FIFA男子最優秀選手の候補者11名が発表! CL優勝に貢献のレヴァンドフスキらが選出

2020.11.26 01:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
国際サッカー連盟(FIFA)は25日、2020年の『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』の男子最優秀選手賞の候補者11名を発表した。

2016年に創設され、昨年はバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが受賞した同賞。新型コロナウイルスの影響で『フランス・フットボール』誌主催のバロンドールが初の中止となった中、ザ・ベストは例年通り開催されることになった。

候補にノミネートされ、本命視されるのは昨季チャンピオンズリーグ覇者で3大会の得点王となったバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ。そのレヴァンドフスキと共にCL優勝に貢献したスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラも選出された。

そしてパリ・サンジェルマンの初のCL決勝進出に貢献したフランス代表FWキリアン・ムバッペとブラジル代表FWネイマールが選出されている。

その他、昨年の受賞者であるメッシ、セリエA9連覇に貢献したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、リバプールのプレミアリーグ初優勝に貢献したオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク、セネガル代表FWサディオ・マネ、エジプト代表FWモハメド・サラーの3選手が選出。そしてプレミアリーグ年間最優秀選手であるマンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ、レアル・マドリーのラ・リーガ優勝に貢献したスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが選出されている。

受賞者はファン、ジャーナリスト、代表監督および代表キャプテンの投票によって決められ、12月17日に決定する。候補者は以下の通り。

◆男子最優秀選手賞候補者11名
FWロベルト・レヴァンドフスキ(ポーランド/バイエルン)
MFチアゴ・アルカンタラ(スペイン/バイエルン→リバプール)
FWリオネル・メッシ(アルゼンチン/バルセロナ)
FWクリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/ユベントス)
MFケビン・デ・ブライネ(ベルギー/マンチェスター・シティ)
DFヴィルヒル・ファン・ダイク(オランダ/リバプール)
FWサディオ・マネ(セネガル/リバプール)
FWモハメド・サラー(エジプト/リバプール)
FWキリアン・ムバッペ(フランス/パリ・サンジェルマン)
FWネイマール(ブラジル/パリ・サンジェルマン)
DFセルヒオ・ラモス(スペイン/レアル・マドリー)


コメント
関連ニュース
thumb

ダイレクトでこの精度!ミュラーがレヴァンドフスキに送ったパーフェクトなパス【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はバイエルンのドイツ代表MFトーマス・ミュラーが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ミュラーが決めた巧みなワンタッチアシスト<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI0d29XWHdVeCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 11歳からバイエルンに所属するミュラーは、2009年のファーストチーム昇格以来、生え抜きのアタッカーとして活躍。数多くのタイトルをチームにもたらしている。 天才的なポジショニングセンスで、ゴールに絡むプレーを得意とするミュラーだが、2021年1月17日に行われたブンデスリーガ第16節のフライブルク戦では、巧みなパスで味方のゴールをお膳立てしている。 開始早々の7分、味方からのパスに抜け出したFWセルジュ・ニャブリが右サイドを駆け上がると、ボックス右角から中央へ強めのパスを入れる。このパスをペナルティーアーク右で受けたミュラーは、体の向きを素早く変えながら、ダイレクトでボックス内のFWロベルト・レヴァンドフスキにパス。強さ、コースともに完璧なパスが通ると、レヴァンドフスキがゴール右にシュートを決め、いきなりの先制点を決めてみせた。 このゴールで主導権を握ったバイエルンは、試合に2-1で勝利している。 2021.01.25 10:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ノイアーがブンデス史に名を刻む! カーンを抜き通算クリーンシート数で歴代1位に!

バイエルンに所属するドイツ代表GKマヌエル・ノイアーがブンデスリーガでの通算クリーンシート数で歴代1位に浮上した。 前節のアウグスブルク戦(1-0で勝利)で、クラブOBであり、次期会長のオリヴァー・カーン氏の通算クリーンシート数(196試合)に並んだノイアー。 新記録達成が懸かる24日のブンデスリーガ第18節では奇しくも古巣シャルケとの対戦となった。最下位に低迷する古巣相手に3本の枠内シュートを浴びたノイアーだが、前半の11分にはFWマルク・ウートの決定的なヘディングシュートをビッグセーブで阻むなど、見事なゴールキーピングで4-0の勝利に貢献した。 そして、ブンデスリーガ通算423試合目にして通算197回目のクリーンシートを記録することになったノイアーは、レジェンドのカーン氏を抜いて名実共にブンデスリーガ最高の守護神に相応しい新たな称号を手にすることになった。 2021.01.25 08:30 Mon
twitterfacebook
thumb

