モナコ、新SDにポール・ミッチェル氏を招へい! スパーズ&ライプツィヒで確かな実績

2020.06.18 13:33 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
モナコは17日、ポール・ミッチェル氏(38)のスポーツ・ディレクター(SD)就任を発表した。

ミッチェル氏は今後、モナコのトップチーム、アカデミー及び、クラブ傘下のセルクル・ブルージュのリクルート部門を統括することになる。



ミッチェル氏は、キャリア初期のサウサンプトン時代にFWグラツィアーノ・ペッレ、FWドゥシャン・タディッチ、DFライアン・バートランド、FWサディオ・マネの獲得に尽力。

その後、2014年にはセインツ時代の同僚であるマウリシオ・ポチェッティーノ氏の要請に応える形で、トッテナムにステップアップ。同クラブでは独自のデータ理論に基づいた補強戦略を武器に、MFデレ・アリやDFトビー・アルデルヴァイレルトなどの補強に携わっていた。

そして、トッテナム退団後にはRBライプツィヒのリクルート部門の責任者に就任し、ラルフ・ラングニック氏と協力しながら若手逸材の発掘に関わり、昨年9月から『レッドブルグループ』全体を統括するテクニカル・ディレクターに昇格していた。

昨年8月にマイケル・エメナロ氏が退任して以降、新たなSD探しに奔走していたモナコだが、最終的にイングランド、ドイツで実績を残してきた敏腕リクルーターの招へいに成功した。
コメント
関連ニュース
thumb

分かっていても止められない!“重戦車”ヤヤ・トゥーレがモナコ時代に個の力のみで生み出したゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレがモナコ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆まさに重戦車!驚愕のドリブルゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJrUEtNSHpXciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 母国コートジボワールで見出され、ベルギーのベフェレンでプロデビューを飾ったヤヤ・トゥーレは、その後ウクライナ、ギリシャを渡り歩き、2006年のドイツ・ワールドカップ(W杯)での活躍をきっかけにモナコへ加入し欧州5大リーグデビュー。ブレイクを果たすと、バルセロナ、マンチェスター・シティで活躍した後、再びギリシャや中国でもプレーしている。 ヤヤ・トゥーレと言えば、一度トップギアに入ると誰も止めることができないパワフルなドリブルと強烈なシュートで“重戦車”との愛称で知られているが、2006年9月30日のリーグ・アン第8節のル・マン戦では、まさに重戦車というソロゴールを決めている。 ハーフライン上で味方のボールを受けたヤヤ・トゥーレは、そのままドリブルを開始。相手の守備により一度はドリブルをストップするも、前後に相手を揺する大きなターンで再び前を向くと、さらにドリブル突破。相手の2人がかりでの必死の守備をものともせず、ボックス左に侵入するとそのまま一気に深部へ突入し、ファーサイドのネットへ正確かつ力強いシュートを突き刺した。 バルセロナやシティでの活躍が有名なヤヤ・トゥーレだが、モナコ時代からそのパワフルな突破の片鱗をうかがわせる見事なゴールだった。 2020.07.10 17:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒ、モナコからドイツ代表歴があるDFヘンリクスを買取OP付きのレンタル移籍で獲得

RBライプツィヒは8日、モナコからドイツ代表DFベンヤミン・ヘンリクス(23)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。契約期間は1年間となり、買い取りオプションがついているとのことだ。 ヘンリクスは、レバークーゼンの下部組織出身で、2015年7月にファーストチームへ昇格。2018年8月にはモナコへ完全移籍を果たしていた。 今シーズンはリーグ・アンで13試合に出場。モナコでは2シーズンを過ごし、公式戦44試合に出場し1ゴール3アシストを記録していた。 レバークーゼン時代には、ブンデスリーガで62試合に出場し4アシストを記録していた。 また、過去にドイツ代表歴もあり、2017年のコンフェデレーションズカップで2試合に出場していた。 2020.07.09 11:20 Thu
twitterfacebook
thumb

モナコのドイツ代表DFヘンリクスがライプツィヒのメディカルチェックを受診

モナコのドイツ代表DFベンヤミン・ヘンリクス(23)がライプツィヒのメディカルチェックを受診しているようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 同メディアによるとヘンリクスは7日にライプツィヒのメディカルチェックを受け、8日にも買い取りオプション付きのレンタルでライプツィヒに加入することになるとのことだ。 2023年6月までモナコと契約を結んでいるヘンリクスを買い取る際の移籍金は1500万ユーロ(約18億2000万円)になるという。 レバークーゼンでプロデビューを飾った右サイドバックを主戦場とするヘンリクスは、2018年夏にモナコへ完全移籍。モナコでは在籍2シーズンで公式戦44試合に出場し、今季は公式戦15試合に出場していた。 2020.07.08 01:30 Wed
twitterfacebook
thumb

モナコのレジェンド、ジュリが小さな体から大胆ジャンピングボレー【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元フランス代表FWのリュドヴィク・ジュリ氏がモナコ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆164cmの小兵ジュリが渾身のジャンピングボレー<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJNYVY2aHdqayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 1994年にリヨンでプロキャリアをスタートしたジュリ氏は、恩師ジャン・ティガナからの誘いを受けて、1998年にモナコに完全移籍。164cmの小兵ながら卓越したアジリティとテクニックを生かしたドリブル突破、正確なクロス、フィニッシュを武器に主力に定着。その後、優れたリーダーシップを発揮しキャプテンを務めた同氏は、2003-04シーズンのチャンピオンズリーグ準優勝などに貢献した。 モナコでは在籍7年間で公式戦253試合に出場し、65ゴールを記録したが、中でも2003年11月22日に行われたリーグ・アン第14節のRCランス戦では見事なゴールを決めている。 0-0で迎えた58分、モナコは敵陣ボックス内へ侵攻するも、相手DF二人につかれたFWエマヌエル・アデバヨールがボックス外にいたMFジェローム・ロタンへと渡す。 ロタンがこれをダイレクトでクロスを上げると、ファーサイドで構えていたジュリが思い切りジャンプしながら渾身のジャンピングボレーシュートを放つ。完全に捉えたシュートには、相手GKシャルル・イタンジュも成す術なく、ゴールネットを揺らした。 クロスボールは、恐らく自身のベルトの位置よりも高いボールであったが、ジュリ氏の跳躍力とセンスが詰まった一級品のゴールだった。 2020.07.07 14:05 Tue
twitterfacebook
thumb

モナコ、オランダ2部で躍動の19歳WGムサバと5年契約

モナコは26日、NECナイメヘンのオランダ人FWアンソニー・ムサバ(19)の獲得で合意したことを発表した。移籍市場が開くとともに移籍が完了となる。 ムサバは、NECやフィテッセの下部組織で育ち、2019-20シーズンからファーストチームに所属。今シーズンのケウケン・カンピウーン・ディヴィジ(オランダ2部)では25試合に出場し7ゴール5アシストを記録していた。 右ウイングを主戦場とするムサバは、マルセイユなども興味を示していたが、モナコが確保に成功した。 なお、すでにメディカルチェックに合格。契約期間は5年間とのことだ。 2020.06.27 10:50 Sat
twitterfacebook