“水曜日”から勝ち点が消えた? 不正会計操作で英2部クラブに来季勝ち点12はく奪…

2020.08.01 14:18 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属するシェフィールド・ウェンズデイが、2020-21シーズンで勝ち点12をはく奪されることが決定した。イギリス『BBC』が伝えている。

イングリッシュ・フットボールリーグ(EFL)の懲戒委員会は7月31日、ヒルズボロ・スタジアムの売却を巡る不正会計操作を行っていたシェフィールド・ウェンズデイに対する処分を決定した。

シェフィールド・ウェンズデイは、2017-18シーズンの会計に関して、翌年に売却予定だったヒルズボロ・スタジアムの6000万ポンド(約83億1000万円)の売却益を計上。EFLでは独自のファイナンシャル・フェアプレー(FFP)制度を設けており、チャンピオンシップでは3年間で3900万ポンド(約54億円)までの赤字しか認められておらず、それを超過した場合、勝ち点はく奪などのペナルティが科される。そして、2年連続赤字を計上していた同クラブは、ペナルティを回避するために前述の不正会計操作を行った。

当然、この行為はリーグが定める規則に違反しており、2019年11月から調査が行われていた。そして、2019-20シーズンのチャンピオンシップ終了から9日後に今回の勝ち点12はく奪という処分が発表された。

この処分に関しては多くの関係者が概ね理解を示している一方、処分の時期に関しては物議を醸している。

実はシェフィールド・ウェンズデイは今シーズンのリーグ戦を勝ち点56の16位で終えているが、前述の処分がシーズン中に科されていた場合、勝ち点45で最下位のハル・シティを下回る勝ち点44での最下位フィニッシュとなっていた。

そのため、22位での降格となったチャールトン・アスレティックは、シーズン終了後のこのタイミングでの処分発表を不服としてEFL側に回答を求めると共に、今後法的措置に出ることも検討しているようだ。

一方、シェフィールド・ウェンズデイ側も今回の処分を巡って法的措置に出る構えだ。
コメント
関連ニュース
thumb

敢えてのファーサイド!雨中のエリクセンが予想外の高精度ショット【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、インテルに所属するデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンがトッテナム時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆雨中のエリクセンが予想外の高精度ショット<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIwazJYSnNWOCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2013年夏にアヤックスからトッテナムへ加入したエリクセン。2020年1月にインテルに移籍するまで、絶対的な司令塔に君臨し、公式戦通算305試合69得点89アシストを記録した。 プレースキックのキッカーも担っていたエリクセンだが、2015年1月28日に行われたキャピタルワン・カップ準決勝、シェフィールド・ユナイテッドとの2ndレグでは、予測できないFKから素晴らしいゴールを決めた。 1-2と1点ビハインドで迎えた試合終了間際の88分、トッテナムはゴール斜め右の位置でFKを獲得する。 キッカーのエリクセンは右利きのため、直接狙うならゴール右側が定石と言う位置だったが、エリクセンは何の違和感も感じさせないモーションからまさかのファーサイドを狙う。 相手GKも完全に反応が遅れると、シュートはゴール左上隅の完璧な位置へと吸い込まれるように入っていった。 GKの予想を上回る天才的なひらめきと、それを実現する右足の精度の高さを併せ持つエリクセンにしかできない芸当だった。 2020.08.14 00:00 Fri
twitterfacebook
thumb

来季のEFLカップは9月5日開幕! 準決勝のH&A方式は廃止

イングリッシュ・フットボールリーグ(EFL)は13日、2020-21シーズンのEFLカップ(カラバオカップ)の詳細を発表した。 一時は廃止案も噴出したEFLカップ。開幕は9月5日に決定。ただし、丁度インターナショナルウィークと重なるため、日程変更の可能性もあるとのこと。プレミアリーグのクラブが参戦する2回戦は9月15日・16日、決勝戦は2021年2月28日に行われる。 また、本来は準決勝のみホーム&アウェイ方式だったが、今季は1試合のみに。抽選で先に引かれたクラブがホームになるという。 ◆EFLカップ 2020-21シーズン日程 1回戦:2020年9月5日(土) 2回戦:2020年9月15日(火)・16日(水) 3回戦;2020年9月22日(火)・23日(水) 4回戦:2020年9月29日(火)・30日(水) 5回戦:2020年12月22日(火)・23日(水) 準決勝:2021年1月5日(火)・6日(水) 決勝:2021年2月28日(日) 2020.08.13 21:30 Thu
twitterfacebook
thumb

来季のFA杯の詳細が発表…再試合制は廃止に

イングランドサッカー協会(FA)は13日、2020-21シーズンのFAカップの詳細を明らかにした。 来シーズンのFAカップは9月1日に開幕。予備予選から始まり、本戦1回戦は11月7日、プレミアリーグのクラブが参戦する3回戦は2021年1月9日、決勝戦は同年5月15日に決まった。 来季は大会方式が大きく変更。過密日程緩和のため、再試合を廃止し、90分で決着が着かなかった場合、延長戦とPK戦で勝敗を決める。 また優勝賞金に関しては、新型コロナウイルスの影響による財政ダメージを受け、減額されるとのこと。2017-18シーズンと同額となるようだ。 ◆FAカップ 2020-21シーズン日程 予備予選1:2020年9月1日(火) 予備予選2:2020年9月12日(土) 予選1回戦:2020年9月22日(火) 予選2回戦:2020年10月3日(土) 予選3回戦:2020年10月13日(火) 予選4回戦:2020年10月24日(土) 1回戦:2020年11月7日(土) 2回戦:2020年11月28日(土) 3回戦:2021年1月9日(土) 4回戦:2021年1月23日(土) 5回戦:2021年2月10日(水) 準々決勝:2021年3月20日(土) 準決勝:2021年4月17日(土) 決勝:2021年5月15日(土) 2020.08.13 21:14 Thu
twitterfacebook
thumb

あと1カ月でプレミアリーグの新シーズン開幕! 開幕は9月12日、最終節は5月23日

プレミアリーグは13日、2020-21シーズンのスケジュールを発表した。 新シーズンの開幕節は9月12日(土)の週に行われ、最終節は2021年5月23日(日)に行われることとなる。 なお、プレミアリーグの全380試合の詳細は、8月21日(金)にまで発表されるとのこと。ウインターブレイクに関しても例年通り年末年始はリーグ戦が開催。1月に開催される第18週を2週に分けて開催することで短期のブレイクを挟む形となる。 2019-20シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響により、3月上旬から中断。6月下旬まで約3カ月半の中断期間を経て行われ、7月26日にシーズンが終了。リバプールが30年ぶりのリーグ制覇を成し遂げていた。 その後、8月1日にFAカップ決勝が行われ、アーセナルがチェルシーを下し14度目の優勝を達成。現在は、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグが残っており、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッドが勝ち残っている状況。1カ月後には開幕を迎えることとなる。 ◆プレミアリーグ 2020-21シーズン日程 第1週:2020年9月12日(土) 第2週:2020年9月19日(土) 第3週:2020年9月26日(土) 第4週:2020年10月3日(土) 第5週:2020年10月17日(土) 第6週:2020年10月24日(土) 第7週:2020年10月31日(土) 第8週:2020年11月7日(土) 第9週:2020年11月21日(土) 第10週:2020年11月28日(土) 第11週:2020年12月5日(土) 第12週:2020年12月12日(土) 第13週:2020年12月16日(水) 第14週:2020年12月19日(土) 第15週:2020年12月26日(土) 第16週:2020年12月28日(月) 第17週:2021年1月2日(土) 第18週A:2021年1月13日(水) 第19週:2021年1月16日(土) 第18週B:2021年1月20日(水) 第20週:2021年1月23日(土) 第21週:2021年1月30日(土) 第22週:2021年2月3日(水) 第23週:2021年2月6日(土) 第24週:2021年2月13日(土) 第25週:2021年2月20日(土) 第26週:2021年2月27日(土) 第27週:2021年3月6日(土) 第28週:2021年3月13日(土) 第29週:2021年3月20日(土) 第30週:2021年4月3日(土) 第31週:2021年4月10日(土) 第32週:2021年4月17日(土) 第33週:2021年4月24日(土) 第34週:2021年5月1日(土) 第35週:2021年5月8日(土) 第36週:2021年5月12日(水) 第37週:2021年5月15日(土) 第38週:2021年5月23日(日) 2020.08.13 21:10 Thu
twitterfacebook
thumb

エジル、アーセナルとの現行契約の全うを強調「決めるのは僕自身」

アーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジルが、2021年6月までとなっている現行契約を全うすることを強調した。 6月にプレミアリーグ再開後、一度も出場機会を与えられないまま今シーズンを終えたエジル。クラブの指揮を執るミケル・アルテタ監督はあくまでも戦術的理由でメンバーから外しているとし、関係は良好であることを主張している。 しかしFAカップ決勝戦では姿を見せることなくトルコへ行くなど、エジルの行動は物議を醸しており、今夏にもクラブを去るといった報道は絶えることがない。 そんな中、エジルは改めてアーセナルと契約を結んでいる間はクラブに留まるとイギリス『アスレチック』で述べた。 「難しい状況だけど、アーセナルを愛しているよ。クラブから離れる時を決めるのは他の誰かではなく、僕自身だ」 「このクラブのために全力を尽くすよ。このような状況でも僕は決して折れたりはしない。むしろより強くするだけだ」 「過去にチームへ戻ったことを証明したし、またそれを示すだけだよ」 2020.08.13 20:53 Thu
twitterfacebook