キミッヒ3アシストのバイエルン、最下位シャルケに快勝で首位堅守《ブンデスリーガ》

バイエルンは24日、ブンデスリーガ第18節でシャルケとのアウェイ戦に臨み、4-0で快勝した。 3日前に行われた前節アウグスブルク戦ではPK失敗に助けられる形で辛勝とした首位バイエルン(勝ち点39)は、アウグスブルク戦のスタメンから3選手を変更。コマン、リュカ、パヴァールに代えてサネ、ジューレ、アルフォンソ・デイビスを起用した。 1年ぶりの勝利から2連敗となっている最下位シャルケ(勝ち点7)に対し、最前線にレヴァンドフスキ、2列目に右からサネ、ミュラー、ニャブリと並べたバイエルンは、7分にレヴァンドフスキのヘディングシュートでゴールに迫った。 11分にウートに決定的なヘディングシュートを許したものの、GKノイアーがファインセーブで凌いだバイエルンが押し込む展開とすると、23分にはFKからレヴァンドフスキ、ニャブリとGKフェールマンを強襲するシュートを放った。 バイエルンがシャルケを自陣に貼り付けにする中、33分に先制する。右サイドからのキミッヒのアーリークロスをミュラーが頭で押し込んだ。 バイエルンが1点をリードして迎えた後半、開始7分にピンチ。しかし、CKからナスタシッチに許した決定的なヘディングシュートはわずかに枠を外れて助かった。 すると54分、バイエルンに追加点が生まれる。キミッヒのロングフィードを見事なトラップで収めたレヴァンドフスキがボックス内に侵入してシュートを決めきった。 レヴァンドフスキの今季23ゴール目で2点をリードしたバイエルンはニャブリとサネを下げ、コマンとミュージアラを投入。シャルケの攻勢を受ける流れとなるも、失点を許さない。 そして終盤にかけてはバイエルンが主導権を取り返すと、88分にキミッヒの右サイドからのFKをミュラーが頭で押し込んで3-0。さらにアラバのミドルシュートも決まって4-0とし、快勝で2位ライプツィヒとのポイント差を7に広げた。 2021.01.25 01:20 Mon
twitterfacebook
thumb

倒れながらでも関係なし!ラッバディアが現役時代に見せたまさかのループシュート【スーパーゴール図鑑/バイエルン編】

【得点者プロフィール】 ブルーノ・ラッバディア(当時28歳) 国籍:ドイツ 所属:バイエルン ポジション:FW 身長:178cm 1984年にダルムシュタットでキャリアをスタートさせたラッバディア氏は、ハンブルガーSVやカイザースラウテルン、バイエルンなど、2部リーグも含めて国内の数々のクラブでプレー。ストライカーとして行く先々で得点を量産し、ブンデスリーガ1部・2部両方で通算100ゴールを記録した唯一の選手としてブンデスリーガの歴史に名を残す名ストライカーだ。 【試合詳細】 日程:1994年5月3日 大会:ブンデスリーガ第32節 対戦相手:ニュルンベルク 時間:後半34分(2-0) <div id="cws_ad">◆ゴールへの執念が生んだ名ゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI3WDVXbFBuOCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 前半は0-0で折り返したものの、後半から得点を重ねたバイエルンは、2-0とリードして迎えた79分、右サイドを攻めて相手を崩したバイエルンのMFマルセル・ヴィテチェクがボックス内へ侵入。相手DFを充分に引き付けてから中央で待っていたラッバディアにパスした。 これを反転しながら、ゴールに背を向けて受けたラッバディア。相手から厳しいマークを受けながらも、一瞬の隙を見て前を向くと同時にシュート。この際軸足を滑らせ、倒れながらのシュートになったが、逆にこれがループシュートとなり、ボールはGKの頭上を美しい放物線を描きながら越えると、ゴールネットを揺らした。 どんなに悪い体勢でも枠内にボールを飛ばし、これぞストライカーというゴールを見せたラッバディア。バイエルンは、この後も攻撃の手を緩めず、5-0で大勝している。 2021.01.23 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

生粋の点取り屋レヴァンドフスキが見せたエレガントなヒールパス【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆レヴァンドフスキが決めたヒールアシスト<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJIckV6dUlHOSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 2010年夏に加入したドルトムントで大ブレイクを果たしたレヴァンドフスキは、2014年夏にバイエルンに移籍。絶対王者バイエルンの絶対的エースとして活躍を続けている。 圧倒的な決定力でゴールを量産するレヴァンドフスキだが、ポストプレーも得意としており、2017年4月1日に行われたブンデスリーガ第26節のアウクスブルク戦では、素晴らしいアシストを決めている。 3-0とバイエルンリードの62分、バイエルンがボックス手前でショートパスを繋ぐと、ゴール前のレヴァンドフスキにパスが入る。そのままレヴァンドフスキがシュートするかと思われたが、ここで相手の意表を突くヒールパスを選択。ゴール左にパスが出ると、MFチアゴ・アルカンタラがこのボールになんとか触り、見事なゴールとなった。 試合はバイエルンが大量6ゴールを奪い、大勝を記録。レヴァンドフスキはハットトリックと2アシストで5得点に絡む圧巻の活躍を見せた。 2021.01.23 16:00 Sat
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly