南野今季リーグ初先発のリバプール、土壇場PK被弾で痛恨のドロー…《プレミアリーグ》

2020.11.28 23:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第10節、ブライトン&ホーヴ・アルビオンvsリバプールが28日に行われ、1-1のドローに終わった。なお、リバプールFW南野拓実は今季リーグ初先発を飾り、フル出場した。リバプールは前節、首位のレスター・シティに3-0の完勝を収めて2位に浮上。しかし、直近のチャンピオンズリーグ(CL)ではアタランタ相手にホームで枠内シュート0に終わる完敗となった。その敗戦からのバウンスバックが求められる今回のブライトン戦では先発6人を変更。南野が右インサイドハーフで今季リーグ初スタメンを飾ったほか、ロバートソンやジョタ、フィルミノがメンバー復帰した。

立ち上がりはリバプールが押し込む入りとなったが、時間の経過と共にホームのブライトンがハイラインの背後を狙うシンプルな形の攻撃で押し返していく。すると、10分にはハーフウェイライン付近でパスを受けたモペイの素早い裏へのスルーパスに完璧なタイミングで抜け出したコノリーがボックス付近でGKと一対一のビッグチャンスを迎えるが、ゴール右隅を狙ったシュートは枠の右に外れた。

相手の決定機逸に救われたリバプールだが、ここで気持ちを切り替えることができず、その後も相手にペースを握られる。そして、19分にはボックス左に抜け出したコノリーをDFネコ・ウィリアムズが後方から倒してしまい、痛恨のPK献上。しかし、ここはキッカーのモペイが枠の右にシュートを外して再び先制点献上を免れた。

その後、PKを外したモペイが直後に負傷し、トロサールが緊急投入されるアクシデントが起きたが、試合の流れ自体に大きな変化はない。フィニッシュの回数の少なさに加え、なかなかボールを持てない苦しい状況が続いたリバプールだが、30分過ぎにビッグチャンスが訪れる。

34分、GKアリソンからのロングボールを右サイドに流れたフィルミノがキープして浮き球のスルーパスを背後のスペースに送る。これに抜け出したサラーが冷静にGKとの一対一を制した。決定力の差を見せつける先制点かに思われたが、VARのレビューの結果、サラーがギリギリでオフサイドラインを越えていたとの判定でゴールは取り消しとなった。

試合終盤にかけてはより拮抗した展開となった中、42分には南野がボックス手前からミドルシュートを放つ場面もあったが、ややパワー不足のこのシュートはGK正面を突いた。

過密日程の続く中、厳しいランチタイムキックオフとなったリバプールは、ネコ・ウィリアムズに代えて負傷明けのヘンダーソンをハーフタイム明けに投入。この交代でミルナーが右サイドバック、ヘンダーソンがアンカーの位置に入った。しかし、この選手交代で一気に流れを変えるまでには至らず、54分にはボックス内で仕掛けたウェルベックに後半最初の枠内シュートを許した。

後半もなかなか決定機を作れずにいたリバプールだが、絶好調のポルトガル代表FWがチームを救う。60分、左サイドで仕掛けたロバートソンがペナルティアーク付近に横パスを入れると、サラーの短い落としを受けたジョタがそのまま右に運んでDFをかわして右足のシュート。ゴール前の密集を抜けたボールがゴール左下隅の最高のコースに決まった。

ジョタの今季初のアウェイでの得点で先制に成功したリバプールは、サラーを下げてマネを2枚目の交代カードとして投入。対するブライトンはコノリーに代えて古巣初対戦となるララナをピッチへ送り込んだ。

その後は拮抗した展開が続く中、互いに負傷者が出てしまう。ブライトンは投入されたばかりのララナがプレー続行不可能となり、ジャハンバクシュを投入。一方のリバプールはミルナーがハムストリングを痛めてカーティス・ジョーンズが右サイドバックでスクランブル起用されることになった。

ミルナーの負傷交代によって少し嫌な流れが漂うアウェイチームは83分に相手陣内左で得たFKの場面でロバートソンのクロスをマネが頭で叩き込むが、これは前半に続きVARのレビューの結果、オフサイドの判定となった。

すると、試合終盤にかけては急造のC・ジョーンズの右サイドを積極的に狙うブライトンに押し込まれる状況が続くと、試合終了間際にこの試合2つ目のPKを献上してしまう。ボックス内でクリアを試みたロバートソンがウェルベックの足を蹴ってしまい、オンフィールドレビューの結果、PK判定が下された。

そして、これをキッカーのグロスに中央へ蹴り込まれて土壇場で追いつかれた。その後、短い残り時間で勝ち越しを目指したものの、試合は1-1のままタイムアップ。微妙なVAR判定に泣いたリバプールは痛恨の勝ち点逸となった。
コメント
関連ニュース
thumb

得点力不足に苦しむリバプール、クロップはシャキリに期待「本来のプレーが見られた」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、スイス代表MFジェルダン・シャキリのプレーを称えている。クラブ公式サイトが伝えた。 現在リーグ暫定4位のリバプールは攻撃陣がスランプに陥っており、リーグ直近4試合でたった1ゴールしか奪えていない。16日に行われたプレミアリーグ第19節のマンチェスター・ユナイテッド戦もスコアレスドローに終わり、首位奪還のチャンスを逃している。 FWモハメド・サラー、FWサディオ・マネ、FWロベルト・フィルミノが揃って不振に苦しんでいるものの、FWジオゴ・ジョタが負傷で離脱中のため、攻撃改善の手段が限られているのが現状だ。 こうした状況のなか、クロップ監督はユナイテッド戦で今季リーグ戦初スタメンを飾ったシャキリに言及。本職のウィングではなく、中盤でのプレーを披露した選手を称賛した。 「我々の中盤はよくやっていた。ユナイテッドのようなチームに対しては、しっかりとした柔軟なプレーが求められる。なぜなら、分かりやすいパスを選択してしまった場合、彼らは問題なく守り、そこからカウンターを仕掛けてくるからだ」 「シャック(ジェルダン・シャキリ)は本当に調子がいいね。彼はユナイテッド戦でもう少し長くプレーできたかもしれない。プレーしていない時間が長かったから、状態がわからなかったんだ。でも、彼は素晴らしかったよ」 「特に前半30分は、シャック本来の姿だったと思う。おかげでチームはすごく助けられたんだ。私自身も、本当に嬉しかったよ」 また、クロップ監督はユナイテッド戦全体を振り返り、結果は出ていないものの、改善の兆しは見られたと強調している。 「(ユナイテッド戦は)個人の良いプレーがたくさんあった。ここ2試合を考えると、非常に大きな改善であり、明らかに重要な点だ。完全に復調したわけではないが、近づいてはいたね。そして今、我々は前進をし続けている」 2021.01.20 16:36 Wed
twitterfacebook
thumb

不振のリバプール攻撃陣、キャラガー氏はフィルミノの状態懸念「不調か、それとも…」

リバプールのレジェンドである元イングランド代表DFジェイミー・キャラガー氏が、不振に陥る古巣の攻撃陣に対する不安を語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 かつては抜群の攻撃力を誇っていたリバプールだが、リーグここ4試合で1ゴールしか決められず、首位から暫定4位に転落する原因になった。FWモハメド・サラーこそリーグ戦13ゴールをマークしているが、FWサディオ・マネは6ゴール、FWロベルト・フィルミノは5ゴールと物足りない数字になっている。 これまでリバプールの躍進を支えていた不動の3トップが不調に陥っていることについて、『スカイ・スポーツ』に出演したキャラガー氏も懸念を表明しており、このトリオが解散する時が近づいているかもしれないと語った。 「リバプールについて話すときは、3トップの話題になる。彼らはほぼパッケージのようなもので、セットで語られるね。リバプールの3トップが異色なのは、彼らが他クラブの3トップより優れているとかではなく、長い期間一緒にプレーしている点なのだ」 「彼らは現在4年目のシーズンを迎えている。プレミアリーグの偉大な3トップは通常、2~3年しか一緒にいないものだ。リバプールの3トップは4年目であり、5年目に入るかもしれない。3人ともあと2~3年契約が残っているからね」 「彼らは全員20代後半になった。遅かれ早かれ、今の3トップは解散する必要があるだろう。とはいえ、2年後に全員を入れ替えるのは不可能だ。時間の経過とともに、変化させていかないとならない」 また、キャラガー氏は3トップのなかでも、特にフィルミノの状態を懸念しており、ゴール以外の数字も軒並み低下していることに触れている。特に90分辺りのアタッキングサードでのボール保持率は、昨季の「1.11」から「0.42」に激減していると指摘した。 「私はまだマネとサラーが再びゴールを決め始めると確信しているが、フィルミノについては心配だ。彼はゴールを決める選手と見られていないが、マネとサラーが不調なら、より脅威になる必要がある」 「今シーズンに限らないが、フィルミノはプレスでボールを奪い返せなくなっている。リーグ優勝をした昨シーズンから不安はあった。当時から少し心配していて、『彼は来シーズン、挽回できるのだろうか』と思っていた」 「彼のアタッキングサードでのボール保持率はこれまでリーグ最高だったが、今は大幅に落ち込んでいる。昨シーズン、ゴールもアシストもなかったときは『彼の前線での役割は他にもある』と言っていた。だから、この数字の落ち込みは大きい」 「私がフィルミノに心配しているのは、今の状態が単なる不調なのか、年齢による衰えなのか、ということなんだ」 2021.01.19 16:21 Tue
twitterfacebook
thumb

リーグ4戦わずか1ゴールのリバプール、ヘンダーソンは「早急な改善が必要」と危機感

リバプールのキャプテンを務めるイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンが、チームの得点力不足を改善する必要性について語った。クラブ公式サイトが伝えている。 リバプールは12月にトッテナムとの首位攻防戦を制しプレミアリーグトップに立ったものの、その後に失速。リーグ戦直近4試合勝ちがなく、その間に決めたゴールはわずか「1」となっている。 17日に行われたプレミアリーグ第19節マンチェスター・ユナイテッド戦でもスコアレスドローに終わっており、リーグ暫定4位に転落してしまった。 なかなか明るい兆しの見えないチームに対して、ヘンダーソンも「試合に勝つにはゴールを決めなければならない」と、攻撃改善の必要性を認めている。 「僕は3トップについてだけ話しているのではない。中盤の選手やサイドバック、皆に対して言っているんだ。誰もがゴールを決められるのだからね。少しでも早く、得点力不足を解消しなければならない」 「パフォーマンス自体は満足できるレベルだと思う。試合に勝つため全力を尽くしているが、残念ながらゴールが決まっていない。そしてここ数週間、僕たちは同じことを言い続けてきた。早急に改善する必要があるよ」 ヘンダーソンは、チームが得点のチャンスを逃し続けていることで、自信を失いつつあると言及。チームのメンタリティ改善が重要になると語った。 「時々、サッカーではゴールやファイナルサードでのラストパスが上手くいかないときがある。チャンスを逃せば、自信も失ってしまうものさ。それでも、ゴールを目指して前進し続けないとね」 「僕らはハードワークを続け、あまり考えないようにしなければならない。質の問題ではなく、少しメンタリティを変え、ゴール前で冷静になることを確認するだけなんだ」 「何回も言っているように、それはフロントスリーだけでなく、ボックス内に入ってチャンスを得るすべての選手に当てはまる。正直に言って、こうしたことは長い間言っていなかった。僕たちはこれまで、多くのゴールを決めるチームだったんだ」 2021.01.19 15:22 Tue
twitterfacebook
thumb

移籍の噂流れるサラーが残留意思 「できるだけ長くここにいたい」

リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラー(28)が残留の意思を強調した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 今季でリバプール在籍4シーズン目のサラーはプレミアリーグ17試合を消化した現時点で得点ランキングトップの13ゴールを記録。年が明けてからは得点がなく、最近のパフォーマンスに疑問を持つファンも増えてきているが、チーム内での存在感は依然として絶大だ。 以前にレアル・マドリーとバルセロナを「素晴らしいクラブ」と発言したことから移籍の噂も加熱するサラーだが、ノルウェー『TV2』のインタビューで残留の意思を主張した。 「(将来は)わからない。だけど、聞かれたら、できるだけ長くここにいたいと答える。前にも言ったけど、それはクラブの手に委ねられていることなんだ」 「僕はこのクラブにいる最後の時間まで全力を出し切り、できるだけ多くのトロフィーを獲得したいと常に思っているんだ。そして、いつも僕に愛を示してくれる人たちに100%を捧げたいね」 加入初年度からクラブのエースとして君臨してきたサラー。“エジプトの王”はリバプールで長いキャリアを築き、多くのタイトルを獲得できるだろうか。 2021.01.19 14:47 Tue
twitterfacebook
thumb

ロイ・キーンが決定機逸のポグバに言及「決めないと」

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるロイ・キーン氏が、リバプール戦で決定機を外したフランス代表MFポール・ポグバに言及している。 ユナイテッドは17日にプレミアリーグ第19節でリバプールと対戦した。試合はリバプールが主導権を握る中、ユナイテッドは主にカウンターから攻撃の機会を窺っていた。 すると0-0で迎えた83分に、ボックス中央でDFアーロン・ワン=ビサカの横パスを受けたポグバに絶好のシュートチャンスが訪れる。ワンタッチで上手く懐に収め、渾身の右足シュートを放ったが、GKアリソン・ベッカーのファインセーブに阻まれゴールならず。この最後の決定機を生かせず、試合は0-0のまま終了した。 ロイ・キーン氏はこのシーンを振り返り、「ポグバは決めるべきだった」とイギリス『スカイ・スポーツ』でコメント。リバプールの現状から考えて勝つべき試合だったと振り返った。 「彼(ポグバ)のリアクションから分かるだろう。ファーストタッチはエレガントだったが、なんてこった…彼は決めるべきだった。GKを横切って、DFを確認しながら決められるはずだった」 「最初の素晴らしいタッチでゴールを決められるチャンスを得た。しかし、姿勢を正して自分を大きく見せたGKに止められてしまった。試合前に願っていたまたとないチャンスだったんだが」 「リバプールのプレーが悪いとは言わないが、彼らは輝きを失っている。ポグバほどのチャンスを外せば、その失望も大きい。あれは彼が主役になるための瞬間だった。あのチャンスは生かさなければならない。だが、私はユナイテッドをそこまで批判するつもりはない」 「時々心配になるが、この試合の4バックは素晴らしかった。(ルーク・)ショーは守備面でも攻撃面でもブリリアントだった。(マーカス・)ラッシュフォードは姿を見せず、(ブルーノ・)フェルナンデスもいつも通りのプレーではなかったが、それでも彼らには2つのビッグチャンスがあった」 2021.01.18 18:48 Mon
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly