サッリ解任のユーベ、監督未経験のピルロを新指揮官に任命!

2020.08.09 03:28 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスは8日、新指揮官にアンドレア・ピルロ氏(41)を任命したことを発表した。契約期間は2022年6月までの2年間となっている。ユベントスでは8日、前日のチャンピオンズリーグ・ラウンド16でリヨンの前に敗退したことを受けてマウリツィオ・サッリ前監督が電撃解任されていた。

2018年1月に現役を引退したピルロ氏は選手時代、ユベントスのスクデット4連覇に大きく貢献。先月30日にU-23チームの指揮官としてユベントスに復帰したばかりだった。U-23チームでは指揮を執らず、監督未経験のままトップチーム指揮となる。

ピルロ氏の他、前トッテナム監督のマウリシオ・ポチェッティーノ氏も後任候補に挙がっていたが、サッリ前監督の高額な違約金に加え、1200万ユーロ(約15億円)とされるポチェッティーノ氏の給与に難色を示し、折り合いがつかなかったと現地メディアでは報じられている。
コメント
関連ニュース
thumb

スアレスがイタリアのパスポートを取得も…ユーベはジェコ獲得に集中

バルセロナを戦力外とされているウルグアイ代表FWルイス・スアレス(33)がイタリアのパスポートを取得した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 このパスポート取得により噂されていたユベントスへの移籍が再加速するかに思われたが、ユベントスはアンドレア・ピルロ新監督が高く評価するローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(34)の獲得に集中し、スアレスの獲得は見送るとのことだ。 イタリア『スカイ』によればローマはナポリのポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリク(26)の獲得に近づいており、その交渉が成立し次第、ジェコのユベントス移籍が決まると報じている。 ユベントスへの移籍は破談に終わったものの、スアレスとしてもイタリア国籍取得により、移籍先の選択肢は増えた形にはなっている。 2020.09.18 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

イグアインのユーベ退団が正式決定、双方合意で契約解除

ユベントスは17日、アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(32)との契約を双方合意の下で解除したことを発表した。 2021年6月までユベントスと契約を結んでいたイグアインだったが、年々パフォーマンスを落としていたこともあってアンドレア・ピルロ新監督の構想外となっていた。 2016年夏にナポリから9000万ユーロの移籍金でユベントスに加入した中、ユベントスでは公式戦149試合の出場で66ゴール16アシストを記録。移籍初年度の2016-17シーズン、2年目の2017-18シーズンは得点源としてセリエAの連覇に貢献したが、レンタルから復帰した昨季はセリエAで8ゴールに終わっていた。 なお、ユベントスはイグアインの契約解除によって1830万ユーロ(約22億7000万円)の負債が生まれたとのことだ。 ユベントス退団となったイグアインは、先にユベントスを退団していたフランス代表MFブレーズ・マテュイディ(33)の加入したメジャー・リーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミへの加入が濃厚と報じられている。 2020.09.18 06:30 Fri
twitterfacebook
thumb

監督業引退のザッケローニ氏、古巣ユベントスのサッリ前監督とピルロ新監督を語る

元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が『TUTTO mercato WEB』のインタビューで古巣ユベントスについて答えている。 2010年から4年間、日本代表を率いてアジアカップ優勝やブラジル・ワールドカップ出場に導いたザッケローニ氏。その後は北京国安やUAEの監督を務め、今年7月に監督業からの引退を宣言した。 インタビューでは日本代表監督就任直前に率いていたユベントスの話題に。トリノの監督を最後に3年のブランクを経て、2009-10シーズンの途中に就任。4カ月という短期契約を全うした。 現在はセリエA9連覇という圧倒的強さでイタリア王者に君臨するユベントスだが、昨シーズンはマウリツィオ・サッリ監督の下で予想以上の苦戦を強いられた。ザッケローニ氏は同胞の指揮官が苦難があったことに理解しつつ、適切なタイミングではなかったとの見解をを示した。 「監督というのは適切なタイミングで適切なクラブに来る必要がある。彼は指揮官云々ではなく、ただ勝利が当たり前のチームに行った。私は、サッリが最善の選択ではなかったように思う。彼はベストなサポートを受けられなかった。だから妥協するしかなかったのだ。監督が妥協すれば、クリスティアーノ・ロナウドのような選手に頼るしかなくなってしまう」 また、新シーズンから新たにユベントスを指揮することになったアンドレア・ピルロ新監督にも言及。クラブ哲学を基に、ヨーロッパを制覇するための人選であると推測した。 「彼らは他のチームよりも優れており、世論の尊敬を勝ち取りたいと願っている。特にヨーロッパの舞台でさらなる高みを目指すことは最重要課題となっている。そのために監督を変えた」 「我々には重要な哲学がある。それが外国人指揮官を呼ばない理由だ。そして今回はクラブOBに白羽の矢が立った。ユベントスは選手と意見を交換し、それに基づく意思決定をしているのだ」 また、イタリアでの監督復帰の可能性を問われた同氏は、「イタリアでのキャリアは終わったと思っている。アジアで10年もやっているうちに、イタリア人が持っているような熱意を失ってしまったんだ」と答えている。 2020.09.17 17:14 Thu
twitterfacebook
thumb

ダニエウ・アウベスがユベントスで見せた華麗なヒールアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はサンパウロのブラジル代表DFダニエウ・アウベスがユベントス時代に記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆アウベスがユベントスで決めた華麗なアシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJUSG1oWHBybCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 母国でのデビュー後、セビージャを経て、バルセロナで世界最高峰のサイドバックとして大ブレイクを果たしたD・アウベス。その後もユベントスやパリ・サンジェルマン(PSG)などトップクラブで活躍を続けいる。 DFとは思えない攻撃センスを持ち、積極的な攻撃参加でチームに貢献したD・アウベスだが、ユベントス時代の2017年5月3日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝モナコ戦の1stレグでは、華麗なアシストを決めている。 0-0で迎えた29分、センターサークル付近からFWゴンサロ・イグアインが裏へ走るD・アウベスへスルーパスが出る。ボックス内でボールに追いついたアウベスは、トップスピードの状態で、相手の裏をかくヒールパス。後方から完全にフリーで上がってきたイグアインが、これをしっかりと決め、見事な先制ゴールとなった。 この後、2点目もD・アウベスがイグアインをアシスト。2人の連携で得点を奪い、ユベントスは2-0で勝利している。 2020.09.17 12:00 Thu
twitterfacebook
thumb

バルセロナでもそのプレースキックが武器となる!相手GKも呆然となるピャニッチの完璧FK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、バルセロナのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチがユベントス時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆相手GKも呆然となるピャニッチの完璧FK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJEUTlHSzQ1ZCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ブラジル代表MFアルトゥールとトレードという形で今夏にバルセロナへと移籍したピャニッチ。新型コロナウイルスの感染で合流が遅れたものの、新天地での活躍に向けて調整を進めている。 ピャニッチと言えば、ヨーロッパでの屈指のプレースキッカーで知られているが、2017年10月18日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ、スポルティング・リスボン戦でも完璧な一撃を決めている。 ユベントスの1点ビハインドで迎えた29分、ペナルティアーク左の好位置でFKを獲得する。ピャニッチの抑えの利いたシュートは、壁を越えると、そのままのスピードでゴール左に突き刺さった。コースだけでなく、スピードも完璧な一撃に相手GKは見送ることしかできなかった。 バルセロナにはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシというこちらも屈指のプレースキッカーがいるが、ピャニッチは右利き。その右足が役に立つ場面も多くありそうだ。 2020.09.17 09:00 Thu
twitterfacebook