ドイツの今夏の移籍期間が決定! 異例の2段階制採用で10月5日まで

2020.06.30 14:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドイツの今夏の移籍市場は10月5日まで延長されることになった。

通常、ドイツの夏の移籍市場は多くのヨーロッパのリーグと同様に7月1日から8月末までとなっている。

しかし、今シーズンに関しては新型コロナウイルス(COVID-19)による長期に渡るフットボール活動の停止などの影響が大きく、ドイツ国内のレギュラーシーズンは先週末に終了したばかりだ。また、国外の多くのリーグが未だシーズンを完了していないこともあり、コロナ禍での特別なスケジュールを組むことになった。

そして、ドイツサッカー連盟(DFB)は29日、ドイツサッカーリーグ機構(DFL)と国際サッカー連盟(FIFA)との協議の結果、今夏の移籍市場の日程を発表した。

DFBの発表によると、今夏の移籍市場では異例の2段階制を取ることになるという。1回目のウインドーに関しては7月1日の1日限定となり、同期間ではここまでに決定した移籍が承認される。

ただ、各種契約に関しては2020-21シーズンのみの扱いとなり、ドイツ国内の入れ替え戦を含め完了していない2019-20シーズンに新たな登録選手として起用することなどは不可能となっている。

そして、2回目のウインドーは7月15日から10月5日までの約3カ月間となる。なお、締め切り日を10月5日に設定した理由に関しては、2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)の登録期限が10月6日に設定されていることを配慮してのものだという。
コメント
関連ニュース
thumb

トルガン・アザールがドルトムントの新10番に! 23番はジャンが着用

ドルトムントは2日、ベルギー代表MFトルガン・アザールの背番号が「10」に変わったことを公式ツイッターで発表した。 昨夏にボルシアMGからドルトムントに完全移籍したトルガン・アザール。今シーズンは、元日本代表MF香川真司らが背負った「23」を着用しプレーすると、公式戦43試合の出場で7ゴール13アシストと主力として活躍した。 加入初年度から素晴らしい活躍を見せたベルギー代表MFの背番号について、ドルトムントは公式ツイッター(@BVB)で「トルガン・アザールは来シーズンから10番のジャージを着用する」と発表。 また、ドルトムントはこれまでトルガン・アザールが着用していた背番号「23」を今冬にユベントスから加入したドイツ代表MFエムレ・ジャンが着用すると併せて発表した。 なお、背番号「10」は、今シーズンまでドイツ代表MFマリオ・ゲッツェが着用。だが、今シーズン限りでドルトムントとの契約が終了したため、空き番になっていた。 2020.07.03 00:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ブレーメン指揮官、残留懸けた入れ替え戦初戦に向け 「ハイデンハイムを過小評価している人間はいない」

ブレーメンを率いるフロリアン・コーフェルト監督が、1部残留を懸けたハイデンハイムとの入れ替え戦初戦に向けて意気込みを語っている。ドイツ『キッカー』が伝えている。 今シーズン、多くの負傷者の影響などもあり、序盤から低空飛行が続いたブレーメンだが、新型コロナウイルス(COVID-19)による中断期間を経て臨んだ終盤戦では、10試合で中断前の24試合と同じ4勝を挙げる見事な巻き返しをみせ、最終節で17位のデュッセルドルフを勝ち点1差でかわし、16位での入れ替え戦行きを勝ち取った。 その最終節のケルン戦では日本代表FW大迫勇也のドッペルパックを含め、今季最多の6ゴールを挙げており、チーム状態は良好だ。 対するハイデンハイムは今シーズンのブンデスリーガ2部を3位で終えたものの、最終節で優勝チームのビーレフェルトに0-3で大敗しており、やや勢いを失った状態で入れ替え戦初戦を迎えている。 また、両者は昨年10月末に行われたDFBポカール2回戦で対戦しており、その試合ではブレーメンが4-1の圧勝を飾っている。 そういった諸々の事情を鑑みて戦前ではブレーメン優位の声が挙がっているが、2日にホームで初戦を戦うコーフェルト監督は、ハイデンハイムを軽視すべきではないと強い警戒感を抱いている。 「我々のチームの中にハイデンハイムを過小評価している人間は一人もいない。そして、我々は完全に緊張感と集中力を保っている。我々はまだ壁に背を向けている状況にいるのだからね」 「今シーズンは1年を通じて厳しい戦いを強いられ、どん底も味わった。正しい形で批判を浴びることも多かった。したがって、ここから2試合を戦えることをギフトを受け取ったと考えている。どうにか素晴らしい形で締めくくりたいと思っている…」 さらに、前回対戦での大勝という結果は、今回の一戦にアドバンテージを与えることはないと考えている。 「それはかなり前のことだ。そこに再現性はないと思っている。ハイデンハイムは我々を傷つける可能性を持った武器を持つ、非常に挑戦的なチームだ」 また、37歳の青年監督は今回のような残留・昇格を懸けた痺れる戦いを歓迎しているが、自身の指揮官としての経験の少なさを自覚しており、かつて入れ替え戦を経験したことがある同僚に意見を求める周到さも持ち合わせている。 「基本的にオール・オア・ナッシングの状況は好きだ。それに自分たちが優位と捉えられていることも嫌いではないよ。それはつまり、自分たちが相手よりも多くのものを持っているという意味でもあるからだ」 「ただ、私はこういった特別な試合を経験したことがない若造だ。だからこそ、傲慢な気持ちでいてはダメなんだ。だから、この試合に向けて準備をしてきた」 「(入れ替え戦を経験した同僚に対して)戦術的な質問はしていないが、メンタリティやインテンシティ、プレッシャーへの対処法なんかを聞いたよ」 2020.07.02 17:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒに朗報! レンタル期間延長のシックが今季CLの戦い完遂へ!

チェコ代表FWパトリック・シック(24)は、RBライプツィヒの一員として今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)を戦うことが可能となったようだ。ドイツ『sportbuzzer』が報じている。 昨夏にローマからレンタルで加入したシックは、今季ここまでの公式戦26試合に出場して10得点3アシストを記録。ドイツの地で本来のパフォーマンスを取り戻したストライカーは、チームのブンデスリーガ3位フィニッシュに大きく貢献した。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆チェコが誇る100年に1人の逸材!パトリック・シック<br/><div style="margin:0 auto; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJGamowVHdadiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> ただ、ライプツィヒとのレンタル契約は6月末で失効しており、8月初旬に再開されるチャンピオンズリーグ(CL)出場のためには、2900万ユーロ(約35億1000万円)と言われる買い取りオプションの行使あるいは、ローマの許可を取り、CL終了までレンタル期間を延長する必要がある。 そういった中、『sportbuzzer』はローマとライプツィヒ、シックの代理人を務めるパヴェル・パスカ氏の3者による話し合いの結果、レンタル期間を8月末まで延長することで合意に至ったという。 一方、シックの来季以降の去就は未だ不透明となっており、シックの完全移籍交渉に関してはローマが2500万ユーロ(約30億3000万円)を要求しているのに対し、ライプツィヒは2000万ユーロ(約24億2000万円)以上を支払うつもりがないようだ。 ただ、今回のレンタル期間延長はクラブ史上初のCL準々決勝に臨むライプツィヒにとっては朗報だ。同クラブではドイツ代表FWティモ・ヴェルナーがリーグ戦終了と共に、来季加入が決定したチェルシーに旅立っており、加えてもう1人の主力の離脱となれば、大きな痛手となるはずだった。 2020.07.02 16:29 Thu
twitterfacebook
thumb

コロナ危機でも約181億円の増資、ヘルタ・ベルリンが発表

ヘルタ・ベルリンが、このコロナ禍の危機的状況においても増資することが発表された。クラブ公式サイトが発表した。 ヘルタ・ベルリンは、投資会社であるテナー・ホールディングと2019年6月から戦略的パートナーシップを締結。テナー・ホールディングは2回に分けて合計2億2400万ユーロ(約271億円)を投資し、ヘルタ・ベルリンの株式を49.9%取得していた。 今回、これに加えて1億5000万ユーロ(約181億5000万円)を投資することで、テナー・ホールディングは追加で株式を受け取ることになるという。投資のタイミングは2020年7月に5000万ユーロ、10月に1億ユーロとのことだ。これにより、合計66.6%の株式を取得することとなる。 なお、新シーズンに向けてクラブの監督委員会のメンバーには元ドイツ代表GKのイェンス・レーマン氏が就任したことも発表。これはユルゲン・クリンスマン氏が以前勤めていた役職にあたる。 ヘルタ・ベルリンのヴェルナー・ゲーゲンバウアー会長は「さらなる投資の合意を非常に嬉しく思う。テナー・ホールディングの株式がさらに増加したことも嬉しく思う。これは、ヘルタ・ベルリンにとって素晴らしい前進だ。首脳陣の皆さんに感謝したい。ヘルタは過去にないほど、財政面で強固なものとなっている」とコメント。チームの財政面が充実したことを喜んだ。 2020.07.02 11:40 Thu
twitterfacebook
thumb

今季は結果を残した鎌田大地、フランクフルトSDは契約延長に自信「長期契約を締結する」

フランクフルトのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるフレディ・ボビッチ氏が、日本代表MF鎌田大地について言及した。ドイツ『フランクフルター・ルントシャウ』が伝えた。 今シーズンから復帰した鎌田は、ブンデスリーガで28試合に出場し2ゴール6アシスト。ヨーロッパリーグでは9試合で6ゴール2アシストと結果を残し、チームの攻撃を支える働きを見せていた。 鎌田とフランクフルトの契約は2021年6月30日までとなっている中、セリエAクラブへの移籍の噂が常に飛び交っている状況だが、ボビッチ氏は鎌田を高く評価しており、契約延長に自信を見せた。 「前に持ち出す動きでこれだけのクオリティを持ち、カギとなる選手はわずかしかいない。全てが準備をしている段階だ」 「7月中にはこの件を片付けられると確信している。ダイチはここで長期契約を締結する」 鎌田は2017年にサガン鳥栖からフランクフルトへと完全移籍。しかし、なかなか出番をもらえずにいると、2018-19シーズンはシント=トロイデンへとレンタル移籍する。 シント=トロイデンでは、持ち前の攻撃センスを発揮し公式戦36試合で16ゴール9アシストの大活躍。これを受け今シーズンはフランクフルトへ復帰していた。 鎌田が新天地を選ぶのか、それともフランクフルトに滞在することを望むのか。去就に注目が集まる。 2020.07.02 10:40 Thu
twitterfacebook