中村俊輔も在籍したレッジーナ、ミランで本田圭佑と共闘した元フランス代表FWメネーズを獲得

2020.06.24 12:16 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエCのレッジーナは23日、元フランス代表FWジェレミー・メネーズ(33)を獲得した。契約期間は3年となる。

メネーズは、ローマやパリ・サンジェルマン(PSG)、ミラン、ボルドー、アンタルヤスポルなどでプレー。2019年9月にリーグ・ドゥ(フランス2部)に所属するパリFCに加入。リーグ戦17試合に出場し、4ゴール4アシストの活躍を見せていたが、6日に退団が発表されていた。



メネーズにとって、ミラン以来4年ぶりのイタリア復帰となる。
コメント
関連ニュース
thumb

ヘルタ・ベルリンがフローニンヘンの元U-21オランダ代表DFゼーファイクを長期契約で獲得

ヘルタ・ベルリンは6日、フローニンヘンの元U-21オランダ代表DFデヨファイシオ・ゼーファイク(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は長期とのことだ。 ゼーファイクは、アヤックスの下部組織出身。2017年7月にファーストチームへ昇格すると、2018年1月からフローニンヘンにレンタル移籍。2018年7月には完全移籍を果たしていた。 主戦場は右サイドバックで、フローニンヘンでは公式戦73試合で1ゴール6アシストを記録。今シーズンはエールディビジで26試合に出場し2アシストを記録していた。 ゼーファイクは、これまで世代別のオランダ代表でプレー。U-21オランダ代表としても6試合で1ゴールを記録していた。 2020.08.06 20:45 Thu
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、ブラジルの逸材FWグスタボ・マイアを獲得! 契約解除金は3億ユーロ

バルセロナは6日、サンパウロからブラジル人FWグスタボ・マイア(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの5年となる。また、契約解除金は3億ユーロ(約375億円)に設定されている。 なお、セグンダB(スペイン3部)に所属するバルセロナBに登録されるマイアに関して、バルセロナは100万ユーロ(約1億2500万円)の手付金をすでに支払っており、今回追加で350万ユーロ(約4億3700万円)を支払ったことで、交渉が完了した。 サンパウロの下部組織出身のマイアは左ウイングを主戦場とする小柄なアタッカー。トップチームデビューは果たせていないが、相手の逆を取る巧みなドリブルや質の高い右足のキックを特長とする逸材だ。 過去にはU-16、U-17とブラジルの世代別代表チームにも招集されていた。 <div id="cws_ad">◆バルサBに逸材加入!<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">[ÚLTIMA HORA] Incorporación de Gustavo Maia <a href="https://twitter.com/hashtag/Bar%C3%A7aB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BarçaB</a> <a href="https://t.co/Ds2SWQG5VQ">https://t.co/Ds2SWQG5VQ</a></p>&mdash; FC Barcelona B (@FCBarcelonaB) <a href="https://twitter.com/FCBarcelonaB/status/1291283327748538368?ref_src=twsrc%5Etfw">August 6, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.08.06 19:45 Thu
twitterfacebook
thumb

インテル、ユナイテッドからレンタル中のチリ代表FWサンチェスをフリーで獲得!

インテルは6日、マンチェスター・ユナイテッドからチリ代表FWアレクシス・サンチェス(31)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。 なお、契約期間は2023年6月30日までの3年契約となる。 <div id="cws_ad">◆サンチェス、インテル加入後に見せた輝き<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ2VUR0OW9kZSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> サンチェスはチリのコブレロアでキャリアをスタート。その後は、ウディネーゼ、コロコロ、リーベル・プレートでプレーし、2011年7月にバルセロナへと完全移籍していた。 バルセロナでは公式戦141試合で47ゴール36アシストを記録すると、2014年7月にはアーセナルへ完全移籍。アーセナルでは公式戦166試合で80ゴール45アシストを記録していた。 2018年1月にはストライカーの玉突き人事もあり、ユナイテッドへと移籍。しかし、ユナイテッドでは思うような結果が出ず、今シーズンからインテルへレンタル移籍していた。 今シーズンのサンチェスは、セリエAで22試合に出場し4ゴール9アシスト。公式戦では30試合で4ゴール10アシストを記録。なかなか結果を残せない時期が続いたが、中断明けはゴールとアシストで10ゴールに直接絡み、調子を取り戻していた。 2020.08.06 18:32 Thu
twitterfacebook
thumb

ミラン、リヨン退団のU-20フランス代表SBを獲得! 5年契約を締結

ミランは5日、U-20フランス代表DFピエール・カルル(20)の加入を発表した。契約期間は2025年6月30日までの5年となる。 現在、スウォンジーでプレーするFWアルド(24)、ACアジャクシオのDFジェデオン(22)という2人の兄と共にリヨンの下部組織で育ったカルルは、アスリート能力と高精度の右足を兼備した逸材DFだ。 主戦場は右サイドバックだが、184cmの恵まれた体躯を誇りセンターバックや左サイドバックでもプレー可能だ。ユースチームで絶対的な主力に君臨し、ゲームキャプテンも託されるカルルだが、トップチームでは今年2月のアミアン戦でベンチ入りを果たしただけで公式戦デビューは果たしていなかった。 リヨンは来季のトップチームの構想に含めており、慰留に努めていたが、最終的に契約延長には至らず。そして、フリーで獲得可能となった逸材に関してはバイエルンやセビージャなども獲得に乗り出していたが。 そういった中、テクニカル・ディレクターを務めるパオロ・マルディーニ氏が直接獲得交渉に関与したと言われるミランが、逸材の獲得レースを制した。 今年6月半ばの時点でメディカルチェック受診や契約面での合意が伝えられていたカルルだが、約1カ月半後のこのタイミングでの公式発表となった。 2020.08.06 13:32 Thu
twitterfacebook
thumb

降格のボーンマス、リバプール下部組織出身のオーストラリア代表DFスミスが退団

ボーンマスは5日、オーストラリア代表DFブラッド・スミス(26)の契約満了を発表した。 スミスは、リバプールのアカデミー出身で2016年1月にファーストチームに昇格。左サイドバックを主戦場としていたが、公式戦11試合の出場にとどまり、2016年7月にはボーンマスに完全移籍で加入していた。 ボーンマスでは公式戦で11試合の出場にとどまり、近年はメジャーリーグ・サッカー(MLS)のシアトル・サウンダーズやカーディフへレンタル移籍を経験。なお、シアトル・サウンダーズでは2019シーズンのMLSカップで優勝を果たしていた。 2020.08.06 11:47 Thu
twitterfacebook