ポルトガルリーグのメインスポンサーが契約更新見送りで損失24億円? 現会長に不信感

2020.05.21 19:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ポルトガル・プリメイラリーガのメインスポンサーを務めるポルトガルメディア企業『NOS』が契約を更新しない可能性が高まっているようだ。ポルトガル『レコルド』が伝えている。

2015年からポルトガルリーグのスポンサーに加わり、命名権を獲得している『NOS』は2017年7月にリーグとの契約を3年間延長していた

しかし、今回『NOS』はポルトガル・プロサッカーリーグ(LPFP)のペドロ・プロエンサ会長への不満があり、契約更新を思いとどまっているようだ。

プロエンサ会長は6月4日に再開予定のプリメイラリーガの残り10節をオープンチャンネルで放送しようと動いているが、『NOS』はこれについて事前に相談されず、裏切られたと感じているという。

なお、『NOS』が実際に撤退した場合は、2000万ユーロ(約24億円)のスポンサー収入がなくなるとともに、リーグ名称が現在の『リーガ・NOS』から変更となる。
コメント