ラ・リーガ、来季は段階的に入場者を増やしていく方針か

2020.05.30 20:15 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガでは、来季のスタジアム入場者に関して段階的に増やしていく方針を取るつもりのようだ。スペイン『エル・パイス』が伝えている。

新型コロナウイルスの世界的感染による中断から2カ月余り。ラ・リーガもついに6月11日に再開の目途が立った。しかし、感染拡大第2波を防ぐため、スタジアムへの立ち入りに人数制限を設けるなど、まだまだ多くの課題を残している。

スペインサッカー連盟のハビエル・テバス会長は、リーグ再開の宣言と同時に2020-21シーズンが9月12日からスタートすることを発表。そして、観客動員に関する『エル・パイス』の見積もりでは、収容人数の30%から始まり、11月に50%と、段階的に可能な入場者の数を増やしていくとのこと。完全に制限が解かれるのは来年1月になると見込んでいる。

観客動員に関しては欧州全土で議論されている。スペイン『アス』によると、すでに再開しているハンガリーでは、左右前後に間隔を空けることを条件にフットボールを含む全てのスポーツイベントで観客の入場を許可。

また、29日に再開となったセルビアでも6月1日から順次解放していく予定で、こちらは1メートルの間隔を空けることが条件となっている。さらに、来月21日再開予定のロシアでも、10%の入場が許可されているという。

日本でも7月のJリーグ再開が決定したが、当面の間は無観客試合に。果たして世界中のサポーターが安心してスポーツ観戦を楽しむことが出来るのはいつになるのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

暗雲垂れ込むバレンシアに追い打ち…F・トーレスが右太ももを負傷

バレンシアは4日、U-21スペイン代表FWフェラン・トーレスの負傷を発表した。 F・トレースは右太ももに違和感を覚え、今後数日中にメディカルチェックを受ける模様。そのため、4日に敵地で行われるラ・リーガ第34節のグラナダ戦を欠場する可能性が高いとのことだ。 10位・バレンシア(勝ち点46)は再開後6試合で1勝1分け4敗と失速。アルベルト・セラーデス氏を更迭して前節のアスレティック・ビルバオ戦に臨んだが、0-2で敗戦した。 そのビルバオ戦ではスペイン代表FWロドリゴ・モレノが右ヒザ外側側副じん帯を部分断裂して今季絶望に。F・トーレスまで離脱離脱となればさらなる追い討ちとなるが、果たして…。 2020.07.04 16:15 Sat
twitterfacebook
thumb

インテル移籍のハキミ、6歳から在籍のマドリーに「これはさようならではない」

インテルに移籍したモロッコ代表DFアクラフ・ハキミ(21)がレアル・マドリーに感謝を述べた。 マドリー下部組織出身のハキミは、順調にステップアップを果たし、2017年10月にトップチームデビュー。そして、経験を積むために2018年夏からドルトムントへと活躍の場を移した。 <div style="margin:0 auto; min-width:300px; " id="cws_ad">◆モロッコの超攻撃的新星DF、アクラフ・ハキミ<br/><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI0MTRMc3hiNCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> そのドルトムントでの活躍が認められ、2日に推定移籍金4000万ユーロ(約48億3000万円)+ボーナス500万ユーロ(約6億4000万円)でインテル入りが決定した。 そんなアクラフは自身のインスタグラム(@achrafhakimi)を3日に更新。「ありがとう。レアル・マドリー」と綴ったメッセージと共に、 マドリーに感謝するコメントを掲載した画像を投稿している。 「この瞬間が訪れるとは想像もしていなかった。別れを告げることはできない。さようならではないからね。離れるけど、ここは常にホームであり、幸せの場所であり、僕を成長させ、幸せと価値を見つけさせてくれた場所だ」 「僕の家はレアル・マドリーだった。ここで教育を受けたから今の自分になれた。レアル・マドリーはアスリートだけがトレーニングを受けているわけではない。6歳のとき、どれだけ幸せになるのかを想像もしていなくて、バルデベバス(練習場)のドアを開いた」 「クラブの全関係者、全てのコーチ、素晴らしい道を共に歩んでくれた全チームメイトに感謝する。最後に僕をサポートしてくれ、いつもチームをサポートしているファンに感謝する。僕もその1人だ」 2020.07.04 14:30 Sat
twitterfacebook
thumb

3位キープに成功のシメオネ監督「バルセロナ戦の結果を補う必要があった」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、3日に行われたラ・リーガ第34節のマジョルカ戦を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 リーグ戦11試合負けなしのアトレティコは前半にFWアルバロ・モラタが2ゴール。79分にもMFコケのゴールが生まれ、3-0の快勝で3位の座を守った。 シメオネ監督は試合後、スペイン『Movistar』で決定力不足を課題に挙げたが、引き分けた前節のバルセロナ戦の結果を補填できたと満足感を示した。 「我々は勝利でバルセロナ戦の結果を補う必要があった。チームはうまく試合に入り、ウイングの(マルコス・)ジョレンテと(ヤニック・)カラスコの推進力を頼った。我々は試合を通して成長している。前半にもっとゴールを挙げられたが、試合をリードするアドバンテージを手にした」 「常に強くなっていくのが重要だ。レバンテ、バジャドリー、アラベスとの試合では十分なチャンスがありながら、それができなかった。試合は90分間の長丁場であり、起こり得る全ての準備をして、3ポイントを目標に前進しなければいけない」 2020.07.04 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

マジョルカ戦で2ゴールのモラタ「とても気分が良い」

アトレティコ・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタがマジョルカ戦の結果を喜んだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 アトレティコは3日に行われたラ・リーガ第34節でマジョルカをホームに迎え入れた。前半にモラタが2ゴールを記録すると、試合終盤にはMFコケもゴール。3-0の快勝を収め、3位の座を守った。 モラタは試合後、FWジエゴ・コスタとの共存について「僕ら2人(ジエゴ・コスタ)の関わり合いが大事。監督も僕らに話をしてくれ、チームとして使っていきたいとね。大事なのはチームとして強いということだ」と語ると、2ゴールの心境も明かした。 「とても気分が良い。ここに来られてとても幸せだ。命懸けのライバルに対して、祝賀会のように夢中になる試合ではなかった。他のチームにも理解を示さないといけない。彼らのような状況にはなりたくない。今シーズンの僕らは大きな課題がある。チームメイトにはとても興奮している」 2020.07.04 11:05 Sat
twitterfacebook
thumb

「非常に厳しい」 マジョルカ久保建英、孤軍奮闘も敗戦悔やむ

マジョルカに所属する日本代表MF久保建英が3日に敵地で行われたラ・リーガ第34節のアトレティコ・マドリー戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えた。 9試合連続のスタメン出場となった久保は得意のドリブルから強豪相手にチャンスメイクするも、得点には結びつかず。チームもFWアルバロ・モラタの2ゴールやMFコケの得点に沈み、0-3の敗戦を喫した。 <div id="cws_ad">【ハイライト】アトレティコ・マドリーvsマジョルカ<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1puyo8fkvhi9z1383yfc5vrcev" async></script></div> 試合後にスペイン『Movistar』のインタビューに応じた久保は「非常に厳しい負けです。彼らはチャンピオンズリーグに出場したいと思っていますが、僕たちはそれよりももっと勝ち点を必要としています」と結果を悔やんだ。 今節の戦いを残す残留圏17位セルタと勝ち点5差のまま追い上げられず、今後の戦況次第でさらに背中が遠ざかる状況だが、「すごく重要な4試合があります。全てに勝てれば残留の可能性があると思います」と前を向いた。 今シーズンのここまで30試合3ゴール5アシストの結果を残す久保は「結果が出なければ、あまり価値がありません。今日の試合や、他の試合でもできる限りチームを助けられるように努めています。上手くいかない時もありますが、セルタ戦のように結果が出る時もあります。チームとしても個人としても残りの試合でうまく行くように努めていきます」とコメントしている。 2020.07.04 10:05 Sat
twitterfacebook