トンマージ氏がイタリア選手会会長を辞任…

2020.06.30 06:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イタリアサッカー選手協会(AIC)は29日、ダミアーノ・トンマージ氏(46)が会長を辞任したことを発表した。

AICは、公式サイトで以下のように声明を発表している。

「ダミアーノ・トンマージは本日の理事会でイタリアサッカー選手協会の会長を辞任した。理事会はトンマージがここ数年行ってきた仕事に心からの感謝を送りたい」

トンマージ氏は、1999年にAICの役員を務めると2011年5月に43年間務めたセルジオ・カンパーナ前会長の後任としてAIC会長に就任。以降は辣腕を振るっていた。

なおAICによれば、次期会長選が行われるまでは、副会長のウンベルト・カルカーニョ弁護士が代理で会長職を引き継ぐと明かしている。
コメント
関連ニュース
thumb

モーゼスが筋肉系の問題で離脱…次節ボローニャ戦は欠場か

インテルは3日、ナイジェリア代表MFヴィクター・モーゼスの負傷を発表した。 モーゼスは1日に行われたセリエA第29節のブレシア戦(6-0で勝利)に先発出場すると、69分までプレーしていたが、同試合後に負傷が発覚した。 インテルによると、3日の午前中にロッツァーノのヒューマニタス病院で精密検査を実施した結果、左大腿部の屈筋に筋肉疲労が確認されたという。 なお、現時点で離脱期間は明かされていないが、『フットボールイタリア』は5日に行われるセリエA第30節のボローニャ戦は欠場すると伝えている。 1月にチェルシーからインテルにレンタルで加入したモーゼスは、右サイドのバックアッパーとしてセリエAで7試合、ヨーロッパリーグで2試合、コッパ・イタリアで3試合に出場している。 2020.07.04 00:05 Sat
twitterfacebook
thumb

ミランに痛手…カスティジェホが右ハムストリングを負傷…

ミランは3日、スペイン人FWサムエル・カスティジェホの負傷を発表した。 カスティジェホは1日に行われたセリエA第29節のSPAL戦(2-2のドロー)で先発出場を果たしたが、前半の15分過ぎに右足を痛め、負傷交代を強いられていた。 そして、クラブのメディカルスタッフによる精密検査の結果、右ハムストリングにグレード1の損傷を負っていることが発覚した。 ミランは現時点での離脱期間は明かしていないが、1週間以内に再検査を行うことを発表しており、少なくとも1週間以上の離脱が見込まれる。 そのため、今月4日と7日に行われるセリエA第30節と第31節のラツィオ戦、ユベントス戦の欠場が決定的となっている。 2018年夏にビジャレアルから加入したカスティジェホは今シーズン、前半戦こそ出場機会に恵まれなかったが、2020年に入って定位置を確保すると、ここまで公式戦22試合2ゴール4アシストを記録している。 2020.07.03 21:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ペロッティ退場のローマ、ウディネ守護神ムッソの牙城崩せず連敗《セリエA》

ローマは2日、セリエA第29節でウディネーゼをホームに迎え、0-2で敗れた。 前節ミラン戦での敗戦によりチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が遠のいた5位ローマ(勝ち点48)は、ジェコやムヒタリアンがベンチスタートとなった。 15位ウディネーゼ(勝ち点28)に対し、最前線にカリニッチ、2列目に右からカルレス・ペレス、ペロッティ、ジェンギズと並べたローマは、12分に先制される。カウンターを受け、ラザーニャの左クロスに合わせたデ・パウルのボレーは枠を外れたものの、ボックス左のラザーニャに右足ボレーで押し込まれた。 失点したローマは28分、カルレス・ペレスが際どいミドルシュートを浴びせたが、直後にペロッティがベカンの足首を踏み付け一発退場となってしまう。 10人となったローマは35分、ジェンギズの右足ミドルが枠を捉えるも、GKムッソの好守に阻止される。 1点ビハインドで迎えた後半からジェンギズに代えてムヒタリアンを投入したローマは、開始4分に決定機。ディアワラのパスを受けたカルレス・ペレスがボックス左に侵入してシュートに持ち込んだが、GKのセーブに阻まれた。 さらに55分にもカルレス・ペレスがミドルシュートでオンターゲットを記録するも、ここもGKムッソの好守に阻止された。 ムッソの牙城を崩せないローマは70分に失点しかけるも、独走してネットを揺らしたテオドルチクのシュートはオフサイドで助かった。 その後、ジェコを投入したローマだったが、78分に終戦する。デ・パウルにボックス右深くまで侵入されてクロスを折り返されると、最後はネストロフスキに決められた。 このままローマは敗戦。痛恨の2連敗でCL出場への道が更に険しい状況となった。 2020.07.03 06:40 Fri
twitterfacebook
thumb

伏兵パシャリッチ&ゴセンズ弾でアタランタがナポリ撃破!怒涛の7連勝《セリエA》

セリエA第29節、アタランタvsナポリが2日に行われ、2-0でアタランタが勝利した。 4日前に行われた前節ウディネーゼ戦を勝利し、チャンピオンズリーグ出場圏内である4位の座をがっちりとキープしたアタランタ(勝ち点57)は、ウディネーゼ戦のスタメンから2選手を変更。マリノフスキーとハテボエルに代えてデ・ルーンとゴセンズを起用した。 一方、SPALに3-1と快勝した6位ナポリ(勝ち点45)は、CL出場へ12ポイント差のアタランタ相手に必勝が求められる中、メルテンス、インシーニェ、ポリターノの3トップで臨んだ。 ナポリが良い入りを見せた中、徐々にポゼッションを高めたアタランタは16分にアレハンドロ・ゴメスの左足ミドルでゴールに迫った。 その後、相手選手との接触によりオスピナがプレー続行不可能となったナポリは30分にメレトを投入。 そのナポリがハーフタイムにかけてはポゼッションを再び高めたものの、チャンスを生み出すには至らずゴールレスで前半を終えた。 それでも迎えた後半、開始2分にアタランタが先制する。敵陣高い位置でボールを奪い返すと、アレハンドロ・ゴメスの右クロスからパシャリッチが頭で押し込んだ。 さらに55分、流れの中から上がっていたトロイのシュートをボックス左で拾ったゴセンズがシュートを蹴り込み、アタランタに追加点が生まれる。 2点を追う展開となったナポリはメルテンスとインシーニェに代えてミリクとロサーノを投入。そのナポリが前がかっていくも、終盤にかけては守備に徹したアタランタが2-0で勝利。中断を挟んで7連勝としている。 2020.07.03 04:33 Fri
twitterfacebook
thumb

インテルがハキミ獲得を発表! 2025年まで契約締結

インテルは2日、レアル・マドリーのモロッコ代表DFアクラフ・ハキミ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2025年6月までで、移籍金はイタリア『スカイ』によると、4000万ユーロ(約48億3000万円)+成果ボーナス500万ユーロ(約6億円)で、インテルにおけるDF獲得の際にかけた移籍金で最高額になるという。なお、年俸は500万ユーロとのことだ。 レアル・マドリーのアカデミー出身者であるハキミは2018-19シーズンから今季にかけて2年レンタルでドルトムント入りすると、攻撃力が魅力のサイドバックとして公式戦28試合3得点7アシストをマーク。今季はより攻撃性能に磨きがかかり、45試合に出場して9得点10アシストの好成績を収めていた。 そんなハキミを巡ってはレンタル先のドルトムントの他、バイエルンやマンチェスター・シティも獲得に乗り出しているとされてきたが、インテルが争奪戦を制すこととなった。 2020.07.02 23:45 Thu
twitterfacebook