マドリーに続きカディスに金星献上のバルサが今季4敗目…《ラ・リーガ》

2020.12.06 07:03 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第12節、カディスvsバルセロナが5日に行われ、ホームのカディスが2-1で勝利した。

バルセロナ(勝ち点14)は前節、オサスナを相手にFWメッシの英雄ディエゴ・マラドーナに捧げるゴラッソなど4-0の大勝で7位に浮上。また、主力を温存したチャンピオンズリーグ(CL)のフェレンツヴァローシュ戦も復調気配漂うグリーズマン、ブラースヴァイトの公式戦3連発で3-0の完勝を収め、今季CL唯一の5連勝を達成した。

そして、久々の連勝を目指す今節は6位のカディス(勝ち点15)と対峙。上位相手に強さを見せる曲者との一戦ではフェレンツヴァローシュ戦で温存したGKテア・シュテーゲン、コウチーニョ、メッシが復帰。さらに、オサスナ戦からはペドリに代わってブスケッツがデ・ヨングの相棒として起用された。
やや様子見の入りとなったバルセロナは不運な形から早々にビハインドを背負うことに。8分、カディスの左CKの場面でニアのファリが頭でフリックしたボールをDFミンゲサがクリアを試みると、これがゴール右隅に向かう。GKテア・シュテーゲンが何とかはじき出すも、こぼれ球をアルバロに押し込まれた。

この失点を受けてすぐさま反撃に転じるバルセロナは17分、メッシの絶妙なスルーパスに抜け出したブラースヴァイトがボックス右から右足を振り抜くが、ここは相手GKレデスマの好守に遭う。

その後も相手を完全に押し込んでいく中、26分にはペナルティアーク付近でメッシが得たFKを自ら狙うが、ここはGKのセーブに遭う。前半終盤にかけても中央を徹底的に締める相手を何とか引き出そうと、細かいパスの出し入れを試みるが、ブラースヴァイトの決定機以降、相手を崩す形を作れなかった。

迎えた後半、ミンゲサ、コウチーニョに代えてペドリ、デンbレをハーフタイム明けに投入したバルセロナは、デ・ヨングがセンターバックにポジションを下げる。

そして、立ち上がりから前がかって攻勢を仕掛けるが、逆に手薄な最終ラインの背後を突かれて危険なカウンターを幾度も浴びる。それでも、57分にはボックス左でのメッシの見事なボールキープからオーバーラップするジョルディ・アルバに短いスルーパスが通ると、アルバのクロスがDFアルカラに当たって大きくコースが変わり、GKレデスマの反応の逆を突く形でニアサイドに決まった。

後半の早い時間帯に追いついたバルセロナだが、信じがたいミスで再び勝ち越しを許す。63分、自陣左サイド深くのスローインの場面でアルバが自軍ゴール方向にボールを下げると、DFラングレがGKテア・シュテーゲンに直接蹴らそうとしたのか、見送ってしまう。これに猛然とプレッシャーをかけた途中出場のネグレドにクリアをブロックされ、必死の戻りを見せたデ・ヨングもかわされて無人のゴールに流し込まれた。

この自滅により、逆転に向けてより多くのパワーが必要となった中、73分にはブスケッツの絶妙なラストパスに反応したデストがゴール前に抜け出すが、右足のシュートはアウトにかかり過ぎて枠の左に外れる。

その後、78分にはデストとブスケッツを下げてトリンコン、ピャニッチをピッチに送り込み、なりふり構わない猛攻に打って出る。84分と86分にはボックス内でメッシ、ピャニッチに絶好機が訪れたが、いずれのシュートも相手GKレデスマのビッグセーブに阻まれた。

そして、試合終盤にかけても勝ち点奪取を狙い決死の攻撃を続けたバルセロナだったが、最後までカディスの堅守をこじ開けることはできず。

この結果、レアル・マドリーに続きカディスに金星を献上したバルセロナは、早くも今季4敗目となった。

関連ニュース
thumb

デ・リフトの引き抜き困難か? 来夏に約190億円の契約解除条項が有効に

ビッグクラブが関心を示すオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(22)だが、ユベントスが放出を望まない限り、引き抜きは非常に困難なようだ。 2019年夏にアヤックスからユベントスに7500万ユーロ(約96億3000万円)の金額で加入したデ・リフト。ここまで2年間の在籍期間に公式戦79試合に出場している。 その逸材センターバックに関しては、2019年夏にもユベントスと競合したバルセロナを始め、幾つかのメガクラブが獲得に関心を示している。 だが、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が伝えるところによれば、デ・リフトとユベントスの契約には1億5000万ユーロ(約192億円)の契約解除条項があり、その条項は2022年夏に有効になるという。 そのため、他クラブがユベントスとの契約交渉を行わずに引き抜くことは事実上不可能と言ってもいい。 また、現在デ・リフトはセンターバックの3番手という立ち位置だが、イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(37)と、同DFレオナルド・ボヌッチ(34)がキャリア終盤に差し掛かっていることもあり、来シーズン以降は最終ラインの主軸を担うことが期待されている。 先日にデ・リフトの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏は、同選手が来シーズンもトリノに留まるかはわからないと、クラブへのけん制とも取れるコメントを残していたが、現時点では退団の可能性は非常に低いようだ。 2021.09.20 22:53 Mon
twitterfacebook
thumb

グラナダ戦控えるクーマン監督、解任の声強まるも…「将来に不安はない」

バルセロナのロナルド・クーマン監督は自身に強まる解任の声にも意に介さずの姿勢を示した。スペイン『マルカ』が伝えている。 バルセロナは20日、ラ・リーガ第5節でグラナダと対戦する。14日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループE第1節のバイエルン戦では、実力差をまざまざと見せつけられ、0-3の完敗。グラナダ戦はミッドウィークと同じ本拠地カンプ・ノウでもあるだけに、仕切り直しの白星を挙げたいところだ。 解任論も熱を帯びるなかでの一戦となるクーマン監督だが、試合に先駆けた会見で目の前の試合にだけ集中していることを強調した。 「私は何も知らないし、試合とチームのことしか考えていない。あとは私の手に負えない。私は落ち着いているし、試合に勝つ自信もある」 「万全な状態でプレーできるようになるには回復の必要な選手もいるが、勝たなければならないことはわかっている」 「大切なのは、結果だけだ。自分の将来に不安はない。そういったことは会長がクラブを代表して決める」 さらに、昨季はホームで敗れたグラナダが対戦相手であることについても言及。満員の観客の前では異なった結果になると予想した。 「どの監督も自分の考えを持っているが、グラナダが変わったとはあまり思わない。システムは[4-3-3]で、フィジカルが強く、直接的なプレーをしてくる」 「我々は本拠地でプレーし、ホームの観客がいる。彼らのおかげで、昨シーズンとは異なるゲームになるだろう」 2021.09.20 18:58 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサが契約延長望む若手2人、ペドリは延長に前向き

選手の給与削減や、売却を行って調整しても苦しいバルセロナの財務状況。しかし、その中でも留めたい選手はいる。 バルセロナの当面の目標は、スペイン代表FWアンス・ファティ(18)とMFペドリ(18)の契約延長だ。 スペイン、そしてバルセロナの将来を担うことが期待されている両選手。バルセロナは、ファティに関して両親や代理人と連絡を取っているとのこと。そしてペドリとも交渉をスタートさせるようだ。 現在の契約では、バルセロナが一定額を支払うことで、3年間の契約延長と2シーズンの延長オプションがついた契約を結べるという。 当然バルセロナは動き出すものと考えられるが、ペドリに関しては状況が少し異なると、スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 ペドリに関しては、16歳の時にバルセロナと契約を結んだものの、現在と当時ではクラブの経済状況が異なるため、クラブはこの2年間の延長オプションを行使するつもりがないという。 しかし、クラブはペドリとの契約延長を当然望んでおり、ペドリもそのつもりがあるとのことだ。 ペドリは移籍金500万ユーロ(約6億4500万円)でバルセロナと契約を結んだものの、変動する契約のため、現在は1500万ユーロ(約19億3400万円)に上昇しているとのこと。また、今後移籍した際に15%を受け取るラス・パルマスの利益を考え、3000〜3500万ユーロ(約38億7000万〜約48億8500万円)にも上る可能性があるようだ。 昨シーズンはバルセロナで主軸として高い、ユーロ2020、そして東京オリンピックとフル稼働したペドリ。バルセロナにとって欠かせない選手になっているが、どういった契約になるのか注目だ。 2021.09.19 20:38 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサがFWデンベレと契約延長へ、代理人と会談し2024年まで延長か

バルセロナがフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(24)との契約延長を考えているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 予てから契約延長の噂があったバルセロナとデンベレ。今シーズンはフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンがアトレティコ・マドリーへと移籍したことで空いた背番号「7」を背負うことが決定している。 ユーロ2020にはフランス代表として出場したデンベレだったが、右ヒザの大腿二頭筋腱の脱臼と診断され手術を実施。今はハムストリングの負傷からの復帰を目指してリハビリに励んでいる。 そのデンベレだが、代理人のムサ・デンベレ氏とゼネラルマネージャー(GM)を務めるマテウ・アレマニー氏が交渉を始めるとのこと。来週にも話し合いの場が設けられるという。 デンベレとバルセロナの契約は今シーズン終了までとなっており、バルセロナは来年1月になる前に契約を延長したいと考えているようだ。 従来はウイングでのプレーが主だったが、2020-21シーズンは中央でもプレー。その際にはゴールを量産するなど新境地を見せていた。 なお、デンベレもバルセロナとの契約を延長する意向があるとのこと。ただ、バルセロナは契約を結ぶまでは楽観視できないと考えているようだ。 『ムンド・デポルティボ』によれば、バルセロナは2024年までの2年契約を提示しているとのことだ。 <span class="paragraph-title">【動画】新たに7番を手にしたデンベレがリハビリに励む</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJpUm15S1FMcyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.18 18:55 Sat
twitterfacebook
thumb

セルジ・ロベルト、来週にも給与減に応じる形で契約延長へ!

スペイン代表DFセルジ・ロベルト(29)が巨額の負債に悩めるバルセロナに譲歩する形で契約を延長するようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 バルセロナとの残り契約が12カ月を切るセルジ・ロベルトだが、新たに2年延長。来週にもサラリーの大幅減額にも応じる形で、新契約にサインする模様だ。 同選手の代理人は以前からバルセロナと交渉。他の選手たちが続々と新契約を結ぶなか、給与の減額が最大の論点となり、時間がかかってしまったという。 セルジ・ロベルトはバルセロナ育成出身の生え抜きで、公式戦通算308試合の出場で12得点37アシストを記録。今季はここまで公式戦4試合に出場している。 バルセロナのジョアン・ラポルタ会長はオランダ代表FWルーク・デ・ヨングの入団会見時に「彼との話はまとまり、あとは契約書にサインするだけ」と述べていた。 2021.09.18 11:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly