マルシャル弾で逆転勝利のユナイテッドが連勝でベスト8進出を決める!《EL》

2020.08.06 05:57 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドは5日、ヨーロッパリーグ(EL)ベスト16・2ndレグでリンツとホームで対戦し、2-1で勝利した。この結果、2戦合計スコア7-1としたユナイテッドがベスト8進出を決めた。3月に行われたアウェイでの1stレグを5-0で勝利したユナイテッドは、1トップにはイガロを配置した[4-2-3-1]の布陣を採用。2列目は右からマタ、リンガード、ダニエル・ジェームズと並べ、マクトミネイとフレッジがダブルボランチで起用された。

立ち上がりはリンツが高い位置から積極的にプレスを仕掛けてユナイテッドのビルドアップを封じる。すると10分、ユナイテッドはピンチを迎える。右CKがゴール前の味方に当たると、浮き球をアンドラーデがヘディングシュート。これがクロスバーを直撃した。

その後もハイプレスに苦戦するユナイテッドは、30分に左CKからマグワイアがヘディングシュート。さらに33分には、リンガードのパスで抜け出したイガロがボックス内に侵入したが、守備に戻ったレナーのタックルに阻まれてシュートは打たせてもらえず、前半は枠内シュート0本で終了した。

迎えた後半、ユナイテッドは早い時間に失点を許す。55分、左CKのセカンドボールをボックス手前のヴイージンガーにダイレクトで合わせられると、狙いすましたシュートがゴール右上に突き刺さった。

先制を許したユナイテッドだったが、すぐに反撃に転じる。すると57分、センターライン付近でパスを受けたマタがダイレクトで相手DFの裏にロングボールを供給。抜け出したリンガードがボックス内まで切り込むと、相手GKとの一対一を冷静に決めて、ユナイテッドが同点に追いついた。

その後は互いに選手交代を行っていく中で膠着した時間が続く。そんな中、ユナイテッドは88分、マタとのパス交換で中央からボックス内に侵入したマルシャルがシュート。GKシュラーガーがこのシュートに触れるも弾ききれずにゴール左隅に吸い込まれた。

結局、これが決勝点となり、ユナイテッドが逆転勝利。2戦合計7-1でリンツを下したユナイテッドが、コペンハーゲンの待つベスト8へ駒を進めた。
コメント
関連ニュース
thumb

「私やファンのフラストレーション」 ファーディナンドが古巣ユナイテッドの補強動向にはがゆさを吐露

マンチェスター・ユナイテッドの今夏補強動向を巡り、クラブレジェンドから苛立ちのコメントが飛んでいる。イギリス『サン』が伝えた。 昨季の1年間をかけて築いたベースにさらなる上積みが期待されたユナイテッドだが、ここまでの新戦力はオランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベークのみ。ドルトムントからイングランド代表MFジェイドン・サンチョの獲得に難航するなど芳しくなく、レアル・マドリーから狙ったスペイン代表DFセルヒオ・レギロンもトッテナム入りが取り沙汰され、取り逃がしの様相を呈している。 かたやライバルであるチェルシーが1年間の補強禁止処分中にプールした資金も生かしながらドイツ代表FWティモ・ヴェルナーら6選手を獲得するなか、かつてDFリーダーとしてユナイテッドの黄金期築城にひと役を買ったリオ・ファーディナンド氏は『Five YouTube Channel』で、古巣の動向にはがゆい思いを吐露した。 「フランク(・ランパード監督)はあたかも簡単に選手たちを獲得している」 「チェルシーと私のチームであるマン・ユナイテッドを比べて、それぞれにビジネスに対する方針こそ違うが…雑音もなければ、長引くこともなく、周囲の目に映った取引が次から次に成立する。ちょっと話をしただけでだ。そうした光景は私やマン・ユナイテッドのファンにとって、フラストレーションだ」 「サンチョに関しては数カ月も前から話題に挙がっているが、いまだまとまっていない。すごくイライラする。取引を容易くまとめられると言っているわけじゃないが、チェルシーは金を積めば、それができるのを証明している。しかも、それらのすべてが適切な方法でだ」 2020.09.18 17:20 Fri
twitterfacebook
thumb

サンチョ獲得難航のユナイテッド、ワトフォードFWサールを調査?

ワトフォードに所属するセネガル代表FWイスマイラ・サール(22)に対して、マンチェスター・ユナイテッドからの関心が浮上した。イギリス『インデペンデント』が伝えている。 今夏の移籍市場でドルトムントに所属するイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(20)をトップターゲットに定めているユナイテッド。しかし、ドルトムントが高額な移籍金がネックとなり、いまだ獲得の道筋が見えてきていない。 代替案としてインテルのクロアチア代表FWイバン・ペリシッチなどをリストアップも報じられているユナイテッドだが、その1つとしてリバプールも関心を寄せるサールの調査を行っているという。 昨夏にスタッド・レンヌからワトフォード入りしたサールは初挑戦のプレミアリーグで28試合に出場して5ゴール6アシストを記録。チームはチャンピオンシップ(イングランド2部)に降格したものの、右ウィングやセンターFWとして奮闘した。 なお、ワトフォードから引く抜く場合、移籍金として少なくとも3000万ポンド(約40億7000万円)が必要になってくるものとみられる。 2020.09.18 13:45 Fri
twitterfacebook
thumb

レアルDFレギロンの新天地はトッテナムか?セビージャ撤退、ユナイテッドはクラブ間交渉が難航

レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・レギロン(23)にトッテナム移籍の可能性が浮上した。スペイン『マルカ』やイギリス『BBC』が伝えている。 昨シーズン、レンタルで加入したセビージャでヨーロッパリーグ(EL)優勝に貢献するなど飛躍したレギロン。レンタル期間が満了し、今夏にマドリーへ復帰したもの、DFマルセロとDFフェルラン・メンディが居るためにジネディーヌ・ジダン監督の中で序列が低い状況にあり、今夏にさらなる移籍が取り沙汰されている。 そのレギロンを巡ってはセビージャへの再レンタルの可能性も取り沙汰されていたが、左サイドバックでプレー獲得可能なMFマルコス・アクーニャをスポルティング・リスボンから獲得したこともあり、消滅した模様だ。 さらには移籍の最有力とみられていたマンチェスター・ユナイテッドが、マドリーの買い戻しオプションを拒んだため、交渉は暗礁に乗り上げているという。 マドリーとユナイテッドの交渉は継続していると『マルカ』は伝えているが、新たな移籍先としてトッテナムが浮上。『BBC』はトッテナムがレギロンとの契約に近づいていると報じている。 なお、レギロンの移籍金は2500万ユーロ〜3000万ユーロ(31億1000万円〜37億4000万円)と見積もられている。今月6日にはスペイン代表デビューも果たしたレギロンだが、新天地は果たしてどこになるのだろうか。 2020.09.16 11:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ベイルに古巣トッテナム復帰の可能性が浮上! すでに交渉中と『BBC』報道

レアル・マドリーに所属するウェールズ代表FWガレス・ベイル(31)にトッテナムへの復帰の可能性が浮上した。 2013年夏にトッテナムから当時の市場最高額となる8500万ポンド(約115億3000万円)でマドリーに加入したベイル。クラブ公式戦通算251試合の出場で105ゴール68アシストの成績を収め、4度のチャンピオンズリーグ制覇や2度のラ・リーガ優勝などタイトル獲得に貢献しているが、ジネディーヌ・ジダン監督の構想外となり、退団の可能性が常に噂されている。 <div id="cws_ad">◆“トップ下”ベイルがプレミアで初のハットトリック<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ5S2kySms1dyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ベイル自身は2022年夏までの契約を満了することを望んでいると以前からコメントをしていたが、代理人を務めるジョナサン・バーネット氏がイギリス『BBC』に対して、「ガレスは今でもスパーズを愛している。彼が望んでいる場所だ」とコメント。復帰に向けて交渉を行っているとみられている。 現時点でレンタル移籍の可能性が高いとみられているが、マドリーが高給取りであるベイルの放出を望んでいるため、完全移籍も除外していない模様。ただ、週給60万ポンド(約8100万円)が大きな障壁になるとみられている。 なお、ベイルに関して、ドルトムントのイングランド代表ジェイドン・サンチョの獲得に動いているマンチェスター・ユナイテッドが代替案として獲得を検討していると報じられている。 しかし、17歳時にサウサンプトンから獲得し、トップ選手になるまで成長を支えた古巣のトッテナムへの想いがあるとのこと。条件面を含めてどちらへの移籍を望むのか。それとも、マドリーに残留するのか。注目が集まる。 2020.09.16 09:45 Wed
twitterfacebook
thumb

アストン・ビラ主将グリーリッシュが新契約にサイン! 2025年まで忠誠誓う

アストン・ビラは15日、イングランド代表MFジャック・グリーリッシュ(25)との新契約締結を発表した。新たな契約期間は2025年までとなる。 ノッツ・カウンティにレンタル移籍の2013-14シーズンを除けば、下部組織からの全キャリアをアストン・ビラに捧げるグリーリッシュ。ショートストッキングと端正なルックスでも人気を博すアストン・ビラの生え抜きスターは着実に成長を続け、今やキャプテンとしてもチームを引っ張る。 昨季は公式戦41試合10得点8アシストを挙げ、プレミアリーグ昇格初年度だったチームの残留に貢献。そうした活躍を受けて、今月の代表ウィークで追加招集ながら初のフル代表から声がかかり、8日に行われたUEFAネーションズリーグのデンマーク代表戦で待望のデビューを果たした。 今夏においてもマンチェスター・ユナイテッドの関心が根強く取り沙汰され、動向に大きな注目が集まったグリーリッシュだが、愛するアストン・ビラに対する忠誠の表れとして、このたび新たに5年契約を締結。契約延長を受け、クラブ公式サイトを通じて次のように喜びの心境を語っている。 「ビラにこのような形でコミットメントを示せて嬉しい。ここは僕のクラブであり、僕の家。ここですごく幸せなんだ。オーナーたちはどれほど野心的であるのか、アストン・ビラをどのようにしていきたいのかを僕にはっきりと伝えてくれた。この先にはエキサイティングな時間が待っている。その一部になれるのをすごく嬉しく思っているよ」 2020.09.15 21:15 Tue
twitterfacebook