ダロト1G1Aのミランがスパルタ・プラハに快勝で連勝スタート!《EL》

2020.10.30 04:51 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランは29日、ヨーロッパリーグ(EL)グループH第2節でスパルタ・プラハをホームに迎え、3-0で快勝した。

開幕節でセルティックに3-1と勝利したミランが、リールに1-4と完敗したスパルタ・プラハをホームに迎えた一戦。

ミランは直近のローマ戦のスタメンから5選手を変更。イブラヒモビッチやベナセル、ロマニョーリらが引き続きスタメンとなった。
[4-2-3-1]で臨んだミランは最前線にイブラヒモビッチ、2列目に右からカスティジェホ、ディアス、クルニッチと並べ、左サイドバックにダロトが入った。

そのミランが押し込む展開で推移すると、24分に先制する。敵陣でディアスがボールを奪った流れから、イブラヒモビッチのラストパスを受けたボックス左のディアスが冷静にDFを外して右足でゴールへ流し込んだ。

続く35分にはイブラヒモビッチがPKを獲得するも、自ら蹴ったシュートはバーに当ててしまい、追加点を奪うには至らない。

迎えた後半、イブラヒモビッチを下げてレオンを投入したミランは、49分に決定機。しかし、トナーリのスルーパスを受けたレオンはGKとの一対一を決めきれない。

それでも57分、左サイドを上がったダロトの右足アウトでの絶妙なクロスをレオンが押し込んで加点。

さらに67分、ベナセルのロングスルーパスに抜け出したボックス左のダロトが確実にシュートを決めて試合の大勢を決めた。

ダロトの移籍後初弾と1アシストの活躍でミランが快勝し、2連勝スタートとしている。

関連ニュース
thumb

王者ミランが5失点…今節から採用の半自動オフサイドシステムに2点奪われる《セリエA》

ミランは29日、セリエA第20節でサッスオーロと対戦し、2-5で敗れた。 最近のリーグ戦ではローマとラツィオの首都クラブに加え、格下のレッチェ相手にも不覚を取り、3試合未勝利のミラン。トリノに敗れたコッパ・イタリアも含めると公式戦4試合白星なしと不調気味だ。 1月4日ぶりの勝利を目指す今節は、前節のラツィオ戦からスタメンを6人変更。ラファエル・レオンをベンチスタートとし、代わりにレビッチをスタメン起用。また、デ・ケテラエルが昨年10月のエンポリ戦以来の先発出場となっている。 テコ入れを図ったミランは、いきなりシュートまで運ばれるが、直後にカウンターからレビッチがチャンスを迎える立ち上がりに。すると8分、テオ・エルナンデスのクロスをジルーが左足のアウトサイドで合わせてネットを揺らす。しかし、わずかな差でオフサイドの判定に。セリエAでは今節から半自動オフサイドシステムが採用されている。 早くもその洗礼を受けることになったミラン。逆に救われる格好となったサッスオーロはここから攻勢に転じる。19分、ボックス右手前でボールを持ったベラルディが縦に切り込みグラウンダーのクロスを供給。これをデフレルが合わせてサン・シーロで先制に成功した。 さらにその3分後、ボックス手前の細かいパスワークからバイタルエリアでベラルディにボールが渡り、ボックス中央のフラッテージへラストパス。フラッテージはワンタッチでマークを掻い潜り、ボックス右からシュートを流し込んだ。 ミランはこれでリーグ戦3試合連続の複数失点。不調継続の雰囲気が漂う中、5試合ゴールの無いあの男が反撃の狼煙を上げた。24分、相手を押し込む流れの中で右サイドからカラブリアがクロスを上げると、合わせたのはジルー。打点の高いヘディングシュートで1点を返した。 来季の契約更新が迫るエースの2カ月半ぶりのゴールで景気付けといきたいところだったが、そうは問屋が卸さない。30分のサッスオーロの右CKのシーン、ハメド・トラオレが上げたクロスをベラルディが頭で叩き込んで追加点。点差は再び2点に開いた。 思わぬ展開となったホームチームは後半からデ・ケテラエルを下げてレオンを投入。しかし、その立ち上がりにも予期せぬ事態が。キックオフからファーストプレーでローリエンにボックスへの侵入を許すと、カラブリアが倒してしまいPKの判定に。これをそのままローリエンに決められ、3点差に広がった。 ラツィオ戦に続く4失点となったミラン。王者らしからぬ姿だが、この日はVARにも苦しめられることに。54分にトナーリのFKからレビッチがネットを揺らしたが、わずかに肩がオフサイドラインを越えていたとしてゴールは認められなかった。 3点差のまま70分を迎え、ミランは一挙3人交代。その数分後にサッスオーロもデフレル、フラッテージ、ローリエンのスコアラー3人を下げて締めにかかる。 この交代が先に功を奏したのはアウェイチーム。79分、ベラルディがテオ・エルナンデスからボールを奪い、ボックス右へ侵入すると、マイナスの折り返しを途中出場のマテウス・エンリケがダイレクトで流し込んで5点目。この試合のベラルディは1ゴール3アシストと大活躍だ。 一方、今季の最多失点を更新してしまったミランは81分、オリジがボックス左手前から右足をコンパクトに振り抜くコントロールショットをゴール右上に突き刺し、10月のモンツァ戦以来となる移籍後2点目を決めた。 しかし、今日のミランにとっては焼け石に水。結局、試合は2-5で大敗。サッスオーロに3カ月ぶりの白星を献上する結果となった。そして、次節はインテルとのミラノ・ダービー。大きな不安を抱えたまま、ビッグマッチに臨むことになった。 2023.01.29 22:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ミランとジルー、契約を1年更新へ…2月発表の見通し

ミランとフランス代表FWオリヴィエ・ジルー(36)が契約を更新する見通しとなった。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 2021年にチェルシーから加入し、ここまでの在籍1年半で公式戦63試合23ゴール10アシストをマークするジルー。36歳という年齢を感じさせないプレーで、イタリア王者エースの立場を不動のものにしている。 そのため、契約更新に向けた交渉もスムーズに行われ、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の見立てでは2月にも2024年までの更新が発表される見通しに。ジルーは2年契約を希望していたようだが、クラブの要求を飲む格好となりそうだ。 なお、年俸は現在の350万ユーロから変わらないようだ。 2023.01.29 16:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ミランOBコスタクルタ氏がローマに苦言、ザニオーロに50億円要求は「実績と釣り合わない」

黄金期のミランを支えたアレッサンドロ・コスタクルタ氏が、不振にあえぐ現在の古巣に言及した。 コスタクルタ氏は現在56歳。現役引退から15年が経過し、今ではイタリアサッカー連盟の副会長を務める重鎮に。イタリア『スカイ』のインタビューでは、ラツィオに0-4の大敗を喫した古巣ミラン、盟友のパオロ・マルディーニSDに言及した。 「ラツィオが並外れていたのか、それともミランがスペースを空けてしまったのか… 試合を見てないからなんとも言えないな。ただ、ステファノ・ピオリ(監督)のチームが受けた心理的ショックは相当だろう」 「きっとパオロは頭を悩ませている。W杯疲れを引きずる選手がいるだろうし、彼自身はマーケットで苦戦しているように思う。パオロとは最近会ってないんだが、冷静に仕事に取り組もうとしているはずさ」 一方、ミランが獲得を断念したローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)に関し、ローマ側に苦言。3500万〜4000万ユーロ(約49億〜57億円)とされる要求額は選手の価値に見合わないと語った。 「どう考えても高すぎる。ザニオーロを悪く言うつもりはない。ただ、ピッチで示した実績とそれ(要求額)が釣り合っているとは到底思えない。彼はまだまだこれからキャリアを重ねていく年齢だ」 ザニオーロはボーンマス移籍が濃厚に。ボーンマスが3500万ユーロ(約49億4000万円)越えのオファーをローマに提示し、大筋合意に至ったとされている。 2023.01.27 19:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ミランがFWサン=マクシマンに興味? ニューカッスルは42.4億円を要求か

攻撃陣の改善を図りたいミランが、ニューカッスルのフランス人FWアラン・サン=マクシマン(25)の獲得に関心を持っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 セリエAで上位を争っているミランが、2023年に入ってからは停滞。カップ戦を含めた公式戦6試合で1勝2分け3敗。リーグ戦では3戦未勝利と調子を落としている。 ミランは攻撃陣を強化したい考えがあり、ローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロの獲得に動いたが、個人間での合意を取り付けたものの、ローマの要求する高額な移籍金の支払いが不可能と判断し、獲得を断念した。 そんな中、サン=マクシマンに興味を持っているとのこと。ただ3000万ユーロ(約42億4000万円)を要求しており、ミランにとってはかなり高額になっているという。 放出の可能性に関しては、U-21イングランド代表FWアンソニー・ゴードン(21)をニューカッスルが獲得できれば、ミランからのオファーに耳を傾けるとのことだ。 サン=マクシマンはニューカッスルで公式戦109試合で13ゴール19アシストを記録。今シーズンはプレミアリーグで12試合に出場し1ゴール3アシストを記録していた。 2023.01.27 15:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ブロゾビッチがミラノ・ダービーで戦列復帰へ! 昨年9月以降スタメン出場なし

インテルのクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチは、2月頭の重要な一戦で戦列復帰するようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ふくらはぎのケガにより、年明けのセリエA再開以降、一度もピッチに立てていないブロゾビッチ。今季は昨年10月もケガで全休するなど、不動の存在でありながら、公式戦出場が12試合にとどまっている。 最後のスタメン出場は昨年9月となっているが、週明けから練習に復帰する見込み。28日に行われるセリエA第20節のクレモネーゼ戦、31日に行われるコッパ・イタリア準々決勝のアタランタ戦は間に合わないものの、2月5日のセリエA第21節、ミラノ・ダービーが復帰戦になるという。 スーペル・コッパこそミラン相手に3-0と完勝しているものの、昨年9月にリーグ戦で対戦した際は2-3で逆転負けを喫しているインテル。ブロゾビッチも来たるミラン戦での復帰に向けて全力を注ぐだろう。 2023.01.27 14:51 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly