無所属になって1カ月半、日本代表の“元10番”香川真司は1月の市場を目指す?

2020.11.22 16:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©Real Zaragoza
戦力外になり無所属になってから1カ月半以上が経過した元日本代表MF香川真司。どうやら来年1月の移籍市場が開くまではプレーするつもりがないようだ。スペイン『エル・ペリオディコ』が報じた。昨シーズン、レアル・サラゴサに加入した香川。チームはセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)を戦いラ・リーガ昇格を目指していた中、プレーオフで敗れ2部に残留することとなった。

香川は今シーズンもサラゴサでプレーするつもりだったが、高額な給与がネックに。また、EU圏外枠の問題もありクラブと交渉が上手くいかないと、10月2日に戦力外が決定。リーグ戦のメンバーに登録されず、退団となった。

スペイン国内でのプレーを望んでいた香川には、1部や2部のクラブからオファーがあったとされる中、どのオファーも断る状況に。また、ブンデスリーガやセリエAのほか、ギリシャ、トルコ、ブラジルなどスペイン国外からのオファーも届いたが、一切受け付けないことを決めていた。

『エル・ペリオディコ』によると、香川は退団後もサラゴサの自宅に滞在。決まった日に施設を利用してトレーニングを行なっているものの、大半が自宅でフィジカルトレーニングを行なっているとのことだ。

フリーのため、EU圏外枠が空いていればクラブと契約が可能だが、スペインクラブからのオファーも断っている状況では、何を求めているのかはわからない状況。条件面の問題なのかは不明だが、1月に何らかのオファーが届くことを待つしかないようだ。

日本人選手では今年2月にチームの登録から外れた日本代表DF長友佑都がガラタサライに残り半年間試合出場なしを経験。今夏マルセイユからオファーがあり加入したが、香川にも長友と同じようなオファーが来るだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

久保建英が1月のビジャレアル退団を検討と現地報道、ラ・リーガではわずか先発1試合

ビジャレアルの日本代表MF久保建英(19)が、1月にも退団を検討しているとスペイン『El Periodico Mediterraneo』が報じた。 昨シーズンはレアル・マドリーに加入後、マジョルカへとレンタル移籍を果たした久保。ラ・リーガでは35試合に出場し4ゴール5アシストを記録。新型コロナウイルス(COVID-19)による中断期間以降はチームを牽引していたが、残念ながらセグンダ・ディビシオン(2部)へと降格してしまった。 その久保は今シーズンはビジャレアルへとレンタル移籍。ここまでラ・リーガで10試合に出場、ヨーロッパリーグでは3試合に出場し1ゴール3アシストを記録しているが、リーグ戦ではわずか1試合の先発に留まっている状況だ。 ウナイ・エメリ監督は久保の能力を高く評価する一方で、「成長するプロセスがある」とし、ラ・リーガでの先発起用には慎重な姿勢を崩さない。 一方で、その能力の高さ故に先発起用しないことで多くの批判が集まっているのも事実。マドリーへの復帰話が何度も浮上している事態となっている。 そんな中、『El Periodico Mediterraneo』は1月に市場が開いた際に久保が別のクラブへと移籍すると報道。さらに、久保がビジャレアルを退団することを検討していると報じている。 前述の通りエメリ監督は久保にポジティブな印象を持っている一方で、まだまだフィジカル面で足りていないと考えている様子。エメリ監督が目指す戦術的な戦いに必要なフィジカルがなく、才能は認めているものの、先発起用を渋っている状況とのことだ。 ラ・リーガでは先発起用されない一方で、ヨーロッパリーグでは3試合連続で先発起用し数字も残している状況。21日のラ・リーガ第10節のレアル・マドリー戦では89分というタイミングで投入されながら、決定機を作りあわや決勝ゴールという見せ場も作った。あまりにもプレータイムが少ないことは気になるが、エメリ監督が先発起用したくなる結果を残し続ければ、いずれその日も来ると思うが果たしてどのような結末を迎えるだろうか。 2020.11.24 19:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ヘンク伊東純也が代表明け初戦から1G1A! チームも5連勝《ジュピラー・プロ・リーグ》

ヘンクの伊東純也が代表ウィーク明けの初戦から輝きを放った。 ジュピラー・プロ・リーグ3位のヘンクは第13節で最下位18位のムスクロンと対戦。 今月も日本代表活動に参加した伊東は今季11試合目の先発入りを果たした。 目下4連勝中の勢いをそのまま持ち込みたいヘンクだったが、34分に失点。しかし、前半アディショナルタイム3分にボックス左に仕掛けた伊東が切り返しから右足シュートをゴール右に決め、前半のうちに追いつく。 スコアをイーブンに戻して試合を折り返したヘンクは55分、ボンゴンダのゴールで勝ち越すと、続く63分にもオヌアチュの一発で追加点。伊東の今季3得点目で追いついた勢いそのままにムスクロンを突き放してみせる。 その勢いをチームにもたらした伊東は81分にも存在感を際立たせ、相手最終ラインの背後に出したスルーパスを出すと、これに反応したボンゴンダがボックス左から左足シュートを決めて勝負あり。ヘンクが逆転勝ちした。 ヘンクはこれでリーグ5連勝の8試合負けなし。首位クラブ・ブルージュを勝ち点1差で追走している。 ヘンク 4-1 ムスクロン 【ヘンク】 伊東純也(前45+3) ボンゴンダ(後10、後36) オヌアチュ(後18) 【ムスクロン】 ダ・コスタ(前34) 2020.11.23 09:35 Mon
twitterfacebook
thumb

主力多数不在の王者リバプール、今季首位相手に貫録の完勝! リーグ戦ホーム64戦無敗のクラブ新記録樹立《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第9節、リバプールvsレスター・シティが22日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが3-0で快勝した。なお、リバプールのFW南野拓実は89分から途中出場した。   前節、マンチェスター・シティとの優勝候補対決を1-1のドローで終えた3位のリバプールだが、その試合で負傷したアレクサンダー=アーノルドに加え、今回のインターナショナルマッチウィークでは長期離脱のジョー・ゴメス、新型コロナウイルスの陽性判定が出たサラー、軽傷を抱えるキャプテンのヘンダーソンと新たに4人の離脱者を出している。それでも、ファビーニョの復帰に伴い、シティ戦からはミルナー、カーティス・ジョーンズ、ナビ・ケイタと最低限の変更に留まった。   一方、リーグ3連勝で首位に立つレスターは、エンディディ、ソユンク、カスターニュと一部主力を欠くものの、連勝中とほぼ変わらないメンバーを揃え、[3-4-2-1]の前線には絶好調のヴァーディ、バーンズ、マディソンとイングランド産タレントが並んだ。   立ち上がりの2分にミルナーの左CKからマネが際どいヘディングシュートを放つなど、攻勢の入りを見せたリバプールは、以降もボックス付近でC・ジョーンズ、ナビ・ケイタ、ジョタと立て続けにフィニッシュまで持ち込み、GKシュマイケルに襲い掛かっていく。   そして、相手を完全に押し込むことに成功したホームチームはやや幸運な形から先制点を奪う。21分、右CKの場面でミルナーが入れたボールをニアのDFフックスが被る形になると、後方のDFエバンスの後頭部に当たり、これが絶妙なバックヘッドの形でゴールネットを揺らした。   敵地で先制を許したレスターだが、直後の23分に最初の決定機を作り出す。左サイド深くに抜け出したヴァーディが角度を付けてマイナスに折り返すと、後方から走り込んできたフリーのバーンズが右足のダイレクトシュート。しかし、このシュートは枠の右に外れた。   その後も両サイドバックの攻撃参加、前線の流動的な動き出しで相手守備に的を絞らせないリバプールが、[5-4-1]のブロックを敷くレスターを押し込んで積極的に2点目を狙う。対するレスターも幾度か良い形でボールを奪った際はバーンズ、ヴァーディのスピードを生かした攻めで相手を引っくり返す場面を作り出す。   そして、互いに惜しい場面を作り合う中、リバプールの絶好調男が決定的な仕事を果たす。前半終了間際の41分、C・ジョーンズからのサイドチェンジを受けたロバートソンが後手の対応を踏んだオルブライトンを冷静にかわして鋭いクロスを供給。絶妙な斜めのランニングでゴール前に飛び出したジョタが冷静に頭で合わせ、クラブ史上初となるデビューからのリーグ戦ホーム4試合連続ゴールとした。   リバプールの2点リードで折り返した試合は前半の流れを踏襲する形の展開が続く。しかし、54分にはリバプールにアクシデントが発生。右ハムストリングを痛めたナビ・ケイタがプレー続行不可能となり、ネコ・ウィリアムズが緊急投入される。この交代によりウィリアムズが右サイドバック、ミルナーが左のインサイドハーフにポジションを移した。   更なる負傷者を出したことで、少し嫌な空気が漂うかに思われたが、タフなユルゲン・クロップ率いるチームは全く動揺を見せない。交代直後にはルーズボールに反応したミルナーのダイレクトスルーパスに抜け出したマネが決定的な枠内シュート。直後の57分にはC・ジョーンズのお膳立てからジョタ、そのこぼれ球にフィルミノと連続で決定機を作るが、GKシュマイケルのビッグセーブ、右ポストに阻まれて3点目とはならず。   一方、後半に入ってもなかなか流れを変えられないレスターは62分、フックスとバーンズを下げてプラートとジェンギズ・ウンデルを同時投入。この交代でシステムを[4-2-3-1]に変更した。この交代により、ボールを持つ時間はやや増えたが、相手を脅かすような攻撃を仕掛けるまでには至らず。   後半半ばを過ぎてもインターナショナルマッチウィーク明けの疲労を感じさせないダイナミックなパフォーマンスを継続するリバプールは77分にジョタのお膳立てからフィルミノに3点目のチャンスも、ゴール至近距離からのシュートは左ポストを叩く。さらに、跳ね返りを押し込みに行くが、今度はオルブライトンにゴールライン上でかき出される。   それでも、86分にはここまで2度枠に嫌われてきた背番号9に3度目の正直でゴールが生まれる。右CKの場面でミルナーが入れたアウトスウィングのクロスを打点の高いヘディングで合わせたフィルミノのシュートがゴール左隅に決まった。   これで勝利を確信したクロップ監督は89分に殊勲のジョタとマネに代えてオリジと3戦ぶりの出場となる南野を同時にピッチへ送り込み、このまま試合をクローズ。多くの主力を欠く中、今季首位チームを相手に昨季王者の強さを遺憾なく見せつけたリバプールが、3-0の快勝を収めた。なお、この勝利により、リーグ戦でのホームゲーム64戦連続無敗(53勝11分け)というクラブ新記録を樹立することになった。 2020.11.23 06:22 Mon
twitterfacebook
thumb

