デ・ビアージ氏がアゼルバイジャン代表監督に就任、契約は2022年まで

2020.07.31 12:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アゼルバイジャンサッカー連盟協会(AFFA)は30日、イタリア人指揮官のジョバンニ・デ・ビアージ氏(64)が新監督に就任することを発表した。

デ・ビアージ氏は、これまでブレシアやトリノ、ウディネーゼなど多くのイタリアクラブの他、レバンテ、アラベスのスペインクラブを指揮。2011年12月から2017年6月まではアルバニア代表でも指揮を執っていた。

アルバニア代表としてはユーロ2016に出場。初出場となったチームを率い、フランス、ルーマニア、スイスと同居したものの、グループ3位で敗退していた。

2017年11月にアラベスの監督を退任してからはフリーとなっており、2年半ぶりの現場復帰となる。

契約期間は2022年までとなっており、今シーズンのUEFAネーションズリーグと、2022年のカタール・ワールドカップ予選まで指揮を執る予定とのことだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ブレーメン退団のベテランFWバルテルスが13年ぶりに古巣に復帰!

ブンデス2部に所属するホルシュタイン・キールは5日、ブレーメンのドイツ人FWフィン・バルテルス(33)を完全移籍で獲得した。契約期間は2022年6月30日までとなる。 キールの下部組織で育ったバルテルスは、2005年にトップチームデビューを果たすと、2007年まで活躍。その後は、当時1部に所属したハンザ・ロストックやザンクト・パウリでのプレー経て、2014年からブレーメンに完全移籍。 中盤から前線にかけて幅広いポジションでプレーできるユーティリティ性を武器に、ブレーメンでは在籍6シーズンで公式戦131試合に出場し24ゴール22アシストを記録。近年はケガに悩まされ、今シーズンは公式戦17試合の出場にとどまっていた。 13年ぶりに古巣復帰を果たしたバルテルスは、クラブの公式サイトで以下のように喜びを語っている。 「故郷のクラブに戻ってこられてとても満足している。クラブやこの街との繋がりは決して切れることのないものだ。キールの活躍については常にチェックしていたし、自分にかかる期待も理解している。私はこれまで培った経験を活かしてキールの成功に貢献できるように努めていきたいと思っている」 2020.08.06 00:16 Thu
twitterfacebook
thumb

降格レッチェ、今季14Gの主将MFマンコースと2023年まで契約延長

レッチェは5日、イタリア人MFマルコ・マンコース(31)と2023年6月まで契約を延長したことを発表した。 カリアリでプロデビューを飾った攻撃的MFのマンコースは、エンポリやベネヴェントを経て、2016年夏にカゼルターナからレッチェに移籍。 レッチェではこれまで公式戦147試合に出場して42ゴール20アシストを記録。一昨シーズンからは主将を務め、2018-19シーズンはセリエBで13ゴール6アシストを記録してレッチェのセリエA昇格に貢献していた。そして2019-20シーズンはセリエAで33試合に出場して14ゴール2アシストを記録するも、チームは最終節で降格の憂き目に遭っていた。 2020.08.05 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

アラベスがパブロ・マチン氏を新指揮官に招へい!

アラベスは5日、パブロ・マチン氏(45)の新監督招へいを発表した。 先月6日にアシエル・ガリターノ前監督を解任したアラベスは、今シーズンのラ・リーガを16位でフィニッシュ。巻き返しを図る新シーズンに向け、イタリア人指揮官のエウゼビオ・ディ・フランチェスコ氏(50)の招へいを目指したが、先日にカリアリの新指揮官に就任した同氏にはオファーを断られていた。 そして、クラブが最終的に選んだのは、これまでジローナ、セビージャ、エスパニョールとプリメーラでの豊富な経験を持つマチン氏だった。 2019年12月にエスパニョールの指揮官を解任されたマチン氏は、今年6月にフアン・マヌエル・リージョ監督が退任した中国スーパーリーグの青島黄海の新指揮官に就任。しかし、同氏は“個人的な理由”から中国には渡らず、先月29日にクラブとの契約を解消していた。 2020.08.05 22:40 Wed
twitterfacebook
thumb

オサスナ、フランクフルトから大型MFルーカス・トロが2年ぶりの帰還! 来季プリメーラデビューへ

オサスナは5日、フランクフルトからスペイン人MFルーカス・トロ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの4年となる。 オサスナの発表によると、移籍金は200万ユーロ(約2億5000万円)となり、今後他クラブに移籍した際の移籍金30%もフランクフルトに支払われるという。また、ラ・リーガ限定で適応される契約解除金は1000万ユーロ(約12億5000万円)に設定されている。 レアル・マドリーのカンテラ、カスティージャでもプレー経験がある188cmの大型ピボーテは、2017年に加入したオサスナで台頭。その翌年に加入したフランクフルトでは度重なるケガに悩まされ、在籍2シーズンで公式戦25試合の出場にとどまっていた。 なお、オサスナでの前回の在籍時はクラブがセグンダ(スペイン2部)を戦っており、ルーカス・トロにとっては新シーズンに初めてプリメーラでプレーすることになる。 2020.08.05 22:15 Wed
twitterfacebook
thumb

シャルケDFスタンブリが2023年まで契約延長 「全力を尽くす」

シャルケが4日、フランス人DFバンジャマン・スタンブリ(29)との契約延長を発表した。新たな契約期間は2023年まで。今季限りで満了する契約を新たに3年延長した形となる。 スタンブリは2010年にモンペリエでプロデビュー後、トッテナム、パリ・サンジェルマン(PSG)を渡り歩き、2016年からシャルケに加わると、公式戦106試合に出場。今季もDFリーダーとしての働きが期待されたが、ブンデスリーガ開幕から全試合出場が続くなかで、第9節のドルトムント戦で負った右足骨折の影響で全休を強いられた。 来季の完全復活が期待されるスタンブリはクラブとの契約延長に際して、「これからもシャルケでプレーできるのがすごく嬉しい。僕がどれだけクラブ、特にファンを大事にしているかは周知の通りだ。良いシーズンにするために全力を尽くす」とコメントしている。 2020.08.05 13:45 Wed
twitterfacebook