新型コロナと肺炎を併発し重体だったパネンカ氏が退院!一時はICUで治療を受ける事態に

2020.10.15 01:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェコのボヘミアンズ・プラハ1905は14日、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症で入院していたクラブの名誉会長を務めるアントニン・パネンカ氏(71)が退院したことを発表した。7日に自宅で倒れたパネンカ氏は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染と共に重度の肺炎が見つかり緊急入院。一時は集中治療室で治療を受けるなど重体となっていたが、クラブは7日間の治療を経て、無事に退院に至ったことを報告した。

パネンカ氏の息子であるトーマス氏からの報告をクラブが声明として発表した。

「私は14日の午前中に父を病院に迎えに行き、共に帰宅した。父は新型コロナウイルスの検査では陰性となっていが、まだ肺炎に苦しんでいる。だけど主治医は、父がもはや病院にとどまる必要はないと在宅治療の許可を出してくれたんだ」

チェコ・スロバキア代表として通算62試合に出場したレジェンドであるパネンカ氏。1976年に行われたユーロ決勝の西ドイツ代表戦では、PK戦の最終キッカーとして登場。これを、チップキックで沈め優勝を達成していた。

なお、この成功以来PKにおけるチップキックの代名詞として知られる“パネンカ”は、この大舞台でそのシュートを決めた同氏の名前をとっている。

チェコでは新型コロナウイルスの感染が急拡大しており、10月5日から30日間にわたって緊急事態宣言が再発令。一部の学校閉鎖や私的な集まりの人数制限などが設けられることとなった。チェコでは、9月には1日で3000人の感染者が確認されるなどしていた。
コメント
関連ニュース
thumb

ニューウェルズ、問い合わせ殺到の93年ユニフォームを再販 故マラドーナの着用モデル

ニューウェルズ・オールドボーイズは、故ディエゴ・マラドーナに敬意を表し、生前同クラブに在籍していた際に着用したユニフォームのレプリカモデルを再販することを決定した。 先月25日、60歳の若さで急逝したマラドーナ氏。フットボール界のレジェンドの訃報は、突然すぎて理解が追いつかないまま、世界中のファンを悲しみの底に誘った。 <div id="cws_ad">◆英雄・マラドーナがクラブを訪れた最後の日<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJOekdHOXNSMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> まだしばらく余波が続く中、ニューウェルズは生前のマラドーナ氏が在籍していた1993-94シーズンのレプリカユニフォームを再販することを決定。先日、バルセロナのFWリオネル・メッシがゴールを決めた際に追悼の意を込めて披露し、再脚光を浴びたユニフォームだ。 「ニューウェルズは1993年のユニフォームを世界に向けて販売します。ディエゴが着用し、レオ・メッシが先週の日曜日に称賛を示すために着て見せた、すべての人々の記憶に刻まれたユニフォームです」 マラドーナ氏没後、クラブにはユニフォーム購入に関する問い合わせが殺到したため、この度27年の時を経て再販を決断するに至ったようだ。 当ユニフォームは1993年と全く同じデザインで、当時のスポンサーであったヤマハやザネッラのロゴも再現されているようだ。販売は2日から開始され、通常版とスペシャルエディションの2種類が用意されているという。 <div id="cws_ad">◆再販されるユニフォーム<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">La que usó Diego, la que Leo le mostró al mundo entero <br><br>Conseguí la réplica oficial de la camiseta de <a href="https://twitter.com/hashtag/Newells?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Newells</a> 1993, disponible en tiendas físicas y de forma online a todo el mundo<br><br>Argentina <a href="https://t.co/wTJKFoYnhO">https://t.co/wTJKFoYnhO</a><br>Internacional <a href="https://t.co/L06SYwHce8">https://t.co/L06SYwHce8</a> <a href="https://t.co/8d03ikcQxS">pic.twitter.com/8d03ikcQxS</a></p>&mdash; Newell&#39;s Old Boys (@CANOBoficial) <a href="https://twitter.com/CANOBoficial/status/1334167296793829377?ref_src=twsrc%5Etfw">December 2, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.12.03 14:21 Thu
twitterfacebook
thumb

日本人5選手所属のシント=トロイデンがマスカット監督の解任を発表…14試合で3勝と低迷

ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグに所属するシント=トロイデンは2日、ケビン・マスカット監督(47)の解任を発表した。 マスカット監督は、6月に退任を発表したミロス・コスティッチ前監督の後任としてシント=トロイデンの指揮官に就任。しかし、今シーズンは14試合を消化した段階で3勝5分け7敗の16位と低迷していた。 なお、後任監督は決定し次第発表され、セカンドチームのステファン・ファン・ウィンケル監督が暫定指揮官としてトップチームを率いるという。 現在シント=トロイデンには、日本代表GKシュミット・ダニエルやFW鈴木優磨、MF中村敬斗、FW伊藤達哉、DF松原后の日本人5選手が在籍している。 2020.12.03 03:00 Thu
twitterfacebook
thumb

鈴木優磨PK弾&中村敬斗が移籍後初ゴールもシント=トロイデンは敗戦《ジュピラー・プロ・リーグ》

1日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグの第11節、ムスクロンvsシント=トロイデンが行われ、3-2でムスクロンが勝利した。 シント=トロイデンはFW鈴木優磨と日本代表GKシュミット・ダニエルが先発フル出場。78分から途中出場したFW中村敬斗が後半アディショナルタイムに移籍後初ゴールを決めた。 試合は18分にマルコ・バキッチのゴールでムスクロンが先制。53分にはヌーノ・ダ・コスタが追加点を奪い、ムスクロンがリードを2点とする。 しかし63分にPKを獲得すると鈴木優磨がしっかりと決めて1点差に。しかし、81分にイマード・ファラジュがゴールを決めて、再びリードが2点に広げる。 すると、後半アディショナルタイム、クロスボールをボックス手前でヘディングで落とすと、ボックス中央で落としを受けた中村がシュート。これがゴール左に決まり、1点差に。中村は移籍後初ゴールとなった。 しかし、結局反撃はここまで。3-2で敗れた。 ムスクロン 3-2 シント=トロイデン 1-0 18分:マルコ・バキッチ(ムスクロン) 2-0 53分:ヌーノ・ダ・コスタ(ムスクロン) 2-1 63分:鈴木優磨(シント=トロイデン) 3-1 81分:イマード・ファラジュ(ムスクロン) 3-2 91分:中村敬斗(シント=トロイデン) 2020.12.02 17:15 Wed
twitterfacebook
thumb

長女ダルマさん号泣…マラドーナ氏の古巣、ボカの選手たちが得点後にレジェンドへ向け追悼ジェスチャー

偉大なレジェンドの後輩たちが、追悼ジェスチャーを送った。 ボカ・ジュニアーズは29日、アルゼンチンリーグカップでニューウェルズ・オールドボーイズと対戦。先月25日に急逝した元アルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナ氏の古巣同士の対戦となったこの試合は、試合前に追悼セレモニーが行われた。 <div id="cws_ad">◆全盛期のマラドーナがナポリで見せたスーパーゴール集<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJRQkZwNEVQayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 大会名も、コパ・ディエゴ・アルマンド・マラドーナと改名されるなど、亡きレジェンドへのリスペクトに溢れた試合で、ボカの選手全員がマラドーナの名前をユニフォームの背に付けて出場した。 迎えた11分、コロンビア代表MFエドウィン・カルドナの直接FKでボカが先制すると、“マラドーナ・ボックス(ハーフウェイラインの隣に設けられている、ボカの大ファンだったマラドーナ氏専用のボックス席)”の方へボカ・ジュニアーズの選手たちが集まり、追悼と敬意を表して、拍手を送った。 マラドーナ氏と幼い頃から一緒にボカ・ジュニアーズの試合の応援に来ていた、同氏の長女であるダルマさんは、この日もマラドーナ・ボックスから観戦に訪れていたが、このジェスチャーを見て号泣する場面がカメラに映されていた。 試合は、2-0でボカ・ジュニアーズが勝利。試合後にも、勝利したボカ・ジュニアーズの選手たちが、ダルマさんのいるマラドーナ・ボックスに向けて拍手を送るなど、90分を通してレジェンドへの敬意あふれる試合となった。 <div id="cws_ad">◆ボカの選手たちの追悼ジェスチャーに長女ダルマさん号泣…<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Emotional scenes as <a href="https://twitter.com/BocaJrsOficial?ref_src=twsrc%5Etfw">@BocaJrsOficial</a> players celebrated their opening goal with a standing ovation in front of Maradona&#39;s box. <br>⁣<br>A heart-warming tribute that left his daughter <a href="https://twitter.com/dalmaradona?ref_src=twsrc%5Etfw">@dalmaradona</a> in tears. <br>⁣<br> <a href="https://twitter.com/LigaAFA?ref_src=twsrc%5Etfw">@LigaAFA</a> <a href="https://twitter.com/ESPNArgentina?ref_src=twsrc%5Etfw">@ESPNArgentina</a> <a href="https://t.co/voYAH4CRNP">pic.twitter.com/voYAH4CRNP</a></p>&mdash; 433 (@433) <a href="https://twitter.com/433/status/1333449599223296005?ref_src=twsrc%5Etfw">November 30, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.12.01 18:45 Tue
twitterfacebook
thumb

本田圭佑所属のボタフォゴがまた受難、新監督が新型コロナ感染で初陣不在

MF本田圭佑が所属するボタフォゴだが、また苦しい状況に陥っている。 ボタフォゴは11月27日、かつて横浜マリノスでプレーし、アルゼンチン代表としても活躍していたラモン・ディアス監督(61)と契約解除を発表。ディアス監督が就任決定後に手術を受けたものの、術後の回復が思わしくなく、入院が延長することが理由だとされていた。 <div id="cws_ad">◆ブラジル・セリエAで輝く本田圭佑<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI2T2xtZDl1UCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 一度も指揮することなく退任となったディアス監督だが、その後に本田が意味深ツイート。クラブへの不満を明かしていた。 本田が就任してから10カ月で5人目の監督となったエドゥアルド・バロッカ監督だが、まさかの初戦で指揮を執れなくなってしまった。 ブラジル『グローボ』によると、バロッカ監督は新型コロナウイルス(COVID-19)の検査で陽性反応を示したとのこと。6日に予定されているフラメンゴとの試合は指揮を執ることはできなくなってしまった。なお、バロッカ監督は軽度の症状があるとのことだ、回復傾向にあるとのことだ。 週末のフラメンゴ戦は、アシスタントコーのフェリペ・ルセナ氏とルシオ・フラビオ氏が指揮を執ることになる。 ボタフォゴはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで22試合を終えて勝ち点20の19位。降格圏に位置している。 2020.12.01 12:55 Tue
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly