1番の“売り上手”クラブは?ここ10年の移籍金売上ランキングトップ10

2020.11.22 15:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
昨今移籍金の高騰が続くヨーロッパの移籍市場。新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の煽りを受けた今夏の移籍市場でも、高額な移籍金で積極補強を行うクラブもあり、移籍金の高騰はしばらく続くことが予想されている。一方で、選手を獲得するだけでなく、高額の移籍金で選手を売却するクラブも多数存在する。移籍金の高騰は、そういったクラブたちにとってみれば収益の増加に繋がっているという一面もある。イギリス『サン』は、移籍情報サイト『Transfer Markt』』のデータをもとに、2009-10シーズンから数えた、ここ10年での移籍金売上ランキングトップ10を紹介。“売り上手”なクラブたちを明らかにした。

◆“売り上手”なポルトガル2クラブ

最も“稼いだ”のは、衝撃の10億ポンド(約1378億5000万円)を稼ぎ出したポルトガルの強豪、ベンフィカとなった。今夏も6500万ポンド(約88億2000万円)でDFルベン・ジアスをマンチェスター・シティに売却するなど、大型補強に絡んだベンフィカは、2019年夏に1億100万ポンド(約139億2000万円)でアトレティコ・マドリーに移籍したFWジョアン・フェリックスなど、多くのビッグディールを成立させている。

ベンフィカがさらにすごいのは、毎年のように主力選手を放出しながらも、ここ10年で6度のリーグ優勝を果たしているところだ。これは、選手を手放しながらもその分適切な補強策を講じているということであり、クラブが優れた手腕を発揮している。

ちなみに今夏はFWエヴェルトン、DFジウベルト、FWペドリーニョのブラジル人トリオを合計8500万ポンド(約117億1500万円)で獲得。珍しく支出が収入を上回る積極的な補強活動を見せた。

ベンフィカに次いで2位に入ったのは、9億5300万ポンド(約1313億3000万円)を売り上げた、アトレティコとなった。コロナ禍による経済的打撃が大きいと予想される同クラブは、今夏FWアルバロ・モラタ、DFサンティアゴ・アリアス、MFトーマス・パルティを売却。その他、過去の移籍市場では、1億700万ポンド(約147億6000万円)で売却したFWアントワーヌ・グリーズマンを筆頭に、FWラダメル・ファルカオ、FWジエゴ・コスタなど、ビッグネームを放出している。

その分、前述のフェリックスのように、高額な選手の獲得も行っており、移籍金の収支で見れば、4500万ポンド(約62億円)のマイナスとなっている。

3位に入ったのは、意外にもユベントスだ。2016年夏に当時の移籍金最高額となる8900万ポンド(122億8000万円)でマンチェスター・ユナイテッドに売却したMFポール・ポグバの存在が真っ先に浮かぶが、選手の入れ替わりが激しいのがランクインの大きな要因だ。

ユベントスはここ10年で、のべ591名の選手が入団。その過半数が巨大な下部組織からの入団であるが、その分582名の選手が同期間中に退団しており、全体3位の9億ポンド(約1240億円)の売却額となっている。

4位に入ったのは、積極補強のイメージが強いチェルシーだ。ここ10年で、合計14億5000万ポンド(約2000億円)という巨額の移籍金を支払っている一方で、売却額は8億8600万ポンド(約1222億3000万円)。FWエデン・アザール、MFオスカル、FWジエゴ・コスタなど、ビッグな売却も多数あった他、優秀なアカデミー選手を積極的にレンタルに出した後、売却するというシステムもできていた。

2019年夏の移籍活動禁止や新指揮官フランク・ランパード氏の監督就任以来、アカデミー出身の優秀な若手が多く起用されており、方針が変わりつつあるが、ここ10年で見れば、全体の4位の売却額となっている。

5位以下には、バルセロナやレアル・マドリーなど、メガクラブがランクインした他、昨シーズン悲願のプレミアリーグ初制覇を成し遂げたリバプールが10位に入るなど、“買い手”クラブというイメージのクラブもランクイン。大型補強を行うためには、大型の売却も行う必要があることが顕著に現れる結果となった。

◆2009-10シーズン以来の移籍金売上ランキングトップ10(括弧内は主なビッグディール)

1位:ベンフィカ/10億ポンド(約1378億5000万円)
主な売却選手:ジョアン・フェリックス(約139億2000万円)、ルベン・ジアス(約88億2000万円)、エデルソン(約48億2000万円)、アクセル・ヴィツェル(約46億8000万円)、ビクトル・リンデロフ(約44億1000万円)

2位:アトレティコ・マドリード/9億5300万ポンド(約1313億3000万円)
主な売却選手:アントワーヌ・グリーズマン(約147億6000万円)、ラダメル・ファルカオ(約70億円)、ジエゴ・コスタ(約44億1000万円)

3位:ユベントス/9億ポンド(約1240億円)
主な売却選手:ポール・ポグバ(約122億6000万円)、レオナルド・ボヌッチ(約51億円)、アルトゥーロ・ビダル(約48億2000万円)、モイゼ・ケアン(約33億1000万円)

4位:チェルシー/8億8600万ポンド(約1220億円)
主な売却選手:エデン・アザール(約206億9000万円)、オスカル(約71億7000万円)、ジエゴ・コスタ(約69億円)

5位:モナコ/8億6800万ポンド(約1196億1000万円)
主な売却選手:FWキリアン・ムバッペ(約179億3000万円)、MFハメス・ロドリゲス(約93億1000万円)、FWトマ・レマル(約89億3000万円)、FWアントニー・マルシャル(約74億4500万円)

6位:バルセロナ/8億6200万ポンド(約1188億2000万円)
主な売却選手:ネイマール(約273億円)、アルトゥール(約89億3500万円)、アレクシス・サンチェス(約52億7000万円)

7位:レアル・マドリー/8億2300万ポンド(約1134億2500万円)
主な売却選手:クリスティアーノ・ロナウド(約122億6000万円)、アンヘル・ディ・マリア(約81億3500万円)、アクラフ・ハキミ(約49億6000万円)

8位:ローマ/7億8800万ポンド(約1085億9000万円)
主な売却選手:アリソン・ベッカー(約77億5000万円)、モハメド・サラー(約52億1000万円)、ラジャ・ナインゴラン(約46億8000万円)、コスタス・マノラス(約44億1000万円)

9位:ポルト/7億8500万ポンド(約1081億8000万円)
主な売却選手:エデル・ミリトン(61億3000万円)、ハメス・ロドリゲス(57億9000万円)、フッキ(48億2000万円)、エリアキム・マンガラ(約44億1000万円)

10位:リバプール/7億3000万ポンド(約1006億円)
主な売却選手:フィリペ・コウチーニョ(約179億円)、ルイス・スアレス(約99億2000万円)、ラヒーム・スターリング(約78億5000万円)
コメント
関連ニュース
thumb

【沙比·阿朗素】このサッカー選手は誰?

サッカー選手の名前を中国語で表記したら…?中国では、基本的に海外の選手名やチーム名を漢字による音訳をして表記していますが、そのまま漢字に置き換えることが難しい場合もあり、愛称が用いられることも多くあります。 この企画では、現役を問わずあるサッカー選手の名前を中国語表記で出題します。それが誰を指すのか、当ててみてください! 問題:「沙比·阿朗素」 さすがにこれだけでは分からない方も多いと思うので、ここでヒントです! ヒント①:スペインのバスク州の生まれで、レアル・ソシエダのユース出身です。 ヒント②:中国語で「阿」は「ā」と発音し、「アルジェリア」は「阿尔及利亚」と表記します。 ヒント③:現アーセナルのミケル・アルテタ監督とはユース時代からの幼馴染です。 ヒントを見て、もう分かった方もいるのではないでしょうか?それでは、正解発表です。 <div id="cws_ad"> <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJNZ2FTRG1RVSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 正解はこちら! 「沙比·阿朗素」の読み方は…「シャビ・アロンソ」でした。そう、元スペイン代表MFシャビ・アロンソ氏です。 いとも簡単に30メートル級のパスを通す”パスマスター”であったシャビ・アロンソ氏は、2017年に「フットボールを生きて、フットボールを愛した。さらば、美しいゲームよ」という言葉とともに現役を引退。現在は古巣ソシエダのリザーブチームの監督を務めています。ちなみに今日は39歳の誕生日です。おめでとうございます! サッカー選手クイズ、いかがでしたか?気になる方は他の選手の名前もチェックしてみてください! 2020.11.25 15:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【姆巴佩】このサッカー選手は誰?

サッカー選手の名前を中国語で表記したら…?中国では、基本的に海外の選手名やチーム名を漢字による音訳をして表記していますが、そのまま漢字に置き換えることが難しい場合もあり、愛称が用いられることも多くあります。 この企画では、あるサッカー選手の名前を中国語表記で出題します。それが誰を指すのか、当ててみてください! 問題:「基利安·姆巴佩」 さすがにこれだけでは分からない方も多いと思うので、ここでヒントです! ヒント①:日本でもこの選手の呼び方や表記が度々分かれています。 ヒント②:中国語で「姆」は「mǔ」と発音し、ウィリアム・シェイクスピアの悲劇『ハムレット』は「哈姆雷特」と表記するそうです。 ヒント③:「ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ」に似ているとしてチームメイトから「ドナテロ」のニックネームで呼ばれています。 ヒントを見て、もう分かった方もいるのではないでしょうか?それでは、正解発表です。 <div id="cws_ad"> <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJzQm9DRFo3QSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0= " style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 正解はこちら! 「姆巴佩」の読み方は…「ムバッペ」でした。そう、パリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペです。 弱冠21歳の若さにしてすでに世界最高レベルの選手としての評価を受けるムバッペ。その将来はどんなものになるのでしょうか。 サッカー選手クイズ、いかがでしたか?気になる方は他の選手の名前もチェックしてみてください! 2020.11.24 15:00 Tue
twitterfacebook
thumb

FIFA、職権乱用のアフリカサッカー連盟会長に職務停止命令

国際サッカー連盟(FIFA)が、同副会長でアフリカサッカー連盟(CAF)会長のアフマド・アフマド氏に対し、規律違反で5年の職務停止処分を下した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 報道によると、アフマド会長は違法な資金調達や金銭の受け渡しといった金銭上の不正行為や、職権乱用など数々の違反行為に及んでいたとのこと。CAF財政調査で判明したようだ。 FIFA倫理委員会は、直ちにアフマド氏の職務停止と罰金20万スイスフラン(約2280万円)を科すとともに、5年間の職務停止命令も下した。 同氏は2017年に29年続いたイッサ・ハヤトウ前政権に終止符を打ち、CAF会長に就任。しかし、4年の任期満了を待たずして職務を降ろされることとなった。 なお、アフマド氏も立候補する予定だった次期CAF会長選は来年3月にラバトで行われる予定となっている。 2020.11.23 21:24 Mon
twitterfacebook
thumb

1位は2位以下に30ゴール以上の差をつける!21世紀に最も得点を決めたDFトップ10

フットボールの進化に伴い、より多くのことを求められるポジションとなったDF。守備だけでなく、攻撃陣顔負けのテクニックや得点力を持つ選手たちが現れる中、オンラインスポーツメディア『Sportskeeda』が、21世紀に入ってから、クラブキャリアで最も多く得点を挙げたDFトップ10を紹介している。 10人の中には既に現役を退いている選手も多数いる中、21世紀最多得点DFに輝いたのは、今もなお現役としてプレーを続けるレアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスだった。 <div id="cws_ad">◆ぶっちぎりの1位はこの男!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJsaTVhQzg5RSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> キャリア通算で公式戦705試合に出場し、圧巻の103ゴールを記録しているラモス。元々空中戦の強さを活かし、セットプレーなどから得点を重ねていたが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが2018年夏に退団して以来、PKキッカーも務めており、ここに来てさらにゴール数を伸ばしている。 11月上旬には、マドリーでのクラブ通算100ゴールを達成。クラブ史に残る偉大なキャプテンである元スペイン代表DFフェルナンド・イエロ氏が記録して以来、2番目のDFとしてクラブ100ゴールを挙げた選手になっている。 キャリア71ゴールを記録し、ラモスに次いで2位にランクインしたのは、元オーストリア代表DFレネー・アウフハウザー氏だ。1993年にプロデビューし、2014年に現役を引退した同氏は、20年以上に渡るキャリアの中で、主にレッドブル・ザルツブルクで活躍。2005年夏から2010年1月までの4シーズン半で、CBとして50ゴールを決め、3度のリーグ王者に輝いた。キャリア通算では85ゴールを記録している。 3位には67ゴールでレンジャーズのイングランド人DFジェームス・タベルニエが入った。ニューカッスルでデビューしたタベルニエは、攻撃的SBとしてレンジャーズでのここまでの6シーズンで50ゴールを記録。また、正確なクロスを武器にキャリア通算96ゴールという数字を残している。まだ29歳のタベルニエは今季もすでに12ゴールを決めており、さらなるゴール量産の予感だ。 この3人に続く4位に入ったのが、数々の記憶に残るスーパーゴールを決めた元ブラジル代表DFのロベルト・カルロス氏だ。当時“銀河系軍団”と呼ばれたレアル・マドリーで輝かしいキャリアを送った同氏は、DFながら爆発的なシュート力を誇り、セットプレーでは常に相手の脅威になっていた。オープンプレーからも強烈なロングシュートも得意としており、その左足は“悪魔の左足”と恐れられた。ロベルト・カルロス氏はブラジル時代やインテル時代も含めてキャリア通算では96ゴールとなっている。 その他、ロベルト・カルロス氏の同胞で、超攻撃的SBとしてバルセロナの黄金期を支えた元ブラジル代表DFダニエル・アウベスなどが5位以下にランクインしている。 ランキングトップ10にはやはりサイドバックの選手が多く、キャリアのほとんどをセンターバックとしてプレーしながら、2位以下の選手に30ゴール以上の差をつけてトップに立つラモスは、DFの中ではやはり異質な得点力の高さを誇っているようだ。 ◆21世紀のDF最多得点ランキングトップ10(括弧内は得点を記録した所属クラブ一覧/国籍) 1位:セルヒオ・ラモス(セビージャ、レアル・マドリー/スペイン):103ゴール 2位:レネー・アウフハウザー(レッドブル・ザルツブルク、グラーツァーAK、LASKリンツ/オーストリア):71ゴール 3位:ジェームス・タベルニエ(レンジャーズ、ロザラム・ユナイテッド、ブリストル・シティ/イングランド):67ゴール 4位:ロベルト・カルロス(レアル・マドリー、フェネルバフチェ、インテル、アンジ・マハチカラ、パルメイラス、コリンチャンス/ブラジル):65ゴール <div style="text-align:left;" id="cws_ad">5位:ウィリアム・ヤンセン(ユトレヒト、ローダ、トゥベンテ/オランダ):59ゴール<br/>6位:クリス・ヤンセンス(ロケレン、ウェステルロー、リールセ、ウィレムⅡ/ベルギー)58ゴール<br/>7位:ダニエウ・アウベス(バルセロナ、セビージャ、パリ・サンジェルマン、サンパウロ、ユベントス/ブラジル):58ゴール<br/>8位:フィリップ・クレメント(クラブ・ブルージュ、ベールスホット、ヘンク/ベルギー):53ゴール<br/>9位:マルク・ダル・ヘンデ(ミッティラン、ベストシュラン、ソナーリュースケ、ABコペンハーゲン、ヴィボー/デンマーク):52ゴール<br/>10位:アンドレアス・ヘルツル(シュトゥルム・グラーツ、ヴァッカー・インスブルック、ウェルグル/オーストリア):52ゴール</div> 2020.11.23 15:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【布冯】このサッカー選手は誰?

サッカー選手の名前を中国語で表記したら…?中国では、基本的に海外の選手名やチーム名を漢字による音訳をして表記していますが、そのまま漢字に置き換えることが難しい場合もあり、愛称が用いられることも多くあります。 この企画では、現役を問わずあるサッカー選手の名前を中国語表記で出題します。それが誰を指すのか、当ててみてください! 問題:「詹路易吉·布冯」 さすがにこれだけでは分からない方も多いと思うので、ここでヒントです! ヒント①:現在は背番号「77」という珍しい数字を着用しています。 ヒント②:中国語で「布」は「bù」と発音し、「ブダペスト」は「布达佩斯」と表記します。 ヒント③:これまでに3度、チャンピオンズリーグの決勝で涙を呑んでいます。 ヒントを見て、もう分かった方もいるのではないでしょうか?それでは、正解発表です。 <div id="cws_ad"> <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI2MGVUVXd4biIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 正解はこちら! 「布冯」の読み方は…「ブッフォン」でした。そう、ユベントスの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンです。 セリエA歴代最多の651試合に出場してきたブッフォンは、これまで10度のスクデットを獲得。イタリア史上最高のGKの一人です。 サッカー選手クイズ、いかがでしたか?気になる方は他の選手の名前もチェックしてみてください! 2020.11.23 15:00 Mon
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly