新型コロナと肺炎を併発し重体だったパネンカ氏が退院!一時はICUで治療を受ける事態に

2020.10.15 01:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェコのボヘミアンズ・プラハ1905は14日、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症で入院していたクラブの名誉会長を務めるアントニン・パネンカ氏(71)が退院したことを発表した。7日に自宅で倒れたパネンカ氏は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染と共に重度の肺炎が見つかり緊急入院。一時は集中治療室で治療を受けるなど重体となっていたが、クラブは7日間の治療を経て、無事に退院に至ったことを報告した。

パネンカ氏の息子であるトーマス氏からの報告をクラブが声明として発表した。

「私は14日の午前中に父を病院に迎えに行き、共に帰宅した。父は新型コロナウイルスの検査では陰性となっていが、まだ肺炎に苦しんでいる。だけど主治医は、父がもはや病院にとどまる必要はないと在宅治療の許可を出してくれたんだ」

チェコ・スロバキア代表として通算62試合に出場したレジェンドであるパネンカ氏。1976年に行われたユーロ決勝の西ドイツ代表戦では、PK戦の最終キッカーとして登場。これを、チップキックで沈め優勝を達成していた。

なお、この成功以来PKにおけるチップキックの代名詞として知られる“パネンカ”は、この大舞台でそのシュートを決めた同氏の名前をとっている。

チェコでは新型コロナウイルスの感染が急拡大しており、10月5日から30日間にわたって緊急事態宣言が再発令。一部の学校閉鎖や私的な集まりの人数制限などが設けられることとなった。チェコでは、9月には1日で3000人の感染者が確認されるなどしていた。
コメント
関連ニュース
thumb

香川真司と本田圭佑が同僚に? ボタフォゴファンが本田獲得に成功した獲得キャンペーンを展開

日本代表を支えた2人がブラジルの地で初めてチームメイトになるのだろうか。 MF本田圭佑が所属するボタフォゴのファンが、現在無所属となっており、本田と共に日本代表を支えてきたMF香川真司(31)の獲得キャンペーンを始めたようだ。ブラジル『LANCE』が伝えた。 ボタフォゴは、2020年1月にフィテッセから本田を獲得。本田獲得に際しては、ボタフォゴがSNSで「#本田さんボタフォゴに来て」を使った勧誘活動を実施し、多くのファンがこれに便乗。一大キャンペーンが実ったのか、無事に本田が加入した。 本田はそれ以降チームの主軸としてプレー。ボタフォゴファンの心も掴んでおり、クラブとしても獲得は成功だったと言えるだろう。 そのボタフォゴのファンは、新たに香川真司をもターゲットにしているようで、SNS上では「#KagawaNoFogao」のハッシュタグをつけて香川獲得を望むキャンペーンが行われた。 ブラジルではツイッターのトレンドにも上るほどの熱狂ぶりを見せ、日本人にとっても本田と香川の共演は興味深い事案だったが、どうやらその可能性は低いようだ。 本田や元コートジボワール代表FWサロモン・カルーの獲得に関与したマルコス・レイト氏は、外国人がやってくる可能性をほのめかしたものの、ジャーナリストのファビアーノ・バンデイラ氏はクラブとの交渉が拒否されたとしており、共演の可能性は低そうだ。 レアル・サラゴサを退団した香川は、それ以降もスペイン国内でのプレー続行を希望しており、ハンブルガーSVやPAOK、デュッセルドルフなどのオファーを拒否していた。一方で、サバデルやテネリフェなどのスペイン国内クラブも移籍先に浮上しているが、未だに新天地は決まっていない。 2020.10.20 16:28 Tue
twitterfacebook
thumb

韓国で活躍を続ける“和製ロナウド”邦本が異名に恥じないゴラッソで今季リーグ2点目を記録!《Kリーグ1》

Kリーグ1の全北現代モータースは18日、Kリーグプレーオフ・グループA第3節で光州FCと対戦し、4-1で勝利を収めた。この試合にフル出場した日本人FW邦本宜裕は、チームの2点目となるゴールを記録している。 浦和レッズユースで育った邦本は、その才能から“和製ロナウド”とも称され、期待の若手として注目を集めていたものの、素行の悪さなどから浦和レッズとの契約を解除されている。その後アビスパ福岡に加入したものの、素行の悪さから再び契約解除されるなど、異色の経歴を持つ選手だ。 <div id="cws_ad">◆“和製ロナウド”が決めた完璧なコースへのゴラッソ!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ6NlIwVlBsUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2018年からは活躍の場をKリーグに移すと実力を発揮し、2020年1月からはKリーグ王者の全北現代でプレーしている。 [4-3-3]の中盤3枚の右のMFとして先発出場を果たした邦本は、1-0と全北現代リードの22分、左サイドを攻めた味方からペナルティーアーク内でボールを受ける。柔らかいトラップでボールをコントロールすると、コンパクトな振りから鋭いシュート。左足から放たれたシュートは、GKの届かないゴール左上の完璧なコースにカーブしながら決まり、貴重な追加点となった。 その後、後半にも追加点を奪った全北現代は、1点を返されたものの4-1で勝利。これで2勝1敗とした全北現代は、プレーオフ2試合を残し、グループ2位につけている。 全北現代 4-1 光州FC 4分:1-0 ソン・ジュノ(全北現代) 22分:2-0邦本宜裕(全北現代) 65分:3-0 キム・ボギョン(全北現代) 86分:3-1 キム・ジャングワン(光州FC) 92分:4-1 ハン・ギョウォン(全北現代) 2020.10.20 10:00 Tue
twitterfacebook
thumb

橋本拳人がまたゴール!ヘディングで今季5点目を記録し勝利に貢献《ロシア・プレミアリーグ》

18日、ロシア・プレミアリーグ第11節のFCロストフvsアフマト・グロズヌイが行われ、3-03でロストフが勝利した。 この試合に先発フル出場を果たした日本代表MF橋本拳人は前半24分に先制ゴールを記録した。 <div id="cws_ad">◆橋本拳人が絶妙なポジショニングからどんぴしゃヘッド!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ4VVJGbHVDNCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 左のインサイドハーフで出場した橋本は11分、味方のシュートがブロックされたこぼれ球を拾うと、味方とのワンツーでボックス内に侵入しシュート。しかしこれは枠を大きく外してしまう。 それでも24分、右サイドを崩すとダニル・グレボフがボックス内右から浮き球のパス。これをボックス中央で橋本がヘッドでたたき込み、ロストフが先制する。 しかし、40分にPKを与えるも、これはGKがセーブ。そのままスコアが動かないまま試合は進むと、後半アディショナルタイムにカウンターからロマン・エレメンコが追加点。さらに相手CKからカウンターを仕掛けると、ダニル・グレボフが決め切り試合終了。3-0でロストフが勝利し5位に浮上した。 FCロストフ 3-0 アクマト・グロズヌイ 24分:1-0 橋本拳人(FCロストフ) 92分:1-1 ロマン・エレメンコ(FCロストフ) 95分:1-2 ダニル・グレボフ(FCロストフ) 2020.10.19 11:43 Mon
twitterfacebook
thumb

ラキティッチのプロ初ゴールは豪快ボレー!14年前にスイスで記録【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はセビージャのクロアチア代表MFイバン・ラキティッチがバーゼルで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆バーゼル時代のラキティッチが決めたプロ初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJaTUN3dUtiZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> スイスで生まれたラキティッチは、母国の強豪バーゼルのユースで育ちプロデビュー。その後シャルケやセビージャ、バルセロナで活躍を見せている。 プロデビューを果たしたバーゼルでは公式戦50試合に出場し11ゴールを記録しているが、その記念すべき初ゴールは、2006年10月22日に行われたスイス・スーパーリーグ第12節のザンクト・ガレン戦で決めたゴールだった。 0-0で迎えた30分、左サイドを攻めたバーゼルは、中央にクロスを上げる。クロスは中央では味方に合わずファーサイドに流れるが、ボックス内に上がってきたラキティッチがこれをボレーシュート。右足で完璧にミートされたシュートはゴール左に一直線に飛んでいき、ゴールネットを揺らした。 ラキティッチにとってはこれがプロ初ゴール。試合も2-1とバーゼルが勝利している。 2020.10.18 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

鈴木優磨が今季3ゴール目 前半5失点のシント=トロイデンは鈴木武蔵欠場のベールスホットに敗北《ジュピラー・プロ・リーグ》

シント=トロイデンの鈴木優磨が今季リーグ戦3得点目をマークした。 16位シント=トロイデンは17日に敵地で行われたジュピラー・プロ・リーグ第9節で4位ベールスホットと対戦。今月の代表ウィークで日本代表の活動に参加したシュミット・ダニエルがベンチスタートのなか、鈴木優磨は2トップの一角で9試合連続の先発出場を果たした。 ベールスホットの鈴木武蔵が欠場となり、日本人対決の実現とはならなかった試合はシント=トロイデンが開始2分の先制点献上を皮切りに前半だけで大量5失点。それでも、44分にフィリポフのゴールで1点を返して、試合を折り返す。 すると、49分には敵陣左サイドから相手DFがGKに出したバックパスをボックス左でカットした鈴木優磨が左足シュートを決めて、5試合ぶりの今季3点目で3点差に。しかし、57分に6失点目を喫してしまい、再び4点のビハインドを追う。 その後、74分にチーム3点目が生まれたシント=トロイデンだったが、反撃は続かず、3-6の敗北を喫した。シント=トロイデンはこれで1勝3分け5敗の16位。ベールスホットは6勝3敗の4位となっている。 ベールスホット 6-3 シント=トロイデン 【ベールスホット】 ホルツハウザー(前2、前25) ティッソウダリ(前17、前35) ブローニョ(前40) クリバリ(後12) 【シント=トロイデン】 フィリポフ(前44) 鈴木優磨(後4) ナゾン(後29) 2020.10.18 10:15 Sun
twitterfacebook