モナコオーナーが支援求める少年からの手紙に応える! 地元スタジアムの修繕費用を寄付!

2020.10.14 14:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
モナコのオーナーであるドミトリー・リボロフレフ氏が子供たちからの手紙を受けて、フランス南東部サン=マルタン=ヴェジュビーのスタジアムの修繕費用を寄付した。フランス『France Bleu Azur』が伝えている。『France Bleu Azur』によると、数週間前にフランスでは暴風雨による甚大な被害が出ており、サン=マルタン=ヴェジュビーのスタジアムも大きな損傷を負ったという。

そういった中、地元に住む11歳の双子の兄弟はモナコのアカデミーが毎年プレシーズンのトレーニングを行っている縁もあり、リボロフレフ氏に対してスタジアム修繕に向けた協力を求める手紙を送っていた。


これを受けて、同氏は25万ユーロ(約3100万円)を寄付することを決断。さらに、現時点でプランは未定もスタジアム修繕に向けて金銭的な支援を続けていく意向を明らかにした。

「私は今、市のサッカー場の再建に参加するために財政的な貢献をすることを決めた。ただ、今回の自然災害による甚大な被害のため、現在のところ具体的な計画を立てることはできない」
関連ニュース
thumb

リーグ・アン優勝争うモナコに痛手、ゴロビンがコロナ陽性に

モナコのロシア代表MFアレクサンドル・ゴロビンが新型コロナウイルスの検査で陽性となったようだ。ロシア『Sport Express』が報じている。 同メディアによればゴロビンは無症状とのことだが、5月2日に行われるリーグ・アン第35節リヨン戦を欠場する模様だ。 モナコではポルトガル代表FWジェウソン・マルティンスが同じくコロナ陽性で、モンテネグロ代表FWステファン・ヨベティッチがふくらはぎを痛めてリヨン戦を欠場する見込みで主力攻撃陣が不在となる。 現在、リーグ戦5連勝中で首位リールを2ポイント差で追う3位モナコ。今季のリーグ・アン18試合の出場で4ゴール8アシストを記録しているゴロビンを欠く中、4位リヨンとの上位対決を制すことはできるか。 2021.04.27 23:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒ、ヘンリクスの完全移籍移行を発表! 今季モナコからレンタル加入

RBライプツィヒがドイツ代表DFベンヤミン・ヘンリクス(24)の完全移籍移行を発表した。新たな契約期間は2025年6月30日までとなる。 ヘンリクスは、レバークーゼンの下部組織出身で、2015年7月にファーストチームへ昇格。2018年8月にはモナコへ完全移籍を果たしていた。 モナコでは2シーズンを過ごし、公式戦44試合に出場し1ゴール3アシストを記録すると、昨夏にライプツィヒに買取オプション付きのレンタル移籍で加入。今季は公式戦15試合と少ない出場機会ながら両サイドバックでプレーし存在感を示していた。 完全移籍の決まったヘンリクスは、公式サイトで「ライプツィヒに加入してから完全移籍することが目標だった。ここでの生活はとても快適だよ。今後もライプツィヒでプレーできる子世を嬉しく思っているよ」と、喜びを語った。 2021.04.12 23:15 Mon
twitterfacebook
thumb

20歳とは思えない落ち着き…!モナコの新星が見せた華麗なチップシュート/2020-21【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はモナコのU-20フランス代表MFソフィアン・ディオプが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆隙を突くパスカット&極上チップシュート<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI2VnVHTXZ5MSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> スタッド・レンヌの下部組織で育ったディオプは若くしてモナコに引き抜かれると、レンタルで経験を積んだ後、今シーズンから主力として定着。期待の若手として注目されている。 今シーズンブレイクしつつあるディオプだが、2021年3月19日に行われたリーグ・アン第30節のサンテチェンヌ戦では、華麗なゴールを決めている。 2-0とモナコリードの64分、自陣に引いて守るモナコに対しサンテチェンヌがボールを持つと、ハーフウェイライン付近でDFがパスを回す。するとサンテチェンヌDFの甘いパスを見逃さなかったディオプがセンターサークル付近でパスをカットして、独走。 一気にペナルティーアーク内まで進むと、距離を詰めてきたGKに対し、意表を突く華麗なチップシュートを放つ。GKの頭上を越えたシュートは、無人のゴールに決まり、相手を突き放す3点目となった。 このゴールで試合を決めたモナコは、76分にも追加点を奪い、4-0で大勝している。 <span data-sg-movie-id="1005" data-sg-movie-title="【華麗なチップシュート】モナコの新星が20歳とは思えない落ち着きを見せる"></span> 2021.03.25 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

天は二物を与えず?セスクの運転技術に注目が集まる「強引すぎる」

モナコの元スペイン代表MFセスク・ファブレガスは、運転が少々苦手なようだ。モナコの公式ツイッターが伝えている。 セスクは2019年1月からモナコでプレー。フランスではやや適応に苦労している面があるものの、かつて在籍したアーセナルやバルセロナ、チェルシーでは抜群のパスセンスでアシストを量産してきた。 見事なボール捌きを見せるセスクだが、ハンドル捌きはいまいちな模様。モナコが「フォーミュラ1」と皮肉を込めて公開した映像では、セスクがチームメイトを練習場まで連れていくため、カートを運転している様子が映っていた。 その動画では、狭めの道で方向転換しようとしたセスクは、バックした際にフェンスに激突。その衝撃にチームメイトたちも思わず苦笑いしていたが、セスクはお構いなしに次のバックでも思い切りフェンスにぶつけていた。 2度のミスがあったものの、無事に方向転換を完了させるとセスクはカメラに向かってガッツポーズ。ピッチでの繊細なプレーとは真逆の運転を見せた。 名手らしからぬ?運転にはサポーターからも「強引すぎる」「(足技は上手くても)手はサッパリだね」「歩いた方が早い」「(F1の)モナコグランプリで待ってる」とセスクを揶揄する声が集まったほか、「これでスエズ運河が封鎖された」と時事的なニュースに絡めたコメントもあった。 <span class="paragraph-title">◆【動画】繊細なピッチでのプレーとは真逆!セスクの荒々しい運転技術</span><span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/cesc4official?ref_src=twsrc%5Etfw">@cesc4official</a> <a href="https://t.co/rnHa2ams7u">pic.twitter.com/rnHa2ams7u</a></p>&mdash; AS Monaco (@AS_Monaco) <a href="https://twitter.com/AS_Monaco/status/1374335423250595840?ref_src=twsrc%5Etfw">March 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.03.25 21:20 Thu
twitterfacebook
thumb

まるで送りバント!パスマスター、セスクが丁寧なダイレクトパスで味方のゴールをお膳立て/2020-21【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はモナコの元スペイン代表MFセスク・ファブレガスが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆セスクの送りバントのような丁寧なアシスト<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI1QVBucFd0TSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> バルセロナの下部組織で育ったセスクは、若くしてアーセナルに引き抜かれ、大ブレイク。その後古巣バルセロナとチェルシーでのプレーを経て、2019年1月からモナコでプレーしている。 抜群のパスセンスでアシストを量産するセスクだが、2021年3月19日に行われたリーグ・アン第30節のサンテチェンヌ戦では、優しいパスで味方をアシストしている。 3-0とモナコ大量リードの76分、モナコが左サイドを攻めると、ボックス内にクロスが入る。このボールを走り込んだセスクが受けると、ダイレクトで隣でフリーになっていたMFクルパン・ディアタにパス。野球の送りバントのような優しいタッチで送られたパスに、ディアタがしっかりとミートしたシュートを合わせ、ゴール右に決めた。 止めを刺す4点目を決めたモナコが、そのまま4-0で勝利している。 <span data-sg-movie-id="1002" data-sg-movie-title="【まるで送りバント】パスマスター、セスクが丁寧なダイレクトパスで味方をお膳立て"></span> 2021.03.25 16:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly