“ロベリー”が見せた阿吽の呼吸!リベリーがロッベンに送ったピンポイントの浮き球スルーパス【ベスト・アシスト】

2020.11.28 21:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。

今回はフィオレンティーナの元フランス代表FWフランク・リベリーがバイエルン時代に決めたアシストだ。

◆“ロベリー”コンビが見せた阿吽の呼吸

2007年夏にマルセイユからバイエルンに加入したリベリーは、世界屈指のウインガーとしてバイエルンで長きに渡り活躍。数多くのタイトルを勝ち取った。

共にバイエルンのウインガーとして長く活躍したFWアリエン・ロッベンとは“ロベリー”と呼ばれた強力タッグを形成したが、2013年8月9日に行われたブンデスリーガ開幕戦のボルシアMG戦では、そんな両選手のコンビからゴールを決めている。

0-0で迎えた12分、相手陣内中央でボールを受けたリベリーは、前線で走り出すロッベンを確認すると、柔らかい浮き球スルーパスを送る。相手ディフェンスラインの裏に見事に落ちたパスは、ロッベンの走路にピンポイントで入ると、ロッベンがハーフバウンドのところを左足で合わせ、見事な先制ゴールを挙げた。

この先制点で試合の主導権を握ったバイエルンは、試合に3-1で勝利している。


コメント
関連ニュース
thumb

ダイレクトでこの精度!ミュラーがレヴァンドフスキに送ったパーフェクトなパス【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はバイエルンのドイツ代表MFトーマス・ミュラーが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ミュラーが決めた巧みなワンタッチアシスト<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI0d29XWHdVeCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 11歳からバイエルンに所属するミュラーは、2009年のファーストチーム昇格以来、生え抜きのアタッカーとして活躍。数多くのタイトルをチームにもたらしている。 天才的なポジショニングセンスで、ゴールに絡むプレーを得意とするミュラーだが、2021年1月17日に行われたブンデスリーガ第16節のフライブルク戦では、巧みなパスで味方のゴールをお膳立てしている。 開始早々の7分、味方からのパスに抜け出したFWセルジュ・ニャブリが右サイドを駆け上がると、ボックス右角から中央へ強めのパスを入れる。このパスをペナルティーアーク右で受けたミュラーは、体の向きを素早く変えながら、ダイレクトでボックス内のFWロベルト・レヴァンドフスキにパス。強さ、コースともに完璧なパスが通ると、レヴァンドフスキがゴール右にシュートを決め、いきなりの先制点を決めてみせた。 このゴールで主導権を握ったバイエルンは、試合に2-1で勝利している。 2021.01.25 10:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ユーベ期待の若手フラボッタが決めた、可能性を感じさせるセリエA初アシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はユベントスのU-21イタリア代表DFジャンルカ・フラボッタが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆フラボッタのセリエA初アシスト<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJ3UDFWV2RGbCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ボローニャの下部組織で育ったフラボッタは、2019年にユベントスのU-23チームに入団。今シーズンからはファーストチームに昇格している期待の若手DFだ。 徐々にファーストチームでも出場機会を得始めているフラボッタだが、2021年1月10日に行われたセリエA第17節のサッスオーロ戦では、見事なセリエA初アシストを決めている。 1-1と同点で迎えた82分、ブロックを作って守るサッスオーロに対して、ユベントスがファイナルサードでパスを回す。すると、MFアドリアン・ラビオのパスをフラボッタがボックス左で受け、ダイレクトでゴール前にグラウンダーのパスを送る。相手DFとGKの間の絶妙のコースに通したパスはファーポストで待つMFアーロン・ラムジーにピンポイントで渡ると、ラムジーがしっかりとシュートを決め、見事な勝ち越しゴールとなった。 終盤に勝ち越すことに成功したユベントスは、終了間際にも追加点を決め、3-1で勝利している。 2021.01.24 10:00 Sun
twitterfacebook
thumb

生粋の点取り屋レヴァンドフスキが見せたエレガントなヒールパス【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆レヴァンドフスキが決めたヒールアシスト<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJIckV6dUlHOSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2010年夏に加入したドルトムントで大ブレイクを果たしたレヴァンドフスキは、2014年夏にバイエルンに移籍。絶対王者バイエルンの絶対的エースとして活躍を続けている。 圧倒的な決定力でゴールを量産するレヴァンドフスキだが、ポストプレーも得意としており、2017年4月1日に行われたブンデスリーガ第26節のアウクスブルク戦では、素晴らしいアシストを決めている。 3-0とバイエルンリードの62分、バイエルンがボックス手前でショートパスを繋ぐと、ゴール前のレヴァンドフスキにパスが入る。そのままレヴァンドフスキがシュートするかと思われたが、ここで相手の意表を突くヒールパスを選択。ゴール左にパスが出ると、MFチアゴ・アルカンタラがこのボールになんとか触り、見事なゴールとなった。 試合はバイエルンが大量6ゴールを奪い、大勝を記録。レヴァンドフスキはハットトリックと2アシストで5得点に絡む圧巻の活躍を見せた。 2021.01.23 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

アルバレスがゴール前の密集を切り裂くクロスで長友のインテル最後のゴールをアシスト!【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はアルゼンチンのベレス・サルスフィエルドに所属する元アルゼンチン代表MFリカルド・アルバレスがインテル時代に記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆アルバレスが長友をアシスト<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI1UlhRekEwTCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2011年夏にベレス・サルスフィエルドからインテルに移籍したアルバレス。公式戦90試合に出場し、14ゴール17アシストを記録した。 恵まれた体格と優れたテクニックを武器に活躍したアルバレスだが、2014年1月13日に行われたセリエA第19節のキエーボ戦では、見事なアシストを記録している。 試合開始早々にキエーボに先制を許して迎えた12分、インテルが反撃に出る。右サイドのスペースでアルバレスがパスを受けると、ドリブルでボックス内に仕掛けていく。縦への急加速で相手のマークを一瞬引きはがしたアルバレスは、中央にマイナスのクロスを上げる。 グラウンダーのクロスは、ゴール前の密集を上手く抜けていくと、ファーポストから中に入ってきたDF長友佑都が見事に合わせ、すぐに同点に追いついてみせた。 試合はそのまま1-1で終了。ちなみに長友のこのゴールは、インテルでの最後のゴールとなっている。 2021.01.22 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ディバラがミランとの大一番で披露した華麗なバックヒールアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ディバラがキエーザに送った華麗なヒールパス<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJwWmlweUNMayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 若くして母国のインスティトゥートからパレルモに引き抜かれたディバラは、同クラブでブレイク。2015年夏にユベントスへ移籍し、ステップアップを果たしている。 今ではエースの一人としてユベントスの背番号「10」を背負うディバラだが、2021年1月6日に行われたセリエA第16節のミラン戦では、華麗なアシストでチームメイトのゴールをお膳立てしている。 0-0で迎えた18分、右サイドでボールを持ったFWフェデリコ・キエーザが、中央のディバラにパスを送ると、そのままボックス内に走り込む。相手からのプレスをいなしながらパスを受けたディバラは、ゴールに背を向けた体勢から、華麗な足さばきでヒールパスをキエーザの走路に送った。このパスに抜け出したキエーザがゴール左下に鋭いシュートを決め、見事な先制点が生まれた。 試合はその後ミランが追いつき、同点で前半を折り返したが、後半ユベントスが勝ち越しに成功。先制点を挙げたキエーザが2得点を挙げる活躍を見せ、3-1で大一番に勝利している。 2021.01.20 16:00 Wed
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly