再開ロシアリーグでコロナ禍の悲劇…ロストフがユースチームで戦い10失点大敗…

2020.06.20 17:43 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ロシア・プレミアリーグに所属するロストフがコロナ禍の悲劇を味わうことになった。『ESPN』が伝えている。

現在、新型コロナウイルス(COVID-19)の累計感染者数が57万人を超えるなど、深刻な影響を受けているロシア。しかし、今月19日に3月中旬から中断していた国内リーグを再開した。

しかし、その再開初戦で悲劇を味わったのが、直前にトップチームの6選手にコロナウイルス陽性判定が出ていたロストフ。これにより、トップチームの選手、コーチングスタッフら全員が濃厚接触者として2週間の隔離措置を取ることになり、今回の一戦を平均年齢17歳のユースチームで戦うことになった。

現在、リーグ戦4位に位置するなど、国内で強豪とされるロストフだが、最下位のソチのホームに乗り込んだ一戦では、元ロシア代表FWアレクサンドル・ココリンにハットトリックを許すなど10失点を喫し、格下相手に1-10の歴史的大敗となった。

それでも、同試合では開始直後に17歳MFロマン・ロマノフがトップチーム初ゴールを記録。さらに、17歳GKデニス・ポポフはデビュー戦で10失点を喫したものの、PKストップを含む15セーブを記録し、異例のマン・オブ・ザ・マッチに選出された。

ソチに試合延期を断られて不満を口にしていたアルタシェス・アルツニヤンツ会長も、試合後には「未来のチャンピオン」と若手選手の奮闘を称賛していた。

※画像は自主隔離で欠場したトップチームの選手たち
コメント
関連ニュース
thumb

マンジュキッチがカタールのアル・ドゥハイルとの契約を解消

元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ(34)が5日、自身のSNSを通じてカタールのアル・ドゥハイルと契約を双方合意の下で解消したことを発表した。 昨年末にユベントスからアル・ドゥハイルへ移籍したマンジュキッチ。ユベントスでは今シーズンから就任したマウリツィオ・サッリ監督の構想外となっていたところを、心機一転として挑戦的な移籍を決断した。 <div id="cws_ad">◆マンジュキッチ、ユベントスでのラストゴール!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJiZ29ZZkRDMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> しかし、新型コロナウイルスの影響でカタールでも3月初旬にリーグ戦が中断。アル・ドゥハイルでは5試合の出場しか出来なかった。 マンジュキッチはツイッターで「カタールで受けた信頼とおもてなしには非常に感謝している。クラブの今後の成功を心から願っているよ」と別れのコメントを綴っている。 なお、カタール・スターズ・リーグは今月24日から再開予定で、アル・ドゥハイルは残り5試合で首位。2位のアル・ラーヤンとの勝ち点差は「4」となっている。 2020.07.06 00:30 Mon
twitterfacebook
thumb

アル・サッドのチャビ監督が契約更新!

カタールのアル・サッドは5日、チャビ・エルナンデス監督(40)と2020-21シーズンの契約を更新したことを発表した。 2019年5月に現役引退とほぼ同時にアル・サッドの監督に就任したチャビ監督。その1年目となった19-20シーズンは、カタール・カップとスーパー・カップを獲得した。 <div id="cws_ad">◆チャビがバルサで見せたベストアシスト!<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJpM3lDbmppWSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> クラブ公式サイトで、チャビ監督は契約更新の喜びと、来季に向けた意気込みを語っている。 「アル・サッドで続けることが出来て嬉しく思う。チームの目標はすべてのタイトルを争うことだ」 「この期間、私は来たる国内およびアジアの大会に選手たちの準備を完全に整えることだけに焦点を置いている」 「新シーズンに向けて、ファーストチームのメンバーが今日揃ったことにとても満足しているよ」 なお、国内1部リーグのカタール・スターズ・リーグは新型コロナウイルスの影響で3月初旬から中断していたが、今月24日から再開予定。アル・サッドは17試合を消化した時点で12チーム中、首位アル・ドゥハイルとの勝ち点差「10」の3位に位置している。 2020.07.05 23:59 Sun
twitterfacebook
thumb

過去にセレソンやマドリー率いたルシェンブルゴ監督がコロナ感染…無症状で健康状態に問題なし

パルメイラスを率いるヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ監督(68)が新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したことを明かした。ブラジル『グローボ』が伝えている。 現在、ブラジルでは感染者150万人以上、死者数が6万人以上とコロナウイルスの被害が深刻化し、サッカー界でも多くの感染者が確認されている。 そういった中、過去にブラジル代表やレアル・マドリーに加え、ブラジル国内の多くの名門クラブの指揮官を歴任してきたルシェンブルゴ監督が、自身の公式『インスタグラム』を通じてコロナウイルス感染を明かした。 ただ、ルシェンブルゴ監督の説明によると、今回の感染は無症状での感染であり、健康状態に問題はないという。そして、現在は自宅での隔離生活を送っている。 なお、パルメイラスは6月23日にトレーニングを再開しているが、現時点で公式戦再開の目途は経っていない。 2020.07.05 17:58 Sun
twitterfacebook
thumb

植田直通所属のセルクル・ブルージュが“アンチェロッティの右腕”を新指揮官に招へい

日本代表DF植田直通が在籍するセルクル・ブルージュは3日、ポール・クレメント氏(48)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間に関しては明かされていない。 今シーズン、ファビアン・メルカダル、ベルント・シュトルクという2人の監督の下、ジュピラー・プロ・リーグを14位で終えたセルクル・ブルージュ。シュトルク監督の退任に伴い、後任人事に動いていたクラブは、イングランド人指揮官のクレメント氏を招へいすることになった。 かつて“カルロ・アンチェロッティの右腕"と評されたクレメント氏は、これまでチェルシーやパリ・サンジェルマン、レアル・マドリーやバイエルンなどで、アシスタントコーチを歴任。監督としてはダービー・カウンティやスウォンジー、レディングというイングランド(ウェールズ)のクラブを指揮していた。 2020.07.04 14:40 Sat
twitterfacebook
thumb

元リバプールのバロシュが38歳で現役引退…ユーロ2004では得点王を獲得

バニーク・オストラヴァは3日、元チェコ代表FWミラン・バロシュ(38)が現役生活に終止符を打ったことを発表した。 世代別のチェコ代表にも選ばれ、将来を嘱望されたバロシュは母国のバニーク・オストラヴァでプロキャリアをスタート。2002年から2005年かけてはリバプールでプレーし、2005年にはチャンピオンズリーグ優勝を経験した。 その後、アストン・ビラやリヨン、ガラタサライ、アンタルヤスポルなどを渡り歩き、2014年からは母国のクラブを転々。2017年からは古巣バニーク・オストラヴァに4度目の復帰を果たすと、今シーズンは公式戦18試合に出場し3ゴールを記録していた。 キャリア通算ではプレミアリーグ122試合に出場して28ゴール7アシスト、リーグ・アン24試合に出場して7ゴール3アシスト、スュペル・リグ101試合に出場して50ゴール17アシスト、フォルトゥナ・リーガ(チェコ1部)138試合に出場して45ゴール8アシストをを記録した。 また、2001年にデビューを飾ったチェコ代表では通算93試合に出場し41ゴールを記録。2004年のユーロでは5試合の出場で5ゴールをマークし、ゴールデンブーツ(得点王)を獲得した。 2020.07.04 06:00 Sat
twitterfacebook