リーグ・アン、来季も20チーム制維持! LFP総会で承認

2020.06.23 20:38 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランス・プロリーグ機構(LFP)の総会が23日に行われ、2020-21シーズンのリーグ・アンの20チーム制維持が正式に承認された。

新型コロナウイルスの感染拡大によって、4月30日に打ち切りが決まったリーグ・アン。最終順位はその時点での平均獲得勝ち点数によって決められ、パリ・サンジェルマンの優勝と、19位アミアン及び20位トゥールーズの降格が決定した。

その後、同じく打ち切りとなった一部の国外リーグで導入されている降格一時廃止の救済措置によって、来シーズンを22チーム制で戦うプランが提案されていた。

しかし、23日に行われたLFPの総会で行われた投票では、来シーズンの20チーム制維持案に74.49パーセントの票が入り、アミアンとトゥールーズの降格が正式に決定した。

なお、LFPのプレスリリースによると、今回の20チーム制維持の背景には日程面や選手の健康への配慮、テレビ放映権を持つ放送局との契約の調整という面が大きく影響したという。

ただ、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、降格無効を訴えているアミアンの裁判は終了しておらず、今後も法廷での戦いが続く見込みだという。
コメント
関連ニュース
thumb

分かっていても止められない!“重戦車”ヤヤ・トゥーレがモナコ時代に個の力のみで生み出したゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレがモナコ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆まさに重戦車!驚愕のドリブルゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJrUEtNSHpXciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 母国コートジボワールで見出され、ベルギーのベフェレンでプロデビューを飾ったヤヤ・トゥーレは、その後ウクライナ、ギリシャを渡り歩き、2006年のドイツ・ワールドカップ(W杯)での活躍をきっかけにモナコへ加入し欧州5大リーグデビュー。ブレイクを果たすと、バルセロナ、マンチェスター・シティで活躍した後、再びギリシャや中国でもプレーしている。 ヤヤ・トゥーレと言えば、一度トップギアに入ると誰も止めることができないパワフルなドリブルと強烈なシュートで“重戦車”との愛称で知られているが、2006年9月30日のリーグ・アン第8節のル・マン戦では、まさに重戦車というソロゴールを決めている。 ハーフライン上で味方のボールを受けたヤヤ・トゥーレは、そのままドリブルを開始。相手の守備により一度はドリブルをストップするも、前後に相手を揺する大きなターンで再び前を向くと、さらにドリブル突破。相手の2人がかりでの必死の守備をものともせず、ボックス左に侵入するとそのまま一気に深部へ突入し、ファーサイドのネットへ正確かつ力強いシュートを突き刺した。 バルセロナやシティでの活躍が有名なヤヤ・トゥーレだが、モナコ時代からそのパワフルな突破の片鱗をうかがわせる見事なゴールだった。 2020.07.10 17:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ラツィオのコソボ代表MFベリシャがスタッド・ランスへ完全移籍、4年契約を締結

スタッド・ランスは9日、ラツィオのコソボ代表MFヴァロン・ベリシャ(27)が完全移籍で加入することを発表した。契約期間は4年間となり、背番号は14に決定した。 ベリシャは、ノルウェーでキャリアをスタート。エーゲルスンやバイキングでプレーしたのち、2012年7月にレッドブル・ザルツブルクへ移籍した。 ザルツブルクでは、233試合に出場し45ゴール65アシストを記録。そこでの活躍が評価され、2018年7月にラツィオへと完全移籍した。 しかし、ラツィオでは思うような出場機会を得られず。今シーズンもベンチに座ることが増えると、今年1月にブンデスリーガで残留争いをしていたデュッセルドルフへレンタル移籍。デュッセルドルフではレギュラーとしてプレーするも、最終節はベンチスタートに。しかし、チームはウニオン・ベルリンに敗れ、ブレーメンに抜かれて2部への自動降格が決定していた。 2020.07.10 09:45 Fri
twitterfacebook
thumb

元チェルシーFWカクタ、古巣ランスへ13年ぶりに復帰

RCランスは9日、かつてチェルシーにも在籍したアミアンのフランス人FWガエル・カクタ(29)をレンタルで獲得したことを発表した。 チェルシーユース出身のカクタは、16歳までRCランスの下部組織に在籍。13年ぶりの古巣復帰となる。 チェルシーでトップチーム定着を果たせなかったカクタは、度重なるレンタル移籍を経て、セビージャや中国の河北華夏、ラージョ・バジェカーノに完全移籍。今季はリーグ・アン24試合で2ゴール5アシストとまずまずの成績を残したものの、アミアンはリーグ戦打ち切りにより、無念の降格が決定していた。 一方でRCランスはリーグ・ドゥ2位で、6シーズンぶりにリーグ・アンへの昇格が決まっており、カクタは新シーズンも1部でプレーを継続することになった。 2020.07.10 02:00 Fri
twitterfacebook
thumb

クラブ歴代最多200ゴールのカバーニがPSGで決めた初めての得点【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『First Goals』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニがパリ・サンジェルマン(PSG)で決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆積み重ねた200ゴールの始まりはこのミドル<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ4R3paMmR2SSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2013年夏にナポリからPSGに加入したカバーニは、これまで公式戦301試合に出場し、クラブ歴代最多の200ゴールを決めてきた。 その一つ目のゴールが、2013年8月18日に行われたリーグ・アン第2節のアジャクシオ戦だった。 移籍後のリーグ戦初先発となったカバーニだが、PSGはアジャクシオに先制を許す。敗戦濃厚となった86分、ボックス手前でカバーニがMFエルヴァン・オンジェンダのパスを受けると、切り返しで相手DFをかわす。そのままペナルティーアークから左足を振り抜くと、見事なシュートがゴール左上に突き刺さり、チームを救った。 移籍初年度から、長らくチームの主砲を務めてきたカバーニだが、PSGとの契約が6月末で終了。インテルやニューカッスル、メジャーリーグ・サッカー(MLS)、ボカ・ジュニアーズなど、様々な新天地候補の名前が挙がっている。 2020.07.09 19:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ニース、生え抜きの逸材CBマラン・サールが退団…

ニースは8日、U-21フランス代表DFマラン・サール(21)の退団を発表した。フランス『レキップ』が伝えている。 ニースとの契約が先月末に終了していたサールは、すでに今年4月の時点で今季限りでの退団を明言していた。しかし、コロナ禍でサポーターとの別れの場を設けることができなかったこともあり、クラブの公式SNSを通じて改めて別れのメッセージを残した。 「僕はこれからも一生涯、ニースのプレーヤーであり続けるよ。それは当然のことさ」 「僕はここでキャリアをスタートし、これまでずっとこの土地で暮らしてきた。ニースは僕にとって故郷のクラブであり、心のクラブなんだ。そして、永遠に心の中にあり続けるよ」 2016年夏に智将ルシアン・ファブレ監督(現ドルトムント)の下、17歳でトップチームデビューを飾ったサール。左サイドバックでもプレー可能なスピードと、高精度の左足のキックを武器に、すぐさまセンターバックの主力に定着。ここまで公式戦119試合に出場していた。また、4月30日に打ち切りが発表された今シーズンのリーグ・アンでは19試合に出場していた。 なお、現時点で新天地は不明だが、フリーで獲得可能な逸材DFにはナポリやRBライプツィヒ、チェルシー、アーセナル、パリ・サンジェルマンなどのビッグクラブ行きの可能性が噂されている。 <div id="cws_ad">◆生まれ育ったクラブに別れ…<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Arrivé en fin de contrat, Malang Sarr quitte l’OGC Nice. Enfant de la ville et du club, il a tenu à s&#39;adresser aux Niçois avant de partir. Comme à son habitude : avec classe. <br><br> Bonne route Malang ! <a href="https://t.co/5bsvwsrK3R">pic.twitter.com/5bsvwsrK3R</a></p>&mdash; OGC Nice (@ogcnice) <a href="https://twitter.com/ogcnice/status/1280758518317043714?ref_src=twsrc%5Etfw">July 8, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.07.08 17:17 Wed
twitterfacebook