吉田と冨安がフル出場の日本人対決は冨安に軍配!ボローニャが今季のアウェイ戦初勝利《セリエA》

セリエA第8節、サンプドリアvsボローニャが22日に行われ、1-2でボローニャが逆転勝利した。サンプドリアのDF吉田麻也とボローニャのDF冨安健洋は共にフル出場している。 前節カリアリ戦では退場者を出したこともあって敗れ、5戦ぶりに黒星を喫した10位サンプドリア(勝ち点10)は、代表戦で2試合フル出場した吉田がリーグ戦6試合連続スタメンとなった。 一方、前節ナポリに敗れた14位ボローニャ(勝ち点6)は、メキシコ代表戦でフル出場した冨安が開幕から8試合連続スタメンとなった。 吉田と冨安が共に4バックの右センターバックでスタートした中、開始7分にサンプドリアが先制する。右CKから冨安のマークを外したトールスビーのヘディングシュートが決まった。 不名誉な5大リーグワースト記録を更新中の41試合連続失点を喫したボローニャが前がかる中、16分にパラシオが枠内シュートを放つも、GKアウデーロのセーブに阻まれる。 さらに24分にはスルーパスに抜け出したオルソリーニがGKと一対一となったが、シュートをバーに直撃させてしまった。それでも押し込み続けたボローニャが44分に追いつく。オルソリーニの鋭い右CKがレジニのクリアミスを誘ってオウンゴールで同点とした。 1-1で迎えた後半、勢いそのまま52分にボローニャが逆転する。左サイドからのバロウの右足クロスに、ファーサイドのオルソリーニがヘッドで押し込んだ。 一転、前がかるサンプドリアは60分にクアリアレッラがヘディングシュートを浴びせるも、わずかに枠を外れる。 しかし、徐々に攻撃が停滞すると、終盤にかけてはボローニャが主導権を握る。79分にはパラシオがGK強襲のシュートで牽制すれば、追加タイムにはパラシオがポスト直撃のシュートを浴びせて3点目に迫った。 結局、2-1のまま試合は終了。逆転したボローニャが今季のアウェイ戦初勝利を飾っている。 2020.11.23 01:13 Mon
twitterfacebook
thumb

武藤4戦ぶり先発のエイバルがヘタフェとドロー…乾は今季初めて出場なし《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第10節、エイバルvsヘタフェが22日にイプルーアで行われ、0-0のドローに終わった。なお、エイバルのFW武藤嘉紀は先発出場し77分までプレー。MF乾貴士は今季初めて出場なしに終わった。   前節、ウエスカ戦をドローで終えた16位のエイバルは3試合ぶりの白星を目指して10位のヘタフェと対戦した。ウエスカ戦で2試合ぶりのフル出場となった乾は今季初めてベンチスタートとなり、武藤が4戦ぶりにスタメンを飾った。   共に[4-4-2]の布陣を採用し、立ち上がりから球際でのデュエルを強調した戦いを見せる両チーム。その中で先に決定機を迎えたのはホームのエイバルだった。   12分、左サイドのブライアン・ヒルを起点にボックス手前でボールを受けたエドゥ・エスポジトがワンタッチパスをゴール前に通す。これに反応したキケ・ガルシアのシュートはGKソリアの好守に遭うも、こぼれ球が再びキケ・ガルシアの足元に。だが、すかさず放った右足のシュートはクロスバーを叩いた。   立ち上がりの絶好機を逸したエイバルだが、その後も左サイドで切れ味鋭い仕掛けを見せるブライアン・ヒルがサイドで優位性を作り出し、キケ・ガルシアが幾度もフィニッシュに絡んでいく。その中で2トップの一角に入った武藤は自ら決定機に絡む場面はないが、前線からの献身的な守備と持ち味のキープ力で上々のプレーを見せる。   前半半ばから終盤にかけてはヘタフェが押し返して中盤での潰し合いが目立つ展開に。その流れの中で40分過ぎにキケ・ガルシア、クチョ・エルナンデスと互いに際どい枠内シュートを打ち合うが、いずれも両守護神の好守に阻まれ、前半は0-0で終了した。   後半は前半以上に動きの少ないこう着状態が続く。互いに攻撃の形はあるものの、相手の守備の集中力の高さに加え、攻撃の精度の低さが目立つ。   そういった中、エイバルベンチは75分過ぎに武藤を下げてセルジ・エンリクを投入。だが、この交代直後の78分にはボックス右に抜け出したハイメ・マタに際どいシュートを浴びるなど、やや劣勢の時間が続く。   その後、87分にはエイバルに後半最大の決定機。ブライアン・ヒルの左クロスをゴール前のセルジ・エンリクが頭で合わすが、これは惜しくも右ポストを叩く。さらに、このプレーの流れでGKに不必要なファウルを犯したキケ・ガルシアが2枚目の警告で退場となってしまった。   これを受けて引き分けやむなしの戦いを見せたエイバルはヘタフェの攻撃を無失点で凌ぐことに成功したが、前後半のチャンスの数を考えれば、悔やまれる0-0のドローとなった。 2020.11.23 00:10 Mon
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly