各国主要リーグ所属クラブの選手平均年齢が判明 欧州5大リーグで最も若いのはミラン! J1は?

2020.10.26 19:59 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカー関連のあらゆる統計データを研究している機関『CIES Football Observatory』が、各国主要リーグに所属する各クラブの選手平均年齢を発表している。欧州5大リーグの中で最も平均年齢が低かったのはミラン。重鎮FWズラタン・イブラヒモビッチが39歳でバリバリ活躍しているが、30歳超えの選手はDFマテオ・ムサッキオやDFシモン・ケアー、GKアントニオ・ドンナルンマら5人しかおらず、今夏にブレシアから加入したMFサンドロ・トナーリや、レジェンドのパオロ・マルディーニ氏を父に持つダニエル・マルディーニら25歳以下が大半を占めており、24.5歳という最低平均年齢を記録した。

2番目に若いのはモナコの24.7歳で、以下はスタッド・ランス(24.8歳)、サンテチェンヌ(24.8歳)とリーグ・アン勢が続く。トップ10ではリーグ・アンのクラブが5チーム入っており、そのほかではドイツのシュツットガルト(24.9歳)やライプツィヒ(25.1歳)、ラ・リーガのバレンシア(25.2歳)、プレミアリーグのブライトン(25.3歳)がランクインした。

UEFA管轄リーグで最も低かったのは、ラトビアのFKメタの20.7歳。2番目はスロバキアのMSKジリナ(21.2歳)、3番目はアイスランドのIFグロッタ(22.0歳)となっている。UEFA以外では、ウズベキスタンのナサフ・カルシが23.9歳で最も平均年齢が低かった。

また、J1リーグではサガン鳥栖が25.4歳で最も低く、2位に湘南ベルマーレ(26.3歳)、3位に鹿島アントラーズ(26.4歳)と続いた。一方で最も平均年齢が高かったのはヴィッセル神戸の29.0歳。欧州5大リーグでは29.7歳でパルマとなっている。
コメント
関連ニュース
thumb

イブラヒモビッチに続きミランを牽引していたサレマーカーズが約2週間の離脱か

ミランのベルギー代表MFアレクシス・サレマーカーズが約2週間ほど戦列を離れるようだ。イタリア『メディアセット』が報じている。 サレマーカーズは、22日に行われたセリエA第8節のナポリ戦で先発。3-1の勝利に貢献したが、後半28分に交代していた。同メディアによれば足首を負傷していたとのことだ。 セリエA無敗で首位を走るミランは、好調を支えるFWズラタン・イブラヒモビッチがハムストリングの負傷により最大で1カ月の離脱が報じられている。 イブラヒモビッチに加え、ここまでの快進撃を支えていた不動の右サイドアタッカーであるサレマーカーズを欠くのは痛恨だが、ミランはヨーロッパリーグを毎週戦う過密日程を乗り越えることができるか。 2020.11.25 01:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ユーベのセリエA10連覇は厳しい? インテルOBがセリエAで推すのはミラン?

インテルのレジェンドであるジュゼッペ・ベルゴミ氏は、今シーズンのセリエAではユベントスよりミランを上に見ているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 アンドレア・ ピルロ監督を新指揮官に招へいし、セリエA10連覇を目指しているユベントス。第8節を終えたここまでで4勝4分けの4位に位置している。 一方で首位を走るのはミラン。6勝2分けと王者ユベントスに4ポイント差をつけており、王座奪還に燃えている。 ベルゴミ氏はイタリア『スカイ』で現時点ではミランが優勢と見解を述べ、10ゴールでここまでの得点ランキング1位となっている元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの影響が大きいと話している。 「特にビッグゲームでは、ユベントスはまだ私が納得するパフォーマンスではない 「一方で、ミランはインテルとナポリに勝利している。イブラヒモビッチが私を納得させたよ。ユベントスはラツィオとローマと対戦したが、勝てなかった」 「シーズン当初からミランが上手くやれると感じていたし、彼らが4位以内に入ると思っていた。パオロ・マルディーニ(ミランのテクニカル・ディレクター)は自分が良いチームを作ったことを自覚しているはずだ」 「ミランにはピッチ上のあらゆるポジションに走れる選手がいる。彼らに対してゴールを決めるのは難しく、チームは自信に満ちている」 一方で、自身の古巣でありそのミランのライバルであるインテルについてはまだまだ改善が必要だと感じているようだ。 「彼らは間違いなく改善する必要がある。例えば、(アクラフ・)ハキミの使い方を変える必要があるのは、誰にとっても明らかだろう。彼は自分の足でボールを受け取るべきではない。さもなければ、彼はそのまま返してしまう」 「(クリスティアン・)エリクセンに関しては、DFをドリブルで突破するのに苦労している1人の選手だ。(アントニオ・)コンテが革命を起こすとは思わない」 「インテルは回復する必要があり、彼が実験をしている時間はない。もう1つの問題は、インテルのディフェンスラインだ。今シーズンは遅すぎる。後ろにスピードのある選手が居ない」 2020.11.24 22:10 Tue
twitterfacebook
thumb

イブラ、『FIFA』開発会社に無断使用許さんツイート 「調査するときが来た」とも

ミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが自身の名前や顔写真を無断使用しての金稼ぎに苦言した。 その怒りの矛先が向いたのは世界で大人気のサッカーゲーム『FIFA』を手がける『EA Sports』。先月から販売がスタートした最新作『FIFA 21』だが、イブラヒモビッチは許可なく自身をゲームのなかに登場させているとアピールしている。 23日、自身のツイッター(@Ibra_official)を更新。連続ツイートで『EA Sports』による無断使用を主張するとともに、真相を突き止めるべく、調査に乗り出す意向も示した。 「誰がEA SportsのFIFAに俺の名前や顔の使用を許可した? FIFPro(国際プロサッカー選手会)か? 俺はFIFProのメンバーになった覚えもない」 「そうだとしても、何の知識もなく、おかしな策略によって入れられた。FIFAやFIFProが俺を利用して金稼ぎするなんて、絶対に許可していない」 「この何年も俺に合意なく、俺の名前と顔で利益を得ている奴がいる。そろそろ調査するときが来た」 イブラヒモビッチの投稿に対してはトッテナムのウェールズ代表FWガレス・ベイルも「イブラヒモビッチ、興味深いね…FIFProって何だ? #TimeToInvestigate」と反応。イブラヒモビッチはこのツイートをリツイートして、ユーザーに共有している。 2020.11.24 17:35 Tue
twitterfacebook
thumb

1枚の写真で移籍の憶測が加速?ミランMFチャルハノール、今季終了後にユベントス行きか

ミランのトルコ代表MFハカン・チャルハノール(26)のユベントス移籍が急に騒がれ始めた。イタリア『カルチョメルカート』などが伝えている。 チャルハノールは、2017年7月にレバークーゼンからミランへと加入。FKの名手と知られる中、ミランの中盤を支え、ここまで公式戦141試合に出場し27ゴール40アシストを記録している。 今シーズンもセリエA8試合に出場し2アシスト、ヨーロッパリーグでも1試合に出場している状況だ。 そのチャルハノールだが、ミランとの契約は今シーズン限りで満了を迎える状況。年俸250万ユーロ(約3億1000万円)の契約を結んでいるが、代理人が600万ユーロ(約7億4000万円)を要求していることもあり、契約延長交渉が進んでいない。 また、チャルハノールには、ユベントスやマンチェスター・ユナイテッド、インテルなどのクラブが興味を示しており、このままでは来年1月から他クラブがフリーエージェントでの移籍に向けた契約が可能となる状況だ。 そんな中、1枚の写真により、ユベントスへの移籍が大きく噂されることになってしまう。 チャルハノールは、ユベントスのトルコ代表DFメリフ・デミラルとの2ショットを撮影。デミラルのインスタグラムのストーリーズにアップされていた。 ただ同胞と2ショットを撮っただけとも言えるが、現在の状況を鑑みて噂が拡大。デミラルが所属するユベントスへ移籍するのではないかとの憶測が高まってしまった。 何れにしても、今年中にミランと契約延長を行わなければ、他クラブが交渉可能となる状況。果たして、チャルハノールは来季どこでプレーするのだろうか。 <div id="cws_ad">◆憶測を加速させた2ショット<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="tr" dir="ltr">Hakan Çalhanoğlu &amp; Merih Demiral <a href="https://t.co/pjboZFWGhM">pic.twitter.com/pjboZFWGhM</a></p>&mdash; Fanatik (@fanatikcomtr) <a href="https://twitter.com/fanatikcomtr/status/1330975755984101378?ref_src=twsrc%5Etfw">November 23, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.11.24 09:38 Tue
twitterfacebook
thumb

英2部バーミンガムがミラン退団のクロアチア代表MFハリロビッチを獲得

チャンピオンシップ(イングランド2部)のバーミンガム・シティは23日、クロアチア代表MFアレン・ハリロビッチ(24)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2021年6月30日までで、背番号は「35」を着用する。 ハリロビッチは、母国のディナモ・ザグレブの下部組織で育ち、2014年7月にバルセロナBへと移籍。2015年7月にファーストチームへ昇格していた。 そのままスポルティング・ヒホンへレンタル移籍すると、2016年7月にハングブルガーSVへ完全移籍。ラス・パルマスへのレンタル移籍を経て、2018年7月にミランへ完全移籍した。 ミラン加入後もレンタル移籍は続き、スタンダール・リエージュ、ヘーレンフェーンでプレー。今夏にミランへ復帰したが、出場機会は得られず10月に双方合意の下で契約を解除し退団していた。 キャリア通算では、ラ・リーガで74試合に出場し5ゴール9アシスト、ブンデスリーガで6試合に出場。ミランでは公式戦3試合に出場も、セリエAに出場したことはなかった。 2020.11.24 06:30 Tue
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly