リーグ・ドゥ、来季は22チーム制へ! リーグ機構承認もフランスサッカー連盟会長は反対…

2020.05.21 16:59 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランス・プロリーグ機構(LFP)の総会が行われ、2020-21シーズンのリーグ・ドゥ(フランス2部)を22チームで戦うことで合意に達した。フランス『レキップ』など複数メディアが報じている。フランスでは新型コロナウイルス(COVID-19)の影響によって、トップディビジョンであるリーグ・アンを含む国内の全コンペティションが打ち切りとなっている。

その緊急事態の中で問題となっているのが、昇格・降格に関する取扱いだ。

リーグ・アンでは19位のアミアンと最下位のトゥールーズが降格となり、代わってリーグ・ドゥを優勝したロリアンと2位のRCランスの昇格が決定している。
一方、リーグ・ドゥに関してはLFPがオンラインで行った総会での投票の結果、来シーズンを現行の20チーム制から一時的に22チーム制で戦うことが承認された。

この結果、今季のリーグ・ドゥを19位と最下位で終えたル・マンとオルレアンの降格がなくなり、ナシオナル1(3部)で首位のポーと2位のダンケルクの昇格が承認されることになった。

ただ、ナシオナル1を運営しているのはLFPではなく、フランスサッカー連盟(FFF)であるため、今回の22チーム制はFFFの承認が必要となるという。

さらに、FFFのノエル・ル・グラエ会長は今回の決定に反対の姿勢を示しており、今後の話し合いの結果次第では決定が覆る可能性もあるかもしれない。
関連ニュース
thumb

PSGとセビージャが激突! PSGは新シーズン開幕前の最終調整に

27日にポルトガルのエスタディオ・アルガルヴェでパリ・サンジェルマン(PSG)vsセビージャのプレシーズンマッチが行われた。 新シーズンの開幕が間近に迫るヨーロッパ。特にPSGは8月1日にリールとのフランス・スーパーカップが控えており、その1週間後には早くもリーグ・アンが始まる。 フランスの覇権奪還に向けて今夏に積極補強を敢行したPSG。DFアクラフ・ハキミに始まり、MFジョルジニオ・ワイナルドゥム、GKジャンルイジ・ドンナルンマ、さらにはDFセルヒオ・ラモスなど、超大物が続々と加入してきた。ただ、今回の一戦でメンバー入りしたのは一足早く加入が発表され、すでに数試合こなしているハキミのみとなった。 一方、来月15日にラ・リーガ開幕戦が予定されているセビージャは、ここまでは控えめな夏を過ごす。補強はGKマルコ・ドミトロビッチと、FWブライアン・ヒルとのトレードでトッテナムから加入したMFエリック・ラメラのみで、さらなる戦力到着の噂はあるものの、逆にDFジュール・クンデに引き抜きの可能性も報じられている。 そんなセビージャだが、このPSG戦では3バックを採用。新シーズンに向けて新たな布陣を試した中、序盤は守勢を強いられることになる。PSGは15分までにハキミが2度のチャンスを迎えるものの、相手の守護神ボノの好守もあり、先制点は遠い。 すると37分、セビージャはケガのジョルダンに代わって入ったペドロ・オルティスのスルーパスでエン=ネシリがゴール前に侵入。GKケイロル・ナバスに倒されPKを獲得した。これをラキティッチが沈めたアンダルシアチームは1点リードで試合を折り返す。 だが、PSGも後半立ち上がりから反撃。ハキミのスルーパスでボックス右に抜け出したカリムエンドの折り返しをイカルディが押し込んで同点に。その後もアシストを記録したカリムエンドが幾度かゴールに迫っていく。 そんな中、勝ち越したのは再びセビージャだった。62分、左サイドで仕掛けたオカンポスのパスを受けたオスカル・ロドリゲスが、ペナルティアーク手前から右足でコントロールショット。これが名手ケイロル・ナバスも届かないゴール右に決まった。 しかし終盤の88分、セビージャはPSGのカリムエンドのボックス手前からのシュートをGKボノが止めたところ、ルーズボールの処理を守備陣が連携ミス。その隙に背後から迫った19歳のケニー・ナゲラが蹴り込んで、試合は同点決着となった。 2021.07.28 15:01 Wed
twitterfacebook
thumb

スイス代表ペトコビッチ監督がボルドーの指揮官就任

ボルドーは27日、スイス代表を率いるウラジミール・ペトコビッチ監督(57)の指揮官就任を発表した。併せてジャン=ルイ・ガセ監督(67)の退任も発表されている。 ペトコビッチ監督は2022年末までスイス代表監督の契約を残していたが、これを解除してボルドーと2024年6月までの3年契約を締結。 ラツィオで好結果を収めていたペトコビッチ監督は、2014年ブラジル・ワールドカップ後にスイス代表監督に就任。ユーロ2016でベスト16、ロシア・ワールドカップでもベスト16、そして今月行われたユーロ2020ではスイスを初のベスト8進出に導いていた。 2021.07.28 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ニース、補強方針巡ってガルティエ監督とSDの関係悪化か? 原因は幅を利かせるライオラ…

ニースの新指揮官に就任したクリストフ・ガルティエ監督と、スポーツ・ディレクターを務めるジュリアン・フルニエ氏の関係が早くも悪化している模様だ。『Get French Football News』が報じている。 2019年にロンドンに拠点をおく化学会社である『INEOS』に買収されたニースは、イギリスの億万長者として知られるジム・ラトクリフ氏の下でビッグクラブへの発展を目指している。 今夏にはリールを10年ぶりのリーグ・アン制覇に導いたガルティエ監督を新指揮官として招へいし、若手タレントを中心に積極的な補強を敢行している。 しかし、ガルティエ監督とリクルートを取り仕切るフルニエ氏の間には早くも補強方針を巡って緊張関係が生まれているようだ。 ニースは今夏の移籍市場でバルセロナのフランス人DFジャン=クレール・トディボ、サウサンプトンのガボン代表MFマリオ・レミナ、リヨンのU-24フランス代表DFメルヴァン・バールを獲得。 ただ、両氏の間で問題になっているのは、同じく今夏に獲得したAZのオランダ代表FWカルヴァン・ステングス、ローマのオランダ代表FWユスティン・クライファートの2選手のオペレーションだ。 ガルティエ監督は今夏の補強に関してより経験豊富な選手をリクエストしているが、共に22歳のステングスとクライファートに関しては戦術理解度を含めて指揮官がリクエストしたタイプとは異なる。 また、両選手の代理人は世界屈指の辣腕代理人として知られるミーノ・ライオラ氏。ライオラ氏は両選手の他に守護神を務めるアルゼンチン人GKワルテル・ベニテス、U-20フランス代表MFケフラン・テュラム=ウリアンを顧客に持っており、現在クラブが獲得に動いているとされるPSVのオランダ代表MFパブロ・ロサリオも同じく同氏の顧客だ。 そのため、ガルティエ監督はクラブとライオラ氏の“ズブズブの関係”を含め補強戦略に異を唱えているとのことだ。 なお、フルニエ氏は先日のフランス『レキップ』のインタビューでライオラ氏との関係に関して釈明している。 「オランダ出身のプレーヤーに興味を持ったとき、ミーノはしばしば最高の人材を抱えている。我々がそういったプレーヤーを見極めると、自然と彼にぶつかる」 「しかし、多くの場合、彼がプレーヤーを売り込むのではなく、我々が彼とコンタクトを取る。カルヴァンの場合、我々のリクルートチームは3シーズン前から彼を追いかけていた…」 「我々はミーノとの間でショートカットを望んでいるわけではなく、ニースは彼以外の多くのエージェントと仕事をしている。私自身、ジョルジュ・メンデスとも連絡を取っている」 「移籍市場において大手のエージェンシーや有力なエージェントが影響力を増している。ただし、ニースに関してミーノが独占するようなことはない」 現時点でガルティエ監督とフルニエ氏の個人的な関係はそこまで悪くないようだが、今後もライオラ氏に依存するような市場での振る舞いを見せた場合、フランス人指揮官の早期退任の可能性も十分にあるはずだ。 2021.07.26 20:42 Mon
twitterfacebook
thumb

合流間もないFWオナイウ阿道がフランスデビュー! リーグ・ドゥ開幕戦で45分間プレー、チームはドロー

フランス2部のリーグ・ドゥが24日に開幕。日本代表FWオナイウ阿道が所属するトゥールーズはアジャクシオとの開幕戦に臨んだ。 横浜F・マリノスから20日トゥールーズへと加入したオナイウ。合流から間もない中、オナイウは開幕戦でベンチ入りを果たした。 初の海外挑戦となったオナイウ。チームは[3-5-2]のシステムでスタートする。 試合は立ち上がりからアジャクシオがアグレッシブに戦うも33分にトゥールーズがリース・ヒーリーのゴールで先制。しかし、35分にアジャクシオがカジム・ラチのゴールで同点に追いつく。 しかし38分にクレマン・ビダルが2枚目のイエローカードをもらい退場。開幕戦でいきなり退場する。 1-1の同点で迎えた後半。オナイウはハーフタイムから出場。後半の45分間をプレーした。 試合は54分にオウンゴールでトゥールーズが勝ち越しに成功。しかし、59分にラチにこの試合2点目を奪われ再び同点に。 その後は一進一退の攻防となるが、最後にはトゥールーズにも退場者が出て試合終了。2-2のドローに終わった。 トゥールーズ 2-2 アジャクシオ 【トゥールーズ】 リース・ヒーリー(33分) オウンゴール(54分) 【アジャクシオ】 カジム・ラチ(35分、59分) 2021.07.25 17:13 Sun
twitterfacebook
thumb

『シティ・グループ』傘下のトロワが逸材MFメティーニョをクラブ史上最高額で獲得

トロワは24日、フルミネンセからブラジル人MFメティーニョ(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの5年となる。 なお、フランス『レキップ』によると、移籍金はクラブ史上最高額の500万ユーロ(約6億5000万円)となったという。 DRコンゴ人の両親の下、1歳でブラジルに移住したメティーニョは、トップチームデビューは果たしていないものの、フルミネンセの下部組織で印象的なパフォーマンスを披露し続け、イギリス『ガーディアン』が選出する“Next Generation 2020”に選出された逸材ボランチだ。 その逸材に関してフルミネンセは先月15日、マンチェスター・シティのオーナーが運営する『シティ・フットボール・グループ』への移籍を発表していた。 そして、『シティ・フットボール・グループ』傘下で、今シーズンからリーグ・アンに昇格するトロワへの移籍が今回決定した。 <span class="paragraph-title">【動画】逸材ボランチがお披露目</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">L’ESTAC et <a href="https://twitter.com/FluminenseFC?ref_src=twsrc%5Etfw">@FluminenseFC</a> se sont entendus pour le transfert de Metinho à Troyes ! Le milieu de terrain âgé de 18 ans s’est engagé avec les bleu&amp;blanc pour les prochaines saison !<br>Bem vindo <a href="https://twitter.com/metinhoshow08?ref_src=twsrc%5Etfw">@metinhoshow08</a> ! <br>Plus d&#39;infos <a href="https://t.co/6EzrOoMyoJ">https://t.co/6EzrOoMyoJ</a><a href="https://twitter.com/hashtag/mercato?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#mercato</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/TeamEstac?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#TeamEstac</a> <a href="https://t.co/dVOsK8ikRX">pic.twitter.com/dVOsK8ikRX</a></p>&mdash; ESTAC Troyes (@estac_officiel) <a href="https://twitter.com/estac_officiel/status/1418632008033611778?ref_src=twsrc%5Etfw">July 23, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.07.25 13:35 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly