ソシエダ、チームの躍進を支えたMFメリノと2025年まで契約延長

2020.07.22 22:26 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・ソシエダは22日、スペイン人MFミケル・メリノ(24)との契約延長を発表した。新契約期間は2025年6月30日までとなる。メリノはオサスナの下部組織出身。2014年7月にファーストチームへ昇格すると、2016年7月にはドルトムントへと完全移籍した。

2017年7月からはニューカッスルへレンタル移籍を経験。2018年7月に完全移籍すると、そのままレアル・ソシエダへ完全移籍で加入していた。

ブンデスリーガで8試合、プレミアリーグで24試合に出場していたメリノは、ソシエダ加入後は主力としてプレー。ここまで公式戦74試合に出場し10ゴール6アシストを記録。今シーズンはラ・リーガで36試合に出場し5ゴール1アシストと、チームのヨーロッパリーグ出場権獲得に貢献していた。

メリノはクラブとの契約延長について喜びを語り、親切にしてくれたファンや街の人への感謝を口にした。

「僕は落ち着いているし、ファン、同僚、街の人々にとてもよくしてもらった。それは僕に届いており、みんなを幸せにしたい。この契約更新は喜びであり、僕はとても幸せだ。うまく行けば、僕はここに長期滞在することになるだろう」
関連ニュース
thumb

ソシエダ、ボーンマスのスペイン人DFディエゴ・リコを獲得

レアル・ソシエダは26日、ボーンマスのスペイン人DFディエゴ・リコ(28)の獲得を発表した。契約期間は2023年6月までの2年間となっている。 サラゴサでプロデビューを飾り、レガネスで活躍後、2018年にボーンマスに移籍した左サイドバック兼センターバックのディエゴ・リコ。ボーンマスでは公式戦83試合に出場して1ゴール9アシストを記録。昨季はチャンピオンシップ(イングランド2部)で32試合に出場し、主力としてプレーしていた。 2021.07.27 07:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ソシエダDFモンレアルがヒザの違和感再発で離脱、新加入GKライアンは外脛骨負傷で手術

レアル・ソシエダは25日、元スペイン代表DFナチョ・モンレアルとオーストリア代表GKマシュー・ライアンの負傷を発表した。 在籍3年目を迎えるモンレアルは、数年前から問題を抱えていたヒザの違和感が再発。再生治療を行うため、チームからは数週間離脱することとなる。 また、今夏ブライトン&ホーヴ・アルビオンから加入を果たしたばかりのライアンは、21日のトレーニング中に右ヒザを捻ってしまったとのこと。検査の結果、外脛骨に異常が見つかり、26日に関節鏡手術を受けることとなった。なお、離脱期間は明かされていない。 モンレアルは35歳という年齢ながら昨シーズンは公式戦35試合に出場した守備の要。かたやライアンは、正守護神を務めるスペイン人GKアレックス・レミロとのポジション争いも期待されていた実力者と、ソシエダはシーズン開幕前に重要な2選手を失うこととなった。 2021.07.26 18:11 Mon
twitterfacebook
thumb

ラツィオがソシエダのヤヌザイに関心か

ソシエダのベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイ(26)にラツィオ移籍の噂が浮上している。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。 マンチェスター・ユナイテッドの下部組織出身のヤヌザイは、2017年夏にソシエダに加入。初年度から主力として試合に出ていたが、シーズンを追うごとに徐々に存在感が希薄になっている。 昨季はリーグ戦27試合に出場したものの、先発出場は半分以下の12試合のみ。フル出場は一度もなく、準主力という立ち位置だった。 加えて、加入当時に結んだ5年契約も残り1年となり、移籍の噂が浮上。伝えられるところでは、中盤の補強を目指すラツィオのマウリツィオ・サッリ新監督が注目しているようだ。 一方で、スペイン『ムンド・デポルティボ』は、ソシエダは1000万ユーロ未満のオファーは受け付けないと推測。昨今の財政状況では、ヤヌザイにその金額を用意するクラブはなかなか現れないと持論を述べている。 同メディアはまた、ソシエダが来夏のフリー移籍をいとわないと言い切っており、移籍の可能性は低いことを強調している。 ただ、ドイツ方面のメディアによると、ソシエダはヴォルフスブルクのクロアチア代表FWヨシプ・ブレカロに関心を示しているとのことで、その資金繰りが必要になるようだ。 なお、ソシエダは日本代表FW久保建英の移籍先候補として名前が挙がっている。 2021.07.24 16:44 Sat
twitterfacebook
thumb

ソシエダ、久保建英獲得はヤヌザイ退団の場合のみ

日本代表FW久保建英獲得の可能性が浮上したソシエダだが、最優先課題ではないようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 先日、スペイン人ジャーナリストのマルコス・ベニト氏が報じたことで、にわかに盛り上がりを見せた久保の去就問題。2019年夏のレアル・マドリー加入後、ここ2シーズンはマジョルカ、ビジャレアル、ヘタフェをレンタルで渡り歩き、新シーズンも同様にレンタル濃厚と言われている中、その修行先は不透明な状況だった。 ベニト氏によると、14日に久保に向けてオファーを出したとのことだが、ソシエダといえばMFダビド・シルバをはじめ、MFアドナン・ヤヌザイやMFポルトゥ、MFミケル・オヤルサバルなど、久保のポジションにはそうそうたる実力者が揃う。 『ムンド・デポルティボ』もその点を指摘しており、久保への関心はあくまで、契約が残り1年を切り移籍が噂されているヤヌザイへの備え。具体的に獲得に動くのは、同選手が退団した場合のみだという。 26歳のベルギー代表MFにはラツィオが興味を持っているとイタリア方面では言われているが、どのクラブも新型コロナウイルスの影響で財政的ダメージを受けている今、魅力的なオファーはそうそう来ることはないと同メディアは主張。そのため、ヤヌザイは2022年までの契約を全うし、来夏にフリーで移籍する可能性が高く、それに伴って久保のソシエダ入りも現実的と考えられてはいないようだ。 伝えられるところでは久保には他にもオファーが届いており、ヤヌザイが今夏に移籍するとしても、そのタイミングが遅れれば遅れるほど、久保の加入の線も薄くなっていくと推測されている。 2021.07.19 17:43 Mon
twitterfacebook
thumb

久保建英の移籍先候補にソシエダが浮上! ヤヌザイら同ポジションのタレントの去就が鍵か

ソシエダが日本代表FW久保建英(20)の移籍先として浮上した。 2019年夏のレアル・マドリー加入後、ここ2シーズンはマジョルカ、ビジャレアル、ヘタフェをレンタルで渡り歩いた久保。今年1月に加入したヘタフェでは、リーグ戦が佳境を迎えていた第37節のレバンテ戦で決勝弾となったゴラッソでクラブを1部残留に導いた。 新シーズンに向けては4度目のレンタルが濃厚と言われているが、まだどこでプレーするかは不透明な状況。そんな中、スペイン人ジャーナリストのマルコス・ベニト氏によると、ソシエダが14日に久保に向けてオファーを提示したという。 詳しい内容は不明だが、同クラブではMFアドナン・ヤヌザイやMFマルティン・メルケランスの退団が噂されており、その備えとして注目しているようだ。 とはいえ、久保のポジションでは他にもMFダビド・シルバやMFポルトゥ、MFミケル・オヤルサバルなど実力者が控えており、仮に加入した場合、手強いライバルとなりそうだ。 なお、久保には新シーズンから1部に昇格する古巣のマジョルカからの関心も伝えられている。 2021.07.15 22:08 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly