元仏代表FWゴミスがアル・ヒラルとの新契約にサイン! 2022年まで延長

2020.07.25 20:55 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アル・ヒラルは25日、元フランス代表FWバフェティンビ・ゴミス(34)との契約延長を発表した。新たな契約期間は2022年までとなる。

ゴミスはサンテチェンヌ下部組織出身の強靭なフィジカルが魅力のストライカーで、トロワ、リヨン、スウォンジー、マルセイユ、ガラタサライでプレー。2018年から2年契約でアル・ヒラルに活躍の場を移した。

アジアでもその身体能力を生かしてゴールを量産。アル・ヒラルで公式戦通算74試合54得点を誇り、昨季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019でアル・ヒラルのアジア制覇に貢献すると、自身も得点王とMVPに輝いた。

なお、代表キャリアにおいては2008年にフランス代表デビュー。通算12試合3得点を記録している。
コメント
関連ニュース
thumb

ピッポ率いるベネヴェント、セリエA昇格に向けジョビンコを照会

元イタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコ(33)の獲得に2部クラブが動いているようだ。イタリア『イル・マッティーノ』が伝えた。 ユベントス下部組織出身のジョビンコは、エンポリやパルマでもプレー。2015年2月にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のトロントFCへと移籍すると、2019年1月からはサウジアラビアのアル・ヒラルへ活躍の場を移していた。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJkWDJTZnRsciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> これまで、幾度となくイタリア復帰が囁かれているジョビンコだが、古巣のパルマが獲得に乗り出しているとも報じられていた。 そんな中、来シーズンのセリエA昇格に近づいているセリエBのベネヴェントが獲得に興味を示しているとのこと。『イル・マッティーノ』によると、代理人に対してベネヴェントが昇格した際の移籍の可能性について連絡したとされている。 ベネヴェントは、中断前の段階で2位のクロトーネと勝ち点差20でセリエB首位に立っており、昇格をほぼ確実としている。 かつてユベントスやミラン、イタリア代表でも活躍したフィリッポ・インザーギ監督が率いるチームはセリエA昇格に際して補強に動くとされ、ジョビンコをターゲットにしているようだが、どのような動きがあるだろうか。 2020.04.19 21:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ジョビンコにブラジルから誘い…今季はアル・ヒラルで活躍中

サウジアラビアのアル・ヒラルに所属する元イタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコ(33)にブラジルからオファーが届いているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 近ごろイタリア復帰が取り沙汰されているジョビンコに新たな可能性が浮上している。情報によると、バスコ・ダ・ガマがジョビンコの代理人に接触。最初の会談で年俸などの具体的な数字も話し合われたという。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ6WnhjYlJzZSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 2022年12月まで契約を結ぶアル・ヒラルからは600万ユーロ(約7億円)の年俸を受け取っているが、バスコ・ダ・ガマは同額の給与に加えてボーナスも用意する模様。 一方で『ガゼッタ・デッロ・スポルト』はイタリア復帰の可能性も除外しておらず、古巣のパルマやセリエBで断然首位のベネヴェントが候補となっている。 とりわけ、パルマはダニエル・ファッジャーノSD(スポーツ・ディレクター)が獲得を熱望していると言われ、バスコ・ダ・ガマにとって大きなライバルとなりそうだ。 2015年にイタリアを離れトロントFCに加入したジョビンコは、メジャーリーグ・サッカー(MLS)で通算114試合68ゴール41アシストの成績を残し、昨年1月にアル・ヒラルに加入。新型コロナウイルスで中断中の今シーズンは、リーグ戦19試合で6ゴール7アシストの成績となっている。 2020.04.18 18:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ジョビンコ、イタリアに帰還か…古巣パルマが注目

パルマが、サウジアラビアのアル・ヒラルに所属する元イタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコ(33)の獲得に関心を示しているようだ。 今冬に元コートジボワール代表FWジェルビーニョのカタール移籍が取り沙汰されたパルマは、その後釜としてジョビンコにアプローチ。しかし、ジェルビーニョの移籍が破談に終わったことで、ジョビンコの移籍も実現することはなかったようだ。 そんななか、今回イタリア『スカイ・スポーツ』のビデオ通話インタビューを受けたパルマのダニエル・ファッジャーノSD(スポーツ・ディレクター)は、今夏に再びジョビンコの獲得に動くかと問われると、「そのうち分かるよ」と、意味深な笑みを浮かべながらコメントした。 また、同じビデオ通話に参加していたパルマのロベルト・ダヴェルサ監督は「彼はジョビンコについて2年間も私に語ってきたよ」と、ファッジャーノSDが獲得を熱望していることを明かした。 ユベントスの下部組織出身のジョビンコは、2006年にトップチームデビュー。その後は武者修行のためエンポリやパルマなどへのレンタル移籍を経験。2011年7月にパルマが保有権の半分を買い取り完全移籍すると、2011-12シーズンはセリエAで36試合に出場し15ゴールを記録した。 この活躍が認められ、2012年の夏に保有権の半分を買い戻したユベントスに復帰すると、 2012-13シーズンはセリエAで31試合に出場し7ゴールを記録。しかし、徐々に出場機会を失い、2015年1月にトロントFCへフリーで加入。 トロントFCでは、4シーズンでメジャーリーグ・サッカー(MLS)通算114試合出場68ゴール41アシストを記録。移籍初年度にはリーグ初となるMLS最優秀新人賞とMVPのダブル受賞を達成。2019年1月からはアル・ヒラルに活躍の場を移すと、これまで公式戦50試合に出場し12ゴール14アシストを記録している。 2020.04.10 01:01 Fri
twitterfacebook
thumb

ACL王者アル・ヒラル守護神、試合終了間際に会心のPKストップにダメ押しのPK弾!

2019年のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)王者、アル・ヒラルの守護神が国内リーグで圧巻の輝きを放った。イギリス『Caught offside』が伝えている。 昨年行われたACLで浦和レッズを一蹴し、FIFAクラブ・ワールドカップ(CWC)でも4位に入る健闘を見せたサウジアラビア王者のアル・ヒラル。 その強豪を最後尾から支える守護神のGKアブドゥラー・アリ・マヨーフが、5日行われた国内リーグのアル・ライード戦で圧巻の活躍を見せた。 試合はホームのアル・ヒラルがMFカルロス・エドゥアルド、FWバフェティンビ・ゴミスのゴールによって前半で2点のリードを手にした。だが、60分にはPKを決められて点差を縮められてしまう。 さらに、逃げ切り間近の89分にはこの試合2つ目のPKを献上してしまうピンチを迎えた。しかし、この窮地を救ったのが、頼れる守護神だった。 この試合、2度目のPKということもあり、先ほど1本決められたMFモハメド・ フォーズィアルの意図を完璧に読んだアリ・マヨーフは左を狙ったシュートを見事な反応でセーブ。同点のピンチを救った。 さらに、どのような経緯かは不明も後半ラストプレーでチームがPKを獲得すると、今度はPKキッカーの役割を果たしたアリ・マヨーフは落ち着き払った右足のシュートを相手GKの逆にきっちり決めて嬉しいリーグ戦での初ゴールとした。 なお、アリ・マヨーフは2011-12シーズンのサウジ国王杯で一度PKによるゴールを記録しており、個人としては通算2点目となる。 現在のサッカー界ではPK戦などを除きGKがPKキッカーを務めること自体少ないため、1試合でのPKストップとPKによるゴール達成は珍しい記録だ。とりわけ、試合終了間際の6分間での記録達成は非常に稀と言っていいはずだ。 <div id="cws_ad">◆会心PKストップにクールなPK成功<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> 89th min: Al Hilal’s goalkeeper saves a penalty. <br><br> 96th min: Al Hilal’s goalkeeper scores a penalty. <br><br>Yep! Abdullah Al Muaiouf had quite the evening. <br><br>: <a href="https://twitter.com/riyadiyatv?ref_src=twsrc%5Etfw">@riyadiyatv</a> <a href="https://t.co/dzhJocaAyp">pic.twitter.com/dzhJocaAyp</a></p>&mdash; FotMob (@FotMob) <a href="https://twitter.com/FotMob/status/1225142068336648194?ref_src=twsrc%5Etfw">February 5, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> </div> 2020.02.06 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

善戦アジア王者を逆転で退けた南米王者フラメンゴが決勝進出!《クラブ・ワールドカップ》

FIFAクラブ・ワールドカップ(CWC)準決勝のフラメンゴ(ブラジル)vsアル・ヒラル(サウジアラビア)が17日にカタールのカリファ国際スタジアムで行われ、3-1で逆転勝利したフラメンゴの決勝進出が決まった。 コパ・リベルタドーレスを制した南米王者フラメンゴと、2回戦でアフリカ王者エスペランスを退けたアジア王者アル・ヒラルによる決勝進出を懸けた一戦。 今大会初戦に臨むフラメンゴは、GKジエゴ・アウベスやラフィーニャ、フィリペ・ルイスとヨーロッパで活躍した百戦錬磨のベテラン、ガブリエウ・バルボサとデ・アラスカエタ、ブルーノ・エンリケと破壊力抜群のアタッキングユニットが先発に名を連ねた。 一方、アル・ヒラルは1-0で勝利したエスペランス戦から先発2人を変更。初戦でベンチスタートとなっていたゴミスとジョビンコの両エースがスタメンに復帰した。 試合は立ち上がりから猛烈なハイプレスを仕掛けたアル・ヒラルが相手の虚を突きペースを掴む。それでも、最初の決定機はフラメンゴに訪れる。15分、セットプレーの二次攻撃からGKがポジションを空けたところをジェルソンがダイレクトシュートで狙うが、これはわずかに枠の右へ外れた。 一方、良い立ち上がりを見せたアル・ヒラルは直後の16分にアル・ドサリのゴール前の抜け出しからアル・ドサリ、ゴミスとボックス内で決定的なシュートを放つが、これを決め切れない。しかし、18分にはボックス手前のジョビンコを起点に右サイド深くに侵入したアル・ブライクにパスが繋がると、グラウンダーの折り返しをフリーのアル・ドサリが右足ダイレクトシュートで決め切った。 格下と思われた相手にまさかの先制を許す苦しい流れとなったフラメンゴは、ガビゴルを最前線に配した[4-2-3-1]から、ガビゴルとブルーノ・エンリケを2トップで並べた[4-3-1-2]にシステムを変更。 この布陣変更をキッカケに徐々にボールを持てるようになるが、高い組織力とハイインテンシティを誇るアジア王者ノソリッドな守備に苦戦。さしたる決定機を作れない中、フラストレーションを溜める形で前半を終えることになった。 それでも、ハーフタイムを経て戦術面、メンタル面をきっちり整えてきたフラメンゴは後半立ち上がりに追いつく。49分、ボックス手前右のハーフスペースでボールを引き出したエベルトン・リベイロのショートスルーパスに抜け出したブルーノ・エンリケがシュートを匂わせながら左でフリーのデ・アラスカエタにプレゼントパス。これをウルグアイ代表MFが難なく流し込んだ。 この同点ゴールでドーハに大挙した熱狂的なサポーターが沸き立つ中、ようやく本来のアタッキングフットボールを展開する南米王者は畳み掛ける攻めを見せる。だが、アル・ヒラルも前半のように攻撃はうまくいかないものの、守備では粘りの対応で逆転を許さない。 その後はフラメンゴペースも拮抗した状況が続いた中、一瞬の隙を突いた南米王者が逆転に成功する。78分、右サイド深くに侵攻したラフィーニャが絶妙なクロスを上げると、これをニアにフリーで入り込んだブルーノ・エンリケが頭で合わせた。さらに直後の82分にはデ・アラスカエタのスルーパスに抜け出したブルーノ・エンリケがボックス左でグラウンダーのクロスを入れると、これが相手DFのオウンゴールを誘い、瞬く間にリードを2点に広げた。 一方、この連続失点で気持ちが切れたアル・ヒラルは直後にカリージョが相手選手への危険なタックルで一発退場に。この退場が試合の大勢を決することになり、アジア王者を逆転で退けたフラメンゴが決勝進出。21日に行われる決勝では世界王者を懸けてモンテレイ(メキシコ)vsリバプール(イングランド)の勝者と対戦する。 また、善戦も南米王者に屈したアル・ヒラルは、前述の2チームの敗者との3位決定戦に臨むことになる。 なお、同日行われた5位決定戦のアル・サッド(カタール)vsエスペランス(チュニジア)は、エスペランスが6-2で勝利した。この結果、エスペランスの5位、開催国王者アル・サッドの6位フィニッシュが決定した。 試合は立ち上がりからアフリカ王者ペースで進むと、エルフニ、バドリが15分までに2ゴールを奪取。さらに、25分にはボックス内でのハンドでアル・サッドDFアブデルカリムがPKを与えてしまい、このプレーで一発退場に。これを再びバドリが決めた。 その後は数的不利のアル・サッドが2つのPKによるゴールで意地を見せたものの、過密日程の中で数的優位を生かしたエスペランスが、エルフニのハットトリックの活躍などで大会史上最多6ゴールを奪い、対アジア勢初勝利を挙げて今大会を5位で終えた。 2019.12.18 05:00 Wed
twitterfacebook