イタリア、21歳女子選手が交通事故で死去

2020.06.26 18:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イタリア女子サッカークラブのリオツェーぜに所属していたアリアナ・ヴァローネが24日に交通事故で亡くなった。21歳だった。

イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などの情報によると、ヴァローネは24日早朝にバイクを走らせていたところ、ハンドルの制御が効かなくなりトラックと衝突。その衝撃は凄まじく、即死だったと報告されている。

ミランの女子チームにも所属していたヴァローネは、2017年にリオツェーぜに加入。昨シーズンはセリエCで優勝し、今季からセリエBで戦っていた。

ポジションはMFで、繊細かつダイナミックなプレーが印象的だったというヴァローネ。目標とする選手はアンドレス・イニエスタとジェンナーロ・ガットゥーゾだと以前語っていたようだ。

この投稿をInstagramで見る

COPPA ITALIA 11/05/2019

Varone Arianna(@varonearianna)がシェアした投稿 -

コメント
関連ニュース
thumb

【セリエA第30節プレビュー】トリノ・ダービーやラツィオvsミランの好カード開催!

ミッドウィークに行われた前節、首位ユベントスと2位ラツィオが揃って勝利し、両チームの4ポイント差が維持された。迎える第30節は土曜にトリノ・ダービーとラツィオvsミラン、月曜にナポリvsローマの太陽ダービーが組まれ、好カード満載となっている。 3試合連続のC・ロナウド&ディバラのアベック弾でジェノアに快勝した首位ユベントス(勝ち点72)は、2連敗中の14位トリノ(勝ち点31)とのダービーに挑む。再開後のリーグ戦3連勝と、9連覇へ向けて勝負強さを見せつけているユベントスは、絶好調のディバラと試合毎に調子を上げているC・ロナウドのコンビで地元のライバル撃破といきたい。 続いてトリノ・ダービー後に行われるラツィオvsミラン。トリノに逆転勝利し、2戦連続での逆転劇となってユベントスを追走する2位ラツィオ(勝ち点68)。難しい展開を強いられながらも勝ち切っているここ2試合を見れば、地力が付いていることを証明している。ミランを下し、更なる勢いに乗れるか。 一方、最下位SPALに何とかドローに持ち込む形となった7位ミラン(勝ち点43)は、イブラヒモビッチが途中出場で復帰。カスティジェホの負傷は痛いが、戻ってきた大黒柱がチームに勝利をもたせるかに注目だ。 サンチェスの躍動などで6発圧勝とした3位インテル(勝ち点64)は、冨安ボローニャとのホーム戦に臨む。前節ブレシア戦ではルカクやエリクセンをベンチスタートとした中、余裕の圧勝劇を飾った。首位ユベントスとは8ポイント差とまだまだ逆転スクデットへの望みがある中、圧勝の勢いを持続できるか。 対する11位ボローニャ(勝ち点38)は前節カリアリとの中位対決を1-1で引き分けた。ヨーロッパリーグ出場圏内の7位ミランとの5ポイント差は維持したが、何とか勝ち点を持ち帰り、欧州カップ戦出場の望みをつなぎたい。冨安としてはインテルの強力2トップをいかに抑え込むかがポイントとなる。 レッチェとの残留争いをフル出場で勝利に貢献したサンプドリアの吉田。そのサンプドリアは今節も19位SPALとの残留争いに臨む。降格圏の18位レッチェと4ポイント差を付けた中、今節も残留を争う相手を下して一気に安全圏に浮上したいところ。吉田の守備の統率に期待だ。 最後に月曜に行われる5位ナポリvs6位ローマ。4位アタランタが好調で、共にCL出場権獲得が難しい状況となっているが、打ち合いの好ゲームを期待したい。 ◆セリエA第30節 ▽7/4(土) 《24:15》 ユベントスvsトリノ 《26:30》 サッスオーロvsレッチェ 《28:45》 ラツィオvsミラン ▽7/5(日) 《24:15》 インテルvsボローニャ 《28:45》 サンプドリアvsSPAL ブレシアvsヴェローナ カリアリvsアタランタ パルマvsフィオレンティーナ ウディネーゼvsジェノア ▽7/6(月) 《28:45》 ナポリvsローマ 2020.07.04 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

まるで優雅なダンス! フェイント1つで3人を抜くジダンのエレガントゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はレアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督がユベントス時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆3人を騙すジダンのエレガントな切り返し<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJBSGhBZnliViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> カンヌでのデビュー後、ボルドーで頭角を現したジダン氏は、1996年から、レアル・マドリーへと移籍する2001年までユベントスでトップ下として活躍。在籍5年で公式戦212試合に出場し31ゴール36アシストを記録している。 いくつもの名ゴールを決めているジダン氏だが、2000年の1月23日に行われたセリエA第18節のレッジーナ戦でのゴールも圧巻だった。 1-0とユベントス1点リードの64分、ユベントスは敵陣左サイドでスローインを得る。スローインを受けたジダンは、ダイレクトでFWアレッサンドロ・デル・ピエロに渡し、そのままワンツーで抜け出す。 ペナルティアーク付近まで侵入したジダンは、シュートフェイントで3人のDFを一気にかわすと、左足に持ち替え、ボックス内へと侵入。最後は左足でゴール左上に強烈なシュートを叩き込んだ。 3人を騙したシュートフェイントはもちろん、その後の持ち替えやフィニッシュもすべてがワールドクラスで、これぞジダンというエレガントなゴールだった。 2020.07.04 12:40 Sat
twitterfacebook
thumb

モーゼスが筋肉系の問題で離脱…次節ボローニャ戦は欠場か

インテルは3日、ナイジェリア代表MFヴィクター・モーゼスの負傷を発表した。 モーゼスは1日に行われたセリエA第29節のブレシア戦(6-0で勝利)に先発出場すると、69分までプレーしていたが、同試合後に負傷が発覚した。 インテルによると、3日の午前中にロッツァーノのヒューマニタス病院で精密検査を実施した結果、左大腿部の屈筋に筋肉疲労が確認されたという。 なお、現時点で離脱期間は明かされていないが、『フットボールイタリア』は5日に行われるセリエA第30節のボローニャ戦は欠場すると伝えている。 1月にチェルシーからインテルにレンタルで加入したモーゼスは、右サイドのバックアッパーとしてセリエAで7試合、ヨーロッパリーグで2試合、コッパ・イタリアで3試合に出場している。 2020.07.04 00:05 Sat
twitterfacebook
thumb

ミランに痛手…カスティジェホが右ハムストリングを負傷…

ミランは3日、スペイン人FWサムエル・カスティジェホの負傷を発表した。 カスティジェホは1日に行われたセリエA第29節のSPAL戦(2-2のドロー)で先発出場を果たしたが、前半の15分過ぎに右足を痛め、負傷交代を強いられていた。 そして、クラブのメディカルスタッフによる精密検査の結果、右ハムストリングにグレード1の損傷を負っていることが発覚した。 ミランは現時点での離脱期間は明かしていないが、1週間以内に再検査を行うことを発表しており、少なくとも1週間以上の離脱が見込まれる。 そのため、今月4日と7日に行われるセリエA第30節と第31節のラツィオ戦、ユベントス戦の欠場が決定的となっている。 2018年夏にビジャレアルから加入したカスティジェホは今シーズン、前半戦こそ出場機会に恵まれなかったが、2020年に入って定位置を確保すると、ここまで公式戦22試合2ゴール4アシストを記録している。 2020.07.03 21:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ペロッティ退場のローマ、ウディネ守護神ムッソの牙城崩せず連敗《セリエA》

ローマは2日、セリエA第29節でウディネーゼをホームに迎え、0-2で敗れた。 前節ミラン戦での敗戦によりチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が遠のいた5位ローマ(勝ち点48)は、ジェコやムヒタリアンがベンチスタートとなった。 15位ウディネーゼ(勝ち点28)に対し、最前線にカリニッチ、2列目に右からカルレス・ペレス、ペロッティ、ジェンギズと並べたローマは、12分に先制される。カウンターを受け、ラザーニャの左クロスに合わせたデ・パウルのボレーは枠を外れたものの、ボックス左のラザーニャに右足ボレーで押し込まれた。 失点したローマは28分、カルレス・ペレスが際どいミドルシュートを浴びせたが、直後にペロッティがベカンの足首を踏み付け一発退場となってしまう。 10人となったローマは35分、ジェンギズの右足ミドルが枠を捉えるも、GKムッソの好守に阻止される。 1点ビハインドで迎えた後半からジェンギズに代えてムヒタリアンを投入したローマは、開始4分に決定機。ディアワラのパスを受けたカルレス・ペレスがボックス左に侵入してシュートに持ち込んだが、GKのセーブに阻まれた。 さらに55分にもカルレス・ペレスがミドルシュートでオンターゲットを記録するも、ここもGKムッソの好守に阻止された。 ムッソの牙城を崩せないローマは70分に失点しかけるも、独走してネットを揺らしたテオドルチクのシュートはオフサイドで助かった。 その後、ジェコを投入したローマだったが、78分に終戦する。デ・パウルにボックス右深くまで侵入されてクロスを折り返されると、最後はネストロフスキに決められた。 このままローマは敗戦。痛恨の2連敗でCL出場への道が更に険しい状況となった。 2020.07.03 06:40 Fri
twitterfacebook