【プレミアリーグ第5節プレビュー】マージーサイド・ダービーにシティvsアーセナルなど好カード目白押し!

2020.10.17 17:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
代表マッチウィークを挟んで2週間ぶりの再開となるリーグ戦。前節は波乱の連続で、マンチェスター・シティがリーズ・ユナイテッドと引き分けたのを皮切りに、マンチェスター・ユナイテッドがトッテナムに1-6で大敗。さらにはリバプールがアストン・ビラに2-7の惨敗を喫するなど、歴史的な週末となった。バウンスバックを目指すリバプールは、今節はエバートンとのマージー・サイドダービーだ。アンチェロッティ体制2年目を迎え、夏にはハメス・ロドリゲスら大型補強を実行したトフィーズは唯一の開幕4連勝で堂々首位。中でもキャルバート=ルーウィンが早くも6ゴールを挙げる大活躍ぶりで攻撃を牽引している。

リバプールから見ると、エバートン戦は全コンペティションを含めて22試合無敗。だが、グディソン・パークで行われた直近3試合のリーグ戦ではいずれも0-0に終わっており、イングランドのトップリーグにおいて、同じ試合が4試合連続でゴールレスドローになった前例はない。

また、出場選手に関しては、エバートンはアンドレ・ゴメスやコールマンが復帰。ミナは微妙な状態のようだ。一方、リバプールは新型コロナウイルスに感染していたチアゴとマネがトレーニングに復帰済み。ケイタはまだ出場不可となっている。

ここまで1勝1分け1敗と、スタートダッシュに失敗したシティはアーセナルをホームに迎え撃つ。アーセナル戦はリーグ戦ここ6試合で全勝しており、うち5試合は3得点しているというお得意様だ。しかし、その攻撃を担っていたデ・ブライネが代表戦のケガで欠場が確定。3試合ぶりの白星に向けて不安を残すことに。

対するアーセナルは3勝1敗と上々のスタートに。6月以降、全チーム最多となる勝ち点「25」を獲得しており、アルテタ監督政権の好調さが数字に現れている。また、今節は新加入のトーマス・パルティのデビューが期待されており、試金石としてはシティはうってつけの相手だ。

そのほかでは、3位のレスターと2位のアストン・ビラによる上位戦も注目カードのひとつ。上述したように第3節でシティを下したレスター、前節にリバプールを粉砕したアストン・ビラによる4勝目をかけた一戦だ。

レスターは、プレミアリーグでのアストン・ビラ戦は直近5試合で4勝。昨季は2試合で8ゴールを挙げており、ヴァーディはそれぞれ2得点ずつ記録している。しかし、ふくらはぎのケガを負ったというヴァーディが出場できるかは微妙。エバンスも出場の可否も当日判断となる中、ソユンクが代表で負傷してしまい、万全の状態で臨めなさそうだ。

ここまで3戦全勝のアストン・ビラは、1930-31シーズン以来の開幕4連勝を目指す。歴史的勝利となった前節のリバプール戦では、新加入のワトキンスがハットトリックの活躍。ブレントフォードに所属していた昨季から数えて29ゴールを記録しており、プレミアリーグとチャンピオンシップでは最多ゴール数となっている。

◆プレミアリーグ第5節
▽10/17(土)
《20:30》
エバートン vs リバプール
《23:00》
チェルシー vs サウサンプトン
《25:30》
マンチェスター・シティ vs アーセナル
《28:00》
ニューカッスル vs マンチェスター・ユナイテッド

▽10/18(日)
《20:00》
シェフィールド・ユナイテッド vs フルアム
《22:00》
クリスタル・パレス vs ブライトン
《24:30》
トッテナム vs ウェストハム
《27:15》
レスター・シティ vs アストン・ビラ

▽10/19(月)
《25:30》
WBA vs バーンリー
《28:00》
リーズ vs ウォルバーハンプトン
コメント
関連ニュース
thumb

【ラ・リーガ第8節プレビュー】CL連戦続く中、強豪は下位との対戦に!

先週末に開催された第7節では、王者レアル・マドリーが全世界注目の“エル・クラシコ”を制した他、強豪クラブではアトレティコ・マドリーを除きセビージャ、ビジャレアルが勝ち点を取りこぼす一節となった。 チャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)の連戦が続く間に開催される今節は、ヨーロッパの戦いに参戦中の各クラブが比較的与しやすい相手と対戦する。 宿敵バルセロナを敵地で3-1のスコアで下したマドリーは、連勝を目指してFW岡崎慎司を擁する昇格組のウエスカをホームで迎え撃つ。前節のクラシコ戦では決勝点となったPKを巡る判定が物議を醸したが、後半に守備面の修正を図って盛り返すなど、勝利に相応しい内容だった。ただ、直近のCLではボルシアMG相手に試合終了間際のFWベンゼマ、MFカゼミロの連続ゴールで辛くも2-2のドローの持ち込む低調な戦いを見せており、王者の本領発揮にはまだまだ時間がかかりそうだ。 ここまでCL2戦未勝利という中、来週ミッドウィークにインテルとの重要なホームゲームを控えており、今回のウエスカ戦ではその一戦に万全の状態で臨むため、ある程度のターンオーバーが見込まれる。その中でMFモドリッチと共に、ボルシアMG戦で好パフォーマンスを見せたMFアザールのプレーに注目したい。今季ラ・リーガ初出場が期待される中で真価を示せるか。なお、王者相手に戦列復帰が期待された岡崎はすでに練習復帰しているものの、現地報道では欠場が濃厚だという。 一方、クラシコで敗れてラ・リーガ連敗のバルセロナは、27日にバルトメウ会長含むクラブ首脳が不信任投票を前に辞任するという重大な事案が発生した。ただ、その影響が危惧されたCLのユベントス戦では前会長と確執があったFWメッシが1ゴール1アシストを含む圧巻のパフォーマンスを披露すれば、同会長の置き土産となったMFペドリも17歳とは思えない異次元のパフォーマンスをみせ、クラシコ敗戦を払しょくする2-0の勝利を手にした。 その勢いに乗って連敗ストップを目指す今節はアラベスとのアウェイゲームに臨む。DFアラウホの負傷により、センターバックの選手層に問題を抱えているが、ユベントス戦を出場停止で欠場したDFピケが復帰するため、ひとまず大きな問題にはならないはずだ。今回の試合ではようやく本領発揮のメッシと共に、ペドリやFWアンス・ファティ、FWトリンコンといった若手アタッカー陣の活躍に期待したい。 バルセロナと同様にラ・リーガ連敗中のセビージャは敵地サン・マメスで難敵アスレティック・ビルバオと対戦する。直近のCLではスタッド・レンヌを攻守に圧倒してFWデ・ヨングのゴールで1-0の勝利を収めたが、再三の決定機を逃がしており得点力不足解消には至らず。そのため、リーグ屈指の守備陣を揃えるアスレティック相手に真価が試される。 また、直近ラ・リーガ連勝中のアトレティコはCLでもRBザルツブルクとの打ち合いを3-2で制し、復調の気配を漂わせる。直近3戦負けなしと好調を維持する曲者オサスナとの一戦では直近の公式戦2試合連発中のMFマルコス・ジョレンテのプレーに注目だ。 岡崎を除く日本人選手ではビジャレアルMF久保建英がバジャドリーとマンデーナイト開催の一戦、MF乾貴士とFW武藤嘉紀を擁するエイバルがカディスとのフライデーナイト開催の一戦に臨む。 直近の公式戦3試合連続スタメン出場中の久保は、前節のカディス戦では精彩を欠いたものの、直近のELカラバフ戦では前半こそ左ウイングでのプレーに苦戦も、後半は盛り返して良いイメージを残して試合を終えている。ただ、エースFWジェラール・モレノの戦列復帰が見込まれるバジャドリー戦ではベンチスタートとなる可能性が高いようだ。 一方、前節セビージャをウノセロで破るなど、直近2勝1分けと好調を維持するエイバルでは開幕から全試合スタメンを飾っている乾の存在感が光る。対して武藤はそのセビージャ戦で出場なしに終わるなど、ラ・リーガ、チームへの順応に手間取っている印象だ。上位陣相手に好成績を収めている昇格組カディスとの一戦では直近4試合でわずか1失点の堅守をこじ開けられるか。 その他ではメガクラブを抑えて首位に立つレアル・ソシエダがセルタと、その首位チームを勝ち点1差で追うグラナダがレバンテと対戦する。 《ラ・リーガ第8節》 ▽10/30(金) 《29:00》 エイバル vs カディス ▽10/31(土) 《22:00》 レアル・マドリー vs ウエスカ 《24:00》 アスレティック・ビルバオ vs セビージャ 《26:30》 オサスナ vs アトレティコ・マドリー 《29:00》 アラベス vs バルセロナ ▽11/1(日) 《22:00》 ベティス vs エルチェ 《24:00》 セルタ vs レアル・ソシエダ 《26:30》 グラナダ vs レバンテ 《29:00》 バレンシア vs ヘタフェ ▽11/2(月) 《29:00》 ビジャレアル vs バジャドリー 2020.10.30 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【プレミアリーグ第7節プレビュー】ユナイテッドとアーセナルが激突! リバプールは好調ウェストハムと対戦

前節は唯一無敗を続けていたエバートンとアストン・ビラが揃って敗戦。これで全チームに黒星が付いた中、マンチェスター・ユナイテッドとチェルシーによるビッグマッチは両者譲らずゴールレスドローに。また、ホームにレスター・シティを迎えたアーセナルはビッグ6キラーのヴァーディの一撃に沈み、早くも3敗目となった。 今節はそんなユナイテッドとアーセナルが激突。それぞれミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)を戦っており、ユナイテッドは強敵ライプツィヒ相手にラッシュフォードがキャリア初のハットトリックを決めるなど、5得点で大勝している。アーセナルもアイルランド王者のダンドークに3-0で快勝し、ELでは連勝スタートを切っている。 舞台となるオールド・トラフォードでは、ユナイテッドは2006年以降アーセナルに13戦負けなし。さらに得点さえすれば、ホーム・アウェイ関係なく29戦負けなしという凄まじい記録を誇る。また、日曜開催の試合では勝率54%のプレミア記録を保持しており、数字上では赤い悪魔が圧倒的有利となっている。 そんな下馬評を覆したいアーセナルだが、エースのオーバメヤンはリーグ戦ここ5試合無得点で、ドルトムントに在籍していた2014年11月以来のワースト記録。ガナーズ指揮官としてユナイテッド戦2戦目で2勝目を目指すアルテタ監督の不安の種となっている。 暫定2位のリバプールの相手は、ここ3試合でレスターに勝利し、トッテナムとマンチェスター・シティとも引き分けを演じているウェストハム。今回は1978年2月から1980年12月の間にアンフィールドで最後に達成されたホーム63戦無敗記録が懸かった一戦だ。前節のシェフィールド・ユナイテッド戦でリーグ戦3試合ぶりの勝利を挙げ、直近のCLミッティラン戦まで公式戦3連勝中。しかし、そのミッティラン戦でファビーニョが負傷し、ファン・ダイクに続いてセンターバックを務められる選手が相次いで離脱する緊急事態に陥っている。一方、好調のウェストハムだが、モイーズ監督はプレミアリーグでは一度もリバプールに勝てておらず、17度目の対戦で初勝利を目指す。 5位のトッテナムは、今季未勝利のホームでブライトンと対戦。ここまでPKを含めてセットプレーから6失点しているが、対するブライトンはそれを唯一上回る7失点と、互いにセットプレーの対応が鍵となりそうな一戦に。控え中心で臨んだELでは、格下アントワープにまさかの黒星を喫し、モウリーニョ監督も怒りを露わに。そんな指揮官を鎮静させるためにもクラブ史上最高のコンビネーションを披露するケインとソン・フンミンの活躍が不可欠だ。 5勝目を目指す3位のアストン・ビラは、前節エバートンに土をつけたサウサンプトンと対戦。開幕からここまで5試合で勝ち点12を獲得し、昨季の最後14試合で得た勝ち点10を上回るという全く別のチームのような好調さを披露しているが、攻撃を牽引するグリーリッシュは昨シーズンから106回のチャンスクリエイトを数えており、プレミアリーグでその数字を上回るのはデ・ブライネ(151回)のみとなっている。 ◆プレミアリーグ第7節 ▽10/30(金) 《29:00》 ウォルバーハンプトン vs クリスタル・パレス ▽10/31(土) 《21:30》 シェフィールド・ユナイテッド vs マンチェスター・シティ 《24:00》 バーンリー vs チェルシー 《26:30》 リバプール vs ウェストハム ▽11/1(日) 《21:00》 アストン・ビラ vs サウサンプトン 《23:00》 ニューカッスル vs エバートン 《25:30》 マンチェスター・ユナイテッド vs アーセナル 《28:15》 トッテナム vs ブライトン ▽11/2(月) 《26:30》 フルアム vs WBA 《29:00》 リーズ vs レスター・シティ 2020.10.30 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第6節プレビュー】堂安がドルトムントに挑戦、鎌田&長谷部vs大迫

前節はMF鎌田とDF長谷部の先発したフランクフルトがバイエルンに完敗し、ドルトムントがシャルケとのレヴィア・ダービーを快勝した。そしてライプツィヒがヘルタ・ベルリンに競り勝って首位をキープしている。迎える第6節ではビーレフェルトのMF堂安がドルトムントに挑み、フランクフルトとFW大迫ブレーメンによる日本人対決が組まれている。 バイエルン戦でブンデス初ゴールを決めた堂安は、前節ヴォルフスブルク戦では終始劣勢を強いられた中、アシストを記録した。ただ、チームは1-2で敗れ3連敗に。ドルトムント戦ではヴォルフスブルク戦以上の劣勢が予想されるが、強豪相手にゴールに絡むプレーを継続できるか。 対するドルトムントはシャルケとのダービーでは後半に3ゴールを挙げて実力の違いを見せつけた。4勝1敗スタートとしたチームは、水曜に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではゼニト相手に終盤の2ゴールで勝利。良い流れに乗るチームとしては格下相手に必勝を期したい。 続いてフランクフルトvsブレーメンの日本人対決。バイエルン戦では手も足も出なかった鎌田と長谷部。鎌田は見せ場なく前半のみの出場に終わり、長谷部はFWレヴァンドフスキを止めることができなかった。清々しい完敗となった中、気持ちを切り替えてブレーメン戦でバウンスバックとなるか。 一方のブレーメンは前節ホッフェンハイム戦では大迫がFWフュルクルクの負傷を受けて前半途中から出場。しかし、右ヒザを蹴られて試合終盤に負傷交代となってしまった。大事には至らなかった大迫だが、見せ場を作れずアピールに成功したとは言えない中、出番があればフュルクルクの穴を埋める働きを見せたい。 そして今節はCL出場クラブ同士のボルシアMGvsライプツィヒの好試合も組まれている。共にインテンシティ高くプレーができるチームなだけにエキサイティングな展開が期待できるが、ライプツィヒは首位キープのための勝利を手にできるか。 フランクフルトに完勝し、4勝1敗スタートとしたバイエルンはケルンとのアウェイ戦に臨む。火曜に行われたCLではロコモティフ・モスクワ相手に2-1と競り勝って2連勝スタートとした。さすがの地力を見せつける中、次節ドルトムントとのデア・クラシカーを前に余力を持って勝ち切りたい。 そして金曜にはMF遠藤航のシュツットガルトが登場し、シャルケとのアウェイ戦に臨む。ケルン戦では電光石火弾で先制するも追いつかれ、引き分けに終わったシュツットガルト。遠藤航がボランチの位置で球際の強さを存分に発揮し、攻守に貢献している中、ドルトムント相手に歯が立たなかったシャルケを下して上位をキープできるか。 前節フライブルク戦では加入後最長となる20分間の出場時間を得たウニオン・ベルリンのMF遠藤渓太。これで3試合連続途中出場となったが、月曜に行われるホッフェンハイム戦でインパクトを残すプレーを見せられるか。 ◆ブンデスリーガ第6節 ▽10/30(金) 《28:30》 シャルケvsシュツットガルト ▽10/31(土) 《23:30》 ケルンvsバイエルン ビーレフェルトvsドルトムント フランクフルトvsブレーメン アウグスブルクvsマインツ 《26:30》 ボルシアMGvsライプツィヒ ▽11/1(日) 《23:30》 フライブルクvsレバークーゼン 《26:00》 ヘルタ・ベルリンvsヴォルフスブルク ▽11/2(月) 《28:30》 ホッフェンハイムvsウニオン・ベルリン 2020.10.30 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【CLグループ第2節プレビュー②】ユーベvsバルサのビッグマッチ開催!

チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節の8試合が28日に開催される。ここではE~Hの第2節のマッチプレビューを紹介していく。 ◆グループE:4チームが初勝利を目指す <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201027_34_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《26:55》 FCクラスノダールvsチェルシー 《29:00》 セビージャvsレンヌ 突破候補のチェルシーとセビージャが勝ち点1を分け合い、レンヌとFCクラスノダールも引き分けに終わったグループE。迎える第2節では初勝利を懸けて4チームが激突する。 ホームでセビージャにゴールレスドローに終わったチェルシー。負けられない気持ちが先行する内容となった中、クラスノダールとのアウェイ戦は勝ちにいきたい一戦となる。直近のマンチェスター・ユナイテッド戦でも守備から入った中、ゴールレスドローに終わったチェルシーは、リスクを負ってゴールを奪いに行けるか。ランパード監督の手綱捌きに注目だ。 セビージャはラ・リーガでは格下相手にここ2試合連敗と躓いている。直近のエイバル戦では終盤の猛攻虚しく0-1の逃げ切りを許したが、同じく公式戦4試合勝ちのない(3分け1敗)レンヌをサンチェス・ピスファンに迎え、流れを変える勝利を掴めるか。 ◆グループF:黒星スタートのドルトムントとゼニトが対戦 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201027_34_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《29:00》 ドルトムントvsゼニト クラブ・ブルージュvsラツィオ 首位通過の本命であると思われたドルトムントがラツィオに敗れたグループF。また、グループ最弱と見られたクラブ・ブルージュがアウェイでのゼニト戦で勝利をもぎ取っている。迎える第2節は黒星スタートとなったドルトムントとゼニトが対戦する。 ラツィオ戦では相手のカウンターにハマり、1-3と完敗したドルトムント。まずい試合を見せてしまったが、直近のシャルケとのレヴィア・ダービーでは4バックに変更した中で勝利を取り戻し、ブンデスリーガでは4勝1敗と好スタートを切った。突破のためには確実に勝利が求められる中、今季もさすがの得点力を発揮しているFWハーランドの活躍に期待が懸かる。 12シーズンぶりのCL出場でドルトムント相手に勝利を飾ったラツィオは、クラブ・ブルージュとのアウェイ戦に臨む。グループの本命相手に実力を出し切れたチームは、直近のボローニャ戦では後半に反撃に転じ、2-1と逆転勝利を飾った。こちらもエースのFWインモービレが得点をコンスタントに重ね、公式戦連勝と勢いに乗れそうな中、クラブ・ブルージュを下して2連勝スタートとなるか。 ◆グループG:本命の2強が激突! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201027_34_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《29:00》 ユベントスvsバルセロナ フェレンツヴァーロシュvsディナモ・キエフ グループGの開幕節では本命の2強が順当に白星スタートを切った。その2強が第2節で激突する。 ディナモ・キエフとの開幕節では内容が芳しくないながらFWモラタの2ゴールで辛勝したユベントス。ただ、セリエAでは格下相手にここ2試合引き分けと躓いている。直近のヴェローナ戦ではFWディバラの先発復帰で攻撃面が大幅に改善したが、VARにも泣いて勝ち切るには至らなかった。ピルロ新監督への風当たりが益々強くなっている中、引き続きFWロナウドをコロナで欠き、さらにDFボヌッチが負傷と流れが悪いが、急造バックラインでFWメッシを止めることができるか。 一方、開幕節を5発圧勝してフェレンツヴァーロシュとの格の違いを見せつけたバルセロナだったが、レアル・マドリーとのクラシコでは疑惑のPK判定も響いて、ラ・リーガでは2連敗となった。こちらもクーマン監督への風当たりが強くなりそうな中、クラシコでは攻撃を牽引していたMFコウチーニョが負傷し欠場が濃厚。メッシは当然ながら、リーガで早くも4ゴールを挙げているFWアンス・ファティの活躍に期待だ。 今夏の移籍市場でトレードの形となったMFピャニッチとMFアルトゥールの出場があれば、彼らのプレーにも要注目だ。 ◆グループH:PSG下したユナイテッドがライプツィヒと対戦 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201027_34_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《26:55》 イスタンブールBBSKvsパリ・サンジェルマン 《29:00》 マンチェスター・ユナイテッドvsライプツィヒ グループHの開幕節ではPSGとユナイテッドが対戦し、ユナイテッドが終盤のFWラッシュフォード弾で2-1と競り勝った。大きな勝利を手にしたユナイテッドが第2節で昨季ベスト4のライプツィヒをオールド・トラフォードに迎える。 PSGを下す好スタートを切ったユナイテッドはプレミアリーグでは直近のチェルシー戦では優勢に試合を進めた中、相手GKメンディの好守もあって0-0で引き分けた。FWカバーニもデビューを果たした中、徐々に調子が上向きなユナイテッドは、突破候補のライバルであるライプツィヒを叩いて連勝発進となるか。 一方、イスタンブールBBSK相手に伏兵DFアンヘリーニョの2ゴールで白星スタートとしたライプツィヒは、ブンデスリーガでも好スタートを切っている。4勝1分けで首位に立つチームは、直近のヘルタ・ベルリン戦では相手に退場者が出た中、2-1と競り勝った。相手によってシステムを変えてくる知将ナーゲルスマン監督がユナイテッド相手にどんな戦術を用意してくるかが楽しみだ。 そしてホームでユナイテッドに敗れて黒星スタートとなったPSGは、必勝のイスタンブールBBSKとのアウェイ戦に臨む。 2020.10.28 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【CLグループ第2節プレビュー①】酒井&長友、奥川が欧州屈指の強豪に挑む!

チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節の8試合が27日に開催される。ここではA~Dの開幕節のマッチプレビューを紹介していく。 ◆グループA:奥川が初勝利を懸けてアトレティコと激突! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201026_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《26:55》 ロコモティフ・モスクワ vs バイエルン 《29:00》 アトレティコ・マドリー vs ザルツブルク グループA初戦ではバイエルンとアトレティコの突破本命候補同士が、いきなり対戦。拮抗した展開が予想された中、FWコマンの2ゴール1アシストの活躍などで世界屈指の堅守を4度こじ開けた前大会王者が4-0の圧勝で白星発進。一方、その2強に食い込みたいザルツブルクとロコモティフ・モスクワの一戦は、2-2の痛み分けに終わっている。 連覇に向け最高のスタートを切ったバイエルンは、今回の第2節でロコモティフ・モスクワとのアウェイゲームに臨む。先週末に行われたフランクフルト戦では足首を痛めたDFアルフォンソ・デイビスの長期離脱というアクシデントに見舞われたが、主砲FWレヴァンドフスキのハットトリックの活躍などで5-0の圧勝を飾っている。今週末のリーグ戦では格下ケルンとの対戦となるため、アウェイ開催となるこの一戦では主力の起用が可能だ。勢いに乗るエースの今季CL初ゴールできっちり格下を退けて勝ち点3を持ち帰りたい。 初戦の結果を受けて、早くもバイエルン独走の気配が漂う中、2位通過を狙うアトレティコと、ザルツブルクは今大会初勝利を懸けて対峙する。ホーム開催となるアトレティコは初戦で前大会王者に完膚なきまでに叩きのめされたが、週末のリーグ戦では難敵ベティス相手に苦戦を強いられた中、MFマルコス・ジョレンテ、FWスアレスの2ゴールで勝ち切ってバウンスバックに成功。 対するザルツブルクは一部主力を温存しながらもオーストリア・ウィーンに同じく2-0で勝利。ロコモティフ・モスクワとの初戦で途中出場だったMF奥川雅也はリーグ戦も途中出場となっており、今回のアトレティコ戦では先発起用も期待される。 ◆グループB:マドリー黒星発進で混戦模様の中、重要な第2戦 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201026_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《26:55》 シャフタール vs インテル 《29:00》 ボルシアMG vs レアル・マドリー 大本命のレアル・マドリー、残り1枠を3クラブで争うことが予想されたグループBの初戦は波乱含みの展開に。ホームで今季の戦いをスタートしたマドリーだが、シャフタール相手に前半3失点を喫すると、後半に1点差に迫ったものの、2-3の黒星スタートとなった。また、ホームチーム優位と見られたインテルとボルシアMGの一戦も、劣勢のインテルがFWルカクの2ゴールで何とかドローに持ち込む薄氷のドローとなった。 優勝候補マドリーを敵地で破る最高のスタートを切ったシャフタールは、国内リーグでは1人少ないヴォルスクラ相手に1-1のドローとなったが、パフォーマンス自体はまずまず。連勝を狙うホームゲームでは昨季のヨーロッパリーグ準決勝で0-5の大敗を喫した因縁の相手に対して、マドリー戦で躍動したMFテテやMFソロモンといった中盤の選手たちの活躍に期待だ。一方、初戦のドローによって勝ち点3奪取が求められるインテルは、週末のジェノア戦で公式戦4試合ぶりの白星を挙げており、良いメンタル状態で臨めるはずだ。やはりウクライナ王者撃破のキーマンは、前述のELで躍動したルカクとなるはずだ。 前述の2チームの潰し合いに期待しつつ、今季CL初勝利を目指すマドリーは、ボルシアMGとのアウェイゲームに臨む。ホームで公式戦連敗とジダン監督の去就問題に発展した中、直近のエル・クラシコでは敵地でバルセロナを3-1で破る会心の勝利を収めた。そして、今回の一戦ではクラシコ勝利の立役者であるDFセルヒオ・ラモスが今季CL初出場を飾る見込みだ。また、コンディション不良が続いたMFアザールも招集メンバー入りを果たしており、今季初出場が見込まれる。その強豪をホームで迎え撃つボルシアMGでは敵将ジダン監督の盟友であるリリアン・テュラムを父親に持ち、10番を背負うFWマルクス・テュラムのパフォーマンスに注目したい。 ◆グループC:酒井&長友がシティと激突! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201026_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《29:00》 ポルト vs オリンピアコス マルセイユ vs マンチェスター・シティ 優勝候補マンチェスター・シティが頭一つ抜けているグループCでは、残り1枠を巡る混戦が予想される中、初戦では早くも予想通りの結果となった。ホームでポルトを迎え撃ったシティは先制を許したが、MFギュンドアンの鮮烈な直接FKなど3ゴールを奪って3-1の逆転勝利を飾った。もう1カードのオリンピアコスとマルセイユの一戦は、終始拮抗した展開となったものの、試合終了間際にFWコカの劇的ゴールが生まれたホームのオリンピアコスが白星スタートを飾った。 久々のCLグループステージで洗礼を浴びることになったマルセイユは、連勝を狙うシティをホームで迎え撃つ。直近のリーグ戦ではロリアンを1-0で下し、連勝を飾っており、オリンピアコス戦の敗戦を払拭。オリンピアコス戦でCLデビューを飾ったDF酒井宏樹も軽快な動きで完封勝利に貢献している。ただ、シティ相手に劣勢は必至だけにFWスターリングらとのマッチアップで粘りの対応が求められる。DF長友佑都に関してはDFアマヴィの復帰に伴い出場機会を減らしており、今回の一戦でもベンチスタートとなる見込みだ。 対するシティは貫録の白星スタートとなったが、リーグ戦ではウェストハム相手に1-1のドローに終わるなど、なかなか波に乗れない序盤戦となっている。また、復帰したばかりのFWアグエロがハムストリングのケガで再離脱を強いられており、復帰間近のFWガブリエウ・ジェズスと共に欠場となる。そのため、ハマーズ戦で復帰したMFデ・ブライネやFWマフレズらがスターリングと共にゴールスコアラーとしての活躍が期待される。 また、ポルトとオリンピアコスの一戦では、前節のシティ戦で約7カ月ぶりの実戦復帰を果たしてCLデビューを飾ったFW中島翔哉のプレーに注目だ。直近のジル・ヴィセンテ戦では先発出場でチームを勝利に導く決勝点をアシストしており、一時確執が指摘されたセルジオ・コンセイソン監督から再び信頼を得ている。そのため、今回のオリンピアコスでは途中出場が濃厚となっているが、ジョーカーとして流れを変える働きに期待したい。 ◆グループD:打ち合い必至のアタランタvsアヤックス! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/get20201026_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《29:00》 リバプール vs ミッティラン アタランタ vs アヤックス ミッティランを除く3強が揃ったグループDでは三つ巴を予感させる初戦に。昨季8強のアタランタは格下ミッティラン相手に自慢の攻撃陣が爆発して4-0の快勝スタート。一方、アヤックスとリバプールの一戦はがっぷり四つの勝負となった中、アヤックスDFタグリアフィコのオウンゴールが勝敗を分ける結果となり、一昨季王者が敵地で白星スタートを飾った。 第2節の注目は初戦で明暗分かれたアタッキングフットボールを志すアタランタとアヤックスの直接対決だ。連敗スタートとなった昨季と異なり、格下ミッティランに快勝したアタランタだが、直近のリーグ戦ではナポリに1-4、サンプドリアに1-3とらしくない大敗が続いている。攻撃面では相変わらずの破壊力を誇り、元々打ち勝つスタイルを志すチームだが、突破を争うライバルとの直接対決ということもあり、より攻守のバランスが求められる。 対するアヤックスはプレミア王者相手に黒星スタートもパフォーマンス自体は素晴らしかった。その証拠に直近のVVVフェンロ戦では19歳の新星FWラシナ・トラオレの5ゴールを含む、歴史的な13ゴールを奪っての大勝を飾っている。この勢いに乗って、アタランタの強力なマンツーマン守備をうまくいなして大量得点での今季CL初勝利を狙いたい。 また、開幕連勝を目指すリバプールは週末に上位相手に勝ち点を拾っている難敵ウェストハムとの一戦を控えていることもあり、今回のミッティラン戦では幾つかのポジションでターンオーバーが見込まれる。そういった中、FW南野拓実に先発のチャンスが与えられる可能性は十分にありそうだ。直近のシェフィールド・ユナイテッド戦ではポジションを争うFWフィルミノ、FWジョタがいずれもゴールを記録しており、今回の一戦では目に見える結果を残したい。 2020.10.27 18:00 Tue
twitterfacebook