元バルサの元ブラジル代表DFアドリアーノがベルギーのオイペンに加入

2020.08.13 10:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベルギーのオイペンは12日、アトレチコ・パラナエンセの元ブラジル代表DFアドリアーノ(35)をフリートランスファーで獲得したことを発表した1年契約を結び、契約期間は2021年6月30日までとなる。

アドリアーノはブラジルのコリチーバでキャリアをスタート。2005年1月にセビージャへ移籍すると、そこでの活躍が認められ2010年7月にバルセロナへと加入していた。

バルセロナでは左サイドバックとしてプレー。公式戦189試合に出場し17ゴール23アシストを記録。4度のラ・リーガ制覇や2度のチャンピオンズリーグ制覇など、16のタイトルを獲得。2016年7月にベシクタシュへと完全移籍していた。
ベシクタシュでも111試合に出場し4ゴール11アシストを記録。2019年7月にアトレチコ・パラナエンセへ移籍したが、その前にはヴィッセル神戸が獲得に動いているとの報道も出ていた。

オイペンのスポーツ・ディレクターを務めるジョルディ・コンドム氏は「オイペンにとって、アドリアーノのような選手と契約したことは大きな成功だ。彼は最も成功した国際的な選手の1人であり、チャンピオンのオーラを持っている」とコメント。「彼の資質と経験により、我々のチームに確かなプラスをもたらす。若い選手は彼から多くを学び、ファンはアドリアーノがオイペンのシャツを着ていることに満足するはずだ。彼とチーム全員で、クラブ史上最高のシーズンを過ごすため、全力を尽くす」と加入が大きな影響になると語った。

関連ニュース
thumb

遠藤航&伊藤洋輝擁するシュツットガルト、新監督にラッバディア氏 「ブンデスにとどまるのを助けたい」

シュツットガルトは5日、新監督にブルーノ・ラッバディア氏(56)を招へいしたと発表した。 契約期間は2025年6月30日まで。併せて、現在暫定監督を務めているミヒャエル・ヴィマー氏がチームを去ることも発表している。 現役時代はストライカーとして名を馳せたラッパディア氏。2003年に故郷のダルムシュタットで監督としてのキャリアをスタートさせた。 これまでレバークーゼンやハンブルガーSVなど、ドイツ国内のクラブを歴任し、2010年12月から2013年8月にはシュツットガルトを指揮。元日本代表DF酒井高徳(現・ヴィッセル神戸)らを指導している。 直近では2020年4月というシーズン終盤から下位に沈んでいたヘルタ・ベルリンを指揮し、残留を勝ち取ったが、翌年1月に成績不振で途中解任。現在はフリーとなっていた。 シュツットガルトには日本代表MF遠藤航、DF伊藤洋輝のほか、U-21チームにDFチェイス・アンリとDF岡田怜が所属。昨季が劇的な残留を果たしたが、今季も開幕から苦しみ、9試合未勝利というクラブワースト記録を更新していた。 10月半ばには前・ペッレグリノ・マタラッツォ監督を解任し、ヴィマー氏が暫定監督に。現在もブンデスリーガで15試合を終えて3勝5分け7敗の16位に沈んでいる。 3日には敏腕スポーツ・ダイレクター(SD)として知られていたスヴェン・ミスリンタート氏が退任し、新たにファビアン・ウォールゲムート氏が就任。着々と改革が進んでいた。 古巣の再建を託されたラッバディア氏は、クラブを通じて以下のようにコメントしている。 「ご存じのように、VfBは私にとってただのクラブではない。シュツットガルトで私は監督としてのキャリアの非常に重要な時期をほぼ3年間過ごした。今はただ、VfBがブンデスリーガにとどまるのを助けたいと思っている」 「すぐに業務を開始し、12月12日のトレーニング開始へ向けてすべての準備を整えようと思う。水曜日にはシュツットガルトに移動する。そうすれば、チームのパフォーマンスレベルをすぐに把握できるだろう。常に大きな喜びを持って懸命に取り組み、前進していく」 2022.12.06 13:55 Tue
twitterfacebook
thumb

アルメリアがマルセイユからコロンビア代表FWルイス・スアレスを獲得!

アルメリアは5日、マルセイユからコロンビア代表FWルイス・スアレス(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 スアレスは2017年7月にコロンビアのレオネスからワトフォードへ完全移籍。その後は、レアル・バジャドリーB、ヒムナスティック・タラゴナ、レアル・サラゴサへのレンタル移籍を経験。その後、2020年9月にグラナダに加入した。 グラナダでは在籍2シーズンで公式戦73試合14ゴール5アシストを記録。昨シーズンのラ・リーガでは37試合8ゴール4アシストの数字を残したが、チームは無念のセグンダ降格となると、今夏に5年契約でマルセイユへ加入。 しかし、マルセイユではイゴール・トゥドール監督の信頼を得られておらず、ここまで公式戦11試合に出場し、3ゴール1アシストを記録するも、先発出場はわずか3試合にとどまっていた。 なお、スアレスは年内のラ・リーガには出場できず、2023年初戦となる第16節のレアル・ソシエダ戦から出場できるとのことだ。 2022.12.06 06:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ガーナ、オットー・アッド監督の退任を正式に発表!「またGFAで働く機会があるかもしれない」

ガーナサッカー協会(GFA)は5日、ナナ・オットー・アッド監督(47)が同代表指揮官を退任したことを正式発表した。 アッド監督は今年2月、ミロバン・ライェバツ監督の解任を受けて暫定監督に任命された。その後、カタール・ワールドカップのアフリカ予選のプレーオフでナイジェリアを下し出場権を獲得。今年末まで契約を延長した。 そして本戦では、初戦でポルトガルに惜敗したものの、2戦目の韓国に勝利し、2位の好位置で最終戦へ。勝てば地力突破、引き分けでもその可能性が高かった中でウルグアイに敗戦。結局、グループ最下位で大会を後にすることになった。 大会終了後に退任を表明していたオットー・アッド監督は、5日にGFAが公式ツイッターで公開したビデオの中で「もしかしたら、またGFAで働く機会があるかもしれない。だが、次の2年半はドルトムントと契約しており、私はそれを尊重するつもりだ」とコメント。 今後は古巣であるドルトムントに戻り、人材育成コーチを務めることを明かした。 2022.12.06 01:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントスが19歳のイングランド人MFと長期契約! デビュー3試合で2アシストの逸材

ユベントスが、U-20イングランド代表MFサミュエル・イリング・ジュニア(19)と2027年まで契約を延長した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 チェルシーのアカデミー出身のイリング・ジュニア。ドルトムントやバイエルンも関心を持っていた逸材で、2020年夏にユベントスへ移籍。プリマベーラでは58試合で14ゴール15アシストを記録している。 今年10月に行われたセリエA第11節のエンポリ戦でトップチームデビューを果たし、その4日後にはベンフィカ戦でチャンピオンズリーグにも初出場し1アシストを記録。さらに、続くレッチェ戦では0-0で迎えた72分に投入されると、わずか1分後に決勝点をアシスト。ここまではその3試合のみの出場だが、鮮烈な印象をファンに植え付けている。 2022.12.04 20:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ノッティンガム・フォレスト、冬の補強第一号! 元ブラジル代表の肩書を持つ28歳司令塔

ノッティンガム・フォレストは4日、元ブラジル代表MFグスタボ・スカルパ(28)をパルメイラスから獲得したことを発表した。契約は2026年夏までとなる。 トップ下を主戦場とするスカルパ。しなやかなボールタッチと左足の精度の高いキックが特長で、かつ中盤のポジション全域をカバーできるユーティリティ性も併せ持つ。 元フルミネンセMFは2018年1月からパルメイラスでプレーしており、2022年は公式戦60試合に出場し13ゴール15アシストを記録。クラブ・ワールドカップではチェルシーと決勝で対戦した。 同クラブでは通算211試合37ゴール51アシストを数える中で、2度のブラジルリーグ制覇をはじめ、コパ・リベルタドーレスも2度、コパ・スダメリカーナも1度優勝している。 2017年に一度ブラジル代表で試合に出たこともあるスカルパ。フォrスト加入は夢だったとし、新たな挑戦に喜びをあらわにした。 「ここに来るのは夢だったからとても嬉しいよ」 「新しい挑戦だ。待ちきれないね。ヨーロッパでプレーすることは小さい頃からの野望で、プレミアリーグは夢の舞台だった」 「僕はテクニカルなプレイヤーだけど、ここ数年で守備力も上がっている。それにとても献身的でハードワークも惜しまない。早くプレーするところを見せたいよ」 2022.12.04 20:00 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly