ユベントスの新ユニフォームはブラシのようなストライプとゴールドが特徴! 最終節ローマ戦で着用

2020.07.30 22:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
アディダスは30日、ユベントスの2020-21シーズンのホームユニフォームを発表した。

新シーズンに向けたユニフォームは、品格を示すゴールドのエンブレムと、細部までこだわったホームユニフォームは、クラブのDNAを現代的に解釈した真のステートメントだ。

◆ユベントスの2020-21シーズンユニフォーム!

近年のシーズンんで有名なスプリットデザインに従い、象徴的なビアンコネロ(白と黒)のパネルが再登場している。

アートとフットボールの統一からインスピレーションを得て、創造性とアイデンティティが共有されたことを祝い、前面と袖にはユニークなブラシストロークのストライプが施されている。

また、今回はゴールドをブラシストロークとエンブレム、スポンサーロゴに配色している。

新シーズンに向けたユニフォームは1日に行われるセリエA最終節のローマ戦でお露目。30日より、アディダスオンラインショップやユベントスのオンラインストア、および一部のアディダスストアなどで購入が可能となる。



コメント
関連ニュース
thumb

ユベントスがマテュイディの退団を発表…新天地はMLSか

ユベントスは12日、フランス代表MFブレーズ・マテュイディ(33)が双方合意の下で契約を解除したことを発表した。 2017年夏にパリ・サンジェルマン(PSG)からユベントスに加入したマテュイディは、加入初年度からレギュラーに定着すると、ここまで在籍3年で公式戦133試合に出場。 ウェールズ代表MFアーロン・ラムジーやフランス代表MFアドリアン・ラビオが加入した今シーズンもセリエA35試合に出場し、縁の下の力持ちとして、チームのセリエA9連覇に貢献した。 フリーとなったマテュイディには、かつてPSGでチームメイトだったデイビッド・ベッカム氏がオーナーを務めるメジャー・リーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミが獲得に興味を示している。この移籍が実現すれば、両者は7年ぶりの再会となる。 2020.08.13 02:30 Thu
twitterfacebook
thumb

デ・リフトが右肩の手術を実施! 全治3カ月で来季開幕アウトに…

ユベントスは12日、オランダ代表DFマタイス・デ・リフトが右肩の手術を受けたことを発表した。 アヤックスから今季加わり、公式戦39試合に出場して、チームのセリエA9連覇に貢献したデ・リフトだが、昨年11月に肩を脱臼して以降は右肩に問題を抱えていたが、守備陣の負傷離脱が続き、今季最後まで強行出場を続けていた。 ローマのフォルカー・ムシャール医師の執刀の下で行われた手術は無事に成功。クラブは離脱期間について約3カ月と明かしており、来シーズンの開幕に間に合わないことが決定した。 セリエAの覇権こそ守ったものの、悲願のCL制覇をまたしても成し遂げられなかったユベントスは8日、今季から指揮を執るマウリツィオ・サッリ監督の解任を決断。来季からの新指揮官として、U-23の監督を務めるはずだったアンドレア・ピルロ氏を任命している。 2020.08.13 00:50 Thu
twitterfacebook
thumb

リヒトシュタイナーが現役引退…ユベントスではセリエA7連覇に貢献

元スイス代表DFシュテファン・リヒトシュタイナー(36)が12日、自身の公式SNSを通じて現役引退を発表した。 グラスホッパー、リール、ラツィオを経て2011年にユベントスに加入したリヒトシュタイナー。右ウイングバックや右サイドバックとして長らく不動の地位を築き、在籍7シーズンで公式戦通算259試に出場し、7度のセリエA優勝など数々のタイトルに貢献した。 しかし、晩年は思うように出場機会を得ることができず、2018年の夏にユベントスを退団しアーセナルへ加入。その翌年にはアウグスブルクへと完全移籍した。そのアウグスブルクではブンデスリーガ20試合に出場し1アシストを記録。クラブの1部残留に貢献したが、2019-20シーズン限りで契約満了を迎えていた。 また、2006年にデビューしたスイス代表では、歴代5位となる通算108試合に出場し8ゴール7アシストをマーク。3度のワールドカップ(2010,2014,2018)、2度ユーロ(2008,2016)に出場した。 リヒトシュタイナーは12日に自身のツイッター(@LichtsteinerSte)にメッセージ動画を投稿。その中で「僕は自分の将来について多くのことを考えており、サッカー選手としてのキャリアに終止符を打つことを決めた」と、現役引退を決断したことを明かした。 2020.08.12 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

イタリアでの挑戦の記念すべき1ページ!クリロナのユベントス初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがユベントスで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆クリスティアーノ・ロナウドのユベントス初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJWU3JzZWhoOSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> スポルティングでプロデビューを果たしたC・ロナウドは、2003年夏にマンチェスター・ユナイテッドに加入。世界トップクラスの選手として大ブレイクを果たすと、2009年にレアル・マドリーへ移籍し、世界最高の選手の1人としての地位を確立した。 名実ともにマドリーの象徴となっていたC・ロナウドの2018年のユベントス移籍には誰もが驚いたが、イタリアでも変わらぬ活躍を続け、ここまで公式戦89試合で65ゴールと驚異的なスピードでゴールを量産している。 そんなC・ロナウドの記念すべきユベントス初ゴールは、2018年9月16日に行われた、セリエA第4節のサッスオーロ戦で決めたゴールだった。 それまでセリエA3試合連続無得点と、適応に若干苦しんだC・ロナウド。この試合でも決定機を外すなど、らしくない姿を見せていたが、迎えた50分、ついにその時が訪れる。 コーナーキックからチャンスを作ったユベントスは、ボックス内の混戦からDFレオナルド・ボヌッチがシュートを放つ。これは相手にブロックされたものの、ボールの処理に苦戦した相手の一瞬の隙を突き、C・ロナウドがボールを押し込みゴールを決めた。 決して華麗な初ゴールとはならなかったが、これで肩の荷が下りたのか65分にもC・ロナウドがゴールを決め、ユベントスが2-1で試合に勝利している。 2020.08.12 14:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【2019-20セリエAベストイレブン】上位4強から満遍なく選出!

2019-20シーズンのセリエAが8月2日に終了しました。本稿では今季のセリエAベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。 ◆ベストイレブン GK:ハンダノビッチ DF:デ・フライ、ボヌッチ、テオ・エルナンデス MF:デ・ルーン MF: ルイス・アルベルト、ディバラ、アレハンドロ・ゴメス FW:ルカク、インモービレ、C・ロナウド GKサミル・ハンダノビッチ(36歳/インテル) 出場試合数:35(先発回数:35)/失点数:32/出場時間: 3150分 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw07.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ユベントスの優勝に貢献したシュチェスニーも候補に挙がったが、試合数と失点数を考慮し、インテルの守護神を選出。相変わらずのセービング能力の高さで、簡単にゴールを割らせなかった。リーグ最少失点の堅守を誇ったチームの最後の砦として、圧倒的な存在感を未だに放ち続けている。 DFステファン・デ・フライ(28歳/インテル) 出場試合数:34(先発回数:32)/得点数:4/出場時間: 2828分 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw08.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> DFシュクリニアル、急成長したDFバストーニと共に強固な3バックを形成。今季はベテランのDFゴディンが加わったが、コンテ監督は実力者のゴディンではなくデ・フライをディフェンスリーダーに指名し、その期待に見事応えたと言える。 DFレオナルド・ボヌッチ(33歳/ユベントス) 出場試合数:35(先発回数:35)/得点数:3/出場時間: 3085分 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw09.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 復帰2年目の今季、相棒の主将DFキエッリーニが開幕前に長期離脱となった中、ボヌッチがディフェンスリーダーとして、そして代役のキャプテンとしてさすがの存在感を放った。新加入のDFデ・リフトがなかなかチームにフィットせず不安定だった序盤、持ち前のソリッドさと統率力でカバーして見せた。33歳とベテランの域に入ってきた中、コンディションを高いレベルで維持したことも評価したい。 DFテオ・エルナンデス(22歳/ミラン) 出場試合数:33(先発回数:32)/得点数:6/出場時間:2818分 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw010.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 左サイドバックからテオ・エルナンデスを選出。ミランから唯一の選出としたテオ・エルナンデスは、シーズンを通してダイナミックな攻撃参加を武器に存在感を示し続けた。守備の軽さは玉に瑕だが、それを補って余りある攻撃力で6ゴール5アシストを記録。左サイドからのオーバーラップはミランの強烈な武器となった。 MFルイス・アルベルト(27歳/ラツィオ) 出場試合数:36(先発回数:36)/得点数:6/出場時間:3122分 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw012.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 後半戦はやや失速したが、それでも16アシストを記録し、得点王に輝いたインモービレの大半のゴールをお膳立てしてみせた。シーズン開幕前にはセビージャへの復帰が噂されながらもラツィオでの4シーズン目を迎えたスペイン人MFは、抜群の精度を誇るスルーパスを武器に攻撃を操った。 MFマルテン・デ・ルーン(29歳/アタランタ) 出場試合数:35(先発回数:29)/得点数: 2/出場時間:2717分 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw011.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 相棒のMFフロイラーと共にアタランタの中盤を支えた。攻守に幅広く動くフロイラーに対し、デ・ルーンは中盤をコントロールできるMFでチームに絶妙なバランスをもたらした。ハードなスタイルを貫いたチームの中で、疲弊を感じさせずケガなくシーズンを戦い切った点も評価。 FWパウロ・ディバラ(26歳/ユベントス) 出場試合数:33(先発回数:25)/得点数:11/出場時間: 2165分 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw013.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今季開幕前には放出の可能性もあった中、見事な活躍で9連覇に導いた。コロナに感染する逆境にも遭ったが、リーグ再開後は5試合連続ゴールを挙げるなど、逆にギアを上げた。最終的には3トップ中央の位置でのプレーに落ち着いたが、C・ロナウドと良好な関係を保ち、攻撃を牽引した。一定の自由を与えられたファンタジスタは本来の輝きを取り戻し、インテル戦やアタランタ戦といったビッグマッチで貴重なゴールを挙げた。 MFアレハンドロ・ゴメス(32歳/アタランタ) 出場試合数:36(先発回数:34)/得点数:7/出場時間:2860分 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw014.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 躍進アタランタの中心。在籍6シーズン目の10番が今季も躍動した。32歳と円熟味を増した小柄な天才アタッカーは、ルイス・アルベルトと並ぶ16アシストでFWサパタ、FWムリエルらのゴールをお膳立て。リーグ最強の攻撃力を誇るアタランタを象徴する存在だった。 FWロメル・ルカク(27歳/インテル) 出場試合数:36(先発回数:33)/得点数:23/出場時間:2983分 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw015.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 覚醒したFWラウタロ・マルティネスと共にインテルの攻撃を牽引。DFスモーリング同様、ほぼ戦力外扱いでマンチェスター・ユナイテッド退団となった中、自身の価値を改めて証明してみせた。圧倒的なフィジカルを武器にインテルのレジェンドであるヴィエリ氏を思い起こさせるような重戦車ぶりでセリエAの守備陣をなぎ倒し、23ゴールをマークした。 FWチーロ・インモービレ(30歳/ラツィオ) 出場試合数:37(先発回数:36)/得点数:36/出場時間:3176分 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw016.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 堅守速攻を完結させるフィニッシャーとして申し分ない働きを果たした。得意の裏抜けからの正確なシュートでゴールを量産。ルイス・アルベルトとのホットラインもラツィオの十八番となっている。 FWクリスティアーノ・ロナウド(35歳/ユベントス) 出場試合数:33(先発回数:33)/得点数:31/出場時間:2919分 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200805_1_tw017.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 加入2シーズン目の今季もゴールゲッターとしての役割をしっかりと果たした。パフォーマンス自体は決して良いものとは言えなかったが、それでもPKを含め、決定機を確実に仕留め続けて31ゴールを挙げた点は流石の一言。 2020.08.11 18:01 Tue
twitterfacebook