

(→D・マルディーニ -)

10 チャルハノール 5.5
ミドルシュートで牽制を図った

79 ケシエ 5.5
守備面での貢献が高かった

15 ハウゲ 5.0
負傷者やコロナの関係で先発抜擢も見せ場を作れず

(→ディアス 5.0)
ハウゲと大差ないプレーぶり

FW
17 レオン 6.0
同点弾をアシスト。カウンターの起点となった

監督
ピオリ 5.0
ケガ人が重なって選手層が薄くなったことが響き、リーグ初黒星

▽ユベントス採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 シュチェスニー 6.0
ミドルシュートを的確にセーブ

DF
13 ダニーロ 6.0
守備のバランスを保った

19 ボヌッチ 6.0
終盤は割り切った戦いぶりで1失点に凌ぐ

4 デ・リフト 6.0
集中した対応を最後まで続けた

38 フラボッタ 6.0
果敢な攻め上がりを見せてダロトを押し込んだ。アレックス・サンドロの代役を務め上げる

(→デミラル -)

MF
22 キエーザ 7.0
積極的な仕掛けで攻撃を牽引し、2ゴール

(→クルゼフスキ 6.0)
らしい仕掛けで3点目を演出

30 ベンタンクール 6.0
危険なロストが1度あったが、ゲームをしっかり作った

(→アルトゥール -)

25 ラビオ 5.5
ボールロストから失点につながるプレーがあったが、後半は持ち直して3点目を演出

8 ラムジー 5.5
左サイドでタメを作る役割を担う

(→ベルナルデスキ -)

FW
10 ディバラ 6.5
キエーザの2ゴールをアシスト。とりわけ先制点を演出した華麗なヒールパスは見事だった

(→マッケニー 6.5)
ダメ押しの3点目を挙げた

7 C・ロナウド 5.0
今日は元気がなかった

監督
ピルロ 6.5
サン・シーロ凱旋。選手層の厚さを生かして勝ち切った

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
キエーザ(ユベントス)
ドッピエッタでチームを勝利に導く。ゴールへ向かう積極性が実を結んだ。

ミラン 1-3 ユベントス
【ミラン】
カラブリア(前41)
【ユベントス】
キエーザ(前18)
キエーザ(後17)
マッケニー(後31)

関連ニュース
thumb

衝撃の無回転ロングシュート!イタリアのレジェンド、ザンブロッタのミラン初ゴールとなったスーパーゴール/2008-09【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元イタリア代表DFジャンルカ・ザンブロッタ氏がミラン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆衝撃の無回転ロングシュート<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJTeXp6UzZ5diIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> バーリで頭角を現したザンブロッタ氏は、ユベントスやバルセロナを渡り歩いた後、2008年ミランに加入。不動のSBとして活躍した。 攻守に安定したパフォーマンスを見せる世界屈指のSBとして知られたザンブロッタ氏だが、2008年9月21日に行われたセリエA第3節のラツィオ戦では、衝撃のゴールを決めている。 1-1と同点で迎えた35分、相手陣内中央やや右でボールを持ったザンブロッタは、ドリブルでボールを運ぶと、強烈なロングシュート。右足で放たれた豪快なシュートは、無回転気味のままゴール左に一直線に飛んでいき、ゴールネットに突き刺さった。 衝撃のゴールでミラン初ゴールを記録したザンブロッタ。4-1でのチームの勝利に大きく貢献した。 <span data-sg-movie-id="871" data-sg-movie-title="【衝撃の無回転ロングシュート!】イタリアのレジェンド、ザンブロッタのミラン初ゴールとなったスーパーゴール"></span> 2021.03.02 20:00 Tue
twitterfacebook
thumb

衝撃ブレ球ミドル!ミランの長谷川唯がセリエAデビュー戦で決めてチームは大勝!

ミランへと加入したなでしこジャパンのMF長谷川唯が衝撃のゴールを見せた。 ミランは2月28日、セリエAでピンク・スポルトと対戦。長谷川は加入後初となるリーグ戦デビューを飾った。 この試合でミラン初先発を遂げた長谷川は、0-2とリードして迎えた31分に度肝を抜くシュートを見せる。 ボックス手前左でFKを得たミランは、長谷川がキッカーに。壁の上を越えたシュートは、無回転のブレ球でゴール左に突き刺さる衝撃のゴールとなった。 さらに0-4で迎えた60分には、左サイドからのグラウンダーのクロスに対しニアサイドに走り込むと、相手GKの裏をかく浮き球のシュート。これが決まり、0-5に。結局、試合は1-6でミランが大勝を収めていた。 現在2位のミランは、首位のユベントスと勝ち点差3の状況。長谷川の活躍で逆転優勝を果たせるか注目だ。 <div id="cws_ad">◆長谷川唯が決めた衝撃ブレ球FK(1:27〜)<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/PinkSportMilan?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PinkSportMilan</a> -<br>Relive the comfortable win in Bari (including <a href="https://twitter.com/maybe10_?ref_src=twsrc%5Etfw">@maybe10_</a>&#39;s beautiful brace) <br><br>Riviviamo la grande vittoria esterna delle rossonere (con la doppietta di Yui) <a href="https://twitter.com/hashtag/FollowTheRossonere?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FollowTheRossonere</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/SempreMilan?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SempreMilan</a> <a href="https://t.co/NGo0uxbmCp">pic.twitter.com/NGo0uxbmCp</a></p>&mdash; AC Milan (@acmilan) <a href="https://twitter.com/acmilan/status/1365693622289588230?ref_src=twsrc%5Etfw">February 27, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.03.02 19:48 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラン、DFトモリを完全移籍で獲得希望?チェルシーに36億円支払いか

ミランが、チェルシーからレンタル移籍で獲得したイングランド代表DFフィカヨ・トモリ(23)に関して完全移籍での獲得を画策しているようだ。 トモリは、チェルシーのアカデミー出身で、ファーストチーム昇格後は武者修行を続けていた中、2019-20シーズンはフランク・ランパード監督の下でチャンスを手にし、プレミアリーグで15試合に出場し1ゴールを記録するなど出場機会を得ていた。 しかし、今シーズンはDFチアゴ・シウバが加入した影響もあり出場機会を失うと、1月にミランへとレンタル移籍。ミランでは、セリエAで4試合、ヨロッパリーグで2試合、コッパ・イタリアで1試合とコンスタントに出場している。 イタリア『スカイ・スポーツ』によると、ミランはトモリをチームに留まらせたいと考えており、レンタル期間が終わるシーズン終了後に完全移籍での獲得を申し出るとのこと。2800万ユーロ(約36億円)をチェルシーに支払うようだ。 トモリがミランへ移籍した後、チェルシーはランパード監督を解任しており、後任のトーマス・トゥヘル監督の下で構想に入るかは不透明な状況だ。 2021.03.02 09:55 Tue
twitterfacebook
thumb

負傷のイブラは古巣ユナイテッド戦含め、今後4試合を欠場か

ミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが今後の公式戦4試合を欠場するようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。 イブラヒモビッチは2月28日に行われたセリエA第24節のローマ戦に先発。後半11分に交代していたが検査の結果、左足内転筋を痛めていた。 『フットボール・イタリア』によればイブラヒモビッチは今後、セリエAのウディネーゼ戦、ヴェローナ戦、ナポリ戦、ヨーロッパリーグの古巣マンチェスター・ユナイテッド戦を欠場すると報じている。 39歳となったイブラヒモビッチは今季のセリエAで14ゴールを記録。2位に位置するチームを牽引しているが、昨年11月から今年1月にかけてハムストリングとふくらはぎの負傷により長期離脱していた。 また、MFハカン・チャルハノールに関しては左足太ももの内側屈筋を負傷し、3日に行われるセリエA第25節ウディネーゼ戦を欠場する見通しとのことだ。 2021.03.02 01:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラン、レビッチは大事に至らず次節出場へ

ミランのクロアチア代表FWアンテ・レビッチは大事に至らなかったようだ。 ミランは2月28日に行われたセリエA第24節のローマ戦で主力の攻撃陣3人が負傷交代していた。そのうちの一人であり、ローマ戦で決勝ゴールを決めたレビッチは股関節を痛めてピッチを後にしていたが、イタリア『スカイ』によれば3日に行われるセリエA第25節ウディネーゼ戦の出場に問題はないとのことだ。 一方で左足内転筋を痛めたFWズラタン・イブラヒモビッチ、箇所は不明なものの足の筋肉を痛めたMFハカン・チャルハノールに関してはウディネーゼ戦での起用は不透明だとしている。 2021.03.02 00:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly