セリエA、新シーズン開幕は10月に? 大幅なフォーマット変更の可能性も

2020.07.30 17:53 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イタリアサッカー協会(FIGC)のガブリエレ・グラビナ会長が、来シーズンのセリエA開幕について言及している。イタリア『ラ・リパブリカ』が伝えた。

残すところ最終節のみとなったセリエA。ユベントスの9連覇が決定し、チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグの出場権の分配も確定した。

そうなると気になるのは新シーズンの開幕時期だが、プレミアリーグやラ・リーガは9月12日、ブンデスリーガは同18日、そして5大リーグで唯一打ち切りとなったリーグ・アンは8月23日に仮決定している。

現時点ではセリエAも9月12日の開幕を目指しているとのことだが、グラビナ会長は8月に控えるチャンピオンズリーグ等の国際大会や9月上旬の代表マッチによる過密日程と、来夏に延期となったユーロ2020に合わせて、早くても9月下旬のスタートに変更するよう意見を唱えている。

また、同会長は来シーズンに限りフォーマットの変更も提案。セリエA全20チームを5チーム4グループ、もしくは10チーム2グループに分けて順位を競わせ、その後に上位12チームと下位8チームに分けて、優勝と残留を決定する方法だ。

この方法で38節分の時間を短縮することを目的としており、今後の会議で検討される見込みだ。
コメント
関連ニュース
thumb

生粋のストライカーは健在!エトーがサンプドリアで見せたクラブ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回は元カメルーン代表FWサミュエル・エトー氏がサンプドリアで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆サンプドリアのエトーが放ったクラブ初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJIdkNlTHB1MiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2000年に加入したマジョルカで頭角を現し、その後バルセロナやインテルのエースとしてゴールを量産した、生粋のストライカーであるエトー氏。その後、ロシアのアンジ・マハチカラやチェルシー、エバートンなどでプレーした後、2015年冬にサンプドリアに加入している。 2015年の夏にトルコのアンタルヤスポルに移籍するまでの半年間で、18試合に出場し、2ゴールを決めているエトーだが、その記念すべき初ゴールは、2015年3月7日に行われた、セリエA第26節、カリアリ戦で決めたゴールだった。 1-0とホームのサンプドリアがリードして迎えた72分、エトーが魅せる。相手ボックス右でボールを持ったMFマティアス・シルベストレからのボールを受け取ったエトー。ゴールに背中を向けた状態でパスを受けたエトーだったが、胸トラップでボールを収めると、振り返りながら強烈な右足を振りぬく。 厳しい角度から放たれた強烈なシュートは、GKのニアポストを抜き、見事なゴールになり、サンプドリアでの初ゴールとなった。 これでリードを2点に広げたサンプドリアは、そのまま2-0で勝利している。 2020.08.13 17:00 Thu
twitterfacebook
thumb

凄いのに凄くない!バッジョが平然と決めた文句なしの一撃【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、元イタリア代表FWロベルト・バッジョ氏がインテル時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆バッジョが平然と決めた文句なしの一撃<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJvV2ozUmF4VSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 1998年にインテルへと移籍したバッジョ氏。すでに全盛期は過ぎており、負傷欠場も少なくなかったが、出番があればしっかりと結果を残した。2000年5月23日のCL出場権プレーオフ、パルマ戦の大活躍でイタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』で10点満点を叩き出したこともあった。 1999年1月24日に行われたセリエA第18節のカリアリ戦では、全盛期と変わらぬ見事なFKを決めている。 アウェイのカリアリに先制を許したインテルだったが、30分にボックス外右でFKを獲得する。キッカーのバッジョは小刻みな助走から丁寧に右足を振り抜くと、ボールは壁を越え、ゴール右上へとそのまま入っていった。スーパーなゴールなのだが凄いのは、いとも簡単に決めてしまっているところだ。 このゴールで追いついたインテルは試合に主導権をつかむと、そこからゴールを量産。バッジョも追加点を奪い、5-1で快勝している。 2020.08.13 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントスがマテュイディの退団を発表…新天地はMLSか

ユベントスは12日、フランス代表MFブレーズ・マテュイディ(33)が双方合意の下で契約を解除したことを発表した。 2017年夏にパリ・サンジェルマン(PSG)からユベントスに加入したマテュイディは、加入初年度からレギュラーに定着すると、ここまで在籍3年で公式戦133試合に出場。 ウェールズ代表MFアーロン・ラムジーやフランス代表MFアドリアン・ラビオが加入した今シーズンもセリエA35試合に出場し、縁の下の力持ちとして、チームのセリエA9連覇に貢献した。 フリーとなったマテュイディには、かつてPSGでチームメイトだったデイビッド・ベッカム氏がオーナーを務めるメジャー・リーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミが獲得に興味を示している。この移籍が実現すれば、両者は7年ぶりの再会となる。 2020.08.13 02:30 Thu
twitterfacebook
thumb

レバークーゼン戦で負傷のサンチェス、右モモ裏肉離れで今季終了か

インテルは12日、チリ代表FWアレクシス・サンチェスの負傷について発表した。 サンチェスは10日に中立地のドイツで行われたヨーロッパリーグ準々決勝のレバークーゼン戦に64分から出場。試合終盤に右足を痛めていたが、すでに3度の交代を済ませており、最後までピッチに立ち続けていた。 クラブの発表によると、サンチェスは右大腿部裏の肉離れと診断されたとの模様。なお、離脱期間については現時点では不明だが、クラブは「今後数週間にわたって経過を見守る」としている。 昨夏、マンチェスター・ユナイテッドからレンタルでインテルに加入したサンチェスは、公式戦では30試合で4ゴール10アシストを記録。契約は今夏までとなっていたが、同選手はインテルへの残留を強く希望し、今月6日にフリーでの完全移籍を果たしていた。 なお、イタリア『スカイ』の見立てによれば、今回のケガによりサンチェスは17日に行われるEL準決勝のシャフタール戦の欠場がほぼ確定。また、勝ち進んだ場合21日に予定されている決勝戦の出場も微妙な状況とのことだ。 2020.08.13 02:00 Thu
twitterfacebook
thumb

デ・リフトが右肩の手術を実施! 全治3カ月で来季開幕アウトに…

ユベントスは12日、オランダ代表DFマタイス・デ・リフトが右肩の手術を受けたことを発表した。 アヤックスから今季加わり、公式戦39試合に出場して、チームのセリエA9連覇に貢献したデ・リフトだが、昨年11月に肩を脱臼して以降は右肩に問題を抱えていたが、守備陣の負傷離脱が続き、今季最後まで強行出場を続けていた。 ローマのフォルカー・ムシャール医師の執刀の下で行われた手術は無事に成功。クラブは離脱期間について約3カ月と明かしており、来シーズンの開幕に間に合わないことが決定した。 セリエAの覇権こそ守ったものの、悲願のCL制覇をまたしても成し遂げられなかったユベントスは8日、今季から指揮を執るマウリツィオ・サッリ監督の解任を決断。来季からの新指揮官として、U-23の監督を務めるはずだったアンドレア・ピルロ氏を任命している。 2020.08.13 00:50 Thu
twitterfacebook