アゼルバイジャン代表にイタリア人指揮官のビアージ氏が就任

2020.07.11 20:25 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アゼルバイジャンサッカー連盟(AFFA)が、イタリア人指揮官のジャンニ・デ・ビアージ氏(64)を代表新監督に招聘することで合意に達した。複数のイタリアメディアが報じている。

ビアージ氏はこれまでに、SPALやブレシア、トリノ、ウディネーゼなどを指揮。レバンテやアラベスといったスペインクラブを率いた経歴もあるが、近年では2011年から2017年にかけてアルバニア代表を指揮したことで知られている。

アルバニア代表では、ユーロ2016の予選でポルトガル代表を下すなどして本戦出場権を獲得。アルバニアがユーロ等のメジャー大会に出場するのは史上2度目のことだった。

一方、アゼルバイジャン代表は、昨年12月にニコラ・ユルチェヴィッチ監督が退任。後任としてロイ・キーン氏の名前も浮上したが、より経験豊富なイタリア人指揮官に託したようだ。なお、契約は2022年のカタール・ワールドカップまでとなっている。

目先の試合は、そのカタール・ワールドカップにつながるUEFAネーションズリーグ2020-21のルクセンブルク代表戦。アゼルバイジャンはリーグCのグループ1に属しており、ルクセンブルクの他、キプロス代表とモンテネグロ代表と同居している。同大会は9月3日に開幕となる。
コメント
関連ニュース
thumb

鳥栖フューチャーズでもプレーした元カメルーン代表キャプテンのタタウ氏が57歳で死去

かつてカメルーン代表のキャプテンも務め、サガン鳥栖の前身である鳥栖フューチャーズでもプレーしたステファン・タタウ氏が亡くなった。57歳だった。イギリス『BBC』が伝えた。 タタウ氏は、カメルーン代表の一員として1990年のイタリア・ワールドカップに出場。キャプテンとしてチームをベスト8へ導いた事で知られている。 また、1994年のアメリカ・ワールドカップにも出場。キャプテンとして3試合に出場していた。 クラブレベルではカメルーンでプレーし、1995年1月からは鳥栖フューチャーズでプレー。2年間プレーし、そのまま現役を引退した。 なお、死因についてはまだ発表されていない。 2020.08.02 21:15 Sun
twitterfacebook
thumb

デ・ビアージ氏がアゼルバイジャン代表監督に就任、契約は2022年まで

アゼルバイジャンサッカー連盟協会(AFFA)は30日、イタリア人指揮官のジョバンニ・デ・ビアージ氏(64)が新監督に就任することを発表した。 デ・ビアージ氏は、これまでブレシアやトリノ、ウディネーゼなど多くのイタリアクラブの他、レバンテ、アラベスのスペインクラブを指揮。2011年12月から2017年6月まではアルバニア代表でも指揮を執っていた。 アルバニア代表としてはユーロ2016に出場。初出場となったチームを率い、フランス、ルーマニア、スイスと同居したものの、グループ3位で敗退していた。 2017年11月にアラベスの監督を退任してからはフリーとなっており、2年半ぶりの現場復帰となる。 契約期間は2022年までとなっており、今シーズンのUEFAネーションズリーグと、2022年のカタール・ワールドカップ予選まで指揮を執る予定とのことだ。 2020.07.31 12:20 Fri
twitterfacebook
thumb

セバージョスがU-21欧州選手権の舞台で放った”超絶バナナシュート”【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回はアーセナルでプレーするスペイン代表MFダニ・セバージョスが、U-21スペイン代表の一員としてU-21欧州選手権2019のグループAポーランド戦で決めたFKだ。 <div id="cws_ad">◆セバージョスがU-21欧州選手権の舞台で放った”超絶バナナシュート”<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJqSjlDZE0xWiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> セバージョスは、各年代のスペイン代表としても活躍。U-19カテゴリでは欧州選手権優勝、2017年のU-21欧州選手権でも準優勝に貢献し、大会最優秀選手に輝いた。 さらに2019年6月に行われたU-21欧州選手権でもスペイン代表の優勝に貢献し、2019年6月22日に行われたポーランド戦では見事なFKを決めている。 優勝候補筆頭のスペインが前半のうちに3点をリードすると、迎えた71分、スペインはゴールのほぼ正面、約23mの位置でFKを獲得する。 セバージョスが擦るように蹴り上げたボールは、強烈なカーブを描いてゴール左隅へと吸い込まれていった。凄まじい変化に相手GKもあきらめの表情を浮かべる一撃だった。 今シーズンは、アーセナルへレンタルされていたセバージョス。現時点では来シーズンはレアル・マドリーへの復帰が既定路線となっているが、その去就にも注目が集まっている。 2020.07.30 16:00 Thu
twitterfacebook
thumb

クロアチア代表をW杯準優勝に導いたダリッチ監督がカタールW杯後まで指揮

クロアチアサッカー連盟(HNS)は23日、ズラトコ・ダリッチ監督(53)との契約を2022年のカタール・ワールドカップ(W杯)後まで延長したことを発表した。 ダリッチ監督は母国クロアチアのリエカで監督キャリアをスタート。その後は、アルバニアのディナモ・ティラナ、クロアチアのスラヴェン・ベルポを指揮した後、アジアに活躍の場を移す。 サウジアラビアのファイサリー、アル・ヒラル、UAEのアル・アインを指揮。2017年10月にクロアチア代表監督に就任していた。 クロアチアを率いては、2018年のロシアW杯でチームを決勝へと導くと、フランスに敗れるも準優勝と好成績を収める。その後のUEFAネーションズリーグでは結果を残せなかったものの、ユーロ2020予選ではグループEで1位となり出場権を獲得していた。 契約を延長することとなったダリッチ監督は、HNSのダボル・シュケル会長への感謝を口にすると共に、誇りを持ってチームを指揮し続けると語った。 「会長、指導者、そして理事会と信頼を示してくれたダボル(・シュケル)に感謝します。新型コロナウイルス(COVID-19)の流行と、ユーロの1年間の延期が決まり、2022年のW杯まで指揮を執ることで同意しました」 「いつも、自分の国の代表チームを率いること以上の名誉はないと言ってきた。そのため、協力を続けることへジレンマはなかった」 「モチベーション、エネルギー、野心に溢れている。そして、そう感じている限り、クロアチア代表を誇りをもって率いる」 2020.07.24 10:50 Fri
twitterfacebook
thumb

パナマ代表監督にトーマス・クリスチャンセン氏が就任

パナマサッカー協会(FEPAFUT)は23日、代表監督にトーマス・クリスチャンセン氏(47)が就任したことを発表した。 デンマーク生まれのクリスチャンセン氏は、選手としてはバルセロナの下部組織出身で、当時のトップチームはヨハン・クライフ監督の下で同じデンマーク人のミカエル・ラウドルップが活躍していた。その背景もあり、現役時代はスペイン代表として2試合の出場記録を持ち、1ゴールも記録している。 晩年にはボーフムやハノーファーなどドイツに活躍の場を移し、ボーフムではブンデスリーガ得点王に輝く活躍を披露している。 2006年の引退後、しばらく期間を空けて2014年にキプロスのAEKラルナカで監督キャリアをスタート。2016年に就任した同国のAPOELでは優勝にも導いている。 近年では、リーズ・ユナイテッドやベルギーのロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズを率いたが、今年5月からフリーの状態が続いていた。 パナマ代表ではアメリコ・ガジェゴ監督が解任されており、クリスチャンセン新監督は2022年のカタール・ワールドカップ出場を視野に、チームを指揮していくことになる。 2020.07.23 18:21 Thu
twitterfacebook