その角度から決める!?10人のチームを救うクアドラードの反則級豪快ミドル【インクレディブル・ゴールズ】

2020.11.21 19:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。今回はユベントスのコロンビア代表MFフアン・クアドラードが決めたゴールだ。

◆クアドラードがまさかの位置から豪快ミドルを叩き込む!

2015年夏にチェルシーからユベントスへレンタル移籍で加入したクアドラードは、活躍を見せ、2017年夏に完全移籍。主力としてプレーしている。

突破力のあるドリブルとパンチのあるシュートを武器に存在感を示すクアドラードだが、2016年10月18日に行われた、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージのリヨン戦では、チームを救う見事なゴールを決めている。

0-0と拮抗した展開となったこの試合だが、54分にユベントスのMFマリオ・レミナが2枚目のイエローカードを受けて退場となる。数的不利となったユベントスだったが、76分、右サイドでボールを持ったクアドラードがドリブルで仕掛け、ボックス内に侵入する。ゴール右の角度のほぼない位置に追い込まれるが、右足一閃。パンチのあるミドルシュートでニアポストをぶち抜くと、見事なゴールを挙げた。

このリードを守り通したユベントスが、そのまま1-0で勝利している。
コメント
関連ニュース
thumb

“伝説のファンタジスタ”ロナウジーニョがバルサで決めた、針の穴を通すようなスーパーミドル【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏がバルセロナ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ロナウジーニョが決めたキャリアベストゴールの1つ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJHdHEycEh1eCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2003年夏にパリ・サンジェルマン(PSG)からバルセロナに加入したロナウジーニョ氏は、華麗なパフォーマンスで観客を魅了。バルサファンのみならず、フットボールファンから愛された。 キャリアを通して、思わず息を吞むようなゴールを数多く決めたロナウジーニョ氏だが、2005年5月8日に行われた、ラ・リーガ第35節のバレンシア戦では、自身のキャリアの中でもベストゴールの一つを決めている。 0-0で迎えた28分、右サイドからのクロスをボックスの外で受けたロナウジーニョは、ボールをコントロールし、ゴールを確認すると、助走を取らずに右足を一振り。狙いすまされたシュートは、浮き上がるような弾道でゴール右上の角に一直線に飛んでいき、見事なスーパーゴールが決まった。 ロナウジーニョのゴールで先制に成功したバルセロナは、その後追加点を奪い、2-0で勝利している。 2020.11.28 19:00 Sat
twitterfacebook
thumb

オランダの逸材ファン・デ・ベークがアヤックス時代に突き刺した鋭いボレーシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はマンチェスター・ユナイテッドのオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークがアヤックス時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ファン・デ・ベークが決めた鋭い一撃<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJTdDJteHo5OCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 欧州屈指の育成の名門アヤックスユース出身のファン・デ・ベークは、2016年にファーストチームに昇格。若きタレントが多く集まるチームの中でも一際輝きを放った。 足元の技術に加え、高いサッカーIQで的確なポジショニングを取り、決定的な仕事をこなすファン・デ・ベークだが、2020年1月26日に行われたエールディビジ第20節のフローニンヘン戦では、良いポジショニング取りから素晴らしいゴールを決めている。 0-2とアヤックス2点ビハインドの72分、左サイドからのクロスをボックス内で待っていたFWドゥシャン・タディッチが胸トラップするも、少し伸びてしまう。すると、後方からタイミング良く走り込んだファン・デ・ベークが勢いよくボレーシュートを放つ。低い弾道の鋭いシュートはゴール左下に突き刺さった。 このゴールで1点差に迫ったアヤックスだったが、反撃もここまで。1-2で敗れている。 2020.11.28 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ツィエクがアヤックスで決めた、パワー、スピード、テクニックが詰まったゴリ押しゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はチェルシーのモロッコ代表MFハキム・ツィエクがアヤックスで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ツィエクが個の力でもぎ取ったゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJWbWpnSXY0WCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2016年夏にトゥベンテからアヤックスに加入したツィエクは、若きタレントが揃うチームの主力としてブレイク。貴重な得点源となり、攻撃陣を牽引した。 キレのあるドリブルと、決定的な仕事のできるシュートとパスで相手ゴールを脅かすツィエクだが、2019年12月22日に行われたエールディビジ第18節のADOデン・ハーグ戦では、個人技を活かした見事なゴールを決めている。 0-0で迎えた15分、右サイドでツィエクがボールを持つと、緩急のあるドリブルから一気に加速して相手DFを抜き去り中央へ侵入。必死にプレスに来る相手を押しのけながら、ペナルティーアークまでボールを運ぶと、強烈なミドルシュートを放つ。低い弾道のパワフルなシュートはゴール左下の見事なコースに突き刺さり、先制ゴールを挙げてみせた。 ほとんど個の力だけでゴールを奪ったツィエク。直後にはアシストも記録し、1ゴール1アシストの大活躍で、6-1の大勝に貢献した。 2020.11.27 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

相手をすり抜けた?チアゴがバイエルンで見せた超絶ドリブル突破【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はリバプールのスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラがバイエルン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆チアゴが決めた極上のスキルが光るゴラッソ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJwa0xJbjRndCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バルセロナの下部組織で育ったチアゴは、2013年夏に名将ジョゼップ・グアルディオラ監督を追ってバイエルンに加入。中盤から試合をコントロールし、主力として活躍した。 抜群のパスセンスで攻撃を組み立てることに長けたチアゴだが、2020年2月1日に行われたブンデスリーガ第20節のマインツ戦では、自らのドリブル突破から見事なゴールを決めている。 2-0とバイエルンリードの26分、ボックスの外でボールを受けたチアゴはドリブルで仕掛けてボックスの中に侵入。DF2人に進路をふさがれながらも、足裏でのボールタッチとシザースフェイントのコンビネーションで、相手の間をするりと抜けると、ゴール左の位置から強烈なシュートを放つ。左足のシュートは角度の厳しいところからゴール右のサイドネットに突き刺さり、見事な追加点を決めた。 試合は、チアゴのゴールなどで前半だけで3点を奪ったバイエルンが3-1で勝利している。 2020.11.27 15:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ロッベンが得意の位置から決めたアンストッパブルな強烈ミドル【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はフローニンヘンの元オランダ代表FWアリエン・ロッベンがバイエルン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ロッベンが得意の位置から叩き込んだゴラッソ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI1UUIyQ1FsbiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2009年夏にレアル・マドリーからバイエルンに加入したロッベンは、世界屈指のウインガーとしてバイエルン攻撃陣の一角を長年に渡り担い、チームを多くのタイトル獲得に導いた。 絶対的な縦への速さと、分かっていても止められない切れ味抜群のカットインとミドルシュートで得点を量産したロッベンだが、2018年2月6日に行われたDFBポカール準々決勝のパーダーボルン戦では、得意の位置からゴールを決めている。 4-0とバイエルン大量リードで迎えた86分、ロッベンが右サイドにドリブルで攻め入ると、相手からのタックルを受けながらも大外のMFコランタン・トリソにパスを送る。トリソがドリブルでボールを運び、中央のMFセバスティアン・ルディにパスを送ると、ルディがダイレクトでボールをロッベンに落とす。 このパスをペナルティーアーク内の絶好の位置で受けたロッベンが左足で強烈なシュートを放つと、左上の完璧なコースに美しいゴールが決まった。 試合を決めたバイエルンはさらに1点を加え、6-0の大勝を収めている。 2020.11.26 19:00 Thu
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly