アルゼンチンサッカー界のレジェンド、カルロス・ビラルド氏がコロナ陽性で入院…

2020.06.28 17:07 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アルゼンチンの伝説的な指揮官、カルロス・ビラルド氏(82)が新型コロナウイルス(COVID-19)で陽性反応が確認され、26日に入院したことがわかった。『ESPN』など複数メディアが伝えている。

1986年のメキシコ・ワールドカップ(W杯)でアルゼンチン代表を優勝に導いたことで知られるビラルド氏は、以前に正常圧水頭症と診断され入院生活を送っている。昨年には2度に渡る脳外科手術を受け、一時危篤が伝えられたが、現在は回復しアルゼンチンの高齢者福祉施設に入居している。

ビラルド氏の親類からの情報によると、同氏が入居している施設では先日からコロナウイルスの感染者が数人出ており、入居者全員に検査を実施したという。

この結果、ビラルド氏は無症状で健康状態に問題はなかったものの、陽性反応が確認されていた。そのため、ブエノスアイレスの地元病院に入院することになった。

現役時代に守備的MFとして母国のサン・ロレンソ、エストゥディアンテスで活躍したビラルド氏は、現役引退後の1971年に古巣エストゥディアンテスの指揮官に就任。国内外のクラブチーム、コロンビア代表指揮官を経て1983年にアルゼンチン代表の指揮官に就任すると、リアリスティックな超守備的な戦術とディエゴ・マラドーナという圧倒的な個の力を生かして1986年のメキシコW杯では同国に優勝をもたらした。

1990年のイタリアW杯ではチームを2大会連続で決勝進出に導くも西ドイツに敗れて大会連覇の偉業は達成できず。アルゼンチン代表の指揮官を退任後はセビージャ、ボカ・ジュニアーズなどを率いたが、2004年のエストゥディアンテス監督退任を機に監督業から距離を置くことになった。

その後はテクニカル・ディレクターとしてアルゼンチン代表をサポートする傍ら、母国のメディアを中心にご意見番としての活躍を続けていた。
コメント
関連ニュース
thumb

1年間で最多91ゴールも、メッシがC・ロナウドに続き史上7人目のキャリア通算700ゴール達成!

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが偉大な記録を樹立した。 バルセロナは6月30日、ラ・リーガ第33節でアトレティコ・マドリーと対戦。試合は2-2の引き分けに終わった。 1-1で迎えた49分にバルセロナがPKを獲得すると、キッカーのメッシはGKヤン・オブラクを相手にパネンカでゴールを決めチームは勝ち越し。このゴールが、キャリア通算700ゴール目となった。 <div id="cws_ad">◆メッシ、通算700ゴールへの軌跡<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJpdXJXdEtuTyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バルセロナのカンテラで育ったメッシは、2005年にプロデビュー。そこから16年目での700ゴールを達成。バルセロナで630ゴール、アルゼンチン代表で70ゴールを記録している。なお、バルセロナの公式サイトによると、親善試合を合わせると735ゴールになるとのことだ。 プロ1年目の2005年はバルセロナで3ゴールを記録。2年目にはバルセロナで10ゴール、アルゼンチン代表として2ゴールを記録。その後は順調にゴール数を伸ばし、キャリア最多は2012年の91ゴール。この年は、バルセロナで79ゴール、アルゼンチン代表として12ゴールを記録していた。なおシーズンをまたぐことになるが、2011-12シーズンはラ・リーガで50ゴール、2012-13シーズンは46ゴールを記録しており、驚異的なペースでゴールを重ねていることがわかるだろう。 なお、これまでのキャリア700ゴール達成者は、ヨーゼフ・ビカン氏、ペレ氏、ロマーリオ氏、フェレンツ・プスカシュ氏、ゲルト・ミュラー氏、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに続く史上7人目。C・ロナウドは2019年10月11日にキャリア700ゴールを達成していた。 ◆リオネル・メッシ 700ゴール内訳 合計ゴール(バルセロナ/アルゼンチン代表) 2005年:3ゴール(3/0) 2006年:12ゴール(10/2) 2007年:31ゴール(25/6) 2008年:22ゴール(20/2) 2009年:41ゴール(38/3) 2010年:60ゴール(58/2) 2011年:59ゴール(55/4) 2012年:91ゴール(79/12) 2013年:45ゴール(39/6) 2014年:58ゴール(50/8) 2015年:52ゴール(48/4) 2016年:59ゴール(51/8) 2017年:54ゴール(50/4) 2018年:51ゴール(47/4) 2019年:50ゴール(45/5) 2020年:12ゴール(12/0) 2020.07.01 08:55 Wed
twitterfacebook
thumb

メッシが1年延期のコパ・アメリカへの想いを告白「受け入れるのが難しかった」

バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(32)がコパ・アメリカ延期について落胆の念を口にした。アルゼンチン『TyC Sports』が伝えている。 メッシの母国アルゼンチンとコロンビアで、今夏に開催予定だったコパ・アメリカだが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、2021年に延期されることが決まっている。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJsaTY0dFNxOSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> かねてより代表でのタイトルを渇望しているメッシは、延期に落胆しながらも、その決定に理解を示した。スポンサー契約を結ぶアディダスの『Mindfulness Matters』キャンペーンのインタビューの中で次のように語っている。 「今年のコパは僕にとって素晴らしい舞台になるはずだったし、とてもワクワクしていた。延期が決まった時は受け入れるのが難しかったが、その判断は理解できる」 また、こちらも新型コロナウイルスの感染拡大を受け3月中旬から中断しているリーグの、再開後の無観客試合に関しても適応は簡単ではないとコメントした。 「グループでのトレーニングは今までの試合に向けてのトレーニングと一緒だ。でも、ファンなしで試合を行うことは1人1人が想像して、準備しなければならない。とても変な感覚になるだろう」 「今シーズンできなくなったことについて、いつまでもこだわってはいられない。未来に向かって前を向くほうが良いことだ。日々のトレーニングのサイクルを取り戻し、チームメイトと顔を合わせ、最初の試合に臨む。最初は変だと感じるだろうが、再び試合で競えることを楽しみにしているよ」 「チームと一体になることが、今までよりも重要になっている。時々みんなで一緒にオンラインでビデオチャットをしたりしているよ。他のみんなとも毎日話している」 2020.05.28 21:15 Thu
twitterfacebook
thumb

イグアインが語る! C・ロナウド&メッシとの共存法とは?

ユベントスに所属する元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが現フットボール界の二大スターとの共存法に言及した。スペイン『アス』が伝えた。 その二大スターとはユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシだ。 イグアインとC・ロナウドはレアル・マドリー時代の4シーズンと、ユベントスでの今季を合わせて約5年間にわたって共闘している。 その一方で、メッシとは2010年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)から3大会連続で長らく共闘した。 そんなイグアインがアルゼンチンのテレビ局『TyC Sports』で2選手との共闘経験からうまく共存する術を語った。 「プレーヤーの謙虚さは色々なクオリティを持った選手とプレーできるということだ。成長するために順応しなくてはならないけど、自分を制限する必要なんてない。レオ(メッシ)やクリスティアーノとプレーするときは彼らに合わせた。それができれば、全てが簡単になる」 「クリスティアーノはレベルの高い選手で、勝者。それは周りに伝染する。彼らはこの10〜11年ぐらい凌ぎを削っている。言葉にならないね。彼らと一緒にプレーすると、勝つ可能性が高くなる。彼らがマークを集めたら、ゴールしやすくなる。利用しなきゃね」 2020.05.23 19:10 Sat
twitterfacebook
thumb

シメオネ監督がアルゼンチン代表指揮に言及「国歌が流れ始めると…」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督がアルゼンチン代表監督について語った。『ESPN』が伝えている。 シメオネ監督は2011年12月に、現役時代の古巣でもあるアトレティコの監督に就任。就任後にチームを立て直し、バルセロナ、レアル・マドリーと対等に渡り合えるチームへ育てると、2011-12シーズンのヨーロッパリーグを制し初タイトルを獲得した。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJpSUoyY0cxSCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> その後も、2012-13シーズンのコパ・デル・レイ、2013-14シーズンのラ・リーガ、2017-18シーズンのヨーロッパリーグなどのタイトルを獲得。2015-16シーズンは世界最優秀監督賞を受賞しており、世界屈指の名将の1人として知られている。 アトレティコ監督就任前には、母国アルゼンチンのクラブやイタリアのカターニャを指揮していたシメオネ監督だが、アルゼンチン代表を指揮することを望む声も多い。しかし、本人は今はまだその時ではないと考えているようだ。 「アトレティコのように、多くの問題を抱えていたが、今では世界最強にとても近づいているように見えるチームを見つけ出すことを人々に説明するのは難しい。なぜなら、それを話しても、アルゼンチンの人々は『それがどうしたんだ? 我々の代表を指揮してほしい』と言うだろうからね。だが、全てがなるようになる」 「もちろん、コパ・アメリカやワールドカップで国歌が流れ始めると、私は怒り、言っているよ。『なぜ(私はそこにいない)』とね」 近年では、国際舞台で結果を残しながらも優勝に届かないことが多いアルゼンチン代表。前線のタレントは豊富なだけに、それを組織するシメオネ監督の姿を見てみたいところだ。 2020.05.18 12:45 Mon
twitterfacebook
thumb

アルゼンチンの2大スターと対峙したカンナバーロが両者を比較「彼は最高の1人ではない。最高だ」

かつてはユベントスやレアル・マドリー、そしてイタリア代表としても活躍したファビオ・カンナバーロ氏が、アルゼンチンの2大スターの比較に持論を展開した。 現在は中国スーパーリーグの広州恒大で指揮を執るカンナバーロ監督。現役時代はナポリの下部組織で育ち、ナポリ、パルマ、インテル、ユベントス、レアル・マドリー、そしてUAEのアル・アハリでプレーした。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJkOWZaMmxPdSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> ナポリユース時代には、現役時代のディエゴ・マラドーナとトレーニングでマッチアップする機会があったカンナバーロ監督。また、マドリー時代にはラ・リーガのライバルクラブとして若き日のバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと対峙している。 マラドーナとメッシというアルゼンチンだけでなく、サッカー界においても最高峰と称される2人とピッチで対峙した数少ない1人であるカンナバーロ氏が、両者の比較についてイギリス『スカイ・スポーツ』のインタビューで語った。 「私はメッシをとてもリスペクトしている。新世代にとって、彼は最高の1人だ」 「でも、マラドーナはフットボールが違ったので、別だ。多くの選手がマラドーナを蹴っていたが、彼はいつもコントロールし、タフだった」 「メッシはトップだが、マラドーナは別世界の男だ。彼を他の選手と比較することは決してしない。ペレは見たことないが、マラドーナは7年間、全ての試合を見ていた」 「彼は最高の1人ではない。最高だ」 どちらとも対峙したことのあるカンナバーロ氏にとっては、両者は別物でありながらも、マラドーナを超える存在はいないと感じていたようだ。 2020.05.10 15:10 Sun
twitterfacebook