モラタが復帰弾もデビュー戦のキエーザが一発退場のユーベ、3連敗スタートのクロトーネに低調ドロー《セリエA》

2020.10.18 05:42 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスは17日、セリエA第4節でクロトーネとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。前節ナポリ戦が試合開始直前で開催されず不戦勝扱いとなったユベントスは、2勝1分けスタートとなった中、C・ロナウドがコロナ陽性で欠場に。そのユベントスは移籍市場最終日で獲得したキエーザが先発デビューを飾った。

開幕3連敗スタートとなった昇格組のクロトーネに対し、[3-4-2-1]で臨んだユベントスは最前線にモラタ、2シャドーにクルゼフスキとポルタノーバ、キエーザは右サイドに入った。

5バックを敷くクロトーネが積極的な入りを見せた中、ユベントスは11分にPKを献上する。ボックス内でボヌッチがレカを倒した。これをシミーに決められ、ユベントスは先制される。

それでも21分、ユベントスが追いつく。クルゼフスキのスルーパスでボックス右に侵入したキエーザの折り返しをモラタが押し込んだ。

新戦力キエーザのお膳立てでモラタに復帰後初弾が生まれたユベントスがハーフタイムにかけて押し込む展開とすると、42分に逆転のチャンス。しかし、スルーパスでボックス右に抜け出したポルタノーバのシュートはGKのセーブに阻まれた。

44分にはピンチを迎えるが、ペドロ・ペレイラのシュートは右ポストに直撃して助かり、前半を1-1で終えた。

迎えた後半立ち上がり、ベンタンクールが際どいボレーシュートを浴びせたユベントスだったが、押し込まれる序盤を強いられる。

劣勢のユベントスは56分にポルタノーバに代えてクアドラードを右サイドに投入し、キエーザがシャドーの一角に移った。

しかし60分、キエーザが一発退場する。チガリーニに対してスパイクの裏でボールを奪いに行ってしまった。

10人となったユベントスは63分に決定機。しかし、FKからモラタが頭で合わせたシュートは右ポストに直撃した。

その後も劣勢を強いられていたユベントスは、76分に逆転しかける。ボックス右で仕掛けたクアドラードのシュート性のボールをゴール前のモラタがコースを変えてネットを揺らした。しかし、VARの末にモラタのポジションがオフサイドでノーゴールに覆った。

結局、7分の追加タイムがあったものの、終盤にかけてはチャンスを作れずユベントスは低調ドローに終わっている。
コメント
関連ニュース
thumb

バルセロナが今大会唯一の5連勝達成!最終節は2位ユベントスと首位通過を懸けた直接対決に《CL》

バルセロナは2日、チャンピオンズリーグ(CL)グループG第5節でフェレンツヴァーロシュと対戦し、3-0で勝利した。 前節の勝利で決勝トーナメント進出を決めたバルセロナは、4-0と快勝した直近のオサスナ戦の先発から攻撃陣を中心に5人変更。オサスナ戦と同じ[4-2-3-1]の布陣で最前線にブラースヴァイト、2列目は右からトリンコン、グリーズマン、デンベレと並べた。 試合は地力で勝るバルセロナが立ち上がりから攻勢を続けると14分、デンベレのパスで左サイド深くまで侵入したジョルディ・アルバの折り返しをニアに走り込んだグリーズマンがヒールシュートで流し込んだ。 先制点で勢いづくバルセロナは、20分にも右サイドからのサイドチェンジをジョルディ・アルバが落とすと、これを受けたデンベレが左サイドを突破しクロス。ゴール前にすべり込んだブラースヴァイトが右足でゴールに流し込んだ。 さらに27分には、ドリブルでボックス内に侵入したブラースヴァイトがフリンポンに倒されPKを獲得。これデンベレがゴール左隅に決め、3点目を奪った。 迎えた後半、リードするバルセロナはブスケッツとジョルディ・アルバを下げてF・デ・ヨングとジュニオル・フィルポを投入。さらに65分にはグリーズマンとラングレを下げてリキ・プッチとアレーニャをピッチに送り出した。 サブ組が中心となったバルセロナは、アタッキングサードまでボールを運ぶも守備時に5バックを形成するフェレンツヴァーロシュの守備陣を前になかなか決定機を作り出せない。 結局、後半はゴールネットを揺らすことができなかったが、前半の3点で勝ちきったバルセロナが今大会唯一のグループステージ5連勝を飾った。 また、バルセロナと共に決勝トーナメント進出を決めているユベントスは同日、グループG第5節でディナモ・キエフと対戦し、3-0で勝利した。 試合が動いたのは21分、アレックス・サンドロの左クロスをキエーザがヘディングシュートで叩き込み、ユベントスが先制した。 1点のリードで後半に入ったユベントスは、57分にボックス右から侵入したキエーザの折り返しをC・ロナウドが流し込んで追加点。さらに66分には、モラタがゴールネットを揺らし試合を決定づける3点目を奪った。 結局、試合はそのまま3-0でタイムアップ。首位バルセロナの追走に成功したユベントスは、最終節でバルセロナと首位通過を懸けて激突する。 2020.12.03 07:15 Thu
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドがついにゴールデンフット賞を受賞、過去には現Jリーガーも受賞

1日、『GoldenFoot(ゴールデンフット賞)』の受賞者が発表され、2020年はユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(35)が受賞した。 ゴールデンフット賞は、29歳以上の現役サッカー選手に与えられる賞。受賞選手は、足型を採り、それらをモナコの海岸通りに並べて「チャンピオンズ・プロムナード」というサッカー選手版のウォーク・オブ・フェイムを作っている。なお、一度しか受賞できない賞だ。 <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIwOG4xMWtBbyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" id="cws_ad"></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2003年からスタートしたこの賞は、今年が18回目。毎年10人の候補リストからファンによる投票で選出される。 今年の候補者には、C・ロナウドのほか、リオネル・メッシ(バルセロナ)、ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)、ジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス)、ネイマール(パリ・サンジェルマン)、セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)、セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ)、ジェラール・ピケ(バルセロナ)、モハメド・サラー(リバプール)、アルトゥーロ・ビダル(インテル)がノミネートされていた。 また、今回はアンドレア・アニェッリ会長が『Golden Foot Prestige』の初代受賞者となり、ユベントスが2つの受賞を受けることとなった。 ◆ゴールデンフット賞 歴代受賞者 2003年:ロベルト・バッジョ/ブレシア 2004年:パベル・ネドベド/ユベントス 2005年:アンドリー・シェフチェンコ/ウクライナ 2006年:ロナウド/レアル・マドリー 2007年:アレッサンドロ・デル・ピエロ/ユベントス 2008年:ロベルト・カルロス/レアル・マドリー 2009年:ロナウジーニョ/ミラン 2010年:フランチェスコ・トッティ/ローマ 2011年:ライアン・ギグス/マンチェスター・ユナイテッド 2012年:ズラタン・イブラヒモビッチ/パリ・サンジェルマン 2013年:ディディエ・ドログバ/ガラタサライ 2014年:アンドレス・イニエスタ/バルセロナ 2015年:サミュエル・エトー/アンタルヤスポル 2016年:ジャンルイジ・ブッフォン/ユベントス 2017年:イケル・カシージャス/ポルト 2018年:エディンソン・カバーニ/パリ・サンジェルマン 2019年:ルカ・モドリッチ/レアル・マドリー 2020年:クリスティアーノ・ロナウド/ユベントス 2020.12.02 13:35 Wed
twitterfacebook
thumb

女性主審がついにCLの舞台に!フランス人主審のフラパールさんがユベントスvsディナモ・キエフを担当

フランス人主審のステファニー・フラパールさん(36)が、女性として初めてチャンピオンズリーグ(CL)の主審を務めることとなった。 フラパールさんが担当するのは、2日に行われるCLグループG第5節のユベントスvsディナモ・キエフの試合とのことだ。 2019-20シーズンに行われたリバプールvsチェルシーのUEFAスーパーカップを担当。ヨーロッパの舞台での男子の試合を担当した初の女性審判となった。 これまでは、2019年の女子ワールドカップ決勝のアメリカvsオランダなども務めたが、男子の試合では様々な初の記録を持っている。 2019年4月にはアミアンvsストラスブールのリーグ・アンの試合を担当し、こちらも女性として初の担当。今シーズンはヨーロッパリーグ(EL)グループG第1節のレスター・シティvsゾリャの試合でも初めて主審を務めていた。 これまでは、2004年から2009年にかけて、スイス人主審の二コール・ペティニャさんがUEFAカップの予選ラウンドで担当し、UEFAの試合で初めて主審を務めた女性審判だった。 2020.12.01 11:56 Tue
twitterfacebook
thumb

プレミア行き浮上のケディラ、1月のユベントス退団を否定「契約を全うすることを目指している」

ユベントスの元ドイツ代表MFサミ・ケディラ(33)が、1月の移籍を否定した。ドイツ『ZDF』が伝えた。 シュツットガルトやレアル・マドリーでプレーしたケディラは、2015年7月にユベントスへと移籍。これまでセリエAで99試合に出場し21ゴール9アシストを記録。公式戦では145試合に出場し21ゴール13アシストを記録してきた。 しかし、マッシミリアーノ・アッレグリ監督が2018-19シーズン限りで退団して以降は、ケガなどの影響もあり出場機会を失っている状況。アンドレア・ピルロ監督の下でも構想外となっており、今季は1度もプレーしていない。 そのケディラには、エバートンやトッテナムへの移籍が噂され、マドリー時代に指導を受けたカルロ・アンチェロッティ監督やジョゼ・モウリーニョ監督が興味を示しているとされている。 自身もプレミアリーグへの道が開いていることに興味を持っていると語っていたが、本人が契約の途中で退団することを否定した。 「契約を終了する申し出はしていないよ。お金の問題の話はしなかった」 「チャンスがあれば、プレミアリーグが選択肢になる可能性はある。僕はプレミアリーグの大ファンだ」 「アンチェロッティとモウリーニョとは、レアル・マドリーで一緒の時間を過ごした後、連絡を途絶えさせたことはない。だから話すことはあるよ」 「ただ、試合中に全てを捧げることができないときは、トレーニング中やピッチ外でそれをしようと思っている」 「そして、僕が去るとき、ユベントスのファンには素晴らしい選手として覚えておいてもらいたい。現在の状況はアンドレア・ピルロのせいではないし、僕は怒ってはいない。彼がやりたいサッカーを理解している」 「1月の退団は起こらないだろう。2021年夏までの契約を全うすることを目指しているからね」 また、ドイツ代表についても「現時点では代表に戻ることについてはほとんど議論がない」とコメント。「クラブでピッチに戻ること、それから常に最高を目指して努力することが僕の目標だ。それは代表チームであり続ける」と語り、まずはクラブで試合に出ることが先だとした。 2020.11.29 22:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ハーフウェイラインから単騎独走!ドグラス・コスタが決めた圧巻のソロゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はバイエルンのブラジル代表FWドグラス・コスタがユベントス時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ドグラス・コスタが決めた圧巻の独走ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJaMTFGRFpKaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2015年夏にシャフタールからバイエルンに加入したコスタは、以降ユベントスとバイエルンの間でレンタル移籍と完全移籍を繰り返しながら、両クラブで活躍。数々のタイトルを勝ち取っている。 ブラジル人らしい突破力抜群のドリブルと、パンチのあるシュートを強みとするコスタだが、2019年1月21日に行われたセリエA第20節のキエーボ戦では、見事な独走ゴールを見せている。 0-0で迎えた13分、ハーフウェイライン付近でボールを受けたコスタがドリブルを開始。ブロックを作る相手DFの間を縫うようにドリブルしながら、タックルに来る相手を鋭いターンでいとも簡単にかわし、ペナルティーアーク内の手前まで侵入すると、左足でロングシュートを放つ。鋭いシュートはゴール右に決まり、見事な先制ゴールとなった。 このゴールで主導権を握ったユベントスは、追加点を重ね、3-0で完勝している。 2020.11.29 16:00 Sun
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly