「自業自得だ」” 時間稼ぎ”に失敗したGKがボールを奪われ失点、チームは敗れプレーオフ敗退

2020.12.14 19:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
北中米カリブ海のクラブ王者を決めるCONCACAFチャンピオンズリーグで起きた悲劇に注目が集まっている。ホンジュラスリーグのモタグアは10日、CONCACAFチャンピオンズリーグプレーオフで、ニカラグアのレアル・エステリと、来シーズンの本戦出場権をかけて対戦。2-1とリードした状態で試合終盤を迎えていた。

◆レアル・エステリのCONCACAF大会でのベストゴール集

しかし、勝利は目前かと思われた89分、GKマーロン・リコナがボックス内でボールを奪うと、わざと相手が近くに来るまで足元のボールを拾わずに、時間を稼ごうとした。

これを見た相手は、試合を進めるためにジョギングでプレッシャーをかけに行き、ボールを拾わせに行く。しかし、リコナはギリギリを攻め過ぎたのか、ボールが相手のリーチに入ってもなかなかボールを拾わない。すると、一瞬の隙を見た相手が、足を伸ばしてボールにタッチし、リコナはボールをこぼしてしまう。

ボックス内でボールを奪った相手は素早く横パスを出すと、フリーで後方から走り込んだ相手選手にゴールを決められ、モタグアは同点に追いつかれてしまった。

土壇場のまさかのミスで同点弾を許したモタグアは、このゴールで集中の糸が切れてしまったのか、その後のPK戦で敗れ、まさかの敗北。来シーズンのCONCACAFチャンピオンズリーグの出場権を失ってしまった。

試合終盤にリードしているチームが時間稼ぎを行うのはよくある光景だが、相手チームからするとイライラが募ってしまうため、賛否が別れるプレーだ。

このゴールには、時間稼ぎを行ったGKに対して、自業自得だと嘲笑するファンもいる中、レアル・エステリの選手がボールを奪ったシーンで、GKは一瞬早くボールを手で持っており、GKが持つボールを蹴ったとしてファウルに当たるのではないかと、プレーオンにした審判団に対して批判が集まるなど、SNSで様々な意見が出ている。

◆ファウル?自業自得?問題のシーン

コメント
関連ニュース
thumb

総合格闘技“最強”の男ヌルマゴメドフがサッカー界への転身を決意?「オファーを受ける準備ができている」

2020年10月に現役引退を宣言した総合格闘技団体・UFC(アルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ)の世界ライト級王者のハビブ・ヌルマゴメドフ(32)が、サッカー界への転身を考えているのかもしれない。 ヌルマゴメドは25日、自身のインスタグラムを更新。砂浜をランニングする自身の映像とともに、「フットボールでのデビューの準備。僕はフリーエージェントであり、オファーを受け入れる準備ができている」と投稿した。 総合格闘技史上最長である29戦29勝の無敗記録を持つヌルマゴメドフは、2020年10月に行われたUFC世界ライト級王座統一戦でジャスティン・ゲイジーに勝利した後、格闘技の師でもあった父の死を理由に現役引退を表明していた。 さらに、今月には元オランダ代表MFクラレンス・セードルフ氏らとサッカーに興じる姿も報道されていた。 ヌルマゴメドフには総合格闘技界復帰の可能性も囁かれているが、最強の男は別の道への挑戦を選ぶのだろうか。 <div id="cws_ad" >◆UFC“最強”の男ヌルマゴメドフの速すぎるドリブル突破<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> Khabib Nurmagomedov has the burst of pace to beat the full-back <br><br>Then went for the single leg on Clarence Seedorf <a href="https://t.co/0mcduW2V9C">pic.twitter.com/0mcduW2V9C</a></p>&mdash; UFC on BT Sport (@btsportufc) <a href="https://twitter.com/btsportufc/status/1348661187068628992?ref_src=twsrc%5Etfw">January 11, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.27 18:48 Wed
twitterfacebook
thumb

元レアル・マドリーのドンチッチがスパーズ戦で驚愕のトラップを披露「ベルカンプのようだ」

NBAのダラス・マーベリックスでプレーするバスケットボール選手のルカ・ドンチッチが見事なボールタッチを見せた。だが、手ではなく足でだ。 マーベリックスは23日にサンアントニオ・スパーズと対戦。ドンチッチもスターターとしてプレーした。 ドンチッチが華麗な足技を見せたのは第3クォーターのラストプレーの場面。残り2秒を切っていたため、スパーズのケルドン・ジョンソンは自陣からロングシュートを放つ。これはさすがに距離が長く、ゴール左に逸れていったが、ボールはベンチに退いていたドンチッチのもとへ。 ドンチッチはボールがエンドラインを超えたところで、右足でトラップ。吸い付くようなトラップでボールを収めると、そこから3回リフティングを続けていた。 このシーンはSNS上でも拡散され、バスケットファンとサッカーファンのどちらからも好意的な声が挙がっている。中にはアーセナルなどで活躍した元オランダ代表FWデニス・ベルカンプ氏に例える意見もあった。 ドンチッチはスロベニア出身で、2015-16シーズンから2017-18シーズンまではレアル・マドリーのバスケットボールチームでプレー。2019年からNBAのマーベリックスへと移籍していた。 1年目に新人王を受賞し、2年目にオールスターに選出されたドンチッチは、今シーズンもMVP級の活躍を続けている。 バスケットボールはただでさえサッカーボールよりも重く、ジョンソンのロングシュートはかなりの弾道があったため、あのボールをピタッと止めるのは中々至難の業にも思えるが、スーパースターの運動神経はやはり並大抵のものではないのかもしれない。 <div id="cws_ad">◆ドンチッチのスーパートラップ<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Hey <a href="https://twitter.com/luka7doncic?ref_src=twsrc%5Etfw">@luka7doncic</a> <br>how’s your 1st touch?! <br><a href="https://t.co/osIhdelEDO">pic.twitter.com/osIhdelEDO</a></p>&mdash; Taylor Twellman (@TaylorTwellman) <a href="https://twitter.com/TaylorTwellman/status/1352840804805582848?ref_src=twsrc%5Etfw">January 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.26 21:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ウィルシャーが痛快ジョーク! 2011年のバルサ戦を振り返るファンの質問に「あの夜は僕が支配していた」

元イングランド代表MFジャック・ウィルシャーが、ファンからの質問にジョークを飛ばしている。 昨年10月にウェストハムとの契約を解除し、つい先日にボーンマスと半年間の契約締結に至ったウィルシャー。すでに19日に行われたダービー・カウンティ戦でチャンピオンシップ(イングランド2部)デビューしており、29歳の新たなキャリアがスタートしている。 そんな中、23日にウィルシャーは自身の公式ツイッターでフォロワーとの交流を図った。様々な質問が寄せられた中で、一人のフォロワーから「2011年のエミレーツで行われたバルセロナ戦で、あなたは誰のプレーを見て感銘を受けましたか?」という質問が及んだ。 この質問は、2010-11シーズンのチャンピオンズリーグのラウンド16・バルセロナ戦に関するもので、アーセナルの本拠地エミレーツ・スタジアムで行われたファーストレグは2-1でアーセナルが先勝していた。 当時のバルセロナと言えば、ジョゼップ・グアルディオラ監督が率いた黄金時代の真っ只中。中盤にはチャビ・エルナンデス、アンドレス・イニエスタ、セルヒオ・ブスケッツが君臨し、称賛や名誉を欲しいままにしていた。 結局、同大会を圧倒的な強さで制したバルセロナに一太刀浴びせたアーセナルにおいて、フル出場したウィルシャーに上述の質問が寄せられたのだ。 だがウィルシャーは、「学べることはなかったね。あの夜、彼らは皆、僕のポケットの中で大人しくしていたんだから(笑)」と返答。簡単に言えば「大したことなかった」という意味合いだろう。 確かにウィルシャーは若い頃には“天才”と称され、アーセナル時代の同僚であり、バルセロナでそのチャビやイニエスタらと共闘したMFセスク・ファブレガスも絶賛していたが、その実ケガの連続で、今のところその才能が輝いたとは言えない。 もちろん本人も承知の上でのコメントだろうが、このツイートには別のファンから「ポケットにそんな重い物を入れてなけりゃ、ヒザのケガで4カ月も離脱することはなかっただろうに」と、ウィルシャーを上回るジョークを返されていた。 2021.01.24 18:06 Sun
twitterfacebook
thumb

シメオネ、モウリーニョ、ペップ、クロップ…名将たちがキャラクターに!?ピクサーのタッチで再現した画像が話題に

サッカー界を彩る名将たちがアニメーションのキャラクターになったら。そんな妄想が実現された。 イギリス『ジョー』は、『toonme.com』というユーザーが画像を選ぶと、その人物をトゥーン風のタッチのデザインに変えてくれるというアプリを使い、名将たちをキャラクターにしてしまった。 今回、キャラクターになったのは、フランク・ランパード(チェルシー)、ジョゼ・モウリーニョ(トッテナム)、ユルゲン・クロップ(リバプール)、オーレ・グンナー・スールシャール(マンチェスター・ユナイテッド)、ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ)といったプレミアリーグの監督や、ジネディーヌ・ジダン(レアル・マドリー)、ディエゴ・シメオネ(アトレティコ・マドリー)など、錚々たるメンバーだ。 『ピクサー』風のタッチになった名将たちの姿はかなり個性的で、映画に出てきそうなものばかり。クロップ監督は大きな目としっかりと蓄えられたひげが強調され、実際のキャラクターと言われても遜色ない。 また、使用した写真の問題もあると思うが、ジダン監督はやや眉間にしわが寄っており、『ジョー』は「ジダンはこの映画の悪役だ」とそのデザインをユーモラスに表現した。 この投稿を見たサポーターたちもこぞって『toonme.com』を使い、推しの選手や監督をトゥーン風のキャラクターに変貌させて楽しんでいる。 『toonme』は無料アプリで、もちろんサッカー選手以外の画像もキャラクターにデザインしてくれる。気になった方は一度ダウンロードしてみてはいかがだろうか。 <div id="cws_ad">◆シメオネ、モウリーニョ、ペップ、クロップ…名将たちがキャラクターに<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">We turned Premier League managers into Pixar characters, just because we could. Has science gone too far?<br><br>(Created with <a href="https://t.co/CupQoSPS1y">https://t.co/CupQoSPS1y</a>) <a href="https://t.co/MbFprwqj9n">pic.twitter.com/MbFprwqj9n</a></p>&mdash; FootballJOE (@FootballJOE) <a href="https://twitter.com/FootballJOE/status/1351904079182761986?ref_src=twsrc%5Etfw">January 20, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">And finally, Simeone and Ancelotti. I really did try to get Carlo&#39;s eyebrows right but the software was having none of it. Apologies. <a href="https://t.co/qKx1yZ40HZ">pic.twitter.com/qKx1yZ40HZ</a></p>&mdash; FootballJOE (@FootballJOE) <a href="https://twitter.com/FootballJOE/status/1351904708626100224?ref_src=twsrc%5Etfw">January 20, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.01.22 18:15 Fri
twitterfacebook
thumb

フェルナンド・トーレスが驚異のバルクアップ! アジア企業のアンバサダー就任発表も注目は違うところに

先日久しぶりにメディアに姿を現した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスの見た目の変貌ぶりが話題となっている。 サガン鳥栖でのプレーを最後に、2019年にそのキャリアに幕を落としたトーレス氏。昨年夏からは古巣アトレティコ・マドリーのBチームで監督を務めており、第二の人生を歩み始めている。 引退から1年以上が経った中、トーレス氏は自身の公式インスタグラムを通じて、カジノウェブサイトを運営する東南アジアの会社『AW8』のアンバサダー就任を発表。しかし、関心を集めたのは久々に披露されたその見た目だった。 現役時代のトーレス氏はスラリと長い手足とその端麗な顔立ちで、モデルとしても通用するような体型だった。プレースタイルもスピードや嗅覚を生かしたものだったが、最新のトーレス氏は、両腕にレスラーのような筋肉をつけ、胸筋も見事に発達。これまでのイメージを払拭する驚きの姿となっていた。 これには驚きを隠せないファンが多く、SNS上では大きな話題となっている。 情報によると、トーレス氏は引退後、ボクシングやジム通いを始め、現在のような体つきになったとのこと。現役時代からその願望はあったのかもしれない。<div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Fernando Torres bulked up <a href="https://t.co/PSs3QI9vIs">pic.twitter.com/PSs3QI9vIs</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1351591954098884617?ref_src=twsrc%5Etfw">January 19, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.20 18:00 Wed
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly