北アイルランド代表の新指揮官が決定! ユーロ2020本選出場を目指す

2020.06.29 14:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アイリッシュ・フットボール・アソシエーション(IFA)は27日、イギリス人指揮官のイアン・バラクロフ氏(49)が北アイルランド代表新監督に就任したことを発表した。

北アイルランド代表は今年4月に前任のマイケル・オニール監督が辞任。ストーク・シティの監督も兼任していた同監督だが、新型コロナウイルスの影響でユーロ2020が来夏に延期されたことを受け、一本に絞ることを決意。辞任発表の際には「今が適切な時期だった。優れたスタッフや素晴らしい選手たちに感謝している」とコメントを残していた。

その後任として白羽の矢がたったバラクロフ氏は、選手としてはレスター・シティの下部組織出身で、グリムズビー・タウンやノッツ・カウンティ、QPRなどでプレー。現役最後のクラブとなったスカンソープ・ユナイテッドではリーグ・ワン優勝も果たし、2008年の引退後はアシスタントコーチとして指導者キャリアをスタート。2010年9月に監督に就任した。

その後はアイルランドのスライゴ・ローバーズやスコットランドのマザーウェルを指揮。2017年からはU-21北アイルランド代表監督に任命された。

バラクロフ新監督は今回の発表に際し、「この仕事に就いたことをとても嬉しく思う。北アイルランド代表の監督になれたことは名誉であり特権だ。これ以上のエネルギーと興奮は味わえないね」とコメントしている。

なお、契約期間は18カ月。最初の関門はユーロ2020とともに延期中にある予選プレーオフのボスニア・ヘルツェゴビナ代表戦。勝てばスロバキア代表vsアイルランド代表の勝者と決勝戦を行うことになる。
コメント
関連ニュース
thumb

ユーロ延期で北アイルランド代表のオニール監督が辞任「今こそが適切な時期」…兼任のストークでは監督継続

アイリッシュ・フットボール・アソシエーション(IFA)は22日、北アイルランド代表のマイケル・オニール監督(50)が辞任したことを発表した。 オニール監督は、2011年12月から北アイルランド代表監督を務め就任から8年が経過。2019年11月からはチャンピオンシップ(イングランド2部)のストーク・シティの監督にも就任し、兼任監督として仕事をしてきた。 3月にはユーロ2020の予選プレーオフとなるボスニア・ヘルツェゴビナ代表戦が控えていたものの、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響で中止に。さらに、ユーロ本大会も1年延期される事態となっていた。 この先、代表チームの活動に関してもしばらく行われないことが見込まれており、オニール監督はこのタイミングこそが辞任すべきタイミングだと考えているようだ。 「慎重に検討し、IFAと話し合った結果、今こそ私が辞任するのに適切な時期であると感じている」 「私はユーロ2020プレーオフの試合でボスニア・ヘルツェゴビナと対戦する北アイルランド代表を率いるチャンスがあり、ユーロに出場するチャンスがあることはありがたかったが、現在の状況では不可能となった」 「2021年のユーロの出場権を得る最高のチャンスとなるだけでなく、新しい監督が8年間の成功を基に、時間をかけて築くこと、そのために協会とチームを可能な限り強力な形で保つことが重要だった」 「私は72試合を通して、幸運にも多くの優れたコーチングスタッフ、メディカルスタッフと協力し、成功し、いくつかの素晴らしい瞬間を共有できた」 「選手については、過去と現在、我々全員に忘れられないほどの高いレベルと素晴らしい経験を提供するのに貢献した、圧倒的なレベルの献身性とプロ意識に感謝します」 北アイルランド代表監督としては、2016年のユーロに初出場。チームをベスト16へ導くと、2018年のロシア・ワールドカップ予選ではプレーオフに進出。今回のユーロ予選でもプレーオフにチームを導いていた。 2020.04.22 22:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ユーロ2大会連続の出場を目指す北アイルランド代表メンバーが発表!《ユーロ2020予選PO》

アイリッシュ・フットボール・アソシエーション(IFA)は、ユーロ2020予選プレーオフに向けた北アイルランド代表メンバー26名を発表した。 マイケル・オニール監督は、DFジョニー・エバンス(レスター・シティ)やMFスティーブン・デイビス(レンジャーズ)、FWカイル・ラファーティ(サンダーランド)、DFジャマル・ルイス(ノリッジ)、DFクレイグ・キャスカート(ワトフォード)らを招集。また、ハート・オブ・ミドロシアンでFW食野亮太郎と同僚のFWリアム・ボイス、FWコナー・ワシントンも招集されている 北アイルランド代表は、26日にボスニア・ヘルツェゴビナと予選PO準決勝を戦い、勝利した場合はスロバキア代表vsアイルランド代表の勝者と決勝を戦う。今回発表された北アイルランド代表メンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆北アイルランド代表メンバー</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">マイケル・マクガバーン</span>(ノリッジ/イングランド) <span style="font-weight:700;">バイリー・ピーコック=ファーレル</span>(バーンリー/イングランド) <span style="font-weight:700;">トレバー・カーソン</span>(マザーウェル/スコットランド) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">マイケル・スミス</span>(ハーツ/スコットランド) <span style="font-weight:700;">シアロン・ブラウン</span>(リビングストン/スコットランド) <span style="font-weight:700;">ジャマル・ルイス</span>(ノリッジ/イングランド) <span style="font-weight:700;">トム・フラナガン</span>(サンダーランド/イングランド) <span style="font-weight:700;">コナー・マクローリン</span>(サンダーランド/イングランド) <span style="font-weight:700;">ジョニー・エバンス</span>(レスター・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">クレイグ・キャスカート</span>(ワトフォード/イングランド) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">マシュー・ケネディ</span>(アバディーン/スコットランド) <span style="font-weight:700;">リアム・ドネリー</span>(マザーウェル/スコットランド) <span style="font-weight:700;">スティーブン・デイビス</span>(レンジャーズ/スコットランド) <span style="font-weight:700;">ジョーダン・ジョーンズ</span>(レンジャーズ/スコットランド) <span style="font-weight:700;">ナイアル・マッギン</span>(アバディーン/スコットランド) <span style="font-weight:700;">ギャビン・ホワイト</span>(カーディフ/ウェールズ) <span style="font-weight:700;">マーク・サイクス</span>(オックスフォード・ユナイテッド/イングランド) <span style="font-weight:700;">ジョーダン・トンプソン</span>(ストーク・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">パディ・マクネア</span>(ミドルズブラ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ジョージ・サビル</span>(ミドルズブラ/イングランド) <span style="font-weight:700;">シェーン・ファーガソン</span>(ミルウォール/イングランド) <span style="font-weight:700;">スチュアート・ダラス</span>(リーズ・ユナイテッド/イングランド) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">カイル・ラファーティ</span>(サンダーランド/イングランド) <span style="font-weight:700;">ジョシュ・マゲニス</span>(ハル・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">リアム・ボイス</span>(ハーツ/スコットランド) <span style="font-weight:700;">コナー・ワシントン</span>(ハーツ/スコットランド) 2020.03.11 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

ニャブリ3発にゴレツカ2発のドイツが圧勝で最終戦を締めくくる!《ユーロ2020予選》

ドイツ代表は19日、ユーロ2020予選グループC最終節で北アイルランド代表をホームに迎え、6-1で圧勝した。 3日前のベラルーシ代表戦でユーロ本選出場を決めた首位ドイツ(勝ち点18)は、ベラルーシ戦のスタメンから6選手を変更。クロースやキミッヒ、ニャブリにギュンドアン、ゴレツカが引き続き先発となった。 [4-2-3-1]を採用したドイツはGKにテア・シュテーゲン、4バックに右からクロステルマン、ジャン、ター、ヘクター、中盤センターにクロースとキミッヒ、2列目に右からゴレツカ、ギュンドアン、ブラントと並べ、最前線にニャブリを配置した。 そのドイツがボールを握る展開となったが7分、CKの流れからルーズボールをゴール正面のM・スミスに強烈なミドルシュートで叩き込まれ、先制されてしまう。 それでもニャブリのボレーシュートやギュンドアンのヘディングシュートで同点弾に迫ったドイツは20分に追いつく。左サイドからヘクターのマイナスクロスをボックス左で受けたニャブリがゴール右上にシュートを決めた。 その後も一方的な展開としていたドイツは前半終盤の43分に逆転する。左サイドを上がったヘクターのクロスをゴレツカがスライディングシュートで流し込んだ。 そして迎えた後半開始2分、3点目を挙げる。キミッヒの浮き球パスでボックス右のスペースを突いたクロステルマンの折り返しを受けたニャブリがこの試合2点目を挙げた。 さらに60分、ブラントのスルーパスを受けたニャブリがボックス左に侵入してハットトリック達成。73分にはゴレツカのミドルシュートも決まったドイツが5-1とすると、追加タイムにはブラントにもゴールが生まれ、終わってみれば6発圧勝で最終戦を大勝で飾っている。 2019.11.20 06:36 Wed
twitterfacebook
thumb

北アイルランドとの上位対決を引き分けたオランダが2大会ぶりの本選出場!《ユーロ2020予選》

オランダ代表は16日、ユーロ2020予選グループC第9節で北アイルランド代表とのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。この結果、オランダが2大会ぶりにユーロ本選出場を決めている。 引き分けか勝利で予選突破となる首位オランダ(勝ち点15)が、勝利すれば最終節のドイツ代表戦に予選突破の望みを繋げられる3位の北アイルランド(勝ち点12)のホームに乗り込んだ一戦。 そのオランダは[4-3-3]を採用し、GKにシレッセン、4バックに右からフェルトマン、デ・リフト、ファン・ダイク、ブリント、中盤センターにF・デ・ヨングとデ・ルーン、トップ下にファン・デ・ベーク、3トップに右からベルフハイス、バベル、プロメスと並べた。 そのオランダは開始5分、アグレッシブな入りを見せた北アイルランドに対し、マゲニスのヘディングシュートでゴールを脅かされる。 ひやりとしたオランダだったが、10分に決定機。ボックス左でプロメスが仕掛けて中へ折り返し、ベルフハイスが合わせたシュートはバーを直撃した。 続く16分にもバベルとプロメスが際どいシュートを浴びせたオランダは、22分にバベルがボックス左に侵入してGKを強襲するシュートを放った。 しかし30分、サビルのシュートがボックス内のフェルトマンの手に当たるとハンドを取られ、PKを宣告されてしまう。だが、キッカーのスティーブン・デイビスのシュートは枠の上に外れて助かった。 ハーフタイムにかけてはこう着状態が続いた中、ゴールレスで迎えた後半もオランダがボールを握った中、56分にバベルのヘディングシュートでGKを強襲。 しかし、その後は攻めあぐねたことで65分にベルフハイスに代えてL・デ・ヨングを投入し、3トップの中央に据えた。 その後も流れは変わらずシュートチャンスを生み出すことができずにいたオランダだったが、終盤にかけても北アイルランドに付け入る隙を見せずに引き分けに持ち込み、最終節を前に2位以上を確定させ、2大会ぶり10度目の本選出場を決めている。 [勝ち点/試合数/得失点] ◎1.ドイツ[18/7/18] ◎2.オランダ[16/7/13] 3.北アイルランド[13/7/1] 4.ベラルーシ[4/8/-12] 5.エストニア[1/7/-19] 2019.11.17 06:44 Sun
twitterfacebook
thumb

オランダが終盤の3発で北アイルランドとの上位対決を逆転で制し首位浮上!《ユーロ2020予選》

オランダ代表は10日、ユーロ2020予選グループC第7節で北アイルランド代表をホームに迎え、3-1で逆転勝利した。 1試合消化が少ない中、2位の北アイルランドを3ポイント差で追う3位オランダは、ファン・ダイクやF・デ・ヨング、デ・リフトら主力を起用した。 エバンスやデイビスらをスタメンで起用してきた北アイルランドに対し、[4-3-3]で臨んだオランダは3トップに右からベルフワイン、デパイ、バベル、中盤アンカーにF・デ・ヨング、インサイドにデ・ルーンとワイナルドゥム、4バックに右からダンフリース、デ・リフト、ファン・ダイク、ブリントと並べた。 そのオランダがポゼッションする展開となり、敵陣で試合を進めたが、守備に専念する北アイルランドを崩すような攻撃は見せられない。 結局、前半終了間際の45分にブリントの左クロスからワイナルドゥムのヘディングシュートでようやくオンターゲットのシュートを記録したオランダだったが、前半のうちにゴールは生まれず0-0で後半へ折り返した。 迎えた後半も攻撃に変化を付けられないオランダは66分にファン・デ・ベークを投入。しかし75分、ブリントのクリアミスを突かれた流れから、デイビスの右クロスをマゲニスにヘディングで押し込まれ、先制されてしまう。 失点を受けてダンフリースに代えてL・デ・ヨングを投入したオランダは81分、マレンの左クロスを受けたボックス中央のデパイが右足アウトでゴール右に流し込み、同点に持ち込んだ。 さらに85分、オランダに逆転のチャンス。デパイの左クロスにマレンが打点の高いヘッドで合わせたシュートは枠の右に外してしまう。 このまま引き分けでも致し方なしかと思われたが、追加タイム1分にオランダが逆転に成功する。左サイドからマレンが右足で上げたクロスをファーサイドのL・デ・ヨングが合わせ、ゴールに押し込んだ。 さらに試合終了間際にもF・デ・ヨングの持ち上がりからデパイが決めて3-1としたオランダが劇的逆転勝利。北アイルランド、ドイツに勝ち点で並び、得失点差で上回って首位に浮上した。 ■グループC順位表■ [試合数/勝ち点/得失点] 1.オランダ[5/12/12] 2.ドイツ[5/12/11] 3.北アイルランド[6/12/1] 4.ベラルーシ[6/4/-7] 5.エストニア[6/1/-16] 2019.10.11 05:58 Fri
twitterfacebook