ACL、残る全99試合実施の方針…AFCが全加盟国と合意

2020.06.06 08:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アジアサッカー連盟(AFC)がAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020の残る全試合実施方針を示した。新型コロナウイルスの影響で中断が続くACL。国またぎの戦いとなるだけに、先行きが不透明だったが、AFCによると、本大会に参加する全加盟国がオンライン会議で今大会の完結に向け、最善の方法を見つけるという基本的な原則に合意した模様だ。

残る99試合のできるだけ早い消化を目指すというAFCは12月にカタールで予定するFIFAクラブ・ワールドカップ開幕前にACLを完結させるため、大会形式や日程を提案。最終審査を経て、AFC競技委員会に提案書を提出した後、承認を得る流れだという。

今大会はJリーグ勢からFC東京、ヴィッセル神戸、横浜F・マリノスの3チームが参戦。中断前の段階でグループリーグ2試合を消化して、いずれも各組の首位に位置している。
コメント
関連ニュース
thumb

ACLから帰国後のトレーニングは?14日間の隔離期間について政府と議論「政府のみなさんのご理解が必要」

Jリーグと日本野球機構(NPB)は30日、「第21回 新型コロナウイルス対策連絡会議」を実施した。 プロ野球は日本シリーズが25日に終了し、福岡ソフトバンクホークスの優勝が決定。コロナ禍にあって、すべての日程が終了。Jリーグも明治安田生命J1リーグとJ3リーグは優勝クラブが決定。J2リーグは優勝、昇格争いが非常に混戦となるなか、全日程終了に向けて残り3週間を戦うほか、3クラブが参戦中のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)、天皇杯、そして、YBCルヴァンカップ決勝を残す状況となった。 座長を務める専門家チームの賀来満夫氏(東北医科薬科大学医学部・感染症学教室特任教授)は「プロ野球、Jリーグとも100年に1回と言われる感染症の中で、ここまで無事に対応していただいたのは、関係者の皆様、選手、スタッフの努力があったからだと思う。敬意を表したい」とコメント。 三鴨廣繁氏(愛知医科大学大学院医学研究科臨床感染症学教授)も「プロ野球が全日程を終えたこと、Jリーグもシーズンが成立していることは、両機構の方々、選手、チームの努力の賜物だと思いますが、正直ホッとしています」と語り、「ガイドライン、マニュアルを作成したことが大きい。明文化したことが各チームに落とし込むことにつながった」とし、Jリーグやプロ野球が感染対策ガイドラインをしっかりと策定したことが重要だったと振り返った。 Jリーグでは選手の感染例があったほか、サガン鳥栖、柏レイソルでクラスターが発生したものの、無事にシーズンを勧められている。三鴨氏は「通常であれば表にできない内容も、各チームの努力もあり、全てを晒していただき、次の対応につなげることができた」とし、クラブの協力もその後の拡大を食い止めることへ繋がったとした。 現在は横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸、FC東京がカタールで集中開催されているAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場。すでに神戸はグループステージ突破を決めているが、どのチームも帰国後の14日間の隔離期間が取られることとなる。 リーグ最終節に選手たちが出場できない可能性は高いが、FC東京に関しては決勝まで勝ち進むとルヴァンカップ決勝直前までチームが隔離状態となってしまう。 この件について村井満チェアマンは「現在カタールに3クラブが赴いてACLを戦っていますが、現状当該クラブは帰国する際に14日間の待機期間がある。この期間をどう過ごしていくのか。トレーニングできるか、試合ができるかの環境整備が焦点となっている」とし、この14日間の過ごし方についてガイドラインを策定したとのこと。しかしハードルは高く「外務省、法務省、厚生労働省、スポーツ庁、内閣府など政府のみなさんのご理解が必要。Jリーグとしてはカタールから出国する際の検査体制、空港での検査体制、14日間に3回の検査という独自の方法をまとめている」とし、政府へ何らかの対策が講じられないかの相談をしているとした。 その中でも「公共交通を使わないや、一般社会の方との接触がない、感染防止策をとるということを検討準備している。関係省庁と協議しながら作る途中になっている」とし、調整を行いながら、最善の策を取れる方法を検討しているとし、トレーニング実施を求めて議論しているとした。 また、柏レイソルの事例では、チーム移動によって感染が拡大したという懸念があった。その点について、アウェイ移動時のマニュアルを策定しているとのこと。専門家チームからも問題ないとの回答を得たようだ。 「柏の件では、ファーストステップでは1人の選手、2人のチームスタッフの発熱症状から始まっていった。陽性者と2人のチーム関係者は仙台へのアウェイ遠征に帯同しなかったが、仙台から戻ってくる間に複数人が感染した」 「陽性者の周辺には何人かの感染者がいたこと、アウェイに行って戻ってくることがしっかりマネジメントされないと多くの感染が広がってしまう」 「遠征先で発生した時の遠征先での対応、戻ってくる時の公共交通機関を使わないなどを策定し、概ね妥当だろうとされた。運用しながら精度を高めていこうという形となった」 2020.11.30 14:20 Mon
twitterfacebook
thumb

上海上港に敗戦も次戦に意気込む横浜FMの和田拓也「突破に向けて勝ち点を取らなくてはいけない」

横浜F・マリノスのDF和田拓也が、上海上港戦を振り返った。 横浜FMは28日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020グループH第4節で上海上港(中国)と対戦。1-2で敗れた。 25日の再開初戦では土壇場のゴールで勝利した横浜FM。この試合では試合をしっかりとコントロールして臨む。 しかし14分にCKの流れから先制を許す展開に。それでも21分にスルーパスに抜けた仲川輝人がボックス内右で折り返すと、最後はオナイウ阿道が押し込んで同点とする。 1-1で迎えた後半、一瞬の隙を突かれワンツーでリカルド・ロペスに裏を取られると、そのまま決められ1-2に。その後は得点を奪えず、敗戦となった。 前節に続いての連続先発出場となった和田は「この間と違って前半からやりたいサッカーができたというのは、中2日で改善できた点かなと思います」とチームとして2日で内容は改善できたとコメントした。 しかし、2度追いかける展開となったことについては「ビハインドの流れがずっと続いたので、そうなるとこういった展開になるかなと」と語り、常に追いかける試合は難しいと語った。 残り2試合でグループステージ突破を目指すことになるが「突破に向けて勝ち点を取らなくてはいけないので、中2日ですけどしっかり良い準備をしたいと思います」と語り、12月1日に控える全北現代モータース(韓国)戦に向けて意気込みを語った。 2020.11.29 15:15 Sun
twitterfacebook
thumb

2戦連続先発の横浜FM・前田大然、内容に手応え語るも「内容が良いだけではダメ」

横浜F・マリノスのFW前田大然が、上海上港戦を振り返った。 横浜FMは28日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020グループH第4節で上海上港(中国)と対戦。1-2で敗れた。 25日の再開初戦では土壇場のゴールで勝利した横浜FM。この試合では試合をしっかりとコントロールして臨む。 しかし14分にCKの流れから先制を許す展開に。それでも21分にスルーパスに抜けた仲川輝人がボックス内右で折り返すと、最後はオナイウ阿道が押し込んで同点とする。 1-1で迎えた後半、一瞬の隙を突かれワンツーでリカルド・ロペスに裏を取られると、そのまま決められ1-2に。その後は得点を奪えず、敗戦となった。 前節に続いての連続先発出場となった前田は試合を振り返り「内容的には前の試合より良くなっていますし、相手にもシュートを決められましたが、それ以外は自分たちのサッカーができていました」と失点シーン以外は手応えを口にした。 また、「失点のところは、僕を含めてもっと強く行かないとやられるなという印象です」と語り、アジアの舞台で戦う上での守備ポイントを語った。 次節は12月1日に全北現代モータース(韓国)と対戦する。試合に向けては「内容が良いだけではダメだと思うので、内容が良い上でしっかり試合に勝たないといけない」とコメント。「次はしっかり勝てるように準備したいと思います」語り、次節の勝利へ意気込んだ。 2020.11.29 14:53 Sun
twitterfacebook
thumb

横浜FMの喜田拓也は上海上港戦の敗戦をポジティブに捉える「この負けで自信が失われることは全くない」

横浜F・マリノスのMF喜田拓也が、上海上港戦を振り返った。 横浜FMは28日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020グループH第4節で上海上港(中国)と対戦。1-2で敗れた。 25日の再開初戦では土壇場のゴールで勝利した横浜FM。この試合では試合をしっかりとコントロールして臨む。 しかし14分にCKの流れから先制を許す展開に。それでも21分にスルーパスに抜けた仲川輝人がボックス内右で折り返すと、最後はオナイウ阿道が押し込んで同点とする。 1-1で迎えた後半、一瞬の隙を突かれワンツーでリカルド・ロペスに裏を取られると、そのまま決められ1-2に。その後は得点を奪えず、敗戦となった。 この試合は先発出場した喜田は中2日での同じ相手との試合を振り返り「中2日で同じ相手でしたけど、自分たちにとっては相手は全然関係ないです」とコメント。「自分たちがやりたいサッカーを出しに行くというチャレンジには変わりなかったです」と、自分たちのサッカーを目指して戦ったとした。 結果は1-2で敗れたが「結果だけを見れば負けましたし、相手も喜んでいましたけど、自分たちは自分たちのやりたいサッカー、目指すべきサッカーを出しにいって結果負けたので、そこに後悔はないし、質を上げていくだけだと思います」とし、自分たちのサッカーの質を上げることが重要だと語った。 また、試合を通して押し込んでいた展開については「やっていることは絶対間違いじゃないし、この負けで自信が失われることは全くない」とコメント。「またすぐ次の試合がありますし、マリノスの試合で勝ちに行くことは勝っても負けても変わらないので、チームとしてもメンタル的にタフになれるチャレンジだと思うので、ポジティブにいきたいと思います」と、内容が良かったことをポジティブに捉えて行きたいとした。 後半は早々に失点し追いかける展開となった。その展開については「相手も繋ぐことを放棄している感じはあったので、自分たちのプレッシャーを回避するために長いボールを徹底して使ってきていました」と相手が安全策をとってきたとコメント。「自分たちがボールを握る時間は長かったし、相手は倒れて時間稼いでロングボール蹴ってという感じだったので、そこでどうしてもレフェリーも含めてリズムが生まれないことは、自分たちがコントロールできる範囲ではないです」と、なかなかペースを作りづらかったとした。 ただ、「その中で最大限を尽くしたつもりですし、こういった環境下でどうやって出していけるか経験値は積んだと思うので、それをチームの骨格に変えていって、繋げていければ意味のある時間だったんじゃないかと思います」と敗戦を悲観的に捉えず、次のステップへの糧にするとした。 2020.11.29 13:50 Sun
twitterfacebook
thumb

「良い内容でも負けることはある」横浜FMのポステコグルー監督、上海上港に敗戦で決勝T進出お預けも「内容としては満足」

横浜F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督が、上海上港戦を振り返った。 横浜FMは28日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020グループH第4節で上海上港(中国)と対戦。1-2で敗れた。 25日の再開初戦では土壇場のゴールで勝利した横浜FM。この試合では試合をしっかりとコントロールして臨む。 しかし14分にCKの流れから先制を許す展開に。それでも21分にスルーパスに抜けた仲川輝人がボックス内右で折り返すと、最後はオナイウ阿道が押し込んで同点とする。 1-1で迎えた後半、一瞬の隙を突かれワンツーでリカルド・ロペスに裏を取られると、そのまま決められ1-2に。その後は得点を奪えず、敗戦となった。 試合後、ポステコグルー監督は「結果的には残念」と敗戦を悔やみながらも、パフォーマンスの高さを評価した。 「結果的には残念だったが、選手たちが素晴らしいプレーをピッチ上で見せてくれたと思う。最初から自分たちが良いチャンスを作りながら自分たちのサッカーを見せることができた。サッカーというのは良い内容でも負けることはある」 「その中でもパフォーマンスというのは、再開して1戦目からも良くなり、良いプレーができていた。内容としては満足している。良いゲームだった」 試合をコントロールしながらも、敗れた横浜FM。ポステコグルー監督は「今回の試合は残念な結果になったが、難しい状況、ピッチ状況も試合数が増えて悪くなっている中で、自分たちのサッカーを続けられた部分はあった」とし、内容には大きな手応えを感じているようだった。 また、「結果的に負けたが、自分たちもしっかり支配してコントロールできたと思う。自分では残念な部分より内容が良かったことを誇りに思う」とし、残り2試合に繋がる内容を評価した。 決勝トーナメント進出決定はお預けとなった横浜FM。中2日の連戦でスタメンを8名入れ替えての試合としては、高いパフォーマンスを残した。 残りは全北現代モータース(韓国)とシドニーFC(オーストラリア)との試合となるが、ポステコグルー監督は「まだ2試合残っている中で、毎試合毎試合どこが相手だろうが自分たちのサッカーをすることに集中したい」とコメント。重要なことは「11人で長い戦いを続けていくわけではない。みんなが本当に良い準備をすることが大事だ」とし、短いスパンでの試合へは準備が大切だとした。 次節は12月1日に全北現代との対戦となる。「次の試合は全北現代に対して良い準備をしていくだけ。良い内容、自分たちのサッカーを今日以上のものを見せたい。その次はシドニーとも対戦があるが、しっかり準備をしていくだけだ」とコメント。大きく変えることなく、準備をしっかりと行うと語った。 2020.11.29 13:21 Sun
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly