ACL、残る全99試合実施の方針…AFCが全加盟国と合意

2020.06.06 08:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アジアサッカー連盟(AFC)がAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020の残る全試合実施方針を示した。

新型コロナウイルスの影響で中断が続くACL。国またぎの戦いとなるだけに、先行きが不透明だったが、AFCによると、本大会に参加する全加盟国がオンライン会議で今大会の完結に向け、最善の方法を見つけるという基本的な原則に合意した模様だ。

残る99試合のできるだけ早い消化を目指すというAFCは12月にカタールで予定するFIFAクラブ・ワールドカップ開幕前にACLを完結させるため、大会形式や日程を提案。最終審査を経て、AFC競技委員会に提案書を提出した後、承認を得る流れだという。

今大会はJリーグ勢からFC東京、ヴィッセル神戸、横浜F・マリノスの3チームが参戦。中断前の段階でグループリーグ2試合を消化して、いずれも各組の首位に位置している。
コメント
関連ニュース
thumb

AFCが5月、6月の主催試合の無期限延期を発表…

アジアサッカー連盟(AFC)は14日、5月と6月に予定されていたAFC主催のアジアチャンピオンズリーグ(ACL)、カタールW杯アジア2次予選など全試合の無期限延期を発表した。 中国で流行り、世界中で猛威を振るい続ける新型コロナウイルス(COVID-19)は、これまでに12万人以上命を奪っている。感染者もおよそ193万人と、未曽有の大災害としてサッカー界にも大きな影響を与えている。 依然として新型コロナウイルスの終息が見えない状況が続く中、AFCは公式サイトで以下のような声明を発表した。 「今回の決定は選手、参加チーム、役員、ファンなどすべての関係者の健康と安全基準を確保するというAFCの取り組みにより決定された」 また、3月、4月に続き再延期となったACLについては「AFCの加盟協会との交流と協議を継続し、ACLとAFCカップのグループステージを終わらせるために可能なあらゆるオプションを検討していく」と、大会再開に向けた意志を表明している。 2020.04.15 02:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ACLの3月、4月の開催が5月まで延期へ…日程は調整中《ACL2020》

AFC(アジアサッカー連盟)は、3月と4月に予定されていたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の全試合を延期することを各国協会へ通達したようだ。 25日、Jリーグから今シーズンのACLに出場している横浜F・マリノスとFC東京が公式サイトで発表。AFCから各国協会へのレターにて3、4月の全ての試合を延期とするとの案内があったとしている。 横浜FMは4月8日(水)に予定されていた第4節の上海上港戦、4月21日(火)に予定されていた第5節の全北現代戦は、5月以降の開催となると発表した。 FC東京は、4月7日(火)に予定されていた第4節の上海申花戦、4月22日(水)に予定されていた第5節の蔚山現代戦が延期になるとしている。 なお両クラブは、グループステージの第3節〜第6節の開催日時・場所についてはAFC、JFA(日本サッカー協会)、クラブ間で調整を行っているとのことだ。 ここまで、中国クラブは1試合も消化していない状況。一方で、横浜FM、FC東京、ヴィッセル神戸のJリーグ勢は2試合を消化している状況だ。 2020.03.25 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ACL東地区の日程が再変更…新型コロナウイルスの影響を考慮しGS期間延長&決勝T後ろ倒し《ACL2020》

アジアサッカー連盟(AFC)は2日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020の東地区のグループステージの期間を延長し、それに伴い決勝トーナメントの日程を遅らせることを発表した。 日本からは、横浜F・マリノスと、FC東京、ヴィッセル神戸が出場している今年のACLだが、中国を中心に感染が拡大している新型コロナウイルスの影響により、すでに東地区のグループステージ第1節から第3節の中国クラブが絡んだ試合の日程が変更になっていた。 今回の決定では、3月と4月に予定されているグループステージの試合が開催できない場合、その試合を第3節を5月19、20日、第4節を5月26、27日、第5節を6月16、17日、第6節を6月23、24日に開催するとのこと。正式な発表は3月16日になるとのことだ。 なお、現時点で日本勢以外のクラブについては、7月に試合を開催することが可能と発表。何れにしても、8月までに全試合を消化する必要があるとしている。 また、グループステージの延長に伴い、当初6月に予定されていた決勝トーナメント1回戦の1stレグは8月11、12日、2ndレグは8月25、26日に延期されることが決定。 加えて、準々決勝は1stレグが9月15、16日、2ndレグは9月29、30日、準決勝は1stレグが10月20、21日、2ndレグは10月27、28日に延期されることとなった。なお、決勝は、東地区での開催が11月22日、西地区での開催が11月28日のまま変更はない。 ◆現時点の日本勢グループステージ日程※キックオフ日時は現地時間 【グループF】 ・第4節 ▽4月7日(火) 《18:00》 上海申花 vs FC東京 [上海虹口足球場] ・第5節 ▽4月22日(水) 《19:00》 FC東京 vs 蔚山現代 [東京スタジアム] ・第6節 ▽5月6日(水) 《19:05》 パース・グローリー vs FC東京 [パース・レクタンギュラースタジアム] ・第3節 ▽5月27日(水) 《19:00》 FC東京 vs 上海申花 [東京スタジアム] 【グループF】 ・第4節 ▽4月7日(火) 《20:00》 広州恒大 vs ヴィッセル神戸 [広州天河体育中心] ・第5節 ▽4月21日(火) 《20:45》 ジョホール・ダルル・タクジム vs ヴィッセル神戸 [スルタン・イブラヒムスタジアム] ・第6節 ▽5月5日(火) 《19:00》 ヴィッセル神戸 vs 水原三星ブルーウィングス [神戸市御崎公園球技場] ・第3節 ▽5月26日(火) 《19:00》 ヴィッセル神戸 vs 広州恒大 [神戸市御崎公園球技場] 【グループH】 ・第4節 ▽4月8日(火) 《20:00》 上海上港 vs 横浜F・マリノス [上海浦東源深体育場] ・第5節 ▽4月21日(火) 《19:30》 横浜F・マリノス vs 全北現代 [横浜国際総合競技場] ・第6節 ▽5月5日(火) 《19:35》 シドニーFC vs 横浜F・マリノス [ジュビリースタジアム] ・第3節 ▽5月27日(水) 《19:30》 横浜F・マリノス vs 上海上港 [横浜国際総合競技場] 2020.03.02 19:50 Mon
twitterfacebook
thumb

オナイウ&仲川が共に2ゴール! 豪州王者に快勝の横浜FMが連勝でJ1開幕戦へ!《ACL2020》

横浜F・マリノスは19日、ホームで行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020グループH第2節でシドニーFC(オーストラリア)と対戦し、4-0で勝利した。 前節、敵地で行われた全北現代(韓国)との初戦を2-1で競り勝った横浜FMは、ゼロックス杯での敗戦をきっちり払拭。23日に王者として臨むガンバ大阪とのJ1開幕戦を控える中で臨んだ今節は、初戦から先発1人を変更。負傷でベンチ外の畠中に代えて伊藤を起用した。 今季最初のホームゲームで気合いが入る横浜FMは立ち上がりから相手を押し込み、ゴールの匂いをさせる良い形の崩しを見せていく。 すると12分、右サイドからドリブルで内に切り込んだ仲川が喜田にボールを預けると、喜田からペナルティアーク付近のオナイウ阿道にワンタッチパスが出る。これは相手DFに引っかけられるも、うまくボールを巻き込んだオナイウがすかさずシュートに持ち込むと、相手DFに当たって大きくディフレクトしたボールがゴール左隅に決まり、今季のホームゲーム初ゴールはオナイウの移籍後初ゴールとなった。 幸先良く先制に成功した横浜FMはその後もリズム良くボールを動かして主導権を掌握。相手に攻撃権を渡さない、攻守一体のプレーが光る。その良い流れの中で存在感を放ったのがエースの仲川。まずは31分、最後尾のチアゴ・マルチンスからの縦パスをオナイウが裏のスペースへ流すと、これに反応した仲川が完璧に抜け出す。最後は飛び出したGKを嘲笑うかのような絶妙なループシュートを流し込み、今季の公式戦初ゴールを奪取。 さらに、畳み掛けるホームチームは33分、相手を押し込んだ状態からボックス手前のティーラトンがボックス中央の仲川の足元へ絶妙な斜めのパスを通す。オフサイドトラップを掛け損なって完全に動きが止まったDFを尻目に、落ち着き払った動きを見せた仲川は冷静にゴールネットへ流し込んだ。 攻守両面でオーストラリア王者を圧倒した横浜FMは後半も早速ゴールをこじ開ける。51分、左サイドの広大なスペースに飛び出した遠藤に味方からのフィードが通る。このままボックス内に持ち込んだ遠藤はカットインを匂わせつつ、自身の左をオーバーラップするマルコス・ジュニオールに絶妙なヒールパス。そして、マルコス・ジュニオールの丁寧なマイナスクロスをファーでドフリーのオナイウが難なく合わせ、後半最初のゴールとした。 この立ち上がりの4点目で完全に相手の心を折った横浜FMは追加点を狙いつつも、やや省エネモードにシフト。さらに、週末のJ1開幕戦を睨んで65分過ぎに喜田とマルコス・ジュニオールを下げて和田と大津を同時投入。75分には殊勲の仲川に代えて水沼を最後のカードとして投入した。 その後も危なげない試合運びを見せたホームチームは幾度か訪れたピンチをGK梶川を中心にきっちり防ぎ切り、今シーズンの公式戦初のクリーンシートで試合をクローズ。そして、4ゴールの快勝でACL連勝となった横浜FMは最高の形でG大阪との開幕戦に臨むことになった。 2020.02.19 21:50 Wed
twitterfacebook
thumb

古橋亨梧が土壇場で公式戦3連発! 水原三星を下し、神戸がACLアウェイ戦初白星で連勝スタート!《ACL2020》

19日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)第2節の水原三星ブルーウィングス(韓国)vsヴィッセル神戸が水原ワールドカップスタジアムで行われ、0-1で神戸が勝利した。 初戦のジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)戦を5-1と快勝した神戸。その初戦からはスタメンを1名変更。郷家友太に代わり山口蛍が先発出場。[4-3-3]の布陣で、山口をボランチ、安井拓也とアンドレス・イニエスタをトップ下で起用した。 対する水原三星は元サガン鳥栖のキム・ミヌや昨シーズンのKリーグ1得点王のアダム・タガートが先発。[3-4-2-1]のシステムで臨んだ。 水原三星はスピードを生かしたカウンター攻撃、神戸は選手たちがポジションを流動的に変えながら、パスを繋いでゴールを目指す展開でスタートする。 5分、神戸がイニエスタ、古橋とパスをつなぐと、左サイドでボールを持った酒井が縦パス。これを、ボックス中央に走り込んだ小川が受けると、反転シュート。しかし、ミートできない。7分には、小川のパスを受けたドウグラスがボックス内でダイレクト左足シュート。しかし、相手DFにブロックされる。 守備時は5バックにしながら、1トップのタガートがゴールを狙う水原三星は14分、フェルマーレンがトラップをミスすると、これを狙っていたタガートがロングシュート。飯倉は前に出ていたものの、難なくセーブする。 さらに21分にも水原三星がチャンス。右CKからのクロスをホン・チョルが中央でヘッド。飛び出した飯倉の前で合わせたが、シュートは枠を越えていった。 神戸は23分、右サイドからにしがアーリークロスを送ると、ボックス中央でドウグラスがダイビングヘッド。しかし、シュートは力なくGKがキャッチする。 24分にも神戸がチャンス。相手ボールを奪った酒井が左サイドを上がると、ボックス左からクロス。ドウグラスが合わせに行くが、相手DFがなんとかクリアして合わせられない。 神戸は33分にセットプレーからチャンス。イニエスタのクロスをフェルマーレンがボックス内でヘッド。しかし、枠を越えて行く。 互いに攻め手を欠く中、前半終了間際に神戸がピンチ。右サイドからのアーリークロスをクリアしようとした大崎がスリップ。体に当たったボールがそのままゴールに向かうものの、わずかに枠を外れ、事なきを得た。 ゴールレスで前半を終えた神戸は、フェルマーレンに代えて渡部博文を後半頭から投入する。 立ち上がり、水原三星はギアを上げてアグレッシブにボールを奪いに行く。しかし、神戸は巧みなパス回しとプレス回避で水原三星のプレスをいなして行く。 水原三星のプレスも徐々に弱まる一方で、神戸も攻め手を欠いてしまう。ポゼッションこそ65:35と大きく上回るも、決定機を作れないでいる。 シーズン初戦、ホームゲームで勝利したい水原三星は65分にタガートに代えて、新加入のクルピッチを投入。ゴールを奪いに行く。 神戸は70分、イニエスタが右サイドで得たFKからゴール前にクロス。ニアに走り込んだ西がバックヘッドも、力なくGKがキャッチ。すると72分に小川に代えて田中順也を投入し、局面を打開に行く。 76分には水原三星がチャンス。波状攻撃を仕掛けると、ボックス手前中央からヨム・ギフンが強引にシュート。しかし、力なくGK飯倉がキャッチする。 水原三星は84分、カウンターを仕掛けると、ヨム・ギフンのクロスがファーサイドへ。これを投入されたばかりのハン・ウィゴンが左足シュート。しかし、GK飯倉がなんとかセーブしてゴールを許さない。 イニエスタが浮き球のパスを送ると反応した酒井がDFラインの裏へ抜け出し、ボックス左からクロス。これがニアサイドのドウグラスを越えると、飛び込んだ古橋が右足で合わせ、土壇場で先制ゴールを記録した。 その後のアディショナルタイムをしっかりと凌いだ神戸が0-1で勝利。初のACLで連勝スタートを切り、2020シーズンは公式戦3連勝となった。 水原三星ブルーウィングス 0-1 ヴィッセル神戸 【神戸】 古橋亨梧(後45) 2020.02.19 21:20 Wed
twitterfacebook