AEKアテネがトリニダード・トバゴ代表MFガルシアを5年契約で獲得

2020.09.17 10:25 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
AEKアテネは16日、イスラエルのベイタル・エルサレムからトリニダード・トバゴ代表MFレビ・ガルシア(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年夏までの5年間となり、背番号は「9」を背負うことになる。

ガルシアはトリニダード・トバゴで生まれ、T&TECでキャリアをスタート。しかし、クラブが財政難に陥り活動を中止。セントラルFCを経て、AZやエクセルシオールなどオランダにプレーの場を移した。

両ウイングでプレーできるガルシアは、AZで公式戦43試合に出場し4ゴール6アシスト。エールディビジでは44試合で3ゴール6アシストを記録し、その後は、イスラエルのキリヤット・シュモナ、ベイタル・エルサレムでプレーしていた。

また、22歳ながら、トリニダード・トバゴ代表としてすでに24試合でプレーし2ゴールを記録。代表の中心選手として活躍している。
コメント
関連ニュース
thumb

サンプドリア、モナコからケイタ・バルデを買取OPレンタルで獲得! 3度目のセリエA挑戦に

日本代表DF吉田麻也が在籍するサンプドリアは9月30日、モナコからセネガル代表FWケイタ・バルデ(25)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「10」に決定している。 なお、サンプドリアが買い取りオプションを行使した場合、ケイタは2025年6月30日までの契約にサインすることで合意している。 バルセロナのアカデミー出身であるケイタはラツィオでのプロデビュー後、2017年からモナコでプレー。2018-19シーズンをレンタル先のインテルで過ごした後、昨夏にモナコ復帰を果たすと、公式戦26試合の出場で8得点4アシストの数字を残した。 なお、ウイングを主戦場としながらセンターフォワードやシャドーの位置でもプレー可能な打開力に長けたアタッカーは、ラツィオ時代に公式戦通算137試合の出場で31得点、インテル時代は29試合5得点をマーク。3度目のセリエA挑戦では近年苦戦が続くサンプドリアの主力アタッカーとして存在感を示せるか。 2020.10.01 02:45 Thu
twitterfacebook
thumb

リヨン、ミランからルーカス・パケタを完全移籍で獲得! 移籍金2000万ユーロ&5年契約

リヨンは9月30日、ミランからブラジル代表MFルーカス・パケタ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの5年となる。 ジャン=ミシェル・オラス会長の入団会見での説明によると、移籍金は2000万ユーロ(約24億7000万円)。ただ、イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』やフランス『RMC Sport』の報道をまとめると、リセール時の移籍金の数%がミランに支払われる契約となっているようだ。 過去にカカの後継者とも評された左利きのプレーメーカーは、2019年1月にフラメンゴから3840万ユーロ(約47億6000万円)でミランへ加入。ブラジル人独特のしなやかさとテクニック、好戦的な守備を武器にすぐさまレギュラーの座を掴み、一昨季はセリエAで13試合に出場し1ゴール3アシストをマーク。 昨季もセリエAで24試合に出場し1アシストを記録していたが、そのほとんどが途中出場だった。また、パケタはミランでの生活に多くの不安やストレスを感じており、今夏の退団を希望しているとの噂も伝えられていた。 なお、今回のオペレーションは元ブラジル代表MFでスポーツ・ディレクターを務めるジュニーニョ・ペルナンブカーノ氏の主導。同氏はここまでMFジャン・ルーカスやMFブルーノ・ギマランイス、MFチアゴ・メンデスなど、母国の選手を積極的にリクルートしている。 2020.10.01 02:15 Thu
twitterfacebook
thumb

シャルケ新指揮官に元アウグスブルク監督のバウム氏が就任

シャルケは9月30日、マヌエル・バウム氏(41)を新指揮官に任命したことを発表した。契約期間は2022年6月までの2年間となっている。 シャルケでは9月27日、昨季から続く16戦未勝利に加え、開幕戦のバイエルン戦で8失点惨敗を喫し、直近のブレーメン戦も落として2連敗スタートとなったことを受け、デイビッド・ワグナー前監督(48)を解任していた。 バウム氏は2016年12月にアウグスブルクの監督に就任すると、2016-17シーズンはブンデスリーガで13位、2017-18シーズンは12位に導き、2季連続でクラブを中位に導いていた。しかし、2018-19シーズンは低迷し、2019年4月に解任されていた。直近ではU-20ドイツ代表監督を務めていた。 2020.09.30 23:00 Wed
twitterfacebook
thumb

フルアムがライプツィヒからFWルックマンをレンタル移籍で獲得

フルアムは30日、RBライプツィヒから元U-21イングランド代表FWアデモラ・ルックマン(22)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ルックマンはチャールトンの下部組織出身で、2017年1月にエバートンへ完全移籍。エバートンでは公式戦48試合に出場し4ゴール2アシストを記録していた。 2018年1月にライプツィヒへレンタル移籍すると、2019年7月に完全移籍で加入。大きな期待が寄せられていた。 しかし、ライプツィヒでは、2019-20シーズンのブンデスリーガで11試合、チャンピオンズリーグで1試合、DFBポカールで1試合と多くの出場機会は得られず。これまで公式戦24試合に出場し5ゴール4アシストとレンタル移籍中の方が結果を残していた。 2020.09.30 22:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ウニオン・ベルリン、レバークーゼンからFWポヒャンパロを獲得! 遠藤渓太に新たな相棒

ウニオン・ベルリンは30日、レバークーゼンからフィンランド代表FWヨエル・ポヒャンパロ(26)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「9」に決定している。 2013年にレバークーゼンに加入したポヒャンパロは、アーレンとデュッセルドルフへのレンタル移籍を経て、2016-17シーズンからトップチームでプレー。 そしてボルシアMGとの開幕戦では、途中出場から1ゴールをマーク。続く第2節ハンブルガーSV戦でも途中出場からハットトリックを決め、一時新たな逸材ストライカーの誕生と話題になった。 しかし、鮮烈なデビューから一転、以降は度重なるケガに苦しめられ、レバークーゼンではゴールはおろか出場機会を得られない厳しい状況が続いていた。それでも、今年1月にシーズン終了までのレンタル移籍で加入したハンブルガーSVではブンデスリーガ2部で14試合9ゴールを挙げる活躍をみせ、復活のキッカケを掴んでいた。 なお、186cmの恵まれた体躯にストライカーらしい動き出しや決定力を備える生粋のフィニッシャーは、日本代表MF遠藤渓太の新たな相棒となるはずだ。 2020.09.30 18:55 Wed
twitterfacebook