バルサ元守護神バルデスが来季からスペイン4部クラブの監督に! トップチーム指揮は初

2020.05.29 13:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
テルセーラ・ディビシオン(スペイン4部)のオルタは28日、来シーズンからの新指揮官として、ビクトール・バルデス氏(38)の招へいを発表した。現役時代にバルセロナの正守護神として活躍したバルデス氏は過去、マンチェスター・ユナイテッドやスタンダール・リエージュ、ミドルズブラでもプレー。2017年に引退した。

2019年夏からバルセロナのフベニールA(U-19)の監督に就任。しかし、初陣でいきなり審判に暴言を吐き退場処分を受けたほか、上層部との確執も生まれ、就任からわずか3カ月で解任されていた。

オルタはバルデス氏の就任発表を受け、「我々のクラブで多くの成功を収めることを願う」と指揮官としての手腕に期待を寄せた。なお、バルデス氏にとってトップチームの監督就任は初となる。
コメント
関連ニュース
thumb

チェルシーアカデミー出身のU-21イングランド代表MFギャラガーが昇格組WBAに武者修行

ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)は17日、チェルシーからU-21イングランド代表MFコナー・ギャラガー(20)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ギャラガーはチェルシーのアカデミー出身で、2019-20シーズンはチャールトン、スウォンジーへの武者修行を経験。チャンピオンシップ(イングランド2部)で45試合に出場し6ゴール11アシストを記録していた。 昨シーズンのチャンピオンシップでの活躍が目に止まり、WBAが獲得に動いたとのことだ。 ギャラガーは「今シーズンプレーしたかったプレミアリーグから多くの関心があったけど、ここが僕の来たい場所だった」とコメント。「WBAは昨シーズンのプレーの仕方が目立っていた。僕は2、3回対戦し、彼らの試合へのアプローチへの仕方が好きだった」と対戦した上で、プレーしたいと感じたと語った。 また「自分に合うと思うし、自分の成長には最適だと感じた。僕がなりたい選手になるために役立つと感じたし、この合意をまとめられて嬉しい」と語り、WBAが成長に向けた最も良い場所だと感じていると明かした。 ギャラガーは世代別のイングランド代表を経験しており、U-21イングランド代表としても4試合に出場していた。 2020.09.18 15:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴェローナがウディネーゼのチェコ代表MFバラクを買い取り義務のレンタル移籍で獲得

エラス・ヴェローナは18日、ウディネーゼのチェコ代表MFアントニン・バラク(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 なお、買い取り義務が発生する契約であり、2シーズンにわたり費用を分散させることになる。 バラクは、2017年7月にスラビア・プラハからウディネーゼへと完全移籍。今年1月からはレッチェにレンタル移籍してプレーしていた。 2019-20シーズンはウディネーゼでセリエA8試合に出場。レッチェではセリエA16試合に出場していた。 チェコ代表としては、これまで12試合に出場し5ゴールを記録していた。 2020.09.18 11:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムントの逸材U-19オランダ代表MFフェライが中山雄太が所属するズヴォレにレンタル

中山雄太が所属するズヴォレは18日、ドルトムントのU-19オランダ代表MFイマヌエル・フェライ(19)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 フェライはアムステルダム出身。AFCアムステルダム、AZ、ドルトムントの下部組織を渡り歩き、2020年7月にファーストチームへと昇格していた。 ドルトムントでのファーストチームデビューはまだ果たしていないものの、2019-20シーズンの終盤4試合ではベンチ入りを果たしていた。 世代別のオランダ代表としてU-15からU-19までプレー。将来が期待されているトップ下を主戦場とするミッドフィルダーだ。 フェライはズヴォレへのレンタル移籍について「ズヴォレがくれたチャンスにとても満足している。ここへレンタルすることで、さらに成長することができる」と成長に繋がるとコメント。「トップレベルでプレーすることは、19歳の僕にとって最優先事項だ。監督やテクニカル・マネージャーとの熱心な会話から、具体的な計画があると感じた。クラブが最適な選手を連れてきたと示すのは、僕次第だ」と語り、新天地での活躍を誓った。 2020.09.18 10:25 Fri
twitterfacebook
thumb

イグアインのユーベ退団が正式決定、双方合意で契約解除

ユベントスは17日、アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(32)との契約を双方合意の下で解除したことを発表した。 2021年6月までユベントスと契約を結んでいたイグアインだったが、年々パフォーマンスを落としていたこともあってアンドレア・ピルロ新監督の構想外となっていた。 2016年夏にナポリから9000万ユーロの移籍金でユベントスに加入した中、ユベントスでは公式戦149試合の出場で66ゴール16アシストを記録。移籍初年度の2016-17シーズン、2年目の2017-18シーズンは得点源としてセリエAの連覇に貢献したが、レンタルから復帰した昨季はセリエAで8ゴールに終わっていた。 なお、ユベントスはイグアインの契約解除によって1830万ユーロ(約22億7000万円)の負債が生まれたとのことだ。 ユベントス退団となったイグアインは、先にユベントスを退団していたフランス代表MFブレーズ・マテュイディ(33)の加入したメジャー・リーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミへの加入が濃厚と報じられている。 2020.09.18 06:30 Fri
twitterfacebook
thumb

元ユーベの若手DF2人がカリアリとサッスオーロ間で交換トレード

カリアリは17日、サッスオーロのU-21イタリア代表DFアレッサンドロ・トリパルデッリ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。また、サッスオーロは同日、カリアリからイタリア人DFフィリッポ・ロマーニャ(23)を完全移籍で獲得したことを発表している。 左サイドバックのトリパルデッリは、ユベントスの下部組織出身でサッスオーロでプロデビューを飾った。ただ、サッスオーロでは出場機会を得られず、2018年夏にはエールディビジのズウォレへ、2019年1月にはセリエBのクロトーネへレンタルに出されていた。そして昨季はセリエAで僅か2試合の出場に留まっていた。 一方、センターバック兼セントラルMFのロマーニャもユベントスの下部組織出身。ユベントスではトップチームデビューを飾れず、レンタル先のノヴァーラでプロデビューを飾っていた。その後、ブレシアへのレンタル移籍を経て、2017年夏にカリアリに完全移籍していた。カリアリでは準主力としてプレーするも、昨季はサッスオーロにレンタル移籍し、セリエAで18試合に出場。ただ、新型コロナウイルスによる中断明け後はヒザのじん帯を痛めたため欠場していた。復帰は12月が予定されている。 2020.09.18 01:00 Fri
twitterfacebook