これぞクローゼ!ドイツのターゲットマンがバイエルンで決めた泥臭い初ゴール【ファースト・ゴールズ】

2020.07.27 21:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。

今回は元ドイツ代表FWミロスラフ・クローゼ氏がバイエルンで決めた最初のゴールだ。

◆クローゼを象徴するような泥臭いクラブ初ゴール!


1999年にカイザースラウテルンでプロデビューしたクローゼは、ブレーメンでの活躍を経て2007年に国内の絶対王者バイエルンへ加入。公式戦150試合に出場し、53ゴールを記録した。

その記念すべきバイエルン最初のゴールは、2007年7月28日に行われた、シャルケとのDFLリーガポカール(DFBスーパーカップの前身)決勝で決めたゴールだった。

0-0で迎えた29分、DFルシオが最終ラインから前線へロングフィードを蹴る。これに反応したクローゼは、シャルケDFと競り合いながらボックス内へ侵入。大きなバウンドで伸びていったボールはそのまま相手GKにキャッチされるかと思われたが、GKの手前でクローゼがボール追いつくと、ギリギリでボールにタッチ。ボールがGKの頭上を越えたところで、クローゼはDFと競り合いながらもGKと入れ替わり、すかさずシュート。ボールは無人のゴールに吸い込まれた。

ちなみに、このGKは現在バイエルンの守護神を務めるドイツ代表GKマヌエル・ノイアー。このシーンでは若干の躊躇が見られるが、今のノイアーが相手であればこのゴールは決まっていなかっただろう。

クラブと代表チームで得点を量産したクローゼを象徴するような泥臭いゴールで、1点をもぎ取ったバイエルン。これが決勝点となり、1-0でシャルケに勝利したバイエルンが、2007年のDFLリーガポカールを優勝している。
コメント
関連ニュース
thumb

“小さなマジシャン”コウチーニョがバイエルンで決めた初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョがバイエルンで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆コウチーニョが親善試合で決めたクラブ初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJVT2RZZHd1TiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2013年1月に加入したリバプールで大ブレイクし、2018年1月にバルセロナへの夢の移籍を掴んだコウチーニョ。しかし、バルセロナでは思うような活躍が見せられず、2019年夏にバイエルンへレンタルで加入した。 バイエルンでは今シーズン公式戦34試合で9ゴールを記録したコウチーニョだが、その記念すべき初ゴールは、2019年8月25日に行われた、プレシーズンマッチ、フィルスホーフェン戦で決めたゴールだった。 アマチュアクラブとの親善試合となったこの試合では、序盤からバイエルンが圧倒的な力の差を見せつける。3-0とリードして迎えた35分、左サイドを突破し、相手ボックス内まで侵入したDFアルフォンソ・デイビスが、FWイバン・ペリシッチへパス。ペリシッチがこれをワンタッチでコウチーニョに落とすと、ゴール正面から狙いすましたシュートをゴール左へ決めてみせた。 これで4点目を奪ったバイエルン。後半さらに力の差は顕著になり、13-1という記録的大勝を収めている。 2020.08.13 14:00 Thu
twitterfacebook
thumb

呪縛からの解放…!フェルナンド・トーレスがチェルシーデビューから903分後にようやく決めたクラブ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回は元スペイン代表FWのフェルナンド・トーレス氏がチェルシーで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆呪縛からの解放…トーレスのチェルシー初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJSdmZxSGdkbyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2001年にアトレティコ・マドリーでデビューしたトーレスは、若きエースとしてブレイクすると、2007年にリバプールへ移籍。加入初シーズンから得点を量産し、一気にリバプールサポーターの心を掴み、爆発的な人気を誇った。 しかし、2011年1月、ライバルクラブのチェルシーへ移籍すると、2012年のチャンピオンズリーグ(CL)優勝を経験するなど、多くのタイトルを獲得した。そんなトーレスは2015年にミランに移籍するまで、公式戦172試合で45ゴールをマークした。 その記念すべき初ゴールは、2011年4月23日に行われた、プレミアリーグ第34節のウェストハム戦で決めたゴールだった。 チェルシー加入後、中々得点を決められず、苦しんだトーレスだったが、1-0とリードして迎えた84分、ついに呪縛が解ける。 カウンターで中央を突破したFWニコラス・アネルカのパスをボックス内で受けたトーレスは、雨を含んだ芝により急に失速したボールに対応し、鋭いターンで相手DFを振りきる。そのままゴール前で反転しながらシュートを放ち、GKの届かないサイドネットに決めてみせた。 ようやくチェルシー初ゴールを決めたトーレス。移籍後初ゴールまで実に903分を要したものの、ようやく呪縛から解放されている。 2020.08.12 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

余りの喜びぶりに監督から喝!?若き日のアルテタがPSGで決めた鮮やかなクラブ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

余りの喜びぶりに監督から喝!?若き日のアルテタがPSGで決めた鮮やかなクラブ初ゴール【ファースト・ゴールズ】 どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はアーセナル指揮官の元スペイン代表MFミケル・アルテタ氏がパリ・サンジェルマン(PSG)で決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆喜びすぎて怒られる!?アルテタのPSG初ゴール!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJIajRTdktSSSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バルセロナの下部組織で育ったアルテタ氏は、トップチームへの昇格は叶わぬまま、2002年にレンジャーズへ移籍。その後、レアル・ソシエダ、エバートンでのプレーを経てアーセナルでプレーし、2016年に同クラブで現役を引退。今シーズンからはアーセナルの監督に就任している。 そんなアルテタ氏だが、バルセロナB時代にはPSGへレンタル移籍を経験しており、1年半の在籍で公式戦53試合5ゴールという数字を残している。その記念すべき初ゴールは、2001年5月12日に行われた、リーグ・アン第33節のリール戦で見せたゴールだった。 0-1とリードを許して迎えた56分、サイドを崩したPSGは、右サイドから中央へクロスを上げる。味方が頭で合わせるも、これは相手DFにクリアされるが、ボックス正面手前でこぼれ球を拾ったアルテタは、豪快なダイレクトミドルシュートを放つ。強烈なシュートは、ボックス内でブロックに入った相手DFに当たり急激に方向を変えると、GKが飛んだ方向とは逆に飛んでいき、見事ゴールイン。ディフレクションがあったのもの、これがアルテタのPSG初ゴールとなった。 これで同点に追いついたPSG。得点を決めたアルテタは大喜びでベンチへ走っていき、選手たちと喜びを分かち合ったが、まだ同点であるためか、当時のルイス・フェルナンデス監督は、背中を掴み、ピッチに戻るよう喝を入れていた。なお、試合は2-2の引き分けに終わっている。 2020.08.12 20:00 Wed
twitterfacebook
thumb

イタリアでの挑戦の記念すべき1ページ!クリロナのユベントス初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがユベントスで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆クリスティアーノ・ロナウドのユベントス初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJWU3JzZWhoOSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> スポルティングでプロデビューを果たしたC・ロナウドは、2003年夏にマンチェスター・ユナイテッドに加入。世界トップクラスの選手として大ブレイクを果たすと、2009年にレアル・マドリーへ移籍し、世界最高の選手の1人としての地位を確立した。 名実ともにマドリーの象徴となっていたC・ロナウドの2018年のユベントス移籍には誰もが驚いたが、イタリアでも変わらぬ活躍を続け、ここまで公式戦89試合で65ゴールと驚異的なスピードでゴールを量産している。 そんなC・ロナウドの記念すべきユベントス初ゴールは、2018年9月16日に行われた、セリエA第4節のサッスオーロ戦で決めたゴールだった。 それまでセリエA3試合連続無得点と、適応に若干苦しんだC・ロナウド。この試合でも決定機を外すなど、らしくない姿を見せていたが、迎えた50分、ついにその時が訪れる。 コーナーキックからチャンスを作ったユベントスは、ボックス内の混戦からDFレオナルド・ボヌッチがシュートを放つ。これは相手にブロックされたものの、ボールの処理に苦戦した相手の一瞬の隙を突き、C・ロナウドがボールを押し込みゴールを決めた。 決して華麗な初ゴールとはならなかったが、これで肩の荷が下りたのか65分にもC・ロナウドがゴールを決め、ユベントスが2-1で試合に勝利している。 2020.08.12 14:00 Wed
twitterfacebook
thumb

クリバリと対人最強CBコンビを組むマノラスが決めた、反撃の狼煙を上げるナポリ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回は、ギリシャ代表DFコスタス・マノラスがナポリで決めた初ゴールだ。 <div id="cws_ad">◆マノラスが決めた反撃の狼煙を上げるナポリ初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJmTzdrTWxYWiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2014年から加入したローマで欧州屈指のDFとして評価を上げたマノラス。2019年夏にはナポリへ移籍すると、DFカリドゥ・クリバリとCBコンビを組み守備力では欧州トップクラスのディフェンスラインを形成している。 今シーズン公式戦34試合に出場し、4ゴールを記録しているマノラスだが、記念すべきナポリ初ゴールとなったのは、2019年8月31日に行われた、セリエA第2節のユベントス戦で決めたゴールだった。 0-3と絶対王者ユベントスに大量リードを許して迎えた66分、ナポリに反撃のチャンスが訪れる。 ナポリが敵陣中央やや左でFKを獲得すると、これをキッカーのDFマリオ・ルイがボックス内にクロス。相手DFとラインの駆け引きに勝利したマノラスは、ベストなポジション取りでこれに合わせる。相手DFのプレッシャーをものともせずにポジションを保つと、ファーポスト側に流れるクロスをヘディングでしっかりとミートし、反撃の狼煙を上げるゴールを決めた。 この得点で流れを変えたナポリは、その後立て続けに2得点。3-3の同点に持ち込むものの、後半アディショナルタイムのオウンゴールで3-4と敗れている。 2020.08.07 14:00 Fri
twitterfacebook