蔚山現代、FC東京を下した北京国安を破り準決勝進出! 神戸vs水原三星の勝者と対戦《ACL2020》

2020.12.10 21:39 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020東地区準々決勝、蔚山現代(韓国)vs北京国安(中国)が10日に行われ、蔚山現代が2-0で勝利した。FC東京と同居したグループFを首位通過し、ラウンド16ではDF西川聡擁するメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)に3-0で快勝した蔚山現代と、FC東京を下して8強に進出した北京国安が対戦。

試合が動いたのは21分。今回が3度目の準々決勝となる蔚山現代は右サイドのイ・ヒョンスンが上げたクロスからネグランがバイシクルシュートを放つと、北京国安のキム・ミンジェの手に当たり、VARの末にPKの判定に。これをネグランが沈めて先制に成功した。


初の準々決勝となる北京国安も25分にR・アウグストのシュートでゴールに迫るが、ここはGKの正面に。42分のチ・チョグオのヘディングシュートもGKに簡単に処理されてしまうと、その直後に蔚山現代が追加点を挙げる。

相手のクリアボールを敵陣中央で奪ったネグラン。ゴール正面のやや遠い位置から迷わず右足を振り抜くと、シュートはDFの間を抜けて、ゴール左に突き刺さった。

スーパーゴールでリードを広げた蔚山現代は後半立ち上がりに、ラウンド16でFC東京に引導を渡したアランにビッグチャンスを許すが、GKチョ・ソヒュクのビッグセーブでピンチを凌ぐ。また、65分にはボックスの外から放たれたビエラのシュートが左ポストに直撃するなど、運も味方する。

さらに68分には、そのビエラにフリーでゴール前に侵入されシュートまで運ばれるが、DFが決死のブロックに入り失点を阻止。

その後は5枚の交代カードを全て使いながら試合をコントロールした蔚山現代が相手を完封し、2-0で勝利を収めた。3度目の準決勝進出を果たした蔚山現代は、東地区準々決勝もう一方のカード、ヴィッセル神戸vs水原三星の勝者と対戦する。

蔚山現代 2-0 北京国安
【蔚山現代】
ネグラン(前21)【PK】
ネグラン(前42)
関連ニュース
thumb

Jリーグ勢参戦のACL東地区が延期決定、当初は4月21日から5月7日に開催予定

アジアサッカー連盟(AFC)は11日、2021シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に関して、東地区は開催期間を延期することを発表した。 AFCは11日、クアラルンプールで会議を開催。その中で、ACLについての決定事項があった。 Jリーグ勢も参加する東地区では、4月21日から5月7日までグループステージを集中開催される予定が立てられていたが、これが一転延期となった。6月から7月にかけて行われることになるという。 AFCは子の決定について「東部地域ではCOVID-19のパンデミックによる渡航制限と隔離の課題を考慮し、当初予定されていた4月21日から5月7日までのグループステージの試合を延期することに決定した」と発表した。 また、これに伴い東地区の予選とプレーオフの試合も延期となり、グループステージが行われる会場で集中開催されるとのことだ。 なお、グループF、G、Jに関してはタイでグループステージを行うことが決定。グループHとIに関しては未定となっている。日本勢では、名古屋グランパスがグループG、グループJにはプレーオフを勝ち抜けばセレッソ大阪が入ることに。グループHにはガンバ大阪、グループIには川崎フロンターレが入っている。 なお、西地区にかけては4月14日から30日にかけて開催され、グループAとDがサウジアラビアのリヤド、グループCはサウジアラビアのジッダ、グループBはUAEのシャールジャで開催。グループEはインドで行われることとなる。 2021.03.11 16:24 Thu
twitterfacebook
thumb

ACLのマッチスケジュールが決定! 山東泰山の出場資格剥奪により川崎Fのグループの組み分けが変更《ACL2021》

2021シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージのマッチスケジュールが決定した。 2021シーズンのACLは出場クラブ数が8チーム増え、過去最多の40チームが参加。西地区と東地区はそれぞれ6グループになった。 そんな中、グループ分けが決定したのちに、中国の山東泰山が出場資格を剥奪。その結果、グループ分けに変更が生じた。 セレッソ大阪が勝ち上がった場合にグループJで同組だったが、グループJには広州FC(元広州恒大)が入ることに。一方で、川崎フロンターレのグループIには広州FCの代わりに北京FC(元北京国安)が入ることとなった。 また、マッチスケジュールも全て決定。集中開催となるグループステージは4月21日から5月7日にかけて6試合が行われる。 【グループG】 ①江蘇(中国)、②名古屋グランパス(日本)、③ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)、④東地区プレーオフ勝者3[浦項スティーラーズ(韓国) vs ラチャブリFC(タイ)] ▽4月21日(水) ジョホール・ダルル・タクジム vs 名古屋グランパス ▽4月24日(土) 名古屋グランパス vs 江蘇 ▽4月27日(火) 東地区プレーオフ勝者3 vs 名古屋グランパス ▽4月30日(金) 名古屋グランパス vs 東地区プレーオフ勝者3 ▽5月3日(月) 名古屋グランパス vs ジョホール・ダルル・タクジム ▽5月6日(木) 江蘇 vs 名古屋グランパス 【グループH】 ①全北現代モータース(韓国)、②ガンバ大阪(日本)、③タンピネス・ローバーズFC(シンガポール)、④シドニーFC(オーストラリア) ▽4月22日(木) タンピネス・ローバーズFC vs ガンバ大阪 ▽4月25日(日) ガンバ大阪 vs 全北現代モータース ▽4月28日(水) シドニーFC vs ガンバ大阪 ▽5月1日(土) ガンバ大阪 vs シドニーFC ▽5月4日(火) ガンバ大阪 vs タンピネス・ローバーズFC ▽5月7日(金) 全北現代モータース vs ガンバ大阪 【グループI】 ①川崎フロンターレ(日本)、②北京FC(中国)、③ユナイテッド・シティFC(フィリピン)、④東地区プレーオフ勝者4※[大邱FC(韓国) vs チェンライ・ユナイテッド(タイ)] ▽4月21日(水) 川崎フロンターレ vs 東地区プレーオフ勝者4 ▽4月24日(土) 北京FC vs 川崎フロンターレ ▽4月27日(火) 川崎フロンターレ vs ユナイテッド・シティFC ▽4月30日(金) ユナイテッド・シティFC vs 川崎フロンターレ ▽5月3日(月) 東地区プレーオフ勝者4 vs 川崎フロンターレ ▽5月6日(木) 川崎フロンターレ vs 北京FC 【グループJ】 ①広州FC(中国)、②ポートFC(タイ)、③傑志(香港)、④東地区プレーオフ勝者2※セレッソ大阪(日本) vs [メルボルン・シティ(オーストラリア) vs シャン・ユナイテッド(ミャンマー)の勝者] ▽4月22日(木) 広州FC vs 東地区プレーオフ勝者2 ▽4月25日(日) 東地区プレーオフ勝者2 vs 傑志 ▽4月28日(水) 東地区プレーオフ勝者2 vs ポートFC ▽5月1日(土) ポートFC vs 東地区プレーオフ勝者2 ▽5月4日(火) 東地区プレーオフ勝者2 vs 広州FC ▽5月7日(金) 傑志 vs 東地区プレーオフ勝者2 2021.02.25 11:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ACL2021の組み合わせ決定!今季は8チーム増加で40チームが参加

アジアサッカー連盟(AFC)は27日、2021シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の組み合わせ抽選会を実施した。 2020シーズンのACLは韓国の蔚山現代が優勝。日本勢はヴィッセル神戸がベスト4まで勝ち上がったが、蔚山現代に敗れていた。 2021シーズンは出場クラブ数が8チーム増え、過去最多の40チームが参加。西地区と東地区はそれぞれ6グループになった。 Jリーグからは王者の川崎フロンターレ、2位のガンバ大阪、3位は名古屋グランパスがグループステージから、4位のセレッソ大阪がプレーオフからの出場となる。 2019シーズン以来8度目の出場となる川崎Fは、グループIに入り、中国の広州恒大、フィリピンのユナイテッド・シティFC、プレーオフ4勝者(韓国/タイ)と同居した。ユナイテッド・シティFCは、かつてセレス・ネグロスという名前で活動していたが、2020年8月にオーナーが変わり名前が変更されていた。 2017シーズン以来の10度目の出場となるG大阪は、グループHに入り、韓国王者の全北現代モータース、シンガポールのタンピネス・ローバース、オーストラリアのシドニーFCと同居した。 2012シーズン以来の4度目の出場となる名古屋は、グループGに入り中国王者の江蘇蘇寧、マレーシアのジョホール・ダルル・タクジムと同居。また、プレーオフ3勝者(韓国/タイ)と同居する。 2018シーズン以来4度目の出場を目指すC大阪はプレーオフを勝ち抜く必要があるが、勝ち抜いた場合はグループJに入り、中国の山東魯能、タイのポートFC、香港のキッチーと同居する。 ◆ACL2021組み合わせ抽選結果 ・グループF BGパトゥムユナイテッド(タイ) 蔚山現代(韓国) ベトテル(ベトナム) PO1勝者(オーストラリア/フィリピン/中国) ・グループG 江蘇蘇寧(中国) 名古屋グランパス(日本) ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア) PO3勝者(韓国/タイ) ・グループH 全北現代モータース(韓国) ガンバ大阪(日本) タンピネス・ローバース(シンガポール) シドニーFC(オーストラリア) ・グループI 川崎フロンターレ(日本) 広州恒大(中国) ユナイテッド・シティFC(フィリピン) PO4勝者(韓国/タイ) ・グループJ 山東魯能(中国) ポートFC(タイ) キッチー(香港) PO2勝者(日本/オーストラリア/マレーシア) 2021.01.27 19:25 Wed
twitterfacebook
thumb

今季のACLはグループステージが集中開催!4月から5月にかけて実施、C大阪が出場のPOは4月14日開催《ACL2021》

アジアサッカー連盟(AFC)は25日、2021シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)について、開催日程を発表した。 2020シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大もあり大会方式が変更。グループステージ途中からカタールでの一斉開催となっていた。 2021シーズンはグループステージを集中開催に決定。東地区は4月から予選がスタート。グループステージは4月21日(水)から5月7日(金)にかけて集中開催で実施。開催地は未定となっている。 ラウンド16は9月14日(火)か15日(水)、準々決勝は9月28日(火)、29日(水)に行われ、一発勝負に。準決勝と決勝は2試合行われ、準決勝は10月20日(水)と27日(水)、決勝は11月21日(日)と27日(土)に行われる。 なお、西地区も同様にグループステージは集中開催となり、4月14日から30日で行われる。 Jリーグ勢は明治安田J1王者の川崎フロンターレ、2位のガンバ大阪、3位の名古屋グランパスがグループステージから出場。セレッソ大阪は4月14日(水)開催のプレーオフから登場する。 2021.01.26 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

川崎F、G大阪が天皇杯決勝進出で、名古屋のACL本大会出場が決定! C大阪が繰り上げでプレーオフに《ACL2021》

27日、第100回天皇杯の準決勝2試合が行われた。 今シーズンのJ1王者である川崎フロンターレとJ3王者であるブラウブリッツ秋田の一戦は、2-0で川崎Fが勝利した。 序盤からアグレッシブに戦う秋田に対し、川崎Fはしっかりとポゼッションを高めていなしていく。 すると前半にルーキーながらJリーグベストイレブンにも選出されたMF三笘薫が先制ゴールを記録。さらに秋田にシュートを打たせない展開が続くと、後半にはボックス手前で得たFKからMF田中碧が直接沈めて2-0と勝利を収めた。 もう1試合、J1を2位で終えたガンバ大阪とJ2王者の徳島ヴォルティスの一戦は、2-0でG大阪が勝利した。 前半はゴールレスで終わり、互いに攻めあぐねる展開となったが、後半に一瞬の隙を見逃さずにFWパトリックが強引に押し込んでG大阪が先制。さらに、途中出場のMF福田湧矢が相手の一瞬の隙をついて抜け出し冷静にゴール。2-0で勝利を収めた。 この結果、天皇杯の優勝チームが明治安田J1の上位2クラブとなったため、来シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の出場チームが確定した。 J1で3位に終わり、ACLでプレーオフからの出場となってた名古屋グランパスが本大会から出場することに。また、J1で4位に終わったセレッソ大阪が名古屋に代わってプレーオフから出場することが決定した。 なお、天皇杯決勝は、2021年1月1日に国立競技場で川崎フロンターレvsガンバ大阪のカードで行われる。 2020.12.27 18:05 